Search: 簡易 | 詳細 || Language: 英語 | 日本語 || Login: ログイン | Help: ヘルプ |

 

660 件の該当がありました. : このページのURL : HTML


国際会議
[1] Masumi Shirakawa, Takahiro Hara, and Takuya Maekawa, "Never Abandon Minorities: Exhaustive Extraction of Bursty Phrases on Microblogs Using Set Cover Problem," Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing (EMNLP 2017), September 2017.
[2] Shunya Nishio, Daichi Amagata, and Takahiro Hara, "Geo-Social Keyword Top-k Data Monitoring over Sliding Window," International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2017), pages 409-424 August 2017.
[3] Naoya Taguchi, Daichi Amagata, and Takahiro Hara, "Geo-Social Keyword Skyline Queries," In International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2017), pages 425-435 August 2017.
[4] Tatsuya Nakamura, Tomu Tominaga, Miki Watanabe, Nattapong Thammasan, Kenji Urai, Yutaka Nakamura, Kazuhumi Hosoda, Takahiro Hara, and Yoshinori Hijikata, "Investigation on Dynamics of Group Decision Making with Collaborative Web Search," In IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence (WI 2017), August 2017.
[5] Yuki Nakayama, Daichi Amagata, and Takahiro Hara, "Probabilistic MaxRS Queries on Uncertain Data," In International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2017) , pages 111-119 August 2017.
[6] Hiroaki Santo, Takuya Maekawa, and Yasuyuki Matsushita, "Device-Free and Privacy Preserving Indoor Positioning Using Infrared Retro-Reflection Imaging," Proc. of IEEE Intl Conf. on Pervasive Computing and Communications (PerCom 2017), March 2017.
[7] Jian Yang, Satoru Iwasaki, Anthony O. Abraham, Juan Lorenzo Hagad, Takuya Obuchi, and Tadashi Nakano, "Performance Optimization of Self-Organizing Bioparticles for Multi-Target Detection and Gravitation Problems," Proc. of EAI International Conference on Bio-inspired Information and Communications Technologies (BICT 2017), March 2017.
[8] Sohei Kojima, Akira Uchiyama, Masumi Shirakawa, Akihito Hiromori, Hirozumi Yamaguchi, and Teruo Higashino, "Crowd and Event Detection by Fusion of Camera Images and Micro Blogs," Proc. of International Workshop on Crowd Assisted Sensing, Pervasive Systems and Communications (CASPer 2017), March 2017.
[9] Yuki Taniyama, Tomoki Yoshihisa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A System to Retrieve Photographs Showing Designated Points," In IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA-2017), March 2017.
[10] Satoru Iwasaki, Jian Yang, Anthony O. Abraham, Juan Lorenzo Hagad, Takuya Obuchi, and Tadashi Nakano, "Modeling Multi-Target Detection and Gravitation by Intelligent Self-Organizing Bioparticles," Proc. of IEEE Global Communications Conference (GLOBECOM 2016), December 2016.
[11] Takuya Maekawa and Akira Masuda, " Identification from Ceiling: Unconstrained Person Identification for Tabletops Using Multiview Learning," Proc. of International Conference on Mobile and Ubiquitous Multimedia (MUM 2016), pages 273-284 December 2016.
[12] Takuya Maekawa and Yuki Sakumichi, "Initial Investigation of Indoor Positioning System That Parasitizes Home Lighting," Proc. of International Conference on Mobile and Ubiquitous Multimedia (MUM 2016), pages 319-321 December 2016.
[13] Tomoki Yoshihisa and Takahiro Hara, "A Low-Load Stream Processing Scheme for Iot Environments," Proc. of IEEE International Conference on Big Data (IEEE BigData 2016), December 2016.
[14] Tomoya Kawakami, Yoshimasa Ishi, Satoru Matsumoto, Tomoki Yoshihisa, and Yuuichi Teranishi, "A Design of a Video Effect Process Allocation Scheme for Internet Live Broadcasting," Proc. of International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS 2016), December 2016.
[15] Noriyuki Matsuoka, Masumi Shirakawa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Representing Interests of Twitter Users Using Wikipedia and Decay Model," Proc. of International Workshop on Information Search, Integration, and Personalization (ISIP 2016), November 2016.
[16] Kazuya Matsuo, Keisuke Goto, Akimitsu Kanzaki, and Takahiro Hara, "A Sampling-Based Boundary Detection Method with Consideration of Boundary Shape in Dense Mobile Wireless Sensor Networks," In International Conference on Advanced Mobile Computing & Multimedia (MoMM 2016), pages 307-316 November 2016.
[17] Keisuke Nakashima, Masahiro Yokoyama, Yuki Taniyama, Tomoki Yoshihisa, and Takahiro Hara, "S^3 System: a System for Sharing Social Sensor Data and Analytical Programs," In Proc. of International Conference on Mobile and Ubiquitous Systems: Computing, Networking and Services (MOBIQUITOUS 2016), November 2016.
[18] Kazuya Ohara, Daisuke Nakai, Takuya Maekawa, and Yasuo Namioka, "Preliminary Investigation of Unsupervised Measurement of Assemblywork Lead Time by Usingwearable Sensor," Proc. of Asian Conference on Information Systems (ACIS 2016), pages 217-218 October 2016.
