Symbiosis
Engllsh
拠点形成について
研究テーマ
業績リスト
海外国際会議渡航助成金・募集要綱
シンポジウム参加のご案内
サイトマップ
資料のDownload
トップページ
21世紀COEプログラム/ネットワーク共生環境を築く情報技術の創出 大阪大学

発表論文
(平成 17 年 4 月 〜 平成 18 年 3 月)

1  著書

  1. 清水 浩 (日本生物工学会編), "生物工学ハンドブック," コロナ社, pp. 444-449 (2005年6月).
  2. Ogawa, T., Tsukamoto, M., and Nishio, S., "An Image-based Approach for Human Communication on the WWW, Communication and Collaboration Support Systems" (Eds. Okada, K., Hoshi, T., and Inoue, T.), Ohmsha/IOS Press, pp. 281-297 (July 2005).
  3. Ijspeert, A.J., Masuzawa, T., and Kusumoto, S. (Eds.), "Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology," LNCS 3853, Springer (Jan. 2006).

2  学術雑誌

  1. Takahashi, J., Tode, H., and Murakami, K., "An Efficient Multicast Distribution Scheme Combining Erasure Codes and Direct Requests," IEICE Transactions on Communications, Vol. E88-B, No. 4, pp. 1374-1382 (Apr. 2005).
  2. Yamagaki, N., Tode, H., and Murakami, K., "DMFQ: Hardware Design of Flow-based Queue Management Scheme for Improving the Fairness," IEICE Transactions on Communications, Vol. E88-B, No. 4, pp. 1413-1423 (Apr. 2005).
  3. Mitsuyama, Y., Kimura, M., Onoye, T., and Shirakawa, I., "Architecture of IEEE802.11i Cipher Algorithms for Embedded Systems," IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol. E88-A, No. 4, pp. 899-906 (Apr. 2005).
  4. Honda, H., Tode, H., and Murakami K., "Optical WDM Multicasting Design under Wavelength Conversion Constraints," IEICE Transantions on Communications, Vol. E88-B, No. 5, pp. 1890-1897 (May 2005).
  5. 神崎映光, 原 隆浩, 西尾章治郎, "アドホックネットワークにおける トポロジの変化を考慮したTDMAスロット割り当て手法," 電子情報通信 学会論文誌B, Vol. J88-B, No. 5, pp. 933-947 (2005年5月).
  6. 吉本良治, 伊藤雄一, 北村喜文, 岸野文郎, "LinkChat: WWWを利用した 動的リンク生成型チャット," ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol. 7, No. 2, pp. 71-79 (2005年5月).
  7. 片岡欣夫, 楠本真二, 井上克郎, "不変情報を用いたリファクタリング 支援," 情報処理学会論文誌, Vol. 46, No. 5, pp. 1211-1221 (2005年5月).
  8. Tsujino, K., Furuya, K., Kobayashi, W., Izumi, T., Onoye, T., and Nakamura, Y., "Design of Realtime 3-D Sound Processing System," IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E88-D, No. 5, pp. 954-962 (May 2005).
  9. Zhang, Z., Hasegawa, G., and Murata, M., "Performance Analysis and Improvement of HighSpeed TCP with TailDrop/RED Routers," IEICE Transactions on Communications, Vol. E88-B, No. 6, pp. 2495-2507 (June 2005).
  10. 前川卓也, 上向俊晃, 原 隆浩, 西尾章治郎, "リモートディスプレイ 環境におけるJava対応携帯電話を用いた情報閲覧システム," 電子情報 通信学会論文誌D-I, Vol. J88-D-I, No. 6, pp. 1091-1103 (2005年6月).
  11. 篠原昌子, 林 秀樹, 原 隆浩, 西尾章治郎, "アドホックネットワーク における消費電力を考慮した複製配置に関する一考察," 日本データ ベース学会Letters, Vol. 4, No. 1, pp. 9-12 (2005年6月).
  12. 片山 肇, 中野宏一, 金子 雄, 春本 要, 西尾章治郎, "応答転送状況を 用いたP2Pネットワークの繋ぎ換えアルゴリズムの評価," 日本データ ベース学会Letters, Vol. 4, No. 1, pp. 69-72 (2005年6月).
  13. 富安宏和, 前川卓也, 原 隆浩, 西尾章治郎, "携帯電話のメール機能 を用いたソーシャルネットワークのためのアプリケーション," 日本 データベース学会Letters, Vol. 4, No. 1, pp. 73-76 (2005年6月).
  14. 義久智樹, 塚本昌彦, 西尾章治郎, "プリフェッチを伴う連続メディア データ放送における待ち時間短縮のためのスケジューリング手法," 日本データベース学会Letters, Vol. 4, No. 1, pp. 101-104 (2005年6月).
  15. 宮本崇弘, 竹内 亨, 奥田 剛, 春本 要, 有吉勇介, 下條真司, "GrIP: プライバシとサービス品質のトレードオフを考慮した個人情報 制御機構," 日本データベース学会Letters, Vol. 4, No. 1, pp. 145-148 (2005年6月).
  16. Amasaki, S., Yoshitomi, T., Mizuno, O., Takagi, Y., and Kikuno, T., "A New Challenge for Applying Time Series Metrics Data to Software Quality Estimation," Software Quality Journal, Vol. 13, No. 2, pp. 177-194 (June 2005).
  17. Amasaki, S., Takagi, Y., Mizuno, O., and Kikuno, T., "Constructing a Bayesian Belief Network to Predict Final Quality in Embedded System Development," IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E88-D, No. 6, pp. 1134-1141 (June 2005).
  18. Sumi, T., Mizuno, O., Kikuno, T., and Hirayama, M., "An Effective Testing Method for Hardware Related Fault in Embedded Software," IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E88-D, No. 6, pp. 1142-1149 (June 2005).
  19. 上田恭子, 坂主圭史, 米岡 昇, 武内良典, 今井正治, "IPベース設計に おける最適バスアーキテクチャ探索手法の提案," 情報処理学会論文誌, Vol. 46, No. 6, pp. 1374-1382 (2005年6月).
  20. Shimizu, H., Cheirsilp, B., and Shioya, S., "Development of Co-Culture Systems of Lactic Acid Bacteria and Yeasts for Bioproduction," Japanese Journal Lactic Acid Bacteria, Vol. 16, No. 1, pp. 2-10 (July 2005).
  21. Sasabe, M., Wakamiya, N., and Murata, M., "Adaptive and Robust P2P Media Streaming," WSEAS Transactions on Communications, Vol. 4, No. 7, pp. 425-430 (July 2005).
  22. パッタラ リーラープルット, 中村匡秀, 松本健一, 菊野 亨, "Use Case Mapsを用いたサービス競合可能シナリオの導出と実験的評価," 電子情報通信学会論文誌B, Vol. J88-B, No. 7, pp. 1237-1247 (2005年7月).
  23. 川口真司, パンカジガーグ, 松下 誠, 井上克郎, "MUDABlue: ソフト ウェアリポジトリ自動分類システム," 電子情報通信学会論文誌D-I, Vol. J88-D-I, No. 8, pp. 1217-1225 (2005年8月).
  24. Kosaka, A., Okuhata, H., Onoye, T., and Shirawaka, I., "Design of Ogg Vorbis Decoder System for Embedded Platform," IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol. E88-A, No. 8, pp. 2124-2130 (Aug. 2005).
  25. Hisamatsu, H., Ohsaki, H., and Murata, M., "Steady State and Transient State Behaviors Analyses of TCP Connections Considering Interactions between TCP Connections and Network," International Journal of Communication Systems, Vol. 18, No. 7, pp. 639-656 (Sept. 2005).
  26. Hayashi, H., Hara, T., and Nishio, S., "Updated Data Dissemination Methods for Updating Old Replicas in Ad Hoc Networks," ACM/Springer Personal and Ubiquitous Computing, Vol. 9, No. 5, pp. 273-283 (Sept. 2005).
  27. 前川卓也, 原 隆浩, 西尾章治郎, "モバイル端末のためのWebページ自 動スクロール方式," 日本データベース学会Letters, Vol. 4, No. 2, pp. 29-32 (2005年9月).
  28. 片山 肇, 中野宏一, 春本 要, 西尾章治郎, "応答転送状況に基づくP2P ネットワークトポロジ変更手法の改善," 日本データベース学会Letters, Vol. 4, No. 2, pp. 33-36 (2005年9月).
  29. 立野善英, 北村喜文, 岸野文郎, "複数のインタラクティブエージェン トのためのファジー推論と記憶を用いた感情モデル," 電子情報通信学 会論文誌D-II, Vol. J88-D-II, No. 9, pp. 1900-1908 (2005年9月).
  30. Kobayashi, M., Hiroshima, T., Nagahisa, K., Shimizu, H., and Shioya, S., "On-Line Estimation and Control of Apparent Extract Concentration in Low-Malt Beer Fermentation," Journal of the Institute of Brewing, Vol. 111, No. 2, pp. 128-136 (Oct. 2005).
  31. Nagahisa, K., Nakajima, T., Yoshikawa, K., Hirasawa, T., Katakura, Y., Furusawa, C., Shioya, S., and Shimizu, H., "DNA Microarray Analysis on Saccharomyces cerevisiae under High Carbon Dioxide Concentration in Fermentation Process," Biotechnology and Bioprocess Engineering, Vol. 10, No. 5, pp. 451-461 (Oct. 2005).
  32. Fukushima, Y., Harai, H., Arakawa, S., and Murata, M., "A Distributed Clustering Method for Hierarchical Routing in Large-Scaled Wavelength Routed Networks," IEICE Transactions on Communications, Vol. E88-B, No. 10, pp. 3904-3913 (Oct. 2005).
  33. 市田浩靖, 伊藤雄一, 土井隆史, 北村喜文, 岸野文郎, "点群表現によ る機能位置と形状を考慮した3次元モデル検索," 映像情報メディア学会 誌, Vol. 59, No. 10, pp. 1467-1474 (2005年10月).
  34. Takagi, Y., Mizuno, O., and Kikuno, T., "An Empirical Approach to Characterizing Risky Software Projects Based on Logistic Regression Analysis," Empirical Software Engineering, Vol. 10, No. 4, pp. 495-515 (Oct. 2005).
  35. 菊野 亨, 水野 修, 天嵜聡介, "定量的プロジェクトマネジメント〜メ トリクスデータ利用の新技術," 日本信頼性学会誌, Vol. 27, No. 7, pp. 471-482 (2005年10月).
  36. Moonchai, S., Madlhoo, W., Jariyachavalit, K., Shimizu, H., Shioya, S., and Chauvatcharin, S., "Application of A Mathematical Model and Differential Evolution Algorithm Approach to Optimization of Bacteriocin Production by Lactocccus lactis C7," Bioprocess and Biosystems Engineering, Vol. 28, No. 1, pp. 15-26 (Nov. 2005).
  37. Xi, K., Arakawa, S., Murata, M., Ge, N., and Feng, C., "Packet-Mode Scheduling with Proportional Fairness for Input-Queued Switches," IEICE Transactions on Communications, Vol. E88-B, No. 11, pp. 4274-4284 (Nov. 2005).
  38. Harumoto, K., Nakano, T., Fukumura, S., Shimojo, S., and Nishio, S., "Effective Web Browsing Through Content Delivery Adaptation," ACM Transactions on Internet Technology, Vol. 5, No. 4, pp. 571-600 (Nov. 2005).
  39. 赤藤倫久, 春本 要, 香取啓志, 橋田浩一, 下條真司, "意味グラフに基 づく映像コンテンツのアノテーション手法とその応用," 映像情報メデ ィア学会誌, Vol. 59, No. 11, pp. 1677-1688 (2005年11月).
  40. 水野 修, 安部誠也, 菊野 亨, "プロジェクト混乱予測システムのベイ ズ識別器を利用した開発," SEC journal, Vol. 1, No. 4, pp. 24-35 (2005年11月).
  41. 藤田 玄, 尾上孝雄, 白川 功, "MPEG-4向け高精度動き検出コアのVLSI 化設計," 電子情報通信学会論文誌A, Vol. J88-A, No. 11, pp. 1282-1291 (2005年11月).
  42. Nagao, C., Terada, P. T., Yomo, T., Sasai, M., "Correlation between Evolutionary Structural Development and Protein Folding," Proc. of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol. 102, No. 52, pp. 18950-18955 (Dec. 2005).
  43. 竹川佳成, 寺田 努, 塚本昌彦, 西尾章治郎, "追加黒鍵をもつ小型鍵盤 楽器モバイルクラヴィーアIIの設計と実装," 情報処理学会論文誌, Vol. 46, No. 12, pp. 3163-3174 (2005年12月).
  44. 金子 雄, 春本 要, 福村真哉, 下條真司, 西尾章治郎, "ユビキタス環 境における端末の位置情報に基づくP2Pネットワーク," 情報処理学会論 文誌: データベース, Vol. 46, No. SIG18(TOD 28), pp. 1-15 (2005年12月).
  45. 義久智樹, 塚本昌彦, 西尾章治郎, "再生単位を考慮したスケジューリ ング手法における使用チャネル数について," 日本データベース学会 Letters, Vol. 4, No. 3, pp. 5-8 (2005年12月).
  46. 渡邉亮一, 伊藤雄一, 北村喜文, 岸野文郎, 菊池日出男, "マルチメデ ィアコンテンツのための分散制御によるActiveCubeシステムの高速化," 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 10, No. 4, pp. 513-522 (2005年12月).
  47. Leelaprute, P., Nakamura, M., Matsumoto, K., and Kikuno, T., "Design and Evaluation of Feature Interaction Filtering with Use Case Maps," NECTEC Technical Journal, Vol. 5, No. 16, pp. 581-597 (Dec. 2005).
  48. Ishihara, Y., Ako, S., and Fujiwara, T., "Security against Inference Attacks on Negative Information in Object-Oriented Databases," IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E88-D, No. 12, pp. 2767-2776 (Dec. 2005).
  49. 大平直宏, 谷口考治, 石尾 隆, 神谷年洋, 楠本真二, 井上克郎, "動作オブジェクト群の変化に着目したオブジェクト指向プログラムの 実行履歴分割手法," 電子情報通信学会論文誌D-I, Vol. J88-D-I, No. 12, pp. 1810-1812 (2005年12月).
  50. 林 秀樹, 原 隆浩, 西尾章治郎, "アドホックネットワークにおけるト ポロジ変化に適応した複製の再配置," 情報処理学会論文誌, Vol. 47, No. 1, pp. 2-14 (2006年1月).
  51. 篠原昌子, 林 秀樹, 原 隆浩, 西尾章治郎, "アドホックネットワーク における消費電力を考慮したデータ複製配置方法," 情報処理学会論文 誌, Vol. 47, No. 1, pp. 15-27 (2006年1月).
  52. 菊地奈穂美, 安藤津芳, 水野 修, 菊野 亨, "通信ソフトウェア開発に おけるプロセス改善のためのフィールド品質に注目した主要な改善活動 要因の抽出," SEC journal, Vol. 2, No. 1, pp. 6-15 (2006年1月).
  53. 北島信哉, 寺田 努, 原 隆浩, 西尾章治郎, "放送型データベースシス テムにおけるデッドラインを考慮した問合せ処理方式," 電子情報通信 学会論文誌D, Vol. J89-D, No. 2, pp. 151-162 (2006年2月).
  54. 岸野泰恵, 寺田 努, 塚本昌彦, 義久智樹, 早川敬介, 柏谷 篤, 西尾章治郎, "ルールに基づくユビキタスデバイスのためのネットワー クトポロジ発見手法," 情報処理学会論文誌, Vol. 47, No. 2, pp. 521-533 (2006年2月).
  55. 竹内 亨, 寺西裕一, 春本 要, 下條真司, "ソーシャルネットワークに 基づいた情報伝播型コミュニケーションの実証実験による有効性評価," 情報処理学会論文誌, Vol. 47, No. 2, pp. 555-565 (2006年2月).
  56. 内藤悟史, 北村喜文, 岸野文郎, "間接指示環境のステアリングの法則 におけるポインタの大きさと軌道幅に関する検討," ヒューマンインタ フェース学会論文誌, Vol. 8, No. 1, pp. 143-150 (2006年2月).
  57. Guo, Z., Nishikawa, Y., Omaki, R.Y., Onoye, T., and Shirakawa, I., "A Low-Complexity FEC Assignment Scheme for Motion JPEG2000 over Wireless Network," IEEE Transactions on Consumer Electronics, Vol. 52, No. 1, pp. 81-86 (Feb. 2006).
  58. Wardani, A.K., Egawa, S., Nagahisa, K., Shimizu, H., and Shioya, S., "Computational Prediction of Impact of Rerouting the Carbon Flux in Metabolic Pathway on Cell Growth and Nisin Production by Lactococcus lactis," Biochemical Engineering Journal, Vol. 28, No. 3, pp. 220-230 (Mar. 2006).
  59. Wardani, A.K., Egawa, S., Nagahisa, K., Shimizu, H., and Shioya, S., "Robustness of the Cascade pH and DO Control in A Symbiotic Nisin Production Process System of L. lactis and K. marxianus," Journal of Bioscience and Bioengineering, Vol. 101, No. 3, pp. 274-276 (Mar. 2006).
  60. Fukushima, Y., Arakawa, S., and Murata, M., "Design of Logical Topology with Effective Waveband usage in IP-over-WDM Networks," Photonic Network Communications, Vol. 11, No. 2, pp. 1551-161 (Mar. 2006).
  61. Fukushima, Y., Harai, H., Arakawa, S., and Murata, M., "Design of Wavelength-Convertible Edge Nodes in Wavelength-Routed Networks," OSA Journal of Optical Networking, Vol. 5, No. 3, pp. 196-209 (Mar. 2006).
  62. Leibnitz, K., Wakamiya, N., and Murata, M., "Biologically Inspired Self-Adaptive Multi-Path Routing in Overlay Networks," Communications of the ACM, Vol. 49, No. 3, pp. 62-67 (Mar. 2006).
  63. Zhang, Z., Hasegawa, G., and Murata, M., "Experimental Results of Implementing High-Speed and Parallel TCP Variants for Long Fat Networks," IEICE Transactions on Communications, Vol. E89-B, No. 3, pp. 775-783 (Mar. 2006).
  64. Yoshihisa, T., Tsukamoto, M., Nishio, S, "A Scheduling Scheme for Continuous Media Data Broadcasting with a Single Channel," IEEE Transactions on Broadcasting, Vol. 52, No. 1, pp. 1-10 (Mar. 2006).
  65. Hara, T., "Replica Location Management for Data Sharing in Mobile Ad Hoc Networks," Journal of Interconnection Networks (JOIN), Vol. 7, No. 1, pp. 75-89 (Mar. 2006).
  66. 木戸裕樹, 原 隆浩, 西尾章治郎, "P2Pネットワーク上のデータアクセ ス頻度を考慮した確率的な複製配置方式," 日本データベース学会 Letters, Vol. 4, No. 4, pp. 1-4 (2006年3月).
  67. 大西克彦, 蓮池祥一, 北村喜文, 岸野文郎, "インタラクティブな生長 シミュレーションによる仮想樹木モデルの生成," 日本バーチャルリア リティ学会論文誌, Vol. 11, No. 1, pp. 143-151 (2006年3月).
  68. 伊藤雄一, 山口徳郎, 秋信真太郎, 渡邉亮一, 市田浩靖, 北村喜文, 岸野文郎, "TSU.MI.KI:仮想世界と実世界をシームレスに融合するユー ザインタフェース," 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 11, No. 1, pp. 171-180 (2006年3月).
  69. Ise, M., Ogasahara, Y., Onoye, T., and Shirakawa, I., "W-CDMA Channel Codec by Configurable Processors," Journal of Intelligent Automation and Soft Computing, Vol. 13, No. 3, pp. 318-330 (Mar. 2006).
  70. Tsutsui, H., Masuzaki, T., Hayashi, Y., Taki, Y., Izumi, T., Onoye, T., and Nakamura, Y., "Design Framework for JPEG2000 System Architecture," Journal of Intelligent Automation and Soft Computing, Vol. 13, No. 3, pp. 331-343 (Mar. 2006).
  71. 神谷芳樹, マイクバーカー, 松本健一, 鳥居宏次, 井上克郎, 鶴保征 城, "現場データを産学で共有するソフトウェア工学研究のための枠 組み," 産学連携学, Vol. 2, No. 2, pp. 26-37 (2006年3月).

