Search: 簡易 | 詳細 || Language: 英語 | 日本語 || Login: ログイン | Help: ヘルプ |

 

98 件の該当がありました. : このページのURL : HTML


論文誌
[1] 加藤 慎也, 天方 大地, 西尾 俊哉, 原 隆浩, "ストリーミング時系列データに対するモチーフモニタリング," 情報処理学会論文誌, volume 60, number 7, (採録済).
[2] 田 一鳴, 前川 卓也, 天方 大地, 原 隆浩, 松本 祥子, 依田 憲, 藤岡 慧明, 濱井 郁弥, 福井 大, 飛龍 志津子, "マルチモーダル移動行動データからの高速な頻出共起ルール抽出手法," 情報処理学会論文誌, volume 60, number 3, pages 859-869 2019年3月.
[3] 高 博奇, 前川 卓也, 天方 大地, 原 隆浩, "モバイルアドホックネットワークにおけるアンサンブル学習を用いた頑健な攻撃端末の検出," 情報処理学会論文誌, volume 60, number 2, pages 501-513 2019年2月.
[4] 西尾 俊哉, 天方 大地, 原 隆浩, "ユーザの移動を考慮したキーワード付き空間データに対するTop-k問合せのためのストリーミングアルゴリズム," 電子情報通信学会和文論文誌D, volume J102-D, number 1, pages 1-12 2019年1月.
[5] Daichi Amagata, Takahiro Hara, and Makoto Onizuka, "Space Filling Approach for Distributed Processing of Top-k Dominating Queries," IEEE Transactions on Knowledge and Data Engineering, volume 30, number 6, pages 1150-1163 June 2018.
[6] Shuhei Hayashida, Daichi Amagata, Takahiro Hara, and Xing Xie, "Dummy Generation Based on User-Movement Estimation for Location Privacy Protection," IEEE Access, volume 6, pages 22958-22969 April 2018.
[7] 中山 侑紀, 天方 大地, 原 隆浩, "不確実データベースにおけるMaxRSクエリ処理手法," 日本データベース学会和文論文誌, volume 16, number 10, 2018年3月.
[8] Daichi Amagata and Takahiro Hara, "Mining Top-k Co-occurrence Patterns across Multiple Streams," IEEE Transactions on Knowledge and Data Engineering, volume 29, number 10, pages 2249-2262 October 2017.
[9] Daichi Amagata, Takahiro Hara, Yuya Sasaki, and Shojiro Nishio, "Efficient Cluster-Based Top-k Query Routing with Data Replication in MANETs," Soft Computing, volume 21, number 15, pages 4161-4178 August 2017.
[10] 西尾 俊哉, 天方 大地, 原 隆浩, "位置・ソーシャル関係・キーワードに基づくTop-kデータモニタリング," 情報処理学会論文誌データベース(TOD), volume 10, number 2, pages 8-18 2017年6月.
[11] Daichi Amagata and Takahiro Hara, "A General Framework for MaxRS and MaxCRS Monitoring in Spatial Data Streams," ACM Transactions on Spatial Algorithms and Systems, volume 3, number 1, pages 1-34 May 2017.
[12] 中山 侑紀, 天方 大地, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "アドホックネットワークにおける2フェーズMaxRS検索手法," 日本データベース学会和文論文誌, volume 15, number 8, 2017年3月.
[13] 田口 直弥, 天方 大地, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "距離・キーワード・ソーシャル関係に基づくスカイライン検索," 日本データベース学会和文論文誌, volume 15, number 3, 2017年3月.
[14] Daichi Amagata, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Sliding Window Top-k Dominating Query Processing over Distributed Data Streams," Distributed and Parallel Databases, volume 34, number 4, pages 565-566 December 2016.
[15] 中山 侑紀, 天方 大地, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "モバイルアドホックネットワークにおける効率的なデータモニタリング手法," 情報処理学会論文誌, volume 57, number 12, pages 2798-2810 2016年12月.
[16] Daichi Amagata, Yuya Sasaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Efficient Processing of Top-k Dominating Queries in Distributed Environments," World Wide Web, volume 19, number 4, pages 545-577 July 2016.
[17] Daichi Amagata, Yuya Sasaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Probabilistic Nearest Neighbor Query Processing on Distributed Uncertain Data," Distributed and Parallel Databases, volume 34, number 2, pages 259-287 June 2016.
[18] Daichi Amagata, Yuya Sasaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Efficient Multi-Dimensional Top-k Query Processing in Wireless Multi-Hop Networks," Mobile Information Systems, volume 2015, pages 1-20 January 2015.