[19] Takuya Maekawa, Kazuya Ohara, Yizhe Zhang, Quan Kong, and Keita Kobayashi, "Towards Advanced Sensor-Based Baseball Pitcher Coaching: Preliminary Investigation of Early Classification of Pitches," Proc. of Asian Conference on Information Systems (ACIS 2016), pages 215-216 October 2016.
[20] Tomoya Kawakami, Yoshimasa Ishi, Satoru Matsumoto, Tomoki Yoshihisan, and Yuuichi Teranishi, "An Implementation of a Video Effect Process Allocation Scheme for Internet Live Broadcasting," Proc. of IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2016), October 2016.
[21] Jumpei Namba, Tadashi Nakano, Yutaka Okaie, and Takahiro Hara, "Epidemic Information Dissemination for Molecular Communication among Mobile Bio-Nanomachines," Proc. of ACM International Conference on Nanoscale Computing and Communication (NanoCom 2016), 41:1-41:2 September 2016.
[22] Masaya Tachikawa, Takuya Maekawa, and Yasuyuki Matsushita, "Predicting Location Semantics Combining Active and Passive Sensing with Environment-Independent Classifier," Proc. of International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp 2016), pages 220-231 September 2016.
[23] Quan Kong, Takuya Maekawa, Taiki Miyanishi, and Takayuki Suyama, "Selecting Home Appliances with Smart Glass Based on Contextual Information," Proc. of International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp 2016), pages 97-108 September 2016.
[24] Satoru Matsumoto, Tomoki Yoshihisa, Yoshimasa Ishi, and Yuuichi Teranishi, "A Distributed Video Processing System for Internet Live Broadcasting Services," Proc. of International Workshop on Advances in Data Engineering and Mobile Computing (DEMoC 2016), pages 311-316 September 2016.
[25] Takuya Maekawa, Daisuke Nakai, Kazuya Ohara, and Yasuo Namioka, "Toward Practical Factory Activity Recognition: Unsupervised Understanding of Repetitive Assembly Work in a Factory," Proc. of International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp 2016), pages 1088-1099 September 2016.
[26] Yu Kaneko, Toshio Ito, and Takahiro Hara, "A Measurement Study on Virtualization Overhead for Applications of Industrial Automation Systems," In IEEE Intl Conference on Emerging Technologies and Factory Automation (ETFA 2016), pages 1-8 September 2016.
[27] Yuki Nakayama, Daichi Amagata, and Takahiro Hara, "An Efficient Method for Identifying MaxRS Location in Mobile Ad Hoc Networks," In International Conferece on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2016), volume 1, pages 37-51 September 2016.
[28] Tomoki Yoshihisa, Tomoya Kawakami, and Yusuke Gotoh, "A Zero Interruption-Oriented Mobile Video-On-Demand System by Hybrid Broadcasting Environments," Proc. of International Workshop on Informatics (IWIN 2016), August 2016.
[29] Tadashi Nakano, Shouhei Kobayashi, Takako Koujin, Chen-Hao Chan, Yu-Hsiang Hsu, Yutaka Okaie, Takuya Obuchi, Takahiro Hara, Yasushi Hiraoka, and Tokuko Haraguchi, "Leader-Follower Based Target Detection Model for Mobile Molecular Communication Networks," Proc. of IEEE International Workshop on Signal Processing advances in Wireless Communications (SPAWC 2016), pages 1-5 July 2016.
[30] Daichi Amagata and Takahiro Hara, "Diversified Set Monitoring over Distributed Data Streams," ACM International Conference on Distributed and Event-Based Systems (DEBS 2016), pages 1-12 June 2016.
[31] Kamalas Udomlamlert, Cosmas Krisna Adiputra, and Takahiro Hara, "Grand Challenge: Monitoring Top-K on Real-Time Dynamic Social-Network Graphs," ACM International Conference on Distributed and Event-Based Systems (DEBS 2016), pages 317-321 June 2016.
[32] Masahiro Yokoyama and Takahiro Hara, "Efficient Top-K Result Diversification for Mobile Sensor Data," IEEE International Conference on Distributed Computing Systems (ICDCS 2016), pages 477-486 June 2016.
[33] Kamalas Udomlamlert and Takahiro Hara, "Reducing Expenses of Top-K Monitoring in Sensor Cloud Services," In ACM International Conference on Distributed and Event-Based Systems (DEBS 2016), June 2016.
[34] Yutaka Okaie, Tadashi Nakano, Takuya Obuchi, and Takahiro Hara, "Research Challenges in Bionanosensor Networks," Proc. of INFOCOM Workshops 2016, pages 1035-1036 April 2016.
[35] Akira Masuda, Takuya Maekawa, and Yasuo Namioka, "Preliminary Investigation of Unconstrained Person Identification for Tabletops Using Soft Biometrics," Proc. of IEEE Intl Conf. on Pervasive Computing and Communications (PerCom 2016), March 2016.
[36] Daichi Amagata and Takahiro Hara, "Monitoring MaxRS in Spatial Data Streams," International Conference on Extending Database Technology (EDBT 2016), pages 317-328 March 2016.
[37] Daisuke Nakai, Takuya Maekawa, and Yasuo Namioka, "Towards Unsupervised Measurement of Assembly Work Cycle Time by Using Wearable Sensor," Proc. of IEEE Intl Conf. on Pervasive Computing and Communications (PerCom 2016), March 2016.