3  国際会議会議録

  1. Shinohara, Y., Yamagaki, N., Tode, H., and Murakami, K., "Queue Management Scheme Stabilizing Buffer Utilization in the IP Router," Proc. of Int'l Conf. on Networking (ICN 2005), Part II, pp. 307-317 (Apr. 2005).
  2. Kinoshita, K., Yamai, N., and Murakami, K., "A Logical Network Topology Design for Mobile Agent Systems," Proc. of Int'l Conf. on Networking (ICN 2005), Part II, pp. 521-530 (Apr. 2005).
  3. Uchida, W., Hara, T., and Nishio, S., "Caching Strategies for Push-based Broadcast Considering Consecutive Data Accesses with Think-time," Proc. of Int'l Conf. on Database Systems for Advanced Applications (DASFAA 2005), pp. 300-310 (Apr. 2005).
  4. Shinohara, M., Hayashi, H., Hara, T., Kanzaki, A., and Nishio, S., "VANS: Visual Ad hoc Network Simulator," Proc. of Int'l Conf. on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU 2005), pp. 16-21 (Apr. 2005).
  5. Yoshihisa, T., Tsukamoto, M., and Nishio, S., "A Broadcasting Scheme for Continuous Media Data with Restrictions in Data Division," Proc. of Int'l Conf. on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU 2005), pp. 90-95 (Apr. 2005).
  6. Kishino, Y., Terada, T., Tsukamoto, M., and Nishio, S., "A Ubiquitous Computing Environment Composed by Cooperation between Visual Markers and Event-Driven Compact Devices," Proc. of Int'l Workshop on Ubiquitous Data Management (UDM 2005), pp. 84-91 (Apr. 2005).
  7. Hashimoto, K., Ishihara, Y., and Fujiwara, T., "Schema Update Operations Preserving the Expressive Power in XML Databases," Proc. of Int'l Special Workshop on Databases for Next Generation Researchers (SWOD 2005), pp. 38-41 (Apr. 2005).
  8. Matsunami, H., Terada, T., and Nishio, S., "A Query Processing Mechanism for Top-k Query in P2P Networks," Proc. of Int'l Special Workshop on Databases for Next Generation Researchers (SWOD 2005), pp. 84-87 (Apr. 2005).
  9. Tomiyasu, H., Maekawa, T., Hara, T., and Nishio, S., "Social Network Applications using Cellular Phones with E-mail Function," Proc. of Int'l Special Workshop on Databases for Next Generation Researchers (SWOD 2005), pp. 136-139 (Apr. 2005).
  10. Akafuji, T., Harumoto, K., Yasukata, M., Yamamoto, Y., Kobayashi, M., Kandori, K., and Shimojo, S., "Creation and Application of Metadata for Content Production in Broadcasting Stations - A Case Study of Metadata using High-School Baseball Games in Japan -," Proc. of EUROMEDIA 2005, pp. 77-82 (Apr. 2005).
  11. Yoshikawa, K., Pandey, G., Hirasawa, T., Katakura, Y., Nagahisa, K., Furusawa, C., Shioya, S., and Shimizu, H., "Molecular Breeding of Osmotic Stress Tolerant Yeast Strains based on Clustering Analysis of Gene Expression," Proc. of Asia Pacific Biochemical Engineering Conf. (APBioChEC 2005), P3-081 (May 2005).
  12. Shioya, S., Shimizu, H., Hirasawa, T., Nagahisa, K., Furusawa, C., and Katakura, Y., "Metabolic Pathway Recruiting through Genomic Data Analysis of Saccharomyces cerevisiae," Proc. of Asia Pacific Biochemical Engineering Conf. (APBioChEC 2005), P3-085 (May 2005).
  13. Shirai, T., Matsuzaki, K., Sato, Y., Kuzumoto, M., Hirasawa, T., Nagahisa, K., Furusawa, C., Shioya, S., and Shimizu, H., "Development of A Metabolic Flux Distribution Analysis Method by Integrating Two Dimensional NMR and GC-MS Data," Proc. of Asia Pacific Biochemical Engineering Conf. (APBioChEC 2005), P3-085 (May 2005).
  14. Shimizu, H., Hirasawa, T., Nagahisa, K., Furusawa, C., and Shioya, S., "Analysis of Multidimensional Hierarchical Bionetworks and Systematic Design of Metabolic Pathways for Bioproduction," Proc. of Asia Pacific Biochemical Engineering Conf. (APBioChEC 2005), SYS1-02 (May 2005).
  15. Fukushima, Y., Harai, H., Arakawa, S., and Murata, M., "Distributed Clustering Method for Large-Scaled Wavelength Routed Networks," Proc. of IEEE Int'l Workshop on High Performance Switching and Routing (HPSR 2005), pp. 416-420 (May 2005).
  16. Xi, K., Arakawa, S., and Murata, M., "An Efficient Algorithm for Converter Placement in Dynamic WDM Networks," Proc. of IEEE Int'l Conf. on Communications (ICC 2005), Vol. 3, pp. 1884-1890 (May 2005).
  17. Kashihara, S., Wakamiya, N., and Murata, M., "Implementation and Evaluation of a Synchronization-based Data Gathering Scheme for Sensor Networks," Proc. of IEEE Int'l Conf. on Communications (ICC 2005), Vol. 5, pp. 3037-3043 (May 2005).
  18. Leibnitz, K., Wakamiya, N., and Murata, M., "Biologically Inspired Adaptive Multi-Path Routing in Overlay Networks," Proc. of IFIP/IEEE Int'l Workshop on Self-Managed Systems & Services (SelfMan 2005), CD-ROM (May 2005).
  19. Nakayama, K., Hara, T., and Nishio, S., "An Agent System for Ontology Sharing on WWW," Proc. of Int'l World Wide Web Conf. (WWW 2005), pp. 964-965 (May 2005).
  20. Numata, S., Ogawa, T., Tsukamoto, M., and Nishio, S., "Ja-Net on Grid for Adaptive Resource Distribution in Grid Environment," Proc. of Int'l Conf. on Active Media Technology (AMT 2005), pp. 409-414 (May 2005).
  21. Yoshihisa, T., Kishino, Y., Terada, T., Tsukamoto, M., Sagara, R., Sukenari, T., Taguchi, D., and Nishio, S., "A Rule-Based RFID Tag System Using Ubiquitous Chips," Proc. of Int'l Conf. on Active Media Technology (AMT 2005), pp. 423-428 (May 2005).
  22. Izumi, T., and Masuzawa, T., "An Improved Algorithm for Adaptive Condition-Based Consensus," Proc. of Int'l Colloquium on Structural Information and Communication Complexity (SIROCCO 2005), pp. 170-184 (May 2005).
  23. Higo, Y., Kamiya, T., Kusumoto, S., and Inoue, K., "Aries: Refactoring Support Tool for Code Clone," Proc. of Int'l Workshop on Software Quality, pp. 53-56 (May 2005).
  24. Harada, A., Awane, S., Inoya, Y., Ohno, O., Matsushita, M., Kusumoto, S., and Inoue, K., "Project Management System Based on Work-Breakdown-Structure Process Model," Proc. of Int'l Software Process Workshop (SPW 2005), pp. 121-133 (May 2005).
  25. Yasunaga, K., and Fujiwara, T., `The Local Weight Distributions of Transitive Invariant Codes and Their Punctured Codes," Proc. of Hawaii, IEICE and SITA Joint Conf. on Information Theory, pp. 79-84 (May 2005).
  26. Yoshida, M., Kaji, Y., and Fujiwara, T., "A Time-Limited Key Management Scheme Based on a One-Way Permutation Tree," Proc. of Hawaii, IEICE and SITA Joint Conf. on Information Theory, pp. 165-170 (May 2005).
  27. Miyamoto, R., Sugita, H., Hayashi, Y., Tsutsui, H., Masuzaki, T., Onoye, T., and Nakamura, Y., "High Quality Motion JPEG2000 Coding Scheme based on the Human Visual System," Proc. of IEEE Int'l Symposium on Circuits and Systems (ISCAS 2005), pp. 2096-2099 (May 2005).
  28. Matsumura, T., Iwanaga, N., Onoye, T., Kobayashi, W., Shirakawa, I., and Arungsrisangchai, A., "3D Sound Movement System for Embedded Applications," Proc. of IEEE Int'l Symposium on Circuits and Systems (ISCAS 2005), pp. 5345-5348 (May 2005).
  29. Leibnitz, K., Wakamiya, N., and Murata, M., "Impact of Clock Skewness on Synchronized Sensor Clusters Operating with IEEE 802.15.4 MAC," Proc. of Korea/Japan Joint Workshop on Ubiquitous Computing & Network Systems (UbiCNS 2005), CD-ROM (June 2005).
  30. Kim, J. O., Tode, H., and Murakami, K., "Channel Access Protocol for Video Packets in IEEE 802.11 Networks," Proc. of Int'l Symposium on Multimedia over Wireless (ISMW 2005), Vol. 1, pp. 498-503 (June 2005).
  31. Numata, S., Itao, T., Ogawa, T., Tsukamoto, M., and Nishio, S., "A Secure Migration Method of Mobile Agents on Ja-Net on Grid," Proc. of IASTED Int'l Conf. on ACIT-Software ENgineering (ACIT-SE 2005), pp. 140-145 (June 2005).
  32. Pham, N. V., Terada, T., Tsukamoto, M., and Nishio, S., "An Information Retrieval System for Supporting Casual Conversation in Wearable Computing Environments," Proc. of Int'l Workshop on Smart Appliances and Wearable Computing (IWSAWC 2005), pp. 477-483 (June 2005).
  33. Suzuki, T., Izumi, T., Ooshita, F., and Masuzawa, T., "Self-Adaptation of Mobile Agent Population in Dynamic Networks: A Biologically Inspired Approach," Proc. of IEEE Int'l Conf. on Autonomic Computing (ICAC 2005), pp. 374-375 (June 2005).
  34. Inoue, K., Garg, P., Iida, H., Matsumoto, K., and Torii, K., "Mega Software Engineering," Proc. of Int'l Conf on Product Focused Software Process Improvement (PROFES 2005), pp. 399-413 (June 2005).
  35. Yamamoto, T., Matsushita, M., Kamiya, T., and Inoue, K., "Measuring Similarity of Large Software Systems Based on Source Code Correspondence," Proc. of Int'l Conf on Product Focused Software Process Improvement (PROFES 2005), pp. 530-544 (June 2005).
  36. Okamura, S., Yoshida, M., and Fujiwara, T., "Coin-based Anonymous Fingerprinting Scheme with Automatic Identification of Redistributors," Peer-reviewed Proc. of the ISSA New Knowledge Today Conf., CD-ROM (June 2005).
  37. Wakamiya, N., Ohtaki, Y., Murata, M., and Imase, M., "A Biologically-Inspired Data-Centric Communication Protocol for Sensor Networks," Proc. of Int'l Conf. on Distributed Computing in Sensor Systems (DCOSS 2005), pp. 37-46 (June/July 2005).
  38. Leibnitz, K., Wakamiya, N., Murata, M., and Remiche, M.-A., "Analysis of Energy Consumption for a Biological Clustering Method in Sensor Networks," Proc. of Int'l Workshop on Measurement, Modeling and Performance Analysis of Wireless Sensor Networks (SenMetrics 2005), CD-ROM (July 2005).
  39. Sasabe, M., Wakamiya, N., and Murata, M., "Adaptive and Robust P2P Media Streaming," Proc. of WSEAS Int'l Conf. on Communications (ICCOM 2005), CD-ROM (July 2005).
  40. Takahashi, J., Tode, H, and Murakami, K., "A Proposal of Efficient Multicast Distribution Scheme Using Erasure Codes and its Evaluation," Proc. of SCS Int'l Symposium on Performance Evaluation of Computer and Telecommunication Systems (SPECTS 2005), pp. 111-120 (July 2005).
  41. Tode, H., Takayama, S., and Murakami, K., "Coupled-Layer Type Waveband Path Design Considering Dynamic Traffic Changes," Proc. of SCS Int'l Symposium on Performance Evaluation of Computer and Telecommunication Systems (SPECTS 2005), pp. 121-126 (July 2005).
  42. Igarashi, D., Tsuchiya, T., and Kikuno, T., "Overlay Network Topologies for Gossip-Based Multicast," Proc. of IEEE Int'l Conf. on Parallel and Distributed Systems (ICPADS 2005), pp. 2-7 (July 2005).
  43. Hara, T., "Strategies for Data Location Management in Mobile Ad Hoc Networks," Proc. of IEEE Int'l Conf. on Parallel and Distributed Systems (ICPADS 2005), pp. 147-153 (July 2005).
  44. Kishino, Y., Terada, T., Tsukamoto, M., Yoshihisa, T., Hayakawa, K., Kashitani, A., and Nishio, S., "A Rule-Based Discovery Mechanism of Network Topology among Ubiquitous Chips," Proc. of IEEE Int'l Conf. on Pervasive Services (ICPS 2005), pp. 198-207 (July 2005).
  45. 北村喜文, 大西克彦, 岸野文郎, "電脳空間生態系," 2005亞洲藝術科 學學會論文集作品集, Vol. 1, No. 1, pp. 13-14 (July 2005).
  46. 大西克彦, 村上礼繁, 北村喜文, 岸野文郎, "対話的仮想樹木造型," 2005亞洲藝術科學學會論文集作品集, Vol. 1, No. 1, pp. 15-16 (July 2005).
  47. Fujita, T., Okamoto, K., Yoshida, M., and Fujiwara, T., "A Watermark Detection Scheme Ensuring the False Positive Error Probability," Proc. of Western European Workshop on Research in Cryptology (WEWoRC 2005), pp. 18-19 (July 2005).
  48. Nakayama, S., Yoshida, M., Okamura, S., Fujiwara, A., and Fujiwara, T., "An Efficient Private and Consistent Data Retrieval Protocol," Proc. of Western European Workshop on Research in Cryptology (WEWoRC 2005), pp. 83-84 (July 2005).
  49. Mitsuyama, Y., Imai, R., Takahashi, K., Onoye, T., and Shirakawa, I., "An Approach for Area-Efficient Coarse-Grained Reconfigurable Architecture dedicated to Media Processing," Proc. of Int'l Technical Conf. on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC 2005), pp. 131-132 (July 2005).
  50. Nhat, H. V., Imanaka, T., Fujita, G., Onoye, T., and Shirakawa, I., "Fast Human Object Extraction Method based on Color Space Segmentation for Mobile Systems," Proc. of Int'l Technical Conf. on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC 2005), pp. 1015-1016 (July 2005).
  51. AbdElSalam, H., Sakanushi, K., Takeuchi, Y., and Imai, M., "A System ITRON Profile for RTOS CentricCo-Simulation & Performance Modeling in SystemC," Proc. of Int'l Technical Conf. on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC 2005), Vol. 1, pp. 181-182 (July 2005).
  52. Kashiwagi, A., Yamauchi, Y., Shiroguchi, Y., Urabe, I., and Yomo, T., "A Simple Model Symbiosis using Nutrient-deficient Escherichia Coli," Proc. of Joint IUPAB & EBSA Int'l Biophysics Congress, European Biophysics Journal, Vol. 34, No. 6, p. 600 (Aug. 2005).
  53. Sato, K., Ito, Y., Yomo, T., and Kaneko, K., "On the Relation between Fluctuation and Response in Biological Systems," Proc. of Joint IUPAB & EBSA Int'l Biophysics Congress, European Biophysics Journal, Vol. 34, No. 6, p. 604 (Aug. 2005).
  54. Hara, T., "Data Replication Issues in Mobile Ad Hoc Networks," Proc. of Int'l Workshop on P2P Data Management, Security and Trust (PDMST 2005), pp. 753-757 (Aug. 2005).
  55. Maekawa, T., Uemukai, T., Hara, T., and Nishio, S., "Content Description and Partitioning Methods for Collaborative Browsing by Multiple Mobile Users," Proc. of Int'l Workshop on Mobility in Databases and Distributed Systems (MDDS 2005), pp. 1068-1072 (Aug. 2005).
  56. Cai, J., Terada, T., Hara, T., and Nishio, S., "A Query Processing Method for Hybrid Wireless-Broadcast Networks," Proc. of Int'l Workshop on Mobility in Databases and Distributed Systems (MDDS 2005), pp. 1078-1082 (Aug. 2005).
  57. Hayashi, H., Hara, T., and Nishio, S., "A Replica Allocation Method Adapting to Topology Changes in Ad Hoc Networks," Proc. of Int'l Conf. on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2005), pp. 868-878 (Aug. 2005).
  58. Maeda, K., Uchida, W., Hara, T., and Nishio, S., "On a Collaborative Caching in a Peer-to-Peer Network for Push-based Broadcast," Proc. of Int'l Conf. on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2005), pp. 879-889 (Aug. 2005).
  59. Yoshihisa, T., Tsukamoto, M., and Nishio, S., "A Scheduling Scheme for Continuous Media Data Broadcasting with Prefetching," Proc. of IEEE Pacific Rim Conf. on Communications, Computers and Signal Processing (PACRIM 2005), pp. 145-148 (Aug. 2005).
  60. Miyamoto, T., Harumoto, K., Shimojo, S., and Okuda, T., "GRIP - A Profile Control Mechanism for User Privacy Protection and Quality of Personalization Services," Proc. of IEEE Pacific Rim Conf. on Communications, Computers and Signal Processing (PACRIM 2005), pp. 217-220 (Aug. 2005).
  61. Suzuki, T., Izumi, T., Ooshita, F., and Masuzawa, T., "Biologically Inspired Self-Adaptation of Mobile Agent Population," Proc. of Int'l Workshop on Self-Adaptable and Autonomic Computing Systems (SAACS 2005), pp. 170-174 (Aug. 2005).
  62. Tanida, J., and Shogenji, R.,"Versatile Application of A Compact Compound Imaging System," Proc. of SPIE's Int'l Conf. on Photonics Devices and Algorithms for Computing VII, Optics & photonics 2005, Vol. 5907, pp. 59-66 (Aug. 2005).
  63. Honda, O., Ohsaki, H., Imase, M., Murayama, J., and Matsuda, K., "A Prototype Implementation of VPN Enabling User-based Multiple Association," Proc. of IASTED Int'l Conf. on Internet & Multimedia Systems & Applications (IMSA 2005), pp. 59-64 (Aug. 2005).
  64. Leibnitz, K., Wakamiya, N., and Murata, M., "Modeling of IEEE 802.15.4 in a Cluster of Synchronized Sensor Nodes," Proc. of Int'l Teletraffic Congress (ITC 19), CD-ROM (Aug./Sept. 2005).
  65. Wakamiya, N., and Murata, M., "Toward Overlay Network Symbiosis," Proc. of IEEE Int'l Conf. on Peer-to-Peer Computing (P2P 2005), pp. 154-155 (Aug./Sept. 2005).
  66. Kishino, Y., Terada, T., Villar, N., Gellersen, H., and Nishio, S., "Position Detection Mechanism using Camera Images for Pin&Play," Proc. of Int'l Conf. on Ubiquitous Computing (UbiComp 2005) Demo Session, CD-ROM (Sept. 2005).
  67. Miyamae, M., Kishino, Y., Terada, T., Tsukamoto, M., Hiraoka, K., Fukuda, T., and Nishio, S., "A Wearable System for Supporting Motorbike Races -Suzuka 8 Hours World Endurance Championship Race in July, 2004-," Proc. of Int'l Conf. on Ubiquitous Computing (UbiComp 2005) Demo Session, CD-ROM (Sept. 2005).
  68. Kitamura, Y., Osawa, W., Yamaguchi, T., Takemura, H., and Kishino, F., "A Display Table for Strategic Collaboration Preserving Private and Public Information," Proc. of Int'l Conf. on Entertainment Computing (ICEC 2005), pp. 167-179 (Sept. 2005).
  69. Itoh, Y., Yamaguchi, T., Kitamura, Y., and Kishino, F., "A Computerized Interactive Toy: TSU.MI.KI," Proc. of Int'l Conf. on Entertainment Computing (ICEC 2005), pp. 507-510 (Sept. 2005).
  70. Asai, K., Hattori, A., Yamashita, K., Nishimoto, T., Kitamura, Y., and Kishino, F., "Agents from reality," Proc. of Int'l Conf. on Entertainment Computing (ICEC 2005), pp. 519-522 (Sept. 2005).