[19] 天方 大地, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "モバイルアドホックネットワークにおけるクラスタを用いたTop-kクエリルーティング手法," 情報処理学会論文誌, volume 55, number 5, pages 1555-1567 2014年5月.
[20] 天方 大地, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "アドホックネットワークにおけるTop-k検索のためのルーティング手法," 情報処理学会論文誌, volume 54, number 8, pages 2036-2047 2013年8月.
国際会議
[1] Daichi Amagata and Takahiro Hara, "Correlation Set Discovery on Time-Series Data," International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA) , August 2019.
[2] Shinya Kato, Daichi Amagata, Shunya Nishio, and Takahiro Hara, "Discord Monitoring for Streaming Time-Series," In International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA), August 2019.
[3] Lyu Yuan, Daichi Amagata, Takuya Maekawa, Takahiro Hara, Niu Hao, Yonekawa Kei, and Kurokawa Mori, "Behavior Matching between Different Domains Based on Canonical Correlation Analysis," In WWW International Workshop on e-Commerce and NLP (ECNLP), May 2019.
[4] Hanxin Wang, Daichi Amagata, Takuya Maekawa, Takahiro Hara, Hao Niu, Kei Yonekawa, and Mori Kurokawa, "Preliminary Investigation of Alleviating User Cold-Start Problem in E-Commerce with Deep Cross-Domain Recommender System," In WWW International Workshop on e-Commerce and NLP (ECNLP), May 2019.
[5] Daichi Amagata and Takahiro Hara, "Identifying the Most Interactive Object in Spatial Databases," IEEE International Conference on Data Engineering (ICDE), pages 1286-1297 April 2019.
[6] Daichi Amagata, Takahiro Hara, and Chuan Xiao, "Dynamic Set kNN Self-Join," IEEE International Conference on Data Engineering (ICDE), pages 818-829 April 2019.
[7] Kei Yonekawa, Hao Niu, Mori Kurokawa, Arei Kobayashi, Daichi Amagata, Takuya Maekawa, and Takahiro Hara. , "A Heterogeneous Domain Adversarial Neural Network for Trans-Domain Behavioral Targeting," Pacific Asia Workshop on Deep Learning for Knowledge Transfer (DLKT), April 2019.
[8] Toshimitsu Kamiya, Tatsuya Nakamura, Takuya Maekawa, Daichi Amagata, and Takahiro Hara, "Estimating User Contexts from Mobile Application Usage Histories," PerCom International Workshop on Behavior analysis and Recognition for knowledge Discovery (BiRD 2019), pages 765-770 March 2019.
[9] Cheng Chen, Takuya Maekawa, Daichi Amagata, and Takahiro Hara, "Preliminary Investigation of Predicting Next-Use Mobile Apps Using App Semantic Representations," In IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications (PerCom 2019),Work-in-Progress session, March 2019.
[10] Naoya Yoshimura, Takuya Maekawa, Daichi Amagata, and Takahiro Hara, "Upsampling Inertial Sensor Data from Wearable Smart Devices Using Neural Networks," 39th {IEEE} International Conference on Distributed Computing Systems, 2019.
[11] Mori Kurokawa, Hao Niu, Kei Yonekawa, Arei Kobayashi, Daichi Amagata, Takuya Maekawa, and Takahiro Hara, "Virtual Touch-Point: Trans-Domain Behavioral Targeting Via Transfer Learning," In International Workshop on Big Data Transfer Learning (BDTL), pages 4762-4767 December 2018.
[12] Shinya Kato, Daichi Amagata, Shunya Nishio, and Takahiro Hara, "Monitoring Range Motif on Streaming Time-Series," In International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2018), pages 251-266 September 2018.
[13] Yujia Wang, Chalermpon Kongjit, Takahiro Hara, and Daichi Amagata, "Developing a Competency-Based System to Enhance Knowledge Management Program," International Conference on Awareness Science and Technology (iCAST), pages 185-190 September 2018.
[14] Boqi Gao, Takuya Maekawa, Daichi Amagata, and Takahiro Hara, "Environment-Adaptive Malicious Node Detection in Manets with Ensemble Learning," In IEEE International Conference on Distributed Computing Systems (ICDCS), pages 556-566 July 2018.
[15] Daichi Amagata and Takahiro Hara, "Mining Top-k Co-Occurrence Patterns Across Multiple Streams (Extended Abstract)," In IEEE International Conference on Data Engineering (ICDE 2018), pages 1747-1748 April 2018.