[38] Joseph Korpela, Takuya Maekawa, Julien Eberle, Dipanjan Chakraborty, and Karl Aberer, " Tree-Structured Classifier for Acceleration-Based Activity and Gesture Recognition on Smartwatches," Proc. of IEEE Intl Conf. on Pervasive Computing and Communications (PerCom 2016), March 2016.
[39] Taiki Miyanishi, J.Hirayama, Quan Kong, Takuya Maekawa, H.Moriya, and Takayuki Suyama, "Egocentric Video Search Via Physical Interactions," Proc. of the 30th AAAI Conference on Artificial Intelligence (AAAI-16), pages 330-337 February 2016.
[40] Naoki Shoji, Kazuya Matsuo, Akimitsu Kanzaki, and Shojiro Nishio, "Energy-Efficient Topology Construction for Multi-Attribute Data Gathering in WSNs," 10th Int'l Conf. on Ubiquitous Information Management and Communication (IMCOM 2016), January 2016.
[41] Yuki Nakayama, Daichi Amagata, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Range-based Continuous Threshold Query Processing in Mobile Ad Hoc Networks," International Conference on Advances in Mobile Computing & Multimedia (MoMM 2015), pages 169-178 December 2015.
[42] Yusuke Gotoh and Tomoki Yoshihisa, "A Scheduling Method for Area-Based Broadcasting Considering Loading Time," Proc. of International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia (MoMM 2015), pages 254-258 December 2015.
[43] Tomoki Yoshihisa, Yoshimasa Ishi, Kodai Mako, Tomoya Kawakami, and Yuuichi Teranishi, "A Sensor Data Stream Delivery System with Different Delivery Cycles for Iot Environments," Proc. of International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS'15), pages 748-753 November 2015.
[44] Tomoya Kawakami, Yoshimasa Ishi, Tomoki Yoshihisa, and Yuuichi Teranishi, "A P2P Sensor Data Stream Delivery System to Accommodate Heterogeneous Cycles Using Skip Graphs," Proc. of International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS15), pages 742-747 November 2015.
[45] Yusuke Gotoh and Tomoki Yoshihisa, "A Scheduling Method to Reduce Waiting Time for Close-Range Delivery," Proc. of International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS'15), pages 730-735 November 2015.
[46] Ei Khaing Win, Tomoki Yoshihisa, Yoshimasa Ishi, Tomoya Kawakami, and Shinji Shimojo, "A Stream Merge Method to Reduce Load for Sensor Data Stream Delivery," Proc. of IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE'15), pages 27-30 October 2015.
[47] Tomoya Kawakami, Tomoki Yoshihisa, and Yusuke Gotoh, "Construction of Next Generation Mobile Video on Demand Delivery System Using Broadcast and Communication Integration Environments," Proc. of IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE'15), October 2015.
[48] Kamalas Udomlamlert, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Candidate Pruning Technique for Skyline Computation Over Frequent Update Streams," The 26th International Conference Database and Expert Systems Applications (DEXA 2015), pages 93-108 September 2015.
[49] Takuji Tsuda, Yuka Komai, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Signature-Based Top-K Query Processing Against Data Replacement Attacks in Manets," Proc. of Int'l Symposium on Reliable Distributed Systems (SRDS 2015), pages 130-139 September 2015.
[50] Tomoki Yoshihisa, "A Data Segments Scheduling Method for Streaming Delivery on Hybrid Broadcasting Environments," Proc. of International Workshop on Informatics (IWIN2015), pages 3-8 September 2015.
[51] Tomoki Yoshihisa, "Dynamic Data Broadcasting Methods for Streaming Delivery on Hybrid Broadcasting Environments," Proc. of International Workshop on Advances in Data Engineering and Mobile Computing (DEMoC'15), pages 470-475 September 2015.
[52] Yutaka Okaie, Takuya Obuchi, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "In Silico Experiments of Mobile Bionanosensor Networks for Target Tracking," Proc. of ACM International Conference on Nanoscale Computing and Communication (ACM NanoCom 2015), 14:1-14:6 September 2015.
[53] Ryo Kawasumi, Tomoki Yoshihisa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "An Indexing Method Using Sensing Information on Integrated Sensor Networks," Proc. of IEEE Pacific Rim Conference on Communications, Computers and Signal Processing (PACRIM'15), pages 252-257 August 2015.
[54] Tomoya Kawakami, Yoshimasa Ishi, Tomoki Yoshihisa, and Yuuichi Teranishi, "A Node Replication Method to Guarantee Reachability for P2p Sensor Data Stream Delivery System on Heterogeneous Churn Situations," IEEE International Computers, Software and Applications Conference (COMPSAC2015), pages 529-534 July 2015.
[55] Daichi Amagata, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Distributed Top-k Query Processing on Multi-Dimensional Data with Keywords," International Conference on Scientific and Statistical Database Management (SSDBM 2015), 10:1-10:12 June 2015.
[56] Takuya Obuchi, Yutaka Okaie, Tadashi Nakano, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Inbody Mobile Bionanosensor Networks Through Non-Diffusion-Based Molecular Communication," Proc. of IEEE Int'l Conf. on Communications (ICC 2015), pages 2681-2687 June 2015.
[57] Yuka Komai, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Processing Convex Hull Queries in MANETs," Proc of IEEE Int'l Conf. on Mobile Data Management (MDM2015), pages 64-73 June 2015.