  71. Yoshida, N., Higo, Y., Kamiya, T., Kusumoto, S., and Inoue, K., "On Refactoring Support Based on Code Clone Dependency Relation," Proc. of IEEE Int'l Software Metrics Symposium (Metrics 2005), p. 16 (Sept. 2005).
  72. Taniguchi, K., Ishio, T., Kamiya, T., Kusumoto, S., and Inoue, K., "Extracting Sequence Diagram from Execution Trace of Java Program," Proc. of Int'l Workshop on Principles of Software Evolution (IWPSE 2005), pp. 148-151 (Sept. 2005).
  73. Yasunaga, K., and Fujiwara, T., "Relations between the Local Weight Distributions of a Linear Block Code, Its Extended Code, and Its Even Weight Subcode," Proc. of IEEE Int'l Symposium on Information Theory (ISIT 2005), CD-ROM (Sept. 2005).
  74. Ogasahara, Y., Hashimoto, M., and Onoye, T., "Measurement and Analysis of Delay Variation due to Inductive Coupling," Proc. of IEEE Custom Integrated Circuits Conf. (CICC 2005), pp. 305-308 (Sept. 2005).
  75. Tsugawa, T., Hasegawa, G., and Murata, M., "Background TCP Data Transfer with Inline Network Measurement," Proc. of Asia-Pacific Conf. on Communications (APCC 2005), pp. 459-463 (Oct. 2005).
  76. Makino, N., Arakawa, S., and Murata, M., "A Flooding Method for Exchanging Routing Informationin Power-Law Networks," Proc. of Asia-Pacific Conf. on Communications (APCC 2005), pp. 812-816 (Oct. 2005).
  77. Yoshimura, S., Ueno, H., Kawano, K., Kinoshita, K., and Murakami, K., "Mobile Multicast Routing for Broadband Communication Services," Proc. of IEEE Int'l Conf. on Computer Communications and Networks (ICCCN 2005), p. 598 (Oct. 2005).
  78. Tanaka, Y., Hirota, Y., Tode, H., and Murakami, K., "Wavelength Assignment Algorithm Considering the State of Neighborhood Links for OBS Networks," Proc. of SPIE OpticsEast, Optical Transmission Systems and Equipment for WDM Networking IV (IT 102), Vol. 6012, 601209 (Oct. 2005).
  79. Takehara, T., Tode, H., and Murakami, K., "Local Path Configuration Method Considering Global Path Optimality in Multilayer Networks," Proc. of SPIE OpticsEast, Optical Transmission Systems and Equipment for WDM Networking IV (IT 102), Vol. 6012, 60120F (Oct. 2005).
  80. Nakamura, S., Shoji, T., Tsukamoto, M., and Nishio, S., "SoundWeb: Hyperlinked Voice Data for Wearable Computing Environment," Proc. of IEEE Int'l Symposium on Wearable Computers (ISWC 2005), pp. 14-19 (Oct. 2005).
  81. Miyamae, M., Terada, T., Kishino, Y., Tsukamoto, M., and Nishio, S., "An Event-Driven Navigation Platform for Wearable Computing Environments," Proc. of IEEE Int'l Symposium on Wearable Computers (ISWC 2005), pp. 100-107 (Oct. 2005).
  82. Hara, T., and Madria, S., "Consistency Management among Replicas in Peer-to-Peer Mobile Ad Hoc Networks," Proc. of IEEE Int'l Symposium on Reliable Distributed Systems (SRDS 2005), pp. 3-12 (Oct. 2005).
  83. Murakami, N., Onishi, K., Kitamura, Y., and Kishino, F., "Modeling of Trees with 3D Gestures and Growth Simulation," Proc. of Int'l Workshop on Immersive Projection Technology, Eurographics Workshop on Virtual Enviroments (IPT/EGVE 2005), pp. 97-104 (Oct. 2005).
  84. Asano, T., Sharlin, E., Kitamura, Y., Takashima, K., and Kishino, F., "Predictive Interaction using the Delphian Desktop," Proc. of ACM Int'l Symposium on User Interface Software and Technology (UIST 2005), pp. 133-141 (Oct. 2005).
  85. Masuzawa, T., and Kakugawa, H., "Self-stabilization in spite of Frequent Changes of Networks: Case Study of Mutual Exclusion on Dynamic Rings," Proc. of Int'l Symposium on Self Stabilizing Systems (SSS 2005), pp. 183-197 (Oct. 2005).
  86. Yanagida, H., Matsuura, T., Urabe, I., and Yomo, T., "Directed evolution of an unstructured protein based on ligand blinding property," Katzir Conf. on Molecular Perspectives and Protein-Protein Interactions, p. 66 (Nov. 2005).
  87. Fu, H., Wakamiya, N., and Murata, M., "Proposal and Evaluation of a Cooperative Mechanism for Hybrid P2P File-Sharing Networks," Proc. of IASTED Int'l Conf. on Communications, Internet and Information Technology (CIIT 2005), pp. 7-13 (Oct./Nov. 2005).
  88. Koizumi, Y., Arakawa, S., and Murata, M., "On the Integration of IP Routing and Wavelength Routing in IP over WDM Networks," Proc. of SPIE Asia-Pacific Optical Communications (APOC 2005), pp. 20-29 (Nov. 2005).
  89. Yamanegi, K., Hama, T., Hasegawa, G., Murata, M., Shimonishi, H., and Murase, T., "Implementation Experiments of TCP Proxy Mechanism," Proc. of Asia-Pacific Symposium on Information and Telecommunication Technologies (APSITT 2005), pp. 17-22 (Nov. 2005).
  90. Zhang, Z., Hasegawa, G., and Murata, M., "Experimental Evaluations of Gentle HighSpeed TCP for Long-Fat Networks," Proc. of Asia-Pacific Symposium on Information and Telecommunication Technologies (APSITT 2005), pp. 47-52 (Nov. 2005).
  91. Taniguchi, Y., Wakamiya, N., and Murata, M., "A Distributed and Self-organizing Data Gathering Scheme in Wireless Sensor Networks," Proc. of Asia-Pacific Symposium on Information and Telecommunication Technologies (APSITT 2005), pp. 299-304 (Nov. 2005).
  92. Yamamoto, D., Fujita, R., Tode, H., Masaki, T., and Murakami, K., "A Method for Guaranteeing End-to-End Delay by Mutual Cooperation between IP Routers," Proc. of IEEE Int'l Conf. on Local Computer Networks (LCN 2005), pp. 511-512 (Nov. 2005).
  93. Kim, J. O., Tode, H., and Murakami, K., "Service-based Rate Adaptation Architecture for IEEE 802.11e QoS Networks," Proc. of IEEE Global Telecommunications Conf. (Globecom 2005), Vol. 6, pp. 3341-3345 (Nov. 2005).
  94. Nakayama, K., Hara, T., and Nishio, S., "A Web Mining Method based on Personal Ontology for Semi-Structured RDF," Proc. of Int'l Workshop on Scalable Semantic Web Knowledge Base Systems (SSWS 2005), pp. 227-234 (Nov. 2005).
  95. Kitamura, Y., Douko, K., Kitayama, M., and Kishino, F., "Object Deformation and Force Feedback for Virtual Chopsticks," Proc. of ACM Int'l Symposium on Virtual Reality Software and Technology (VRST 2005), pp. 97-104 (Nov. 2005).
  96. Hayase, Y., Matsushita, M., and Inoue, K., "Revision Control System Using Delta Script of Syntax Tree," Proc. of Int'l Workshop on Software Configuration Management (SCM 2005), pp. 133-149 (Nov. 2005).
  97. Hayashi, Y., Aita, T., Toyota, H., Husimi, Y., Urabe, I., and Yomo, T., "A Structural Information of the Fitness Landscape in Protein Sequence Space," Proc. of Hayashibara Forum 2005 Int'l Symposium on Strategies of Life: a self-sustaining network of molecular information, p. 14 (Dec. 2005).
  98. Yomo, T., "Adaptive Response of a Gene Network to Environmental Changes by Attractor Selection," Proc. of Hayashibara Forum 2005 Int'l Symposium on Strategies of Life: a self-sustaining network of molecular information, p. 17 (Dec. 2005).
  99. Leibnitz, K., Wakamiya, N., and Murata, M., "Symbiotic Multi-Path Routing with Attractor Selection," Proc. of Int'l Workshop on Stochasticity in Distributed Systems (StoDis 2005), CD-ROM (Dec. 2005).
  100. Sagara, R., Kishino, Y., Terada, T., Yoshihisa, T., Tsukamoto, M., and Nishio, S., "An Application Development Environment for Rule-based I/O Control Devices," Proc. of Int'l Symposium on Ubiquitous Intelligence and Smart Worlds (UISW 2005), pp. 121-130 (Dec. 2005).
  101. Watanabe, R., Itoh, Y., Kitamura, Y., Kishino, F., and Kikuchi, H., "Distributed Autonomous Interface using ActiveCube for Interactive Multimedia Contents," Proc. of Int'l Conf. on Artificial Reality and Telexistence (ICAT 2005), pp. 22-29 (Dec. 2005).
  102. Masuzawa, T., and Tixeuil. S., "A Self-Stabilizing Link-Coloring Protocol Resilient to Unbounded Byzantine Faults in Arbitrary Networks," Proc. of Int'l Conf. on Principles of Distributed Systems (OPODIS 2005), pp. 283-298 (Dec. 2005).
  103. Leelaprute, P., Nakamura, M., Tsuchiya, T., Matsumoto, K., and Kikuno, T., "Describing and Verifying Integrated Services of Home Network Systems," Proc. of Asia-Pacific Software Engineering Conf. (APSEC 2005), pp. 549-558 (Dec. 2005).
  104. Ishio, T., Kamiya, T., Kusumoto, S., and Inoue, K., "Aspect-Oriented Modularization of Assertion Crosscutting Objects," Proc. of Asia-Pacific Software Engineering Conf. (APSEC 2005), pp. 744-751 (Dec. 2005).
  105. Matsushita, M., Sasaki, K., and Inoue, K., "CoxR: Open Source Development History Search System," Proc. of Int'l Workshop on Supporting Knowledge Collaboration in Software Development (KCSD 2005), pp. 821-826 (Dec. 2005).
  106. Yoshida, M., Mitsunari, S., and Fujiwara, T., "A Timed-Release Key Management Scheme for Backward Recovery," Proc. of Int'l Conf. on Information Security and Cryptology (ICISC 2005), pp. 1-15 (Dec. 2005).
  107. AbdElSalam, H., Sakanushi, K., Takeuchi, Y., and Imai, M., "Virtual Prototyping of T-Engine Systems Using RTOS Centric Co-Simulation in SystemC," Proc. of Int'l Conf. on Information & Communications Technology (ICICT 2005), pp. 171-191 (Dec. 2005).
  108. Konishi, J., Wakamiya, N., and Murata, M., "Proposal and Evaluation of a Cooperative Mechanism for Pure P2P File Sharing Networks," Proc. of Int'l Workshop on Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology (Bio-ADIT 2006), pp. 33-47 (Jan. 2006).
  109. Leibnitz, K., Wakamiya, N., and Murata, M., "Resilient Multi-path Routing Based on a Biological Attractor Selection Scheme," Proc. of Int'l Workshop on Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology (Bio-ADIT 2006), pp. 48-63 (Jan. 2006).
  110. Shimizu, H., Egawa, S., Wardani, A., Nagahisa, K., and Shioya, S., "Microbial Interaction in a Symbiotic Bioprocess of Lactic Acid Bacterium and Diary Yeast," Proc. of Int'l Workshop on Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology (Bio-ADIT 2006), pp. 93-106 (Jan. 2006).
  111. Yomo, T., Sato, K., Ito, Y., and Kaneko, K., "Responses of Fluctuating Biological Systems," Proc. of Int'l Workshop on Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology (Bio-ADIT 2006), pp. 107-112 (Jan. 2006).
  112. Yamada, T., Sadamitsu, M., Nagahisa, K., Kashiwagi, A., Furusawa, C., Yomo, T., and Shimizu, H., "Analysis of Fluctuation in Gene Expression Based on Continuous Culture System," Proc. of Int'l Workshop on Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology (Bio-ADIT 2006), pp. 113-127 (Jan. 2006).
  113. Onishi, K., Murakami, N., Kitamura, Y., and Kishino, F., "Modeling of Trees with Interactive L-System and 3D Gestures," Proc. of Int'l Workshop on Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology (Bio-ADIT 2006), pp. 222-235 (Jan. 2006).
  114. Irie, S., Shogenji, R., Ogura, Y., and Tanida, J.,"Photonic Information Techniques Based on Compound-Eye Imaging", Proc. of Int'l Workshop on Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology (Bio-ADIT 2006), pp. 252-264 (Jan. 2006).
  115. Suzuki, T., Izumi, T., Ooshita, F., Kakugawa, H., and Masuzawa, T., "Bio-inspired Replica Density Control in Dynamic Networks," Proc. of Int'l Workshop on Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology (Bio-ADIT 2006), pp. 281-293 (Jan. 2006).
  116. Okuyama, T., Tsuchiya, T., and Kikuno, T., "Improving the Robustness of Epidemic Communication in Scale-Free Networks," Proc. of Int'l Workshop on Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology (Bio-ADIT 2006), pp. 294-305 (Jan. 2006).
  117. Hayashi, H., Hara, T., and Nishio, S., "On Updated Data Dissemination Exploiting an Epidemic Model in Ad Hoc Networks," Proc. of Int'l Workshop on Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology (Bio-ADIT 2006), pp. 306-321 (Jan. 2006).
  118. Leibnitz, K., Hossfeld, T., Wakamiya, N., and Murata, M., "Modeling of Epidemic Diffusion in Peer-to-Peer File-Sharing Networks," Proc. of Int'l Workshop on Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology (Bio-ADIT 2006), pp. 322-329 (Jan. 2006).
  119. Sato, K., Obinata, K., Sugawara, T., Urabe, I., and Yomo, T., "A High-Throughput Method to Quantify the Structural Properties of Individual Cell-Sized Liposomes by Flow Cytometry," Proc. of Int'l Workshop on Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology (Bio-ADIT 2006), pp. 330-337 (Jan. 2006).
  120. Ueda, K., Kosaka, A., Watanabe, R., Takeuchi, Y., Onoye, T., Itoh, Y., Kitamura, Y., and Kishino, F., "m-ActiveCube; Multimedia Extension of Spatial Tangible User Interface," Proc. of Int'l Workshop on Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology (Bio-ADIT 2006), pp. 363-370 (Jan. 2006).
  121. Izumi, T., and Masuzawa, T., "An Interest-Based Peer Clustering Algorithm Using Ant Paradigm," Proc. of Int'l Workshop on Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology (Bio-ADIT 2006), pp. 379-386 (Jan. 2006).
  122. Hisamatsu, H., Ohsaki, H., and Murata, M., "Fluid-Based Analysis of a Network with DCCP Connections and RED Routers," Proc. of Int'l Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2006), pp. 22-29 (Jan. 2006).
  123. Okazaki, T., Kamada, H., Kinoshita, K., Tode, H., and Murakami, K., "Efficient Flooding Control Suitable for Multiple Requests," Proc. of Int'l Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2006), pp. 71-76 (Jan. 2006).
  124. Teranishi, Y., Kamahara, J., and Shimojo, S., "MapWiki: An Ubiquitous Collaboration Environment on Shared Maps," Proc. of Int'l Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2006) Workshops, pp. 146-149 (Jan. 2006).
  125. Hashimoto, M., Ata, S., Kitamura, H., and Murata, M., "Making Practical Use of IPv6 Anycasting: Mobile IPv6 Based approach," Proc. of Int'l Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2006), pp. 307-315 (Jan. 2006).
  126. Kim, J. O., Tode, H., and Murakami, K., "Enhancing MAC protocol for Voice over IEEE 802.11 WLANs," Proc. of IEEE Int'l Consumer Communications and Networking Conf. (CCNC 2006), Vol. 1, pp. 45-49 (Jan. 2006).
  127. Shinohara, M., Hayashi, H., Hara, T., and Nishio, S., "A Data Access Method Considering Power Consumption in Ad Hoc Networks," Proc. of Int'l Symposium on Wireless Pervasive Computing (ISWPC 2006), pp. 193-198 (Jan. 2006).
  128. Kitajima, S., Cai, J., Terada, T., Hara, T., and Nishio, S., "A Query Processing Mechanism Based on the Broadcast Queue for Broadcast Database Systems," Proc. of Int'l Symposium on Wireless Pervasive Computing (ISWPC 2006), pp. 450-455 (Jan. 2006).
  129. Guo, Z., Nishikawa, Y., Omaki, R. Y., Onoye, T., and Shirakawa, I., "A Low-Complexity FEC Assignment Scheme for Motion JPEG2000 over Wireless Network," Proc. of Int'l Conf. on Consumer Electronics (ICCE 2006), Digest of Technical Papers, pp. 391-392 (Jan. 2006).
  130. Shinkai, K., Hashimoto, M., Kurokawa, A., and Onoye, T., "A Gate Delay Model focusing on Current Fluctuation over Wide-Range of Process and Environmental Variability," Proc. of ACM/IEEE Int'l Workshop on Timing Issues in the Specification and Synthesis of Digital Systems (TAU 2006), pp. 59-64 (Feb. 2006).
  131. Ikeda, S., Tsuchiya, T., and Kikuno, T., "A Decentralized Scheme for Network-Aware Reliable Overlay Construction," Proc. of Int'l Conf. on Information Networking (ICOIN 2006), CD-ROM (Jan. 2006).
  132. Cao, M., Hasegawa, G., and Murata, M., "ImTCP HighSpeed: Inline Network Measurement for High-Speed Networks," Proc. of Int'l Passive and Active Measurement Conf. (PAM 2006), CD-ROM (Mar. 2006).
  133. Kakugawa, H., and Masuzawa, T., "A Self-Stabilizing Distributed Algorithm for 5-Spanner," Proc. of IASTED Int'l Conf. on Networks and Communication Systems (NCS 2006), pp. 47-52 (Mar. 2006).
  134. Sugano, M., Kiri, Y., and Murata, M., "Performance Analysis of Large-Scale Wireless Sensor Network Architecture with Multi-Cluster Configuration," Proc. of IASTED Int'l Conf. on Networks and Communication Systems (NCS 2006), pp. 188-193 (Mar. 2006).
  135. Tode, H., Honda, H., and Murakami, K., "Multicast Design Method Using Multiple Shared-Trees in OBS Networks," Proc. of IEEE/OSA Optical Fiber Communication Conf. (OFC 2006), OThF4 (Mar. 2006).
  136. Hirota, Y., Tode, H., and Murakami, K., "Cooperation Method Considering Wavelength Assignment and Routing Problem in Optical Burst Switched Networks," Proc. of IEEE/OSA Optical Fiber Communication Conf. (OFC 2006), JThB50 (Mar. 2006).
  137. Maekawa, T., Hara, T., and Nishio, S., "A Collaborative Web Browsing System for Multiple Mobile Users," Proc. of IEEE Int'l Conf. on Pervasive Computing and Communications (PerCom 2006), pp. 22-33 (Mar. 2006).
  138. Shinohara, M., Hayashi, H., Hara, T., and Nishio, S., "Replica Allocation Considering Power Consumption in Mobile Ad Hoc Networks," Proc. of Int'l Workshop on Pervasive Wireless Networking (PWN 2006), pp. 463-467 (Mar. 2006).