[16] Naoya Yoshimura, Takuya Maekawa, Daichi Amagata, and Takahiro Hara, "Preliminary Investigation of Fine-Grained Gesture Recognition with Signal Super-Resolution," In IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications, pages 484--487 March 2018.
[17] Thilina Dissanayake, Takuya Maekawa, Daichi Amagata, and Takahiro Hara, "Preliminary Investigation of Detecting Events of Indoor Objects with Smartphone Active Sound Sensing," In IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications (Work in Progress), March 2018.
[18] Yuki Nakayama, Daichi Amagata, and Takahiro Hara, "Probabilistic MaxRS Queries on Uncertain Data," In International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2017) , pages 111-119 August 2017.
[19] Naoya Taguchi, Daichi Amagata, and Takahiro Hara, "Geo-Social Keyword Skyline Queries," In International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2017), pages 425-435 August 2017.
[20] Shunya Nishio, Daichi Amagata, and Takahiro Hara, "Geo-Social Keyword Top-k Data Monitoring over Sliding Window," International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2017), pages 409-424 August 2017.
[21] Yuki Nakayama, Daichi Amagata, and Takahiro Hara, "An Efficient Method for Identifying MaxRS Location in Mobile Ad Hoc Networks," In International Conferece on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2016), volume 1, pages 37-51 September 2016.
[22] Daichi Amagata and Takahiro Hara, "Diversified Set Monitoring over Distributed Data Streams," ACM International Conference on Distributed and Event-Based Systems (DEBS 2016), pages 1-12 June 2016.
[23] Daichi Amagata and Takahiro Hara, "Monitoring MaxRS in Spatial Data Streams," International Conference on Extending Database Technology (EDBT 2016), pages 317-328 March 2016.
[24] Yuki Nakayama, Daichi Amagata, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Range-based Continuous Threshold Query Processing in Mobile Ad Hoc Networks," International Conference on Advances in Mobile Computing & Multimedia (MoMM 2015), pages 169-178 December 2015.
[25] Daichi Amagata, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Distributed Top-k Query Processing on Multi-Dimensional Data with Keywords," International Conference on Scientific and Statistical Database Management (SSDBM 2015), 10:1-10:12 June 2015.
[26] Daichi Amagata, Yuya Sasaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "CTR: an Efficient Top-k Query Routing in MANETs," International Conference on Advanced Mobile Computing & Multimedia (MoMM 2014), pages 225-234 December 2014.
[27] Daichi Amagata, Yuya Sasaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Robust Routing Method for Top-k Queries in Mobile Ad Hoc Networks," IEEE International Conference on Mobile Data Management (MDM 2013), pages 251-256 June 2013.
[28] Daichi Amagata, Yuya Sasaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Routing Method for Top-k Query Processing in Mobile Ad Hoc Networks," IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA 2013), pages 161-168 March 2013.
国内会議(査読付き)
[1] 加藤 慎也, 天方 大地, 西尾 俊哉, 原 隆浩, "ストリーミング時系列データの効率的なモチーフモニタリングアルゴリズム," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2018)シンポジウム論文集, pages 1473-1480 2018年7月.
[2] 神谷 俊充, 中村 達哉, 前川 卓也, 天方 大地, 原 隆浩, "再帰型ニューラルネットワークによるアプリケーションの利用履歴を用いたユーザのコンテキスト推定モデルの構築," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2018)シンポジウム論文集, pages 1244-1251 2018年7月.
[3] 天方 大地, 原 隆浩, "相関時系列データ集合の計算のための高速アルゴリズム," FIT2017 第16回情報科学技術フォーラム, pages 9-16 2017年9月.
[4] 林田 秀平, 天方 大地, 原 隆浩, Xing Xie, "ユーザの移動先候補の推定に基づく逐次的なダミー生成による位置曖昧化手法," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2017)シンポジウム論文集, pages 332-339 2017年6月.
[5] 林田 秀平, 水野 聖也, 天方 大地, 原 隆浩, Xing Xie, "ユーザの移動状況に適応したダミーによる位置曖昧化手法," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム論文集, pages 328-335 2016年7月.
[6] 天方 大地, 原 隆浩, "空間データストリーム環境におけるMaxRSモニタリング," 第8回Webとデータベースに関するフォーラム(WebDB Forum 2015), pages 150-157 2015年11月.
[7] 中山 侑紀, 天方 大地, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "モバイルアドホックネットワークにおける継続的データ収集手法," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム論文集, pages 205-212 2015年7月.