[58] Masumi Shirakawa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "N-Gram IDF: a Global Term Weighting Scheme Based on Information Distance," Proc. of Int'l World Wide Web Conf. (WWW 2015), pages 960-970 May 2015.
[59] Tomoya Kawakami, Tomoki Yoshihisa, Yutaka Yanagisawa, and Masahiko Tsukamoto, "A Rule Processing Scheme Using the Rete Algorithm in Grid Topology Networks," IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA-2015), pages 674-679 March 2015.
[60] Daichi Amagata, Yuya Sasaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "CTR: an Efficient Top-k Query Routing in MANETs," International Conference on Advanced Mobile Computing & Multimedia (MoMM 2014), pages 225-234 December 2014.
[61] Masahiro Yokoyama, Tomoki Yoshihisa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Method to Reduce Interruption Time for the Multiple Bit Rate Video Delivery in P2P Streaming Environments," ACM International Conference on Advanced Mobile Computing & Multimedia (MoMM), pages 2011-2015 December 2014.
[62] Yusuke Gotoh and Tomoki Yoshihisa, "Evaluation of Scheduling Method for Heterogeneous Clients in Nvod Systems," Proc. of International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services (iiWAS2014), pages 134-141 December 2014.
[63] Yutaka Okaie, Tadashi Nakano, Takuya Obuchi, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Bacterium-Based Mobile Bionanosensor Networks for Target Tracking: a Biologically Realistic Model," Proc. of International Conference on Bio-inspired Information and Communications Technologies (BICT 2014), pages 188-190 December 2014.
[64] Tadashi Nakano, Takahiro Hara, Yutaka Okaie, Takuya Obuchi, and Shojiro Nishio, "Mobile Bionanosensor Networks Through Molecular Communication," Proc. of Asia-Pacific Microwave Conference (APMC 2014), pages 525-527 November 2014.
[65] Tomoya Kawakami, Yoshimasa Ishi, Tomoki Yoshihisa, and Yuuichi Teranishi, "A Study of Robustness Enhancement Technique on P2P Sensor Data Stream Delivery System Using Distributed Hashing," Proc. of International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS'14), pages 591-596 November 2014.
[66] Yoshimasa Ishi, Tomoya Kawakami, Tomoki Yoshihisa, and Yuuichi Teranishi, "An Evaluation of a P2P Sensor Data Streaming System Considering the Number of Hops on the Piax Testbed," Proc. of International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS'14), pages 597-602 November 2014.
[67] Haruka Sazaki, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "SeRAVi: a Spatio-Temporal Data Distribution Visualization System for Mobile Sensor Data," Int'l Workshop on Future Technologies for Smart Information Systems (FTSIS 2014), pages 88-93 October 2014.
[68] Kazuya Matsuo, Keisuke Goto, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Study on Efficient Event Monitoring In Dense Mobile Wireless Sensor Networks," Int'l Symposium on Reliable Distributed Systems (SRDS 2014), pages 341-342 October 2014.
[69] Ryo Kawasumi, Tomoki Yoshihisa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "An Efficient Indexing Method for Mobile Sensor Data Collection on Integrated Sensor Networks," Int'l Workshop on Future Technologies for Smart Information Systems (FTSIS 2014), pages 100-105 October 2014.
[70] Seiya Mizuno, Jun Osawa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Preference Extraction Method Using Installed Applications and Their Descriptions," Int'l Workshop on Future Technologies for Smart Information Systems (FTSIS 2014), pages 64-69 October 2014.
[71] Tomoya Kawakami, Tomoki Yoshihisa, and Masahiko Tsukamoto, "A Control Method of Ubiquitous Computers Using the Rete Algorithm in Grid Topology Network," Proc. of IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE'14), pages 551-552 October 2014.
[72] Yoshimasa Ishi, Tomoya Kawakami, Tomoki Yoshihisa, and Yuuichi Teranishi, "An Implementation of P2P Sensor Data Streaming System Considering the Number of Hops," Proc. of IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE'14), pages 428-429 October 2014.
[73] Yuka Komai, Duong Hong Nguyen, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "kNN Search Utilizing Index of the Minimum Road Travel Time in Time-Dependent Road Networks," Int'l Workshop on Future Technologies for Smart Information Systems (FTSIS 2014), pages 131-137 October 2014.
[74] Yuka Komai, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Convex Hull Query Processing Method in MANETs," Proc. of Int'l Symposium on Reliable Distributed Systems (SRDS 2014), pages 331-332 October 2014.
[75] Masumi Shirakawa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "MLJ: Language-Independent Real-Time Search of Tweets Reported by Media Outlets and Journalists," Proc. of Int'l Conf. on Very Large Data Bases (VLDB 2014), pages 1605-1608 September 2014.
[76] Tomoki Yoshihisa, "Dynamic Data Delivery for Video Interruption Time Reduction in Hybrid Broadcasting Environments," Proc. of International Workshop on Advances in Data Engineering and Mobile Computing (DEMoC'14), September 2014.
[77] Masumi Shirakawa, Kotaro Nakayama, Eiji Aramaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Collecting Conceptualized Relations from Terabytes of Web Texts for Understanding Unknown Terms," Proc. of IEEE/WIC/ACM Int'l Conf. on Web Intelligence (WI 2014), pages 86-93 August 2014.
