Search: 簡易 | 詳細 || Language: 英語 | 日本語 || Login: ログイン | Help: ヘルプ |

 

この検索内の頻出タグ: award:1 best:1 paper:1

8 件の該当がありました. : このページのURL : HTML


論文誌
[1] 内田 渉, 原 隆浩, 塚本 昌彦, 矢島 悦子, 西尾 章治郎, "データの相関性とアクセス頻度を考慮した放送スケジューリング," 情報処理学会論文誌:データベース, volume 43, number SIG 2, pages 146-157 2002年3月.
[2] 矢島 悦子, 原 隆浩, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "データ間の相関性を考慮した放送データのスケジューリング法およびキャッ シング法," 情報処理学会論文誌, volume 40, number 9, pages 3577-3585 1999年9月.
[3] 矢島 悦子, 原 隆浩, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "相関性をもつデータ間の放送時間間隔について," 情報処理学会論文誌, volume 40, number 1, pages 188-196 1999年1月.
国内会議(査読付き)
[1] 内田 渉,原 隆浩,塚本 昌彦,矢島 悦子,西尾 章治郎, "放送データの相 関性およびアクセス頻度を考慮したスケジューリング方式," 電子情報通信学会 第12回データ工学ワークショップ(DEWS2001)論文集, 2001年3月.
国内研究会
[1] 原 隆浩, 矢島 悦子, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "アクセス要求発生の時間間隔を考慮した放送データのキャッシング方式," 情報処理学会研究報告 (データベースシステム研究会 1999-DBS-119), volume 99, number 61, pages 1-6 1999年7月.
[2] 矢島 悦子, 原 隆浩, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "ライフポイントを用いた周期的放送データのキャッシング法," 情報処理学会研究報告(分散処理とマルチメディア研究会 97-DPS-85), volume 97, number 104, pages 237-242 1997年11月.
全国大会
[1] 内田 渉, 原 隆浩, 塚本 昌彦, 矢島 悦子, 西尾 章治郎, "アクセス要求発生に時間間隔をもつ相関データの放送スケジューリングについて," 情報処理学会 第61回全国大会講演論文集, volume 3, pages 277-278 2000年10月.
受賞
[1] 矢島 悦子, 原 隆浩, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "Best Paper Award," 情報処理学会 マルチメディアと分散処理ワークショップ, 1998年11月.