[8] 加藤 諒, 原 隆浩, 白川 真澄, 駒井 友香, 真嶋 温佳, 天方 大地, 大澤 純, 松尾 和哉, 横山 正浩, 佐崎 悠, 中村 達哉, 水野 聖也, 西尾 章治郎, "位置プライバシ問題の啓蒙のためのダミーによる位置曖昧化手法の体験システムの実装," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2014), pages 50-52 2014年12月.
[9] 天方 大地, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "分散データベースにおける効率的な確率的最近傍データ検索手法," 第7回Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum 2014), 2014年11月.
[10] 天方 大地, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "アドホックネットワークにおける多次元データTop-k検索手法," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS 2013), pages 212-219 2013年12月.
[11] 天方 大地, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "モバイルアドホックネットワークにおけるクラスタを用いたTop-k検索のためのルーティング手法," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2013)シンポジウム論文集, volume 2013, number 1, pages 561-568 2013年7月.
[12] 天方 大地, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "アドホックネットワークにおけるTop-k検索のためのルーティング手法の拡張," 情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS 2012)論文集, volume 2012, number 4, pages 9-16 2012年10月.
[13] 天方 大地, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "アドホックネットワーク上の効率的なTop-k検索のためのルーティング手法," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2012)シンポジウム論文集, volume 2012, number 1, pages 1236-1244 2012年7月.
国内研究会
[1] 天方 大地, 原 隆浩, "空間データベースにおけるインタラクティブオブジェクトの高速検索," 第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2019), 2019年3月.
[2] 西尾 俊哉, 天方 大地, 原 隆浩, "ユーザの移動を考慮した位置・キーワードに基づくTop-kデータモニタリング," 第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2019), 2019年3月.
[3] 呂 遠, 天方 大地, 前川 卓也, 原 隆浩, 牛 コウ, 米川 慧, 黒川 茂莉, "正準相関分析に基づく異なるドメイン間のアカウントマッチングに関する検討," 第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2019), 2019年3月.
[4] 鶴岡 翔平, 西尾 俊哉, 天方 大地, 原 隆浩, "位置・キーワードに基づくkNNデータモニタリングの分散処理のためのクエリ割り当てアルゴリズム," 第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2019), 2019年3月.
[5] 加藤 慎也, 天方 大地, 西尾 俊哉, 原 隆浩, "ストリーミング時系列データの効率的なディスコードモニタリングアルゴリズム," 第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2019), 2019年3月.
[6] HANXIN WANG, 天方 大地, 前川 卓也, 原 隆浩, HAO NIU, 米川 慧, 黒川 茂利, "Eコマース環境におけるコールドスタート問題のための深層学習に基づくクロスドメイン推薦システムに関する検討," 第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2019), 2019年3月.
[7] 陳 成, 前川 卓也, 天方 大地, 原 隆浩, "コールドスタート問題を考慮したスマートフォンアプリケーションの利用推定に関する検討," 情報処理学会第61回ユビキタスコンピューティングシステム研究会, 2019年3月.
[8] Boqi Gao, Takuya Maekawa, Daichi Amagata, and Takahiro Hara, "モバイルセンサーネットワークにおける学習能力を持つ攻撃端末の発見," In データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2019), 2019.
[9] 東出 大輝, 前川 卓也, 天方 大地, 原 隆浩, 水谷 友一, 鈴木 宏和, 依田 憲, "深層学習を用いた生物移動軌跡の数値的個体属性差による差異の発見支援," 2018年度 日本動物学会講演会, 2018年12月.
[10] 田 一鳴, 前川 卓也, 天方 大地, 原 隆浩, 松本 祥子, 依田 憲, 藤岡 慧明, 濱井 郁弥, 福井 大, 飛龍 志津子, "モモジロコウモリとオオミズナギドリの移動行動データからの頻出ルール発見とその検証," 2018年度 日本動物学会講演会, 2018年12月.
[11] キム ヘン, 尾原和也, 前川卓也, 村上友規, アベセカラ ヒランタ, 天方大地, 原 隆浩, "転移学習を用いたWi-Fi電波による屋内日常物の状態推定に関する検討," 情報処理学会論文誌, volume 2018-UBI-60, number 2, pages 1-8 2018年11月.
[12] 東出 大輝, 前川 卓也, 天方 大地, 原 隆浩, 水谷 友一, 鈴木 宏和, 依田 憲, "生物移動情報分析における個体属性差による行動差異の発見支援," 第62回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI18), 2018年5月.