[78] Tatsuya Nakamura, Masumi Shirakawa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Semantic Similarity Measurements for Multi-Lingual Short Texts Using Wikipedia," Proc. of IEEE/WIC/ACM Int'l Conf. on Web Intelligence (WI 2014), pages 22-29 August 2014.
[79] Kazuya Matsuo, Keisuke Goto, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Overhearing-Based Efficient Boundary Detection in Dense Mobile Wireless Sensor Networks," Proc of IEEE Int'l Conf. on Mobile Data Management (MDM-2014), pages 225-234 July 2014.
[80] Takuji Tsuda, Yuka Komai, Yuya Sasaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Top-K Query Processing and Malicious Node Identification Against Data Replacement Attack in MANETs," Proc of IEEE Int'l Conf. on Mobile Data Management (MDM-2014), pages 279-288 July 2014.
[81] Tomoya Kawakami, Yoshimasa Ishi, Tomoki Yoshihisa, and Yuuichi Teranishi, "A Load Distribution Method Based on Distributed Hashing for P2p Sensor Data Stream Delivery System," Proc. of IEEE Computer Software and Applications Conference (COMPSAC2014), pages 716-721 July 2014.
[82] Yuya Sasaki, Toshimitsu Fujii, Mitsuru Kaji, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Negative Location-Based Information Dissemination Method in Mobile Ad Hoc Networks," Proc. of International Workshop on Mobile Collaborative cROwdsourcing and Sensing (M-CROS 2014), pages 55-60 July 2014.
[83] Kamalas Udomlamlert, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Communication-Efficient Preference Top-K Monitoring Queries Via Subscriptions," 26th International Conference on Scientific and Statistical Database Management (SSDBM 2014), June 2014.
[84] Yutaka Okaie, Tadashi Nakano, Takahiro Hara, Kazufumi Hosoda, Yasushi Hiraoka, and Shojiro Nishio, "Modeling and Performance Evaluation of Mobile Bionanosensor Networks for Target Tracking," Proc. of IEEE International Conference on Communications (ICC 2014), pages 3969-3974 June 2014.
[85] Akimitsu Kanzaki, Shinya Kondo, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Energy-Efficient Data Gathering Using Sleep Scheduling and Spatio-Temporal Interpolation in Wireless Sensor Networks," Proc. International Workshop on Data Management for Wireless and Pervasive Communications (DMWPC 2014), pages 185-190 May 2014.
[86] Mayu Iwata, Hiroki Miyamoto, Takahiro Hara, Kentaro Shimatani, Tomohiro Mashita, Kiyoshi Kiyokawa, Shojiro Nishio, and Haruo Takemura, "A Menu-Based Content Search System Based on Relationships between Mobile User Context and Information Needs," Proc. of International Workshop on Data Management for Wireless and Pervasive Communications (DMWPC 2014), pages 197-202 May 2014.
[87] Takahiro Hara and Shojiro Nishio, "Data Allocation Techniques for Mobile Sensor Networks," Proc. of International Workshop on Data Management for Wireless and Pervasive Communications (DMWPC 2014), pages 209-214 May 2014.
[88] Takeshi Yoshimura, Kazuya Matsuo, Akimitsu Kanzaki, and Shojiro Nishio, "Integration of Push-Based and Pull-Based Connectivity Status Sharing for Efficient Data Forwarding Toward Mobile Sinks in Wireless Sensor Networks," Proc. of Int'l Conf. on Advanced Information Networking and Applications (AINA-2014), pages 541-548 May 2014.
[89] Tomoki Yoshihisa and Shojiro Nishio, "Data Transmission Techniques for Mobile Sensor Networks," Proc. of International Workshop on Data Management for Wireless and Pervasive Communications (DMWPC2014), pages 215-220 May 2014.
[90] Yoshimasa Ishi, Tomoya Kawakami, Tomoki Yoshihisa, and Yuuichi Teranishi, "A P2P Streaming System for Delivering Sensor Data Streams with Different Collection Cycles," Proc. of IEEE International Conference on Intelligent Sensors, Sensor Networks and Information Processing (ISSNIP2014), pages 1-6 April 2014.
[91] Yuya Sasaki, Wang-Chien Lee, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Sky R-Tree: an Index Structure for Distance-Based Top-K Query," Proc. of Int'l Conf. on Database Systems for Advanced Applications (DASFAA), pages 220-235 April 2014.
[92] Tomoki Yoshihisa, "A Mobile Video-On-Demand System for Hybrid Broadcasting Environments," Proc. of FTRA Intrnational Conference on Advanced IT engineering and Management (AIM 2014), pages 50-51 February 2014.
[93] Tomoki Yoshihisa, Tomoya Kawakami, Naotaka Fujita, and Masahiko Tsukamoto, "A Sensor Data Exploitation for Rule Based Energy on Demand System," Proc. of FTRA Intrnational Conference on Advanced IT engineering and Management (AIM 2014), pages 41-42 February 2014.
[94] Tomoya Kawakami, Naotaka Fujita, Tomoki Yoshihisa, and Masahiko Tsukamoto, "An Evaluation of Rule-Based Home Energy Management System Using the Rete Algorithm," Proc. of FTRA Intrnational Conference on Advanced IT engineering and Management (AIM 2014), pages 122-123 February 2014.
[95] Tomoya Kawakami, Yoshimasa Ishi, Tomoki Yoshihisa, and Yuuichi Teranishi, "An Evaluation of Load Distribution Method on Multi-Source P2p Sensor Data Stream Delivery System," Proc. of International Conference on Information Networking (ICOIN 2014), pages 486-491 February 2014.