4  プロジェクト紹介記事/講演

  1. 西尾章治郎, "ネットワーク共生環境を築く情報技術の創出," 情報 処理, Vol. 46, No. 4, pp. 385-390 (2005年4月).
  2. 村田正幸, "大阪大学における高度な情報通信人材の育成に関する取 り組み," IT連携フォーラムOACIS 第9回シンポジウム「産学官連携に よる情報通信分野の人材育成」 (モントレグラスミアハウス, 大阪, 2005年12月7日).

5  解説記事

  1. 清水 浩, "バイオインフォマティクスデータを統合する代謝情報工 学," 生産と技術, Vol. 57, No. 2, pp. 55-58 (2005年4月).
  2. 藤原 融, "情報セキュリティ -暗号基盤技術の安全性- (特集 安 全に暮らしたい 4-2)," 電子情報通信学会誌, Vol. 88, No. 5, pp. 355-361 (2005年5月).
  3. 増永良文, 原 隆浩, "日本のデータベース研究最前線 - 第10回: ア ドホックネットワークとモバイル端末間のデータ共有," 月刊DBマガ ジン6月号, 翔泳社, pp. 144-145 (2005年6月).
  4. 原 隆浩, 西尾章治郎, "データ工学の研究最前線 - P2P環境上のデ ータ管理技術," 電子情報通信学会情報・システムソサイエティ誌, Vol. 10, No. 2, pp. 10-11 (2005年8月).
  5. 下條真司, 須永 宏, 寺西裕一, "ユビキタス時代のショッピングナ ビゲーション," 自動認識最前線, pp. 24-29 (2005年12月).
  6. 清水 浩, 平沢 敬, 永久圭介, 古澤 力, 片倉啓雄, 塩谷捨明, "情報 科学を基盤とする有用生物創製にむけて," ソフトウエアバイオロジー, Vol. 5, pp. 39-42 (2006年3月).
  7. Posayapisit, N., Nagahisa, K., Shimizu, H., "Downregulation of Pyruvate Kinase Gene (pyk) in a Glutamate Producing Corynebacterium Glutamicum Strain," Report of The 1st UNESCO Postgraduate Inter-University Course in Biotechnology 2004-2005, pp. 139-149 (Mar. 2006)
  8. 若宮直紀, 村田正幸, "生物に着想を得た情報ネットワーク制御," 電子情報通信学会和文論文誌(解説論文), Vol. J89-B, No. 3, pp. 316-323 (2006年3月).