[13] 林田 秀平, 天方 大地, 原 隆浩, Xing Xie, "位置情報サービス利用におけるダミーを用いたユーザ位置曖昧化手法の視認性評価," 第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2018), 2018年3月.
[14] 西尾 俊哉, 天方 大地, 原 隆浩, "位置・キーワードに基づくムービングTop-kパブリッシュ/サブスクライブ," 第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2018), 2018年3月.
[15] 田 一鳴, 前川 卓也, 天方 大地, 原 隆浩, 松本 祥子, 依田 憲, 藤岡 慧明, 濱井 郁弥, 福井 大, 飛龍 志津子, "動物移動行動データからの高速な頻出共起ルール抽出に関する検討," 第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2018), 2018年3月.
[16] Thilina Dissanayake, 前川 卓也, 天方 大地, 原 隆浩, "アクティブサウンドセンシングを用いた屋内日常物のイベント検知に関する検討," 情報処理学会第57回ユビキタスコンピューティングシステム研究会, 2018年2月.
[17] 天方 大地, 原 隆浩, "複数ストリーム環境におけるTop-k共起パターンマイニング," 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2017), 2017年3月.
[18] 中山 侑紀, 天方 大地, 原 隆浩, "不確実データベースにおけるMaxRSクエリ処理手法," 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2017), 2017年3月.
[19] 高 博奇, 天方 大地, 前川 卓也, 原 隆浩, "モバイルアドホックネットワークにおける機械学習を用いた攻撃端末特定手法," 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2017), 2017年3月.
[20] 西尾 俊哉, 天方 大地, 原 隆浩, "スライディングウィンドウ上での位置・キーワード・ソーシャル関係に基づくTop-kパブリッシュ/サブスクライブ," 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2017), 2017年2月.
[21] 天方 大地, 原 隆浩, "分散ストリーム環境における多様性を考慮したデータモニタリング," 第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016), 2016年2月.
[22] 西尾 俊哉, 天方 大地, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "位置,キーワードおよびソーシャル関係に基づくTop-kパブリッシュ/サブスクライブ," 第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016), 2016年2月.
[23] 田口 直弥, 天方 大地, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "距離・キーワード・ソーシャル関係に基づくスカイライン検索," 第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016), 2016年2月.
[24] 中山 侑紀, 天方 大地, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "アドホックネットワークにおける2フェーズMaxRS検索手法," 第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016), 2016年2月.
全国大会
[1] 田 一鳴, 前川 卓也, 天方 大地, 原 隆浩, 松本 祥子, 依田 憲, 藤岡 慧明, 濱井 郁弥, 福井 大, 飛龍 志津子, "Preliminary Investigation of Co-Occurrence Rule Extraction from Multi-Modal Animal Locomotion Data," IPSJ情報処理学会第80回全国大会, 2018年3月.
基調講演/セミナー・パネル討論等
[1] Daichi Amagata, "Monitoring MaxRS in Spatial Data Streams," 日本ソフトウェア科学会第33回大会, September 2016.
受賞
[1] Toshimitsu Kamiya, Tatsuya Nakamura, Takuya Maekawa, Daichi Amagata, and Takahiro Hara, "Best Student Paper Award," PerCom International Workshop on Behavior analysis and Recognition for knowledge Discovery (BiRD 2019), March 2019.
[2] Thilina Dissanayake, 前川 卓也, 天方 大地, 原 隆浩, "優秀論文賞," 情報処理学会 第57回ユビキタスコンピューティングシステム研究会, 2018年5月.
[3] 天方 大地, 原 隆浩, "FIT論文賞," 第16回情報科学技術フォーラム (FIT2017), 2017年9月.
[4] 林田 秀平, 水野 聖也, 天方 大地, 原 隆浩, Xing Xie, "優秀論文賞," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム, 2016年7月.
[5] 中山 侑紀, 天方 大地, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "優秀論文賞," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム, 2015年7月.
[6] 天方 大地, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "優秀論文賞," 第7回 Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum), 2014年11月.
[7] 天方 大地, "ヤングリサーチャ賞," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2013)シンポジウム, 2013年7月.
[8] 天方 大地, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "最優秀論文賞," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2013)シンポジウム, 2013年7月.
[9] 天方 大地, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "優秀論文賞," 情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2012), 2012年10月.
[10] 天方 大地, "ヤングリサーチャ賞," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2012)シンポジウム, 2012年7月.
[11] 天方 大地, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "優秀論文賞," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2012)シンポジウム, 2012年7月.