[96] Takahiro Hara, Ayana Yamamoto, Mayu Iwata, Yuki Arase, Xing Xie, and Shojiro Nishio, "Location Anonymization Using Real Car Trace Data for Location Based Services," Proc. of International Conference on Ubiquitous Information Management and Communication (IMCOM 2014), pages 1-8 January 2014.
[97] Keisuke Goto, Yuya Sasaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Mobile Agents Control Scheme for Multiple Sinks in Dense Mobile Wireless Sensor Networks," Proc. of Int'l Conf. on Mobile and Ubiquitous Systems: Computing, Networking and Services (MOBIQUITOUS 2013), pages 52-65 December 2013.
[98] Yuuichi Teranishi, Yusuke Sawamura, Kaname Harumoto, and Shojiro Nishio, "Reducing Latency of Message Diffusion on Congested DTNs," Proc. of IEEE Global Communications Conference (GLOBECOM 2013), pages 4452-4458 December 2013.
[99] Masumi Shirakawa, Kotaro Nakayama, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Probabilistic Semantic Similarity Measurements for Noisy Short Texts Using Wikipedia Entities," Proc of ACM Int'l Conf. on Information and Knowledge Management (CIKM 2013), pages 903-908 October 2013.
[100] Tomoki Yoshihisa and Shojiro Nishio, "A Stream Delivery Scheme with Carousel Broadcasting on Hybrid Nvod Systems," Proc. of IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE'13), pages 505-506 October 2013.
[101] Tomoki Yoshihisa, Yoshimasa Ishi, Tomoya Kawakami, and Yuuichi Teranishi, "A Communication Load Model for P2P Camera Data Stream Delivery Systems," Proc. of IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE'13), pages 369-370 October 2013.
[102] Tomoya Kawakami, Tomoki Yoshihisa, Naotaka Fujita, and Masahiko Tsukamoto, "A Rule-Based Home Energy Management System Using the Rete Algorithm," Proc. of IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE'13), pages 162-163 October 2013.
[103] Yoshimasa Ishi, Tomoya Kawakami, Tomoki Yoshihisa, and Yuuichi Teranishi, "A P2P Streaming System for Sensor Data Stream Based on Load Estimation from Collection Cycles," Proc. of International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS'13), pages 647-652 October 2013.
[104] Tomoki Yoshihisa and Shojiro Nishio, "Evaluations on Playback Interruption Control for Broadcast and Communication Integrated Video-On-Demand Systems," Proc. of International Workshop on Advances in Data Engineering and Mobile Computing (DEMoC'13), pages 338-343 September 2013.
[105] Yutaka Okaie, Tadashi Nakano, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Single Target Tracking in Bionanosensor Networks: Preliminary Simulation Results," Proc. of International Conference on Body Area Networks (BodyNets'13), pages 476-477 September 2013.
[106] Ryo Kato, Mayu Iwata, Takahiro Hara, Yuki Arase, Xing Xie, and Shojiro Nishio, "User Location Anonymization Method for Wide Distribution of Dummies," Proc. of Int'l Conf. on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2013), volume 2013, number 2, pages 259-273 August 2013.
[107] Yuka Komai, Yuya Sasaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Processing k Nearest Neighbor Queries for Location-Dependent Data in MANETs," Proc. of Int'l Conf. on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2013), volume 2013, number 2, pages 213-227 August 2013.
[108] Masahiro Umezawa, Tomoki Yoshihisa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Interruption Time Reduction Methods with Finer Data Division for Streaming Delivery on Hybrid Broadcasting Environments," Proc. of IEEE Pacific Rim Conference Communications, Computers and Signal Processing (PACRIM'13), pages 114-119 August 2013.
[109] Kazuya Matsuo, Keisuke Goto, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Agent Redeployment and Missing Data Regathering in Mobile Wireless Sensor Networks," Proc. of Int'l Computer Software and Applications Conf. (COMPSAC 2013), pages 100-109 July 2013.
[110] Tomoya Kawakami, Yoshimasa Ishi, Tomoki Yoshihisa, and Yuuichi Teranishi, "A P2P Delivery Method for Sensor Data Stream Based on Load Estimation from Collection Cycles," Proc. of IEEE International Workshop on Enablers for Ubiquitous Computing and Smart Services (EUCASS'13), pages 289-294 July 2013.
[111] Daichi Amagata, Yuya Sasaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Robust Routing Method for Top-k Queries in Mobile Ad Hoc Networks," IEEE International Conference on Mobile Data Management (MDM 2013), pages 251-256 June 2013.
[112] Yuya Sasaki, Wang-Chien Lee, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "On Alleviating Beacon Overhead in Routing Protocols for Urban VANETs," Proc of IEEE Int'l Conf. on Mobile Data Management (MDM-2013), pages 66-76 June 2013.
[113] Daichi Amagata, Yuya Sasaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Routing Method for Top-k Query Processing in Mobile Ad Hoc Networks," IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA 2013), pages 161-168 March 2013.
[114] Jun Fukano, Tomohiro Mashita, Takahiro Hara, Kiyoshi Kiyokawa, Haruo Takemura, and Shojiro Nishio, "A Next Location Prediction Method for Smartphones Using Blockmodels," Proc. of IEEE Virtual Reality (VR 2013), pages 1-4 March 2013.