6  国内研究会(査読あり)

  1. 藤田 玄, 今仲隆晃, フィン ヴァン ニャット, 尾上孝雄, 白川 功, "色空間のブロック分割に基づく携帯端末向けリアルタイム人オブジェ クト抽出手法," 電子情報通信学会第18回回路とシステム軽井沢ワーク ショップ論文集, pp. 431-436 (2005年4月).
  2. 篠原昌子, 林 秀樹, 原 隆浩, 西尾章治郎, "アドホックネットワーク における移動体の消費電力に基づいた複製配置方法について," 情報処 理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2005)論文集, Vol. 2005, No. 6, pp. 325-328 (2005年7月).
  3. 谷口哲也, 神崎映光, 原 隆浩, 西尾章治郎, "アドホックネットワーク におけるルーティングプロトコルを利用したトポロジ情報生成手法," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム (DICOMO 2005)論文集, Vol. 2005, No. 6, pp. 509-512 (2005年7月).
  4. 田中宏平, 岸野泰恵, 宮前雅一, 寺田 努, 西尾章治郎, "光学式シース ルー型頭部装着ディスプレイのための背景を考慮したオブジェクト配置 手法," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジ ウム(DICOMO 2005)論文集, Vol. 2005, No. 6, pp. 749-752 (2005年7月).
  5. 竹川佳成, 寺田 努, 塚本昌彦, 西尾章治郎, "追加黒鍵をもつ小型鍵盤 楽器モバイルクラヴィーアIIの実装と評価," エンターテインメントコ ンピューティング2005論文集, pp. 49-54 (2005年9月).
  6. 竹川佳成, 宮前雅一, 岸野泰恵, 塚本昌彦, 大江瑞子, 西尾章治郎, " 鍵盤楽器と連携したウェアラブルファッション," エンターテインメン トコンピューティング2005論文集, pp. 59-63 (2005年9月).
  7. 宮前雅一, 岸野泰恵, 寺田 努, 塚本昌彦, 平岡圭介, 福田登仁, 西尾章 治郎, "バイクレースにおける観客支援のためのイベント駆動型ウェア ラブルシステム," エンターテインメントコンピューティング2005論文 集, pp. 118-123 (2005年9月).
  8. 木戸裕樹, 原 隆浩, 西尾章治郎, "Peer-to-Peerネットワークにおける データアクセス頻度を考慮した確率的な複製配置方式の評価と考察," 情報処理学会データベースとWeb情報システムに関するシンポジウム (DBWeb 2005)論文集, pp. 1-8 (2005年11月).
  9. 富安宏和, 前川卓也, 原 隆浩, 西尾章治郎, "モバイル・ソーシャル ネットワークにおけるプロファイルを利用した問合せルーティング手 法," 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文 集, Vol. 2005, No. 19, pp. 21-25 (2005年11月).
  10. 澤井陽平, 篠原昌子, 神崎映光, 原 隆浩, 西尾章治郎, "アドホック ネットワークにおける複製間の一貫性管理について," 情報処理学会マ ルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集, Vol. 2005, No. 19, pp. 156-160 (2005年11月).
  11. 神崎映光, 原 隆浩, 西尾章治郎, "アドホックセンサネットワークにお けるトラヒック量の偏りを考慮したTDMAスロット割り当て手法," 情報 処理学会マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集, Vol. 2005, No. 19, pp. 199-203 (2005年11月).
  12. 林 秀樹, 原 隆浩, 西尾章治郎, "アドホックネットワークにおけるエ ピデミックモデルを利用した更新データ配布方式," 情報処理学会マル チメディア通信と分散処理ワークショップ論文集, Vol. 2005, No. 19, pp. 219-223 (2005年11月).
  13. 竹内 亨, 寺西裕一, 春本 要, 下條真司, "ソーシャルネットワークを 活用した社内コミュニケーション支援システムの提案," 情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集, Vol. 2005, No. 19, pp. 295-300 (2005年11月).
  14. 寺西裕一, 鎌原淳三, 下條真司, "MapWiki: 共有地図を用いたユビキタ スコンテンツ流通環境," 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理 ワークショップ論文集, Vol. 2005, No. 19, pp. 414-419 (2005年11月).
  15. 浜野康裕, 天嵜聡介, 水野 修, 菊野 亨, "ソフトウェア開発プロジェ クト中のリスク要因に対するルールマイニングを利用した分析," ソフ トウェア工学の基礎XII: 日本ソフトウェア科学会 FOSE2005, pp. 87-96 (2005年11月).
  16. 楠田泰三, 川口真司, 松下 誠, 井上克郎, "履歴情報を用いた同一ユー スケース実装クラス群抽出法の提案," ソフトウェア工学の基礎XII: 日 本ソフトウェア科学会 FOSE2005, pp. 97-102 (2005年11月).
  17. 田中宏平, 岸野泰恵, 宮前雅一, 寺田 努, 西尾章治郎, "広角カメラを 用いた光学式シースルー型HMDにおける情報提示手法," インタラクティ ブシステムとソフトウェアXIII: 日本ソフトウェア科学会 WISS2005, pp. 9-14 (2005年12月).
  18. 宮前雅一, 岸野泰恵, 寺田 努, 塚本昌彦, 平岡圭介, 福田登仁, 西尾章 治郎, "バイクレース支援のためのイベント駆動型ウェアラブルシステ ムの実運用," インタラクティブシステムとソフトウェアXIII: 日本ソ フトウェア科学会 WISS2005, pp. 43-48 (2005年12月).
  19. 竹川佳成, 寺田 努, 西尾章治郎, "鍵盤奏者のための実時間運指取得シ ステムの設計と実装," インタラクティブシステムとソフトウェアXIII: 日本ソフトウェア科学会 WISS2005, pp. 93-98 (2005年12月).
  20. 前川卓也, 原 隆浩, 西尾章治郎, "モバイル端末によるWebページ閲覧 のための画像分類," 電子情報通信学会データ工学ワークショップ(DEWS 2006)論文集 (2006年3月).
  21. 北島信哉, 寺田 努, 原 隆浩, 西尾章治郎, "放送型データベースシス テムにおけるモバイル端末の電力消費を考慮した問合せ処理について," 電子情報通信学会データ工学ワークショップ(DEWS 2006)論文集 (2006年3月).
  22. 中野宏一, 片山 肇, 春本 要, 西尾章治郎, "応答転送状況に基づいた P2Pネットワークのトポロジ再構築アルゴリズムの評価," 電子情報通信 学会データ工学ワークショップ(DEWS 2006)論文集 (2006年3月).
  23. 松波秀和, 寺田 努, 西尾章治郎, "P2P型コンテンツ検索システムにお けるコンテンツ分布を考慮したTop-k検索処理手法," 電子情報通信学会 データ工学ワークショップ(DEWS 2006)論文集 (2006年3月).
  24. 村上礼繁, 大西克彦, 櫻井智史, 北村喜文, 岸野文郎, "3次元ジェスチ ャを用いた樹木モデルの形状生成システム," 情報処理学会インタラク ション2006論文集, pp. 241-242 (2006年3月).,
  25. 橋本健二, 石原靖哲, 藤原 融, "XMLデータベースにおけるデータベー スにおけるスキーマ更新操作の能力とスキーマ表現能力保存に関する完 全性との関係," 第8回プログラミングおよびプログラミング言語ワーク ショップ論文集, pp. 19-33 (2006年3月).

7  国内研究会(査読なし)

