Language: 英語 | 日本語 || Login: ログイン | Help: ヘルプ |

1 件の該当がありました. : このページのURL : HTML

金子, 伊藤, 原, "仮想化が機器状態監視の定刻性に与える影響の一評価," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム論文集, 2016年7月.
ID 735
分類 国内会議(査読付き)
タグ device impact measurement monitoring punctuality status study virtualization
表題 (title) 仮想化が機器状態監視の定刻性に与える影響の一評価
表題 (英文) A Measurement Study on an Impact of Virtualization on Punctuality of Device Status Monitoring
著者名 (author) 金子 雄,伊藤 俊夫,原 隆浩
英文著者名 (author) Yu Kaneko,Toshio Ito,Takahiro Hara
キー (key) Yu Kaneko,Toshio Ito,Takahiro Hara
定期刊行物名等 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム論文集
定期刊行物名等
巻数 (volume)
号数 (number)
ページ範囲 (pages)
刊行月 (month) 7
出版年 (year) 2016
Impact Factor (JCR)
URL
付加情報 (note)
発表年度 2016年度
内容梗概 (abstract)
論文電子ファイル 利用できません.
BiBTeXエントリ
@article{id735,
         title = {仮想化が機器状態監視の定刻性に与える影響の一評価},
        author = {金子 雄 and 伊藤 俊夫 and 原 隆浩},
       journal = {情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム論文集},
         month = {7},
          year = {2016},
        annote = {2016年度},
}