[115] Kazuya Matsuo, Keisuke Goto, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Data Gathering Considering Geographical Distribution of Data Values in Dense Mobile Wireless Sensor Networks," Proc. of Int'l Conf. on Advanced Information Networking and Applications (AINA-2013), pages 445-452 March 2013.
[116] Takuya Sugitani, Masumi Shirakawa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Detecting Local Events by Analyzing Spatiotemporal Locality of Tweets," Proc. of Int'l Conf. on The Sixth International Symposium on Mining and Web(MAW-13) , pages 191-196 March 2013.
[117] Tomoya Kawakami, Yoshimasa Ishi, Tomoki Yoshihisa, and Yuuichi Teranishi, "A Delivery Method Considering Communication Loads for Sensor Data Stream with Different Collection Cycles," Proc. of ACM Symposium On Applied Computing (SAC 2013), pages 611-618 March 2013.
[118] Tomoki Yoshihisa, Naotaka Fujita, and Masahiko Tsukamoto, "A Method to Reduce Rules for Energy on Demand Systems," Proc. of FTRA Intrnational Conference on Advanced IT engineering and Management (AIM 2013), pages 125-126 February 2013.
[119] Tomoki Yoshihisa and Yuuichi Teranishi, "On Communication Load Distribution for Sensor Data Stream Delivery," Proc. of FTRA Intrnational Conference on Advanced IT engineering and Management (AIM 2013), pages 121-122 February 2013.
[120] Yoshimasa Ishi, Tomoki Yoshihisa, Tomoya Kawakami, and Yuuichi Teranishi, "A Distributed Sensor Data Stream Delivery System with Communication Loads Balancing for Heterogeneous Collection Cycle Requests," Proc. of IEEE International Conference on Parallel and Distributed Systems, pages 728-729 December 2012.
[121] Yuka Komai, Yuya Sasaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Searching K-Nearest Neighbor Nodes Based on Node Density in Ad Hoc Networks," Proc. of Int'l Conf. on Advances in Mobile Computing & Multimedia (MoMM2012), pages 199-207 December 2012.
[122] Yusuke Gotoh, Tomoki Yoshihisa, Hideo Taniguchi, and Masanori Kanazawa, "A Scheduling Method Considering Heterogeneous Clients for NVoD Systems," Proc. of International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia (MoMM 2012), pages 232-239 December 2012.
[123] Akimitsu Kanzaki, Ayana Yamamoto, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Data Forwarding Method Based on Status on Connection with Multiple Mobile Sinks in Wireless Sensor Networks," Proc. of Int'l Conf. on Broadband and Wireless Computing, Communication and Applications (BWCCA 2012), pages 170-177 November 2012.
[124] Masahiro Yokoyama, Tomoki Yoshihisa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Data Reception Method to Reduce Interruption Time for Model and Motion Separated Data in P2P Streaming Environments," Proc. of Int'l Conf. on P2P, Parallel, Grid, Cloud and Internet Computing (3PGCIC 2012), pages 79-86 November 2012.
[125] Ryo Kato, Mayu Iwata, Takahiro Hara, Akiyoshi Suzuki, Yuki Arase, Xing Xie, and Shojiro Nishio, "A Dummy-Based Anonymization Method Based on User Trajectory with Pauses," Proc. of Int'l Conf. on Advances in Geographic Information Systems (GIS 2012), pages 249-258 November 2012.
[126] Yoshimasa Ishi, Tomoya Kawakami, Tomoki Yoshihisa, Yuuichi Teranishi, Kiyohide Nakauchi, and Nozomu Nishinaga, "Design and Implementation of Sensor Data Sharing Platform for Virtualized Wide Area Sensor Networks," Proc. of 3rd International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS 2012), pages 333-338 November 2012.
[127] Yusuke Gotoh, Tomoki Yoshihisa, Hideo Taniguchi, and Masanori Kanazawa, "A Scheduling Method to Reduce Waiting Time on Immersive Contents Broadcasting," Proc. of 3rd International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS 2012), pages 357-362 November 2012.
[128] Tomoki Yoshihisa, Naotaka Fujita, and Masahiko Tsukamoto, "A Rule Generation Method for Electrical Appliances Management Systems with Home EoD," Proc. of IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2012), pages 253-255 October 2012.
[129] Tomoki Yoshihisa and Shojiro Nishio, "A Video Streaming Delivery Method Considering the Number of Clients on Hybrid Broadcasting Environments," Proc. of IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2012), pages 586-588 October 2012.
[130] Shinya Kondo, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Energy-Efficient Data Gathering Using Traffic Reduction Based on Change in Data Characteristics in Wireless Sensor Networks," Proc. of Int'l Conf. on Network-Based Information Systems (NBiS 2012), pages 200-207 September 2012.
[131] Tomoki Yoshihisa and Shojiro Nishio, "Video Data Reception Methods Considering Playing Position on Hybrid Broadcasting Environments," Proc. of International Workshop on Advances in Data Engineering and Mobile Computing , pages 471-476 September 2012.
[132] Mayu Iwata, Tetsuya Sakai, Takehiro Yamamoto, Yu Chen, Yi Liu, Ji-Rong Wen, and Shojiro Nishio, "Aspectiles: Tile-Based Visualization of Diversified Web Search Results," Proc. of Int'l ACM SIGIR Conf. on Research and Development in Information Retrieval, pages 85-94 August 2012.