  1. 今枝誉明, 早瀬康裕, 松下 誠, 井上克郎, "閲覧状態復元機能付きWeb ブラウザの試作," 電子情報通信学会技術研究報告(SS2005-9), Vol. 105, No. 25, pp. 13-18 (2005年4月).
  2. 谷口一徹, 上田恭子, 坂主圭史, 武内良典, 今井正治, "階層的メモリ 構成を有する動的再構成可能プロセッサのための実行サイクル数最小化 手法の提案," 電子情報通信学会技術研究報告(RECONF2005-3), Vol. 105, No. 42, pp. 13-18 (2005年5月).
  3. 米岡昇,上田恭子, 坂主圭史, 武内良典, 今井正治, "データ流量解析に 基づくアーキテクチャレベルでの設計品質見積もり手法," 電子情報通 信学会技術研究報告(VLD2005-9), Vol. 105, No. 58, pp. 19-24 (2005年5月).
  4. Leibnitz, K., Wakamiya, N., and Murata, M., "Analytical Model of IEEE 802.15.4 CSMA/CA in Clustered Sensor Networks," 電子情報通 信学会技術研究報告(IN2005-1), Vol. 105, No. 87, pp. 1-6 (2005年5月).
  5. 八木幸太郎, 本田 治, 大崎博之, 松田和浩, 今瀬 真, "サイバーソサ イエティを実現するリング型P2P-VPN技術," 電子情報通信学会技術研究 報告(IN2005-12), Vol. 105, No. 87, pp. 61-66 (2005年5月).
  6. 生源寺類, 谷田 純, "複眼画像入力モジュールのセキュリティシステム への応用," 映像情報メディア学会技術報告 Vol. 29, No. 27, pp. 13-16 (2005年5月).
  7. 前川太郎, 若宮直紀, 村田正幸, 今瀬 真, "無線アドホックネットワー クのための単方向リンクを考慮した経路制御手法の検討," 電子情報通 信学会通信ソサイエティ第2回アドホックネットワーク・ワークショップ 論文集, pp. B57-B60 (2005年5月).
  8. 野里良裕, 奥畑宏之, 尾上孝雄, 白川 功, "適応的階調補正のハードウ ェア実現における Retinex 理論の比較評価," 電子情報通信学会技術研 究報告(SIS2005-16), Vol. 105, No. 112, pp. 19-24 (2005年6月).
  9. Cao Le Thanh Man, 長谷川剛, 村田正幸, "エンドホスト間のネット ワークパスの物理帯域のインライン計測手法," 電子情報通信学会技術 研究報告(IN2005-15), Vol. 105, No. 113, pp. 5-10 (2005年6月).
  10. 張 宗升, 長谷川剛, 村田正幸, "高速TCPおよび並列TCP方式の実験ネッ トワークでの評価," 電子情報通信学会技術研究報告(IN2005-17), Vol. 105, No. 113, pp. 17-22 (2005年6月).
  11. 松尾尚文, 土屋達弘, 菊野 亨, "モデル検査による分散システムにおけ る合意アルゴリズムの安全性の検証," 電子情報通信学会技術研究報告 (DC2005-7), Vol. 105, No. 123, pp. 1-5 (2005年6月).
  12. Izumi, T., and Masuzawa, T., "On Solvability of One-Step Consensus," 電子情報通信学会技術研究報告(DC2005-8), Vol. 105, No. 123, pp. 7-12 (2005年6月).
  13. 山内由紀子, 中南良浩, 大下福仁, 増澤利光, "無線ネットワークにお ける距離2の彩色を利用したTDMAスケジュール手法," 情報処理学会研究 報告(2005-DPS-123), Vol. 2005, No. 58, pp. 69-74 (2005年6月).
  14. 細見心一, 内田直子, 塚本昌彦, 西尾章治郎, "衣服とLEDの感性評価に 関する実験に向けて," ウェアラブルコンピューティング研究会研究報 告, Vol. 1, No. 2, pp. 1-6 (2005年6月).
  15. Erdmann, M., Miyamae, M., Kishino, Y., Terada, T., and Nishio, S., "Design and Implementation of a Rule-based Navigation Framework for Wearable Computing Environments," ウェアラブルコンピューティ ング研究会研究報告, Vol. 1, No. 2, pp. 7-12 (2005年6月).
  16. 竹川佳成, 寺田 努, 西尾章治郎, "小型鍵盤を用いた文字入力インタフ ェースの設計と実装," ウェアラブルコンピューティング研究会研究報 告, Vol. 1, No. 2, pp. 19-24 (2005年6月).
  17. 岸野泰恵, 塚本昌彦, 西尾章治郎, "実空間情報提示のための2次元マト リクス型空間マーカ," ウェアラブルコンピューティング研究会研究報 告, Vol. 1, No. 2, pp. 40-47 (2005年6月).
  18. 安部誠也, 水野 修, 菊野 亨, "ベイズ識別器によるプロジェクト混乱 予測 -開発メンバーの3つの役割の考慮-," 第2回ソフトウェア信頼性 ワークショップ (2005年6月).
  19. 天嵜聡介, 水野 修, 菊野 亨, "混乱度合の変化傾向を利用した混乱プ ロジェクトの特徴付け," 第2回ソフトウェア信頼性ワークショップ (2005年6月).
  20. 付 宏野, 若宮直紀, 村田正幸, "ハイブリッド型P2P ファイル共有ネッ トワークにおけるネットワーク協調機構の検討と評価," 電子情報通信 学会技術研究報告(IN2005-33), Vol. 105, No. 178, pp. 25-30 (2005年7月).
  21. 小西潤士朗, 若宮直紀, 村田正幸, "ピュア型P2Pファイル共有ネット ワークにおけるネットワーク協調機構の検討と評価," 電子情報通信学 会技術研究報告(IN2005-34), Vol. 105, No. 178, pp. 31-36 (2005年7月).
  22. ラナトゥンガ ヴィジタ, 木下和彦, 山井成良, 村上孝三, "不均質な環 境におけるマルチエージェントシステムのための公平かつ効率的なスケ ジューリングアルゴリズム," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2005-51), Vol. 105, No. 178, pp. 133-136 (2005年7月).
  23. 岡崎高久, 鎌田英朗, 木下和彦, 戸出英樹, 村上孝三, "複数要求を考 慮に入れた高効率フラッディング制御," 電子情報通信学会技術研究報 告(IN2005-59), Vol. 105, No. 178, pp. 179-182 (2005年7月).
  24. 中山 敏, 吉田真紀, 岡村真吾, 藤原 晶, 藤原 融, "検索語の秘匿と検 索結果の一貫性検証を可能とするデータ検索プロトコルにおける通信量 の削減," 電子情報通信学会技術研究報告(ISEC2005-61), Vol. 105, No. 194, pp. 129-136 (2005年7月).
  25. 藤田高彬, 岡本邦宏, 吉田真紀, 藤原 融, "相関型電子透かしの誤検出 確率保証法における見逃し確率の改善," 電子情報通信学会技術研究報 告(ISEC2005-65), Vol. 105, No. 194, pp. 155-160 (2005年7月).
  26. 吉村匠二, 上野 肇, 野村貴則, 河野圭太, 木下和彦, 村上孝三, "遅延 制約を満たすモバイルマルチキャスト経路選択法," 電子情報通信学会 技術研究報告(NS2005-65), Vol. 105, No. 195, pp. 17-20 (2005年7月).
  27. 谷川陽祐, 金 鍾玉, 戸出英樹, 村上孝三, "IEEE 802.11e無線LANにお けるクラス間の比例的QoS制御方式," 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2005-75), Vol. 105, No. 195, pp. 57-60 (2005年7月).
  28. 鎌原淳三, 下條真司, "ウェブによる個人化地図共有システムの提案," 情報処理学会研究報告(2005-DBS-137), Vol. 2005, No. 67, pp. 135-142 (2005年7月).
  29. 前川卓也, 原 隆浩, 西尾章治郎, "小型ディスプレイ端末によるWeb ページ閲覧のための自動スクロール方式," 情報処理学会研究報告 (2005-DBS-137), Vol. 2005, No. 67, pp. 167-174 (2005年7月).
  30. 片山 肇, 中野宏一, 春本 要, 西尾章治郎, "応答転送状況に基づくP2P ネットワークトポロジ変更手法の改善," 情報処理学会研究報告 (2005-DBS-137), Vol. 2005, No. 67, pp. 215-222 (2005年7月).
  31. 中山浩太郎, 原 隆浩, 西尾章治郎, "RDFに対するハイブリッドWebマイ ニング," 情報処理学会研究報告(2005-DBS-137), Vol. 2005, No. 68, pp. 381-387 (2005年7月).
  32. 永石博憲, 小川剛史, 原 隆浩, 西尾章治郎, "放送型サイバースペース におけるアバタの移動特性を考慮した空間モデルデータのプリフェッチ 方式," 情報処理学会研究報告(2005-DBS-137), Vol. 2005, No. 68, pp. 699-704 (2005年7月).
  33. 仁井谷竜介, 松下 誠, 井上克郎, "ソースコードの特徴語を用いたJava ソフトウェア部品の自動分類手法の提案," 情報処理学会研究報告 (2005-SE-149), Vol. 2005, No. 75, pp. 49-56 (2005年7月).
  34. 川口真司, 松下 誠, 井上克郎, "版管理システムを用いたコードクロー ン履歴分析," 電子情報通信学会技術研究報告(SS2005-31), Vol. 105, No. 228, pp. 43-48 (2005年8月).
  35. 市井 誠, 横森励士, 松下 誠, 井上克郎, "コンポーネントランクを用 いたソフトウェアのクラス設計に関する分析手法の提案," 電子情報通 信学会技術研究報告(SS2005-37), Vol. 105, No. 229, pp. 25-30 (2005年8月).
  36. Livieri, S., Ishio T., Kusumoto, S., and Inoue, K., "Planning an Automated Aspect Mining Tool," 電子情報通信学会技術研究報告 (SS2005-38), Vol. 105, No. 229, pp. 31-34 (2005年8月).
  37. 吉田明弘, 松村友哉, 岩永信之, 小林 亙, 尾上孝雄, "近距離音像の定 位を実現するための頭部伝達関数の特徴解析," 電子情報通信学会技術 研究報告(EA2005-39), Vol. 105, No. 230, pp. 29-34 (2005年8月).
  38. 小笠原泰弘, 橋本昌宜, 尾上孝雄, "誘導性・容量性クロストークノイ ズによる遅延変動の測定と評価," 電子情報通信学会技術研究報告 (ICD2005-74), Vol. 105, No. 232, pp. 43-48 (2005年8月).
  39. 小泉佑揮, 荒川伸一, 村田正幸, "IP over WDMネットワークにおける統 合経路制御のためのリンクコスト関数の提案と評価," 電子情報通信学 会技術研究報告(PN2005-24), Vol. 105, No. 236, pp. 25-30 (2005年8月).
  40. 廣田悠介, 戸出英樹, 村上孝三, "光バースト交換網における波長割当 と経路選択の連携手法," 電子情報通信学会技術研究報告(PN2005-27), Vol. 105, No. 236, pp. 31-34 (2005年8月).
  41. 田中 優, 廣田悠介, 戸出英樹, 村上孝三, "光バースト交換網における 管理テーブル数を削減する優先波長割当法," 電子情報通信学会技術研 究報告(PN2005-25), Vol. 105, No. 236, pp. 41-46 (2005年8月).
  42. Long, H., Okuda, K., Sakanushi, K., Takeuchi, Y., and Imai, M., "Instruction-set Simulation Method for Interleaved Multithreaded Processor Using NOP Erasing Function," DAシンポジウム2005論文集, Vol. 2005, No. 9, pp. 79-84 (2005年8月).
  43. 稗田拓路, 田中浩明, 坂主圭史, 武内良典, 今井正治, "部分フォワー ディング機構を有するプロセッサに対する最適命令スケジューリング," DAシンポジウム2005論文集, Vol. 2005, No. 9, pp. 85-90 (2005年8月).
  44. 田中浩明, 坂主圭史, 武内良典, 今井正治, "演算の依存関係と距離に 着目したSIMD命令を持つプロセッサのためのコード生成手法," DAシン ポジウム2005論文集, Vol. 2005, No. 9, pp. 103-108 (2005年8月).
  45. 岩戸宏文, 坂主圭史, 武内良典, 今井正治, "低消費電力型コンフィギ ャラブル・プロセッサの自動生成手法," DAシンポジウム2005論文集, Vol. 2005, No. 9, pp. 219-224 (2005年8月).
  46. Izumi, T., and Masuzawa, T., "A Weakly-Adaptive Condition-Based Consensus Algorithm in Asynchronous Distributed Systems," 電子情 報通信学会技術研究報告(COMP2005-34), Vol. 105, No. 273, pp. 43-48 (2005年9月).
  47. 山本 大, 藤田理恵, 戸出英樹, 正城敏博, 村上孝三, "End-to−End遅 延保証のためのルータ間連携法," 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2005-94), Vol. 105, No. 278, pp. 83-86 (2005年9月).
  48. 高橋 潤, 戸出英樹, 村上孝三, "パケットレベルの畳み込みを用いた効 率的なFEC配信方式," 電子情報通信学会技術研究報告(NS2005-96), Vol. 105, No. 278, pp. 91-94 (2005年9月).
  49. 福元良太, 荒川伸一, 村田正幸, "パワー則の性質を有するネットワー クにおける出線数情報を利用した経路制御手法の提案と評価," 電子情 報通信学会技術研究報告(IN2005-68), Vol. 105, No. 279, pp. 43-48 (2005年9月).
  50. 久松潤之, 大崎博之, 村田正幸, "流体近似法を用いたDCCPおよびREDの モデル化および性能評価," 電子情報通信学会技術研究報告(IN2005-75), Vol. 105, No. 279, pp. 85-90 (2005年9月).
  51. 小谷章夫, 種村嘉高, 朝井宣美, 中村安久, 大塚正章, 密山幸男, 尾上 孝雄, "文字重心位置評価手法とその可読性評価への応用," 電子情報 通信学会技術研究報告(SIS2005-23), Vol. 105, No. 294, pp. 1-6 (2005年9月).
  52. 前川卓也, 原 隆浩, 西尾章治郎, "モバイル端末によるWebページ自動 閲覧のための画像分類," 情報処理学会研究報告(2005-MBL-34), Vol. 2005, No. 90, pp. 49-56 (2005年9月).
  53. Suzuki, T., Izumi, T., Ooshita, F., Kakugawa, H., and Masuzawa, T., "A biologically inspired approach to replica control in dynamic networks," 情報処理学会研究報告(2005-AL-102), Vol. 2005, No. 91, pp. 51-58 (2005年9月).
  54. 相良亮平, 岸野泰恵, 寺田 努, 義久智樹, 塚本昌彦, 西尾章治郎, "イ ベント駆動型入出力制御デバイスのためのアプリケーション開発環境," 情報処理学会研究報告(2005-DPS-124), Vol. 2005, No. 92, pp. 31-36 (2005年9月).
  55. 池田 剛, 大西克彦, 北村喜文, 岸野文郎, "インタラクティブな気候制 御による樹木生長シミュレーションの検討," ヒューマンインタフェー スシンポジウム2005(HIS 2005)論文集, pp. 95-100 (2005年9月).
  56. 高嶋和毅, 北村喜文, 浅野岳史, Ehud Sharlin, 伊藤雄一, 岸野文郎, "Delphian Desktop," ヒューマンインタフェースシンポジウム2005 (HIS 2005)論文集, No. 2539, pp. 635-638 (2005年9月).
  57. 水野 修, 菊野 亨, "アンケートを用いたソフトウェアプロジェクトの 品質予測," 第24回ソフトウェア品質シンポジウム発表報文集, pp. 237-240 (2005年9月).
  58. 池田伸一, 土屋達弘, 菊野 亨, " 物理ネットワークの構造を反映した オーバーレイネットワークの構築と信頼性評価," 電子情報通信学会技 術研究報告(DE2005-125, DC2005-19), Vol. 105, No. 337, pp. 1-5 (2005年10月).
