Language: 英語 | 日本語 || Login: ログイン | Help: ヘルプ |

1 件の該当がありました. : このページのURL : HTML

金子, 伊藤, 原, "ビル設備機器の状態監視における仮想化技術の適用可能性の検討," 情報処理学会論文誌: 「ネットワークサービスと分散処理」特集, 58(2), pp. 461-470 2017年2月.
ID 867
分類 論文誌
タグ
表題 (title) ビル設備機器の状態監視における仮想化技術の適用可能性の検討
表題 (英文)
著者名 (author) 金子 雄,伊藤 俊夫,原 隆浩
英文著者名 (author) Yu Kaneko,Toshio Ito,Takahiro Hara
キー (key) Yu Kaneko,Toshio Ito,Takahiro Hara
定期刊行物名等 情報処理学会論文誌: 「ネットワークサービスと分散処理」特集
定期刊行物名等
巻数 (volume) 58
号数 (number) 2
ページ範囲 (pages) 461-470
刊行月 (month) 2
出版年 (year) 2017
Impact Factor (JCR)
URL https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/index.php?active_action=repository_view_main_item_detail&page_id=13&block_id=8&item_id=177508&item_no=1
付加情報 (note)
発表年度
内容梗概 (abstract) ビルの設備機器を遠隔から管理する遠隔ビル管理システム(BMS; Building Management System)には,ネットワークを介して機器の状態を取得するクローラと呼ばれるソフトウェアが存在する.計算機の仮想化(VM; Virtual Machine)を利用することで,遠隔BMSに必要な物理マシン数を減らせるが,仮想化によるオーバヘッドや複数VMの並列実行によりクローラの性能が低下する.遠隔BMSは99.999%という高い稼働率が要求されるため,仮想化がクローラの性能に与える影響を把握しておくことが重要である.本論文では,クローラをVM上で実行した場合の性能を評価する.この評価により,ミリ秒オーダでCPU使用率を計測する必要性や,VM間のCPU競合が性能に与える影響を明らかにする.
論文電子ファイル 利用できません.
BiBTeXエントリ
@article{id867,
         title = {ビル設備機器の状態監視における仮想化技術の適用可能性の検討},
        author = {金子 雄 and 伊藤 俊夫 and 原 隆浩},
       journal = {情報処理学会論文誌: 「ネットワークサービスと分散処理」特集},
        volume = {58},
        number = {2},
         pages = {461-470},
         month = {2},
          year = {2017},
}