  59. 奥山拓矢, 土屋達弘, 菊野 亨, "スケールフリーネットワークに対する ゴシップアルゴリズムの高信頼化手法の提案," 電子情報通信学会技術 研究報告 (DE2005-126, DC2005-20), Vol. 105, No. 337, pp. 7-12 (2005年10月).
  60. 福島行信, 原井洋明, 荒川伸一, 村田正幸, "オーバレイ型光パスネッ トワークにおける波長変換器配置に関する検討," 電子情報通信学会技 術研究報告(IN2005-90), Vol. 105, No. 323, pp. 13-18 (2005年10月).
  61. 荒川伸一, 福元良太, 村田正幸, 滝根哲哉, "ルータレベルトポロジの 構造特性とそのモデル化手法の提案," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2005-95), Vol. 105, No. 323, pp. 43-48 (2005年10月).
  62. 吉田真紀, 藤原 融, "先着限定販売のための売り切れ証明プロトコ ル," コンピュータセキュリティシンポジウム2005(CSS 2005)予稿集, pp. 523-528 (2005年10月).
  63. 片山喜章, 増澤利光, 和田幸一, "根付き木ネットワーク上において局 所情報のみで負荷分散を実現する自己安定アルゴリズムについて," 情 報処理学会研究報告(2005-AL-103), Vol. 2005, No. 110, pp. 35-40 (2005年11月).
  64. 竹川佳成, 寺田 努, 西尾章治郎, "鍵盤奏者のための小型鍵盤楽器を用 いた文字入力インタフェースの設計と実装," 情報処理学会研究報告 (2005-HI-116), Vol. 2005, No. 114, pp. 91-96 (2005年11月).
  65. 大平直宏, 松下 誠, 岡野浩三, 楠本真二, 井上克郎, 山下裕介, 我妻智 之, "Strutsフレームワークにおけるメタモデルを用いた追跡可能性実 現手法の提案," 情報処理学会研究報告(2005-SE-150), Vol. 2005, No. 119, pp. 33-40 (2005年11月).
  66. 小田琢也, 伊藤雄一, 仲井 渉, 北村喜文, 岸野文郎, "骨格構造を基と したアニメーション生成手法," 画像電子学会第222回研究会, pp. 21-27 (2005年11月).
  67. 安田隆広, 安永憲司, 藤原 融, "Seguin下界の局所重み分布を用いた改 善," 第28回情報理論とその応用シンポジウム(SITA 2005)予稿集, pp. 435-438 (2005年11月).
  68. Asatani, J., Koumoto, T., Fujiwara, T., and Kasami, T., "The sructure of the set of minimum weight codewords of the extended (32,21,6) and (64,45,8) BCH codes," 第28回情報理論とその応用シン ポジウム(SITA 2005)予稿集, pp. 439-442 (2005年11月).
  69. 寺西裕一, 森 克利, 岡村真吾, 馬場健一, 斉藤和典, 島田伸敬, 野川裕 記, 下條真司, "セキュアネットプログラムのためのe-Learning コンテ ンツの設計と開発," 第3回WebCT研究会予稿集, pp. 31-37 (2005年11月).
  70. 長門 毅, 生源寺類, 小倉裕介, 谷田 純, "複眼撮像システムにおける 撮影距離範囲の拡張," 日本光学会年次学術講演会(Optics Japan 2005) 講演予稿集, pp. 422-423 (2005年11月).
  71. 石田晋哉, 荒川伸一, 村田正幸, "波長ルーティングネットワークにお けるソフトステート型波長予約プロトコルの性能解析," 電子情報通信 学会技術研究報告(PN2005-46), Vol. 105, No. 471, pp. 1-6 (2005年12月).
  72. 津川知朗, 長谷川剛, 村田正幸, "インラインネットワーク計測手法 ImTCPおよびその応用手法の実装および性能評価," 電子情報通信学会技 術研究報告(IN2005-120), Vol. 105, No. 472, pp. 61-66 (2005年12月).
  73. Cao Le Thanh Man, 長谷川剛, 村田正幸, "高速ネットワークのための インライン計測手法," 電子情報通信学会技術研究報告(IN2005-123), Vol. 105, No. 472, pp. 79-84 (2005年12月).
  74. 市井 誠, 松下 誠, 井上克郎, "ソフトウェア部品の利用関係における スケールフリー性の調査," 電子情報通信学会技術研究報告(SS2005-69), Vol. 105, No. 491, pp. 37-42 (2005年12月).
  75. 早瀬康裕, 松下 誠, 楠本真二, 井上克郎, 小林健一, 吉野利明, "保守 請負時を対象とした労力見積りのためのメトリクスの提案," 電子情報 通信学会技術研究報告(SS2005-73), Vol. 105 No. 491, pp. 61-66 (2005年12月).
  76. 細見心一, 義久智樹, 西尾章治郎, "ウェアラブルファッションのため の1/fゆらぎの感性評価実験に向けて," ウェアラブルコンピューティン グ研究会研究報告, Vol. 1, No. 3, pp. 7-14 (2005年12月).
  77. ファン ガ ベト, 寺田 努, 塚本昌彦, 西尾章治郎, "ウェアラブルコン ピューティング環境における会話連動型情報検索システム," ウェアラ ブルコンピューティング研究会研究報告, Vol. 1, No. 3, pp. 15-21 (2005年12月).
  78. 張 宗升, 長谷川剛, 村田正幸, "並列TCP方式のスループット解析とパ ラメータ設定に関する考察," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2005-130), Vol. 105, No. 526, pp. 7-11 (2006年1月).
  79. Cai, J., Terada, T., Hara, T., and Nishio, S., "A Joint Strategy of Broadcast Scheduling and Base Station Caching in the Hybrid Wireless Broadcast Environment," 情報処理学会研究報告 (2006-DBS-138, 2006-GN-58), Vol. 2006, No. 9, pp. 69-76 (2006年1月).
  80. 永石博憲, 小川剛史, 原 隆浩, 西尾章治郎, "放送型サイバースペース におけるアバタの密度および空間の連続性を考慮したスケジューリング 方式," 情報処理学会研究報告(2006-DBS-138, 2006-GN-58), Vol. 2006, No. 9, pp. 83-88 (2006年1月).
  81. 北島信哉, 寺田 努, 原 隆浩, 西尾章治郎, "放送型データベースシス テムにおける問合せ発生頻度に基づいた問合せ処理方式," 情報処理学 会研究報告(2006-DBS-138, 2006-GN-58), Vol. 2006, No. 9, pp. 175-182 (2006年1月).
  82. Kawai, T., Wakamiya, N., and Murata, M., "A Fast and Reliable Transmission Mechanism of Urgent Information in Sensor Networks," 電子情報通信学会第二種研究会技術研究報告(SN2006-05), pp. 23-29 (2006年1月).
  83. Okamura, S., Yoshida, M., and Fujiwara, T., "An Unlinkable Interactive Drama Delivery System Allowing Rechoice of a Scene," 2006年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS 2006)予稿集, 2F3-3, CD-ROM (2006年1月).
  84. 中山 敏, 吉田真紀, 岡村真吾, 藤原 融, "検索語の秘匿と検索結果の 一貫性検証を可能とする通信効率の良いデータ検索プロトコル," 2006 年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS 2006)予稿集, 3F1-2, CD-ROM (2006年1月).
  85. 浅野順也, 岡村真吾, 吉田真紀, 藤原 融, "プライバシを保護したC2C ディジタルコンテンツ売買方式," 2006年暗号と情報セキュリティシン ポジウム(SCIS 2006)予稿集, 3F2-1, CD-ROM (2006年1月).
  86. 藤田高彬, 吉田真紀, 藤原 融, "パッチワーク法に対する最適な透かし 検出," 2006年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS 2006)予稿集, 3F3-3, CD-ROM (2006年1月).
  87. Leibnitz, K., "Self-Adaptive Multi-Path Routing with Attractor Selection," 甲南大学知的情報通信研究所第2回シンポジウム「ネット ワークと情報処理」, pp. 37-42 (2006年1月).
  88. 松尾尚文, パッタラ リーラープルット, 土屋達弘, 菊野 亨, "ホーム ネットワークシステムにおける連携サービスのモデル検査による検証," 電子情報通信学会技術研究報告(SS2005-84), Vol. 105, No. 597, pp. 7-12 (2006年2月).
  89. 森 一成, 浜 崇之, 長谷川剛, 村田正幸, 下西英之, 村瀬 勉, "インラ インネットワーク計測手法およびその応用手法の実ネットワーク上での 性能評価," 電子情報通信学会技術研究報告(IN2005-154), Vol. 105, No. 602, pp. 67-72 (2006年2月).
  90. 北村喜文, 中山智量, 中島孝司, 山本澄彦, 岸野文郎, "偏光フィルタ を用いた多人数共有型立体表示装置の試作と検討," 電子情報通信学会 技術研究報告(ITS2005-66), Vol. 105, No. 608, pp. 113-118 (2006年2月).
  91. 芝田幸司, 小田琢也, 河崎雷太, 北村喜文, 岸野文郎, "重回帰分析に よる状態推定を用いた全身動作アニメーションのインタラクティブな生 成の検討," 情報処理学会研究報告(2006-CG-122), Vol. 2006, No. 18, pp. 87-92 (2006年2月).
  92. 竹川佳成, 寺田 努, 西尾章治郎, "鍵盤奏者のための小型鍵盤楽器を用 いた文字入力インタフェースの評価," 情報処理学会研究報告 (2006-MUS-64), Vol. 2006, No. 19, pp. 35-40 (2006年2月).
  93. 付 宏野, 若宮直紀, 村田正幸, "ハイブリッド型P2Pファイル共有ネッ トワークにおけるアプリケーションレベルQoS向上のためのネットワーク 協調機構の設計と評価," 電子情報通信学会技術研究報告(NS2005-189), Vol. 105, No. 627, pp. 125-128 (2006年3月).
  94. 樫原俊太郎, 若宮直紀, 村田正幸, "建造物内に構築されたセンサネッ トワークにおける同期型センサ情報収集機構の設計および実装と評価," 電子情報通信学会技術研究報告(IN2005-159), Vol. 105, No. 628, pp. 19-24 (2006年3月).
  95. 菅野正嗣, 木利友一, 村田正幸, "マルチクラスタ構成を持つ大規模セ ンサネットワークアーキテクチャに関する検討," 電子情報通信学会技 術研究報告(IN2005-160), Vol. 105, No. 628, pp. 25-30 (2006年3月).
  96. パッタラ リーラープルット, 中村匡秀, 井垣 宏, 松本健一, 菊野 亨, "ホームネットワークシステムにおけるサービス競合の分類と解消につ いて," 電子情報通信学会技術研究報告(IN2005-165), Vol. 105, No. 628, pp. 55-60 (2006年3月).
  97. 小西潤士朗, 若宮直紀, 村田正幸, "アプリケーションQoS向上のための ピュア型P2Pファイル共有ネットワークの協調機構の検討と評価," 電子 情報通信学会技術研究報告(IN2005-175), Vol. 105, No. 628, pp. 113-118 (2006年3月).
  98. 笹部昌弘, 若宮直紀, 村田正幸, "高速なファイル検索,取得のための 障害回復力のあるP2P論理網構築手法," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2005-178), Vol. 105, No. 628, pp. 131-136 (2006年3月).
  99. 山根木果奈, 長谷川剛, 村田正幸, "スループット保証を実現するTCPの 輻輳制御方式の提案と評価," 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2005-189), Vol. 105, No. 628, pp. 195-200 (2006年3月).
  100. 伊勢正尚, 小笠原泰弘, 渡邊賢治, 畠中理英, 尾上孝雄, 庭本浩明, 芥 子育雄, 白川 功, "IEEE 802.15.4を用いたホームネットワーク向け無 線ネットワークプロトコル," 電子情報通信学会技術研究報告 (CAS2005-99), Vol. 105, No. 633, pp. 19-24 (2006年3月).
  101. 渡邊賢治, 伊勢正尚, 藤田 玄, 畠中理英, 尾上孝雄, 庭本浩明, 芥子育 雄, 白川 功, "無線ホームネットワークにおける消費電力および即時性 の改善手法," 電子情報通信学会技術研究報告(CAS2005-100), Vol. 105, No. 633, pp. 25-30 (2006年3月).
  102. 大橋正稔, 荒川伸一, 村田正幸, "波長予約に基づく高速光パス設定方 式の実装と評価," 電子情報通信学会技術研究報告(PN2005-112), Vol. 105, No. 667, pp. 75-80 (2006年3月).
  103. 竹原崇成, 戸出英樹, 村上孝三, "マルチレイヤネットワークにおける 排反性を考慮したエッジグループ間マルチパスルーチング法," 電子情 報通信学会技術研究報告(PN2005-113), Vol. 105, No. 667, pp. 81-86 (2006年3月).
  104. 中山智量, 北村喜文, 伊藤雄一, 岸野文郎, "立体映像とマルチチャン ネルサウンドを用いた複数人用マルチメディアコンテンツ環境に関する 検討," 情報処理学会研究報告(2006-EC-003), Vol. 2006, No. 24, pp. 65-71 (2006年3月).
  105. 松本圭祐, 伊藤雄一, 村上礼繁, 北村喜文, 岸野文郎, "テキストの内 容理解促進を補助するための動的なマルチメディアコンテンツ生成に関 する検討," 情報処理学会研究報告(2006-EC-003), Vol. 2006, No.  24, pp. 121-128 (2006年3月).
  106. 岡村真吾, 寺西裕一, 秋山豊和, 馬場健一, 中野博隆, "大阪大学にお けるキャンパスPKIの構築," 情報処理学会研究報告(2006-DPS-126, 2006-CSEC-32), Vol. 2006, No. 26, pp. 67-72 (2006年3月).
  107. 大谷隆三, 竹内 亨, 吉田 幹, 寺西裕一, 春本 要, 下條真司, "状況依 存型サービスのための分散演繹機構の提案," 情報処理学会研究報告 (2006-DPS-126, 2006-CSEC-32), Vol. 2006, No. 26, pp. 305-310 (2006年3月).
  108. 原口高裕, 泉 泰介, 角川裕次, 増澤利光, "分散データ構造スキップグ ラフの探索頻度偏りを考慮した拡張について," 情報処理学会研究報告 (2005-AL-105), Vol. 2006, No. 30, pp. 33-40 (2006年3月).
  109. Wu, Y., Izumi, T., Oosita, F., Kakugawa, H., and Masuzawa, T., "An Adaptive Searching Protocol in Peer-to-peer Systems based on Probabilistic Weak Quorum System," 情報処理学会研究報告 (2005-AL-105), Vol. 2006, No. 30, pp. 41-48 (2006年3月).
  110. 中山 崇, 松下 誠, 井上克郎, "ソースコードの差分を用いた関数呼び 出しパターン抽出手法の提案," 情報処理学会研究報告(2006-SE-151), Vol. 2006, No. 35, pp. 49-56 (2006年3月).
  111. 富安宏和, 前川卓也, 原 隆浩, 上向俊晃, 西尾章治郎, "携帯電話を用 いたWebページ閲覧におけるスクロール支援のためのアノテーション提示 手法," 電子情報通信学会第二種研究会技術研究報告(WI2-2006-19), pp. 41-46 (2006年3月).
  112. 荒瀬由紀, 前川卓也, 原 隆浩, 上向俊晃, 西尾章治郎, "携帯電話によ るWeb閲覧のためのコンテンツ適応的提示," 電子情報通信学会第二種研 究会技術研究報告(WI2-2006-20), pp. 47-52 (2006年3月).
  113. 村尾和哉, 竹川佳成, 寺田 努, 西尾章治郎, "ウェアラブルコンピュー ティングのためのセンサ管理デバイスの設計と実装," ウェアラブルコ ンピューティング研究会研究報告, Vol. 2, No. 4, pp. 9-16 (2006年3月).

8  全国大会

  1. 小林倫子, 藤村興輝, 山本貴之, 平沢 敬, 永久圭介, 古澤 力, 片倉啓 雄, 清水 浩, 塩谷捨明, "酵母 Saccharomyces cerevisiaeにお ける浸透圧ストレスに対する代謝解析," 化学工学会第37回秋季大会要 旨集, W075 (2005年9月).
  2. 白井智量, 松崎匡浩, 佐藤由康, 岩川 誠, 平沢 敬, 永久圭介, 古澤 力, 塩谷捨明, 清水 浩, "GC-MS、NMR分析データの誤差がフラックス解析精 度に与える影響," 化学工学会第37回秋季大会要旨集, W076 (2005年9月).
  3. 清水 浩, 塩谷捨明, "バイオインフォマティクスを活用した有用生物創 製," 化学工学会第37回秋季大会要旨集, E317 (2005年9月).
  4. 古澤 力, 塩谷捨明, 清水 浩, "バイオインフォマティクスデータをも とにした分子育種に向けて," 日本農芸化学会2005年度関西・中四国・ 西日本支部合同大会要旨集, p. 26 (2005年9月).
  5. Dinh Thai Nho, 永久圭介, 平沢 敬, 片倉啓雄, 古澤 力, 塩谷捨明, 清 水 浩, "Proteome Analysis of the Adaptation Process of Yeast to High Ethanol Concentration," 日本農芸化学会2005年度関西・中四 国・西日本支部合同大会要旨集, p. 50 (2005年9月).
  6. 佐藤由康, 永久圭介, 平沢 敬, 古澤 力, 清水 浩, "コリネ型細菌にお けるodhA遺伝子発現調節株の代謝フラックス解析," 日本農芸化 学会2005年度関西・中四国・西日本支部合同大会要旨集, p. 50 (2005年9月).
  7. 茶碗谷毅, "大域結合写像系における長時間相関の出現機構," 日本物 理学会2005年秋季大会論文集, 22aYO-6 (2005年9月).
  8. 大日方圭, 佐藤周知, 卜部 格, 四方哲也, "リポソームを構成する脂質 組成の変化と内部体積・膜体積の統計量の変化についての研究," 日本 分析化学会第54年会要旨集, p. 303 (2005年9月).
  9. 佐藤周知, 大日方圭, 卜部 格, 四方哲也, "蛍光セルソータを使った脂 質ベシクルの粒子特性解析," 日本分析化学会第54年会要旨集, p. 304 (2005年9月).
  10. 宮本龍介, 筒井 弘, 杉田弘晃, 増崎隆彦, 越智裕之, 尾上孝雄, 中村行 宏, "シーンチェンジを利用した Motion JPEG2000 高画質レート制御手 法," 電子情報通信学会2005年ソサイエティ大会講演論文集, p. A-6-12 (2005年9月).
  11. 筒井 弘, 菅野裕揮, 増崎隆彦, 越智裕之, 尾上孝雄, 中村行宏, "JPEG2000 エントロピ符号器における SRAM の構成方法," 電子情報通 信学会2005年ソサイエティ大会講演論文集, p. A-1-22 (2005年9月).
  12. 伊藤正也, 木下和彦, 戸出英樹, 村上孝三, "TCPスループット上限値の 考察," 電子情報通信学会2005年ソサイエティ大会講演論文集, p. B-6-7 (2005年9月).
  13. 村上礼繁, 大西克彦, 北村喜文, 岸野文郎, "3次元ジェスチャと2次元 GUIを用いた樹木モデルの形状生成システム," 日本バーチャルリアリテ ィ学会第10回大会論文集, pp. 81-84 (2005年9月).
  14. 櫻井智史, 大西克彦, 村上礼繁, 北村喜文, 岸野文郎, "PDAによる2次 元GUIを用いた3次元仮想樹木群生成に関する一検討," 日本バーチャル リアリティ学会第10回大会論文集, pp. 85-88 (2005年9月).
  15. 中島孝司, 北村喜文, 岸野文郎, "プラズマディスプレイを用いた薄型 IllusionHoleの検討," 日本バーチャルリアリティ学会第10回大会論文 集, pp. 161-164 (2005年9月).
  16. 三木洋平, 高橋大輔, 北村喜文, 岸野文郎, "IllusionHoleにおける Point-Based Renderingの検討," 日本バーチャルリアリティ学会第10回 大会論文集, pp. 363-366 (2005年9月).
  17. 中島孝司, 岡島 弘, 北村喜文, 上甲 剛, 岸野文郎, "医療用 IllusionHoleにおけるインタフェース設計," 日本バーチャルリアリテ ィ学会第10回大会論文集, pp. 395-398 (2005年9月).
  18. 高嶋和毅, 北村喜文, 岸野文郎, "VR空間内のポインティング運動特性 の分析による奥行き知覚に関する一検討," 日本バーチャルリアリティ 学会第10回大会論文集, pp. 411-414 (2005年9月).
  19. 塩谷捨明, 清水 浩, 片倉啓雄, 古澤 力, 永久圭介, 仁宮一章, 平沢 敬, 小林倫子, Gaurav Pandey, 中倉悠岐, Dinh Thai Nho, 芦谷 建吾, 吉川勝徳, 藤村興輝, "DNAマイクロアレイデータ解析に基づいた 酵母のストレス耐性菌株の育種," 大阪大学イノベーションセミナー 2005要旨集, pp. 14-15 (2005年10月).
  20. 平沢 敬, 中倉悠岐, 吉川勝徳, 永久圭介, 古澤 力, 片倉啓雄, 清水 浩, 塩谷捨明, "DNAマイクロアレイデータ解析に基づいたエタノールストレ ス耐性酵母の育種," 日本生物工学会平成17年度大会要旨集, p. 62 (2005年11月).
  21. 柳田勇人, 松浦友亮, 田村厚夫, 卜部 格, 四方哲也, "特定の高次構造 を持たない蛋白質の機能進化," 日本生物工学会平成17年度大会要旨集, p. 102 (2005年11月).
  22. 増田康之, 永久圭介, 古澤 力, 清水 浩, "ポリヒドロキシアルカノ エート生産におけるParacoccus denitrificansの網羅的タンパク 質発現解析," 日本生物工学会平成17年度大会要旨集, p. 132 (2005年 11月).
  23. 松崎匡浩, 白井智量, 永久圭介, 古澤 力, 清水 浩, "GC-MSを用いた有 用微生物の高精度代謝フラックス解析," 日本生物工学会平成17年度大 会要旨集, p. 178 (2005年11月).
  24. 長安真智子, 永久圭介, 塩谷捨明, 清水 浩, "ナイシン生産プロセスに おけるヘミン添加培養による乳酸生産抑制の効果," 日本生物工学会平 成17年度大会要旨集, p. 178 (2005年11月).
  25. 永久圭介, Agustin K. Wardani, 塩谷捨明, 清水 浩, "アラニン脱水素 酵素を導入した乳酸菌の特性," 日本生物工学会平成17年度大会要旨集, p. 179 (2005年11月).
  26. 四方哲也, 柏木明子, 金子邦彦, 卜部 格, "アトラクター選択による遺 伝子ネットワークの環境適応," 日本生物物理学会第43回年会講演予稿 集, p. 3SC52 (2005年11月).
  27. 北 寛士, 細田一史, 松浦友亮, 塚田幸治, 卜部 格, 四方哲也, "試験 管内, 翻訳‐複製反応の速度論的研究," 日本生物物理学会第43回年会 講演予稿集, p. 1P119 (2005年11月).
  28. 細田一史, 北 寛士, 松浦友亮, 塚田幸治, 卜部 格, 四方哲也, "Q bレプリカーゼの酵素学:鋳型RNAがQ bレプリカーゼを罠に捕らえる," 日本生物物理 学会第43回年会講演予稿集, p. 1P126 (2005年11月).
  29. 鈴木誉保, 柏木明子, 卜部 格, 四方哲也, " 大腸菌がしめす転写調節 制御がない条件下での遺伝子発現の栄養補償的な応答," 日本生物物理 学会第43回年会講演予稿集, p. 1P129 (2005年11月).
  30. 小野直亮, 鈴木真吾, 古澤 力, 柏木明子, 卜部 格, 四方哲也, "ラン ダム配列をもとにしたDNAオリゴマーのHybridization効率におけるプ ローブ依存性解析," 日本生物物理学会第43回年会講演予稿集, p. 2P130 (2005年11月).
  31. 松浦友亮, 卜部 格, 四方哲也, "+リポソームフレームシフトの速度論 的解析," 日本生物物理学会第43回年会講演予稿集, p. 2P141 (2005年 11月).
  32. 一ノ瀬純也, 柏木明子, 四方哲也, 金子邦彦, "単一細胞における遺伝 子発現時間変動のデコンボリューション法による解析"日本生物物理学 会第43回年会講演予稿集, p. 2P327 (2005年11月).
  33. 角南武志, 佐藤周知, 塚田幸治, 松浦友亮, 卜部 格, 四方哲也, "リポ ソームを用いた遺伝子の区画化とFACSによる遺伝子選択," 日本生物物 理学会第43回年会講演予稿集, p. 3P077 (2005年11月).
  34. 延原健二, 松浦友亮, 卜部 格, 四方哲也, "DNA結合蛋白質Zif268の機 能はドメイン置換に寛容である," 日本生物物理学会第43回年会講演予 稿集, p. 3P078 (2005年11月).
  35. 柳田勇人, 松浦友亮, 田村厚夫, 卜部 格, 四方哲也, "特定の高次構造 を持たない蛋白質の機能進化," 日本生物物理学会第43回年会講演予稿 集, p. 3P079 (2005年11月).
  36. 滝田昌輝, 伊藤洋一郎, 塚田幸治, 松浦友亮, 卜部 格, 四方哲也, " GFPを指標にしたRNA複製酵素の進化分子工学," 日本生物物理学会第43 回年会講演予稿集, p. 3P080 (2005年11月).
  37. 佐藤周知, 石川慶太郎, 大日方圭, Yu Wei, 若林真紀, 中石智之, Elizabeth Mitamura, 島 康文, 菅原 正, 卜部 格, 四方哲 也, "フローサイトメトリーを用いた細胞サイズリポソームの解析:人 工細胞モデル構築とその理解に対する新たなアプローチ," 日本生物物 理学会第43回年会講演予稿集, p. 3P243 (2005年11月).
  38. 大日方圭, 佐藤周知, 卜部 格, 四方哲也, "細胞サイズリポソームの脂 質組成と内部体積および膜体積の関係について," 日本生物物理学会第 43回年会講演予稿集, p. 2P249 (2005年11月).
  39. 城口泰典, 山内義教, 柏木明子, 森光太郎, 卜部 格, 四方哲也, "大腸 菌を用いた実験室内共生系の構築," 日本生物物理学会第43回年会講演 予稿集, p. 3P298 (2005年11月).
  40. 林 勇樹, 相田拓洋, 豊田一志, 卜部 格, 四方哲也, "1つのランダム配 列ペプチドからのファージ感染能の進化," 日本生物物理学会第43回年 会講演予稿集, p. 3P299 (2005年11月).
  41. 相田拓洋, 林 勇樹, 豊田一志, 伏見 譲, 卜部 格, 四方哲也, "人工進 化実験からの適応度地形特性の抽出:ファージ感染能の進化実験への適 用," 日本生物物理学会第43回年会講演予稿集, p. 3P300 (2005年11月).
  42. 伊藤洋一郎, 豊田一志, 卜部 格, 四方哲也, "生物の柔らかさは進化に よって創られる," 日本生物物理学会第43回年会講演予稿集, p. 3P301 (2005年11月).
  43. 木原久美子, 鈴木真吾, 柏木明子, 卜部 格, 四方哲也, "大腸菌と細胞 性粘菌の実験室内共生系における共生変遷状態の視覚化," 日本生物物 理学会第43回年会講演予稿集, p. 3P349 (2005年11月).
  44. 山田忠司, 古澤 力, 清水 浩, "細胞毎の遺伝子発現量を可視化できる システムの構築と環境変動に対する応答解析," 化学工学会第71年会要 旨集, F117 (2006年3月).
  45. 四方哲也, "シグナル伝達を使わない遺伝子ネットワークの適応応答," 日本農芸化学会2006年度大会要旨集, p. シンポジウム-90 (2006年3月).
  46. 芦谷建吾, 平沢 敬, 吉川勝徳, 永久圭介, 古澤 力, 片倉啓雄, 清水 浩, 塩谷捨明, "DNAマイクロアレイデータ解析に基づく高浸透圧ストレス耐 性酵母の育種," 日本農芸化学会2006年度大会要旨集, p. 157 (2006年3月).
  47. 吉川勝徳, 平沢 敬, 中倉悠岐, 永久圭介, 片倉啓雄, 古澤 力, 塩谷捨 明, 清水 浩, "遺伝子発現情報に基づくエタノールストレス耐性酵母の 育種," 日本農芸化学会2006年度大会要旨集, p. 157 (2006年3月).
  48. 榎並孝司, 橋本昌宜, 尾上孝雄, "電源ノイズ解析のための回路動作部 表現法の評価," 電子情報通信学会2006年総合大会講演論文集, A-3-16, p. 80 (2006年3月).
  49. 渡邉亮一, マーチン ハケット, 北村喜文, 岸野文郎, "IllusionHole上 での協調作業用インタフェース," 電子情報通信学会2006年総合大会講 演論文集, A-16-8, p. 270 (2006年3月).
  50. 寺田 努, 宮前雅一, 岸野泰恵, 中川隆志, 山口喜久, 西尾章治郎, "目 的予測型カーナビゲーションシステムの実現," 電子情報通信学会2006 年総合大会講演論文集, A-17-19, p. 311 (2006年3月).
  51. 宮前雅一, 岸野泰恵, 寺田 努, 中川隆志, 山口喜久, 西尾章治郎, "目 的予測型カーナビゲーションシステムにおける目的地推定手法," 電子 情報通信学会2006年総合大会講演論文集, A-17-20, p. 312 (2006年3月).
  52. 宮下浩一, 岸野泰恵, 寺田 努, 宮前雅一, 田中宏平, 西尾章治郎, "目 的予測型カーナビゲーションシステムにおける情報提示手法," 電子情 報通信学会2006年総合大会講演論文集, A-17-21, p. 313 (2006年3月).
  53. 田中宏平, 寺田 努, 西尾章治郎, "目的予測型カーナビゲーションシス テムにおける情報配置手法," 電子情報通信学会2006年総合大会講演論 文集, A-17-22, p. 314 (2006年3月).
  54. 山田 剛, 河野圭太, 木下和彦, 村上孝三, "モバイル多対多マルチキャ スト通信のための遅延制約を考慮した経路再構成手法," 電子情報通信 学会2006年総合大会講演論文集, B-6-78, p. 78 (2006年3月).
  55. 森 達哉, 高橋 潤, 戸出英樹, 村上孝三, "マルチキャスト配信におけ るロス耐性のあるソース認証法の検討," 電子情報通信学会2006年総合 大会講演論文集, B-6-93, p. 93 (2006年3月).
  56. 内田佳菜子, 山本猛仁, 山本 大, 戸出英樹, 村上孝三, "多対多リアル タイム通信を提供する共有木型アプリケーションレベルマルチキャスト の検討," 電子情報通信学会2006年総合大会講演論文集, B-6-96, p. 96 (2006年3月).
  57. 越智佳景, 岡崎高久, 木下和彦, 戸出英樹, 村上孝三, "AODVにおける 無効状態を利用したフラッディングメッセージ削減法," 電子情報通信 学会2006年総合大会講演論文集, B-7-83, p. 179 (2006年3月).
  58. 森田真之, 田中 優, 廣田悠介, 戸出英樹, 村上孝三, "光パケット交換 網における反射時間を利用した迂回経路設定法の検討," 電子情報通信 学会2006年総合大会講演論文集, B-12-28, p. 470 (2006年3月).
  59. Cao, M., Hasegawa, G., and Murata, M., "A Packet Burst-based Inline Network Measurement Mechanism," 電子情報通信学会2006年総 合大会講演論文集, BS-5-4, pp. S41-S42 (2006年3月).
  60. Tran, N. T., Kamada, H., Kinoshita, K., Yamai, N., and Murakami, K., "A Control Method of Agents with Heterogeneous Work Demand for Time Constraint Applications," 電子情報通信学会2006年総合大 会講演論文集, BS-8-5, pp. SE-9-10(2006年3月).
  61. 橋本亮司, 藤田 玄, 尾上孝雄, "動画像の動き量に基づくH.264符号化 パラメータ設定手法," 電子情報通信学会2006年総合大会講演論文集, D-11-42, p. 42 (2006年3月).
  62. 仲井 渉, 小田琢也, 伊藤雄一, 北村喜文, 岸野文郎, "3Dアニメーショ ンのための柔軟なスケルトン生成手法," 電子情報通信学会2006年総合 大会講演論文集, D-11-86, p. 86 (2006年3月).
  63. 紀本 眞, 土屋達弘, 菊野 亨, "テストフレームワークJUnitを用いたペ アワイズテストの支援手法の提案," 電子情報通信学会2006年総合大会 情報・システムソサイエティ総合大会特別号, p. 21 (2006年3月).
  64. 松本義弘, 肥後芳樹, Livieri Simone, 片岡欣夫, 楠本真二, 井上克郎, "リファクタリングのソフトウェア保守に対する効果測定," 情報処理 学会第68回全国大会講演論文集, 第1分冊, pp. 291-292 (2006年3月).
  65. 森岡 佑, 谷口考治, 楠本真二, 井上克郎, 英 繁雄, 前田憲一, 津田道 夫, "プログラム実行時情報を用いたトランザクションファンクション 抽出手法," 情報処理学会第68回全国大会講演論文集, 第1分冊, pp. 303-304 (2006年3月).
  66. 入江 覚, 小倉裕介, 谷田 純, "アトラクター選択を用いた物体注視," 第53回応用物理学関係連合講演会講演予稿集 p. 1082 (2006年3月).

9  標準化団体寄書

  1. Hashimoto, M., Ata, S., Kitamura, H., and Murata, M., "IPv6 Anycast Terminology Definition," Internet Draft draft-doi-ipv6-anycast-func-term-05.txt (Jan. 2006).

10  研究成果の出展

  1. "安全・安心な社会を支えるセンサネットワーク技術," イノベーショ ン ・ジャパン (東京国際フォーラム, 東京, 2005年9月27-29日).
  2. "安全・安心な社会を支えるセンサネットワーク技術," イノベーショ ン ・ジャパン 新技術説明会 (東京国際フォーラム, 東京, 2005年9月28日).
  3. 前川卓也, 原 隆浩, 西尾章治郎, "モバイル端末による自動スクロール を用いたWebページ閲覧," インターネットコンファレンス2005 (東京大 学, 東京, 2005年10月27-28日).
  4. 木下和彦, 正城敏博, 戸出英樹, 村上孝三, "ユビキタス環境における 適応的経路制御技術," ユビキタスネットワークシンポジウム(UNS2005) (国立京都国際会館, 京都, 2005年11月28-29日).
  5. Furusawa, C., Kaneko, K., and Shimizu, H., "Selection of Rapid Growth Cellular State by Fluctuation," Int'l Workshop on Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology (Bio-ADIT 2006) (Senri Life Science Center, Osaka, Japan, Jan. 26-27, 2006).
  6. Yomo, T., and Ito, Y., "A Guideline for Optimization of Fluctuating Networks," Int'l Workshop on Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology (Bio-ADIT 2006) (Senri Life Science Center, Osaka, Japan, Jan. 26-27, 2006).
  7. Okazaki, T., Ochi, Y., Kinoshita, K., Tode, H., and Murakami, K., "Flooding Control based on Biotic Growth over Multi-Hop Wireless Network," Int'l Workshop on Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology (Bio-ADIT 2006) (Senri Life Science Center, Osaka, Japan, Jan. 26-27, 2006).
  8. Kashihara, S., Wakamiya, N., and Murata, M., "A Synchronization-based Data Gathering Scheme for Sensor Networks in Buildings," Int'l Workshop on Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology (Bio-ADIT 2006) (Senri Life Science Center, Osaka, Japan, Jan. 26-27, 2006).
  9. Maekawa, T., Hara, T., and Nishio, S., "Automatic Web Page Browsing for Mobile Users," Int'l Workshop on Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology (Bio-ADIT 2006) (Senri Life Science Center, Osaka, Japan, Jan. 26-27, 2006).
  10. Miyamae, M., Kishino, Y., Terada, T., Tsukamoto, M., Hiraoka, K., Fukuda, T., and Nishio, S., "A Wearable System for Supporting Motorbike Races," Int'l Workshop on Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology (Bio-ADIT 2006) (Senri Life Science Center, Osaka, Japan, Jan. 26-27, 2006).
  11. Asai, K., Nishimoto, T., Kitamura, Y., and Kishino, F., "Agents from reality," Int'l Workshop on Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology (Bio-ADIT 2006) (Senri Life Science Center, Osaka, Japan, Jan. 26-27, 2006).
  12. Itoh, Y., Watanabe, R., Kitamura, Y., and Kishino, F., "ActiveCube: An Intuitive 3D Spatial Tangible User Interface," Int'l Workshop on Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology (Bio-ADIT 2006) (Senri Life Science Center, Osaka, Japan, Jan. 26-27, 2006).
  13. Suzuki, T., Izumi, T., Ooshita, F., and Masuzawa, T., Biologically Inspired Self-Adaptation of Mobile Agent Population," Int'l Workshop on Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology (Bio-ADIT 2006) (Senri Life Science Center, Osaka, Japan, Jan. 26-27, 2006).
  14. Yoshida, N., Higo, Y., and Inoue, K., "Code-Clone Analysis Tools: CCFinder and ICCA," Int'l Workshop on Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology (Bio-ADIT 2006) (Senri Life Science Center, Osaka, Japan, Jan. 26-27, 2006).
  15. Wong, T. L., Tsuchiya, T., and Kikuno, T., "Sensor Placement in Wireless Micro-sensor Networks," Int'l Workshop on Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology (Bio-ADIT 2006) (Senri Life Science Center, Osaka, Japan, Jan. 26-27, 2006).
  16. Ishihara, Y., Yasuda, T., and Fujiwara, T., "Access Control System with Self-updatable Policies," Int'l Workshop on Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology (Bio-ADIT 2006) (Senri Life Science Center, Osaka, Japan, Jan. 26-27, 2006).
  17. Irie, S., Shogenji, R., Ogura, Y., and Tanida, J., "Applications of Compound-eye Imaging for Information Technology," Int'l Workshop on Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology (Bio-ADIT 2006) (Senri Life Science Center, Osaka, Japan, Jan. 26-27, 2006).
  18. Nozato, Y., Ise, M., Okuhata, H., Mitsuyama, Y., Fujita, G., Onoye, T., and Shirakawa, I., "An MPEG-4 Codec with Encryption and Digital Watermarking Capabilities for Secure Video Streaming," Int'l Workshop on Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology (Bio-ADIT 2006) (Senri Life Science Center, Osaka, Japan, Jan. 26-27, 2006).
  19. Matsumura, T., Iwanaga, N., Kobayashi, W., Onoye, T., and Shirakawa, I., "3D Sound Movement System for Embedded Applications," Int'l Workshop on Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology (Bio-ADIT 2006) (Senri Life Science Center, Osaka, Japan, Jan. 26-27, 2006).
  20. Ueda, K., Takeuchi, Y., and Imai, M., "SoC Architecture Explorer," Int'l Workshop on Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology (Bio-ADIT 2006) (Senri Life Science Center, Osaka, Japan, Jan. 26-27, 2006).
  21. "複眼光学系の応用によるフォトニック情報技術の開発," 大学マッチ ングカンファレンス大阪 (大阪科学技術センター, 大阪, 2005年3月9日).


お問い合せ:yuiko@ist.osaka-u.ac.jp (C) 2003 OSAKA UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.