[133] Jun Shinomiya, Yuuichi Teranishi, Kaname Harumoto, and Shojiro Nishio, "A Sensor Data Collection Method Based on the Constraint of Collected Number and Granularity of Characteristics on an Overlay Network,," Proc. 12th IEEE/IPSJ International Symposium on Applications and the Internet (SAINT2012), pages 100-107 July 2012.
[134] Lekshmi M. Chidambaram, Sanjay K. Madria, Mark Linderman, and Takahiro Hara , "MELOC: Memory and Location Optimized Caching Model for Small Mobile Ad Hoc Networks," Proc. of International Conference on Mobile Data Management (MDM 2012), pages 33-42 July 2012.
[135] Chunsheng Zhu, Laurance T. Yang, Lei Shu, Joel Rodrigues, and Takahiro Hara, "A Geographic Routing Oriented Sleep Scheduling Algorithm in Duty-Cycled Sensor Networks," Proc. of Int'l Conf. on Communications (ICC 2012), pages 5473-5477 June 2012.
[136] Chunsheng Zhu, Laurance T. Yang, Lei Shu, Trung Q. Duong, and Shojiro Nishio, "Secured Energy-Aware Sleep Scheduling Algorithm in Duty-Cycled Sensor Networks," In International Conference on Communications (ICC 2012), Ottawa, Canada, pages 1953-1957 June 2012.
[137] Daijiro Komaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "How Does Mobile Context Affect People’s Web Search Behavior?: A Diary Study of Mobile Information Needs and Search Behaviors," Proc of IEEE Int'l Conf. on Advanced Information Networking and Applications (AINA-2012) , pages 245-252 March 2012.
[138] Tomohiro Mashita, Daijiro Komaki, Mayu Iwata, Kentaro Shimatani, Hiroki Miyamoto, Takahiro Hara, Kiyoshi Kiyokawa, Haruo Takemura, and Shojiro Nishio, "A Content Search System for Mobile Devices Based on User Context Recognition," Proc. of Int'l Workshop on Ambient Information Technologies (AMBIT 2012), pages 1-4 March 2012.
[139] Tomohiro Mashita, Kentaro Shimatani, Mayu Iwata, Hiroki Miyamoto, Daijiro Komaki, Takahiro Hara, Kiyoshi Kiyokawa, Haruo Takemura, and Shojiro Nishio, "Human Activity Recognition for a Content Search System Considering Situations of Smartphone Users," Proc. of Int'l Workshop on Ambient Information Technologies (AMBIT 2012), pages 22-23 March 2012.
[140] Wataru Seino, Tomoki Yoshihisa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Sensor Data Collection Method with a Mobile Sink for Communication Traffic Reduction by Delivering Predicted Values," Proc. of Int'l Conf. on Advanced Information Networking and Applications Workshops (WAINA 2012), pages 613-618 March 2012.
[141] Yusuke Gotoh, Tomoki Yoshihisa, Hideo Taniguchi, Masanori Kanazawa, W. Rahayu, and Y.P.P. Chen, "A Scheduling Method for Node Relay-Based Webcast Considering Reconnection," 26th IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA-2012), pages 787-794 March 2012.
[142] Makito Takahashi, Tomoki Yoshihisa, Naotaka Fujita, and Masahiko Tsukamoto, "A Rechargeable Battery Control System Based on Rules for Exploiting Rechargeable Batteries," Proc. of FTRA Intrnational Conference on Advanced IT engineering and Management (AIM 2012), pages 49-50 February 2012.
[143] Shoji Sano, Tomoki Yoshihisa, Tsutomu Terada, and Masahiko Tsukamoto, "Tracking Methods of Movable Node Using Relative Distances," Proc. of FTRA Intrnational Conference on Advanced IT engineering and Management (AIM 2012), pages 45-46 February 2012.
[144] Tomoki Yoshihisa, Naotaka Fujita, and Masahiko Tsukamoto, "A Rule-Based Home Energy Management System," Proc. of FTRA Intrnational Conference on Advanced IT engineering and Management (AIM 2012), pages 47-48 February 2012.
[145] Mingyang Sun, Weifeng Sun, Lei Shu, Mingchu Li, and Lei Xue, "FoSSicker: A Personalized Search Engine by Location-Awareness," Proc. of Int'l Conf. on Computing, Networking and Communications (ICNC 2012), pages 456-460 January 2012.
[146] Jinfang Jiang, Guangjie Han, Huihui Xu, Lei Shu, and Mohsen Guizani, "LMAT: Localization with a Mobile Anchor Node Based on Triangulation in Wireless Sensor Networks," Proc. of IEEE Global Communication Conference (Globecom 2011), pages 1-6 December 2011.
[147] Jun Shinomiya, Yuuichi Teranishi, Kaname Harumoto, and Shojiro Nishio, "A Sensor Data Collection Method under a System Constraint Using Hierarchical Delaunay Overlay Network," Proc. of Seventh Int'l Conf. on Intelligent Sensors, Sensor Networks and Information Processing (ISSNIP2011), pages 300-305 December 2011.
[148] Keisuke Goto, Yuya Sasaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Data Gathering Using Mobile Agents in Dense Mobile Wireless Sensor Networks," Proc. of Int'l Conf. on Advances in Mobile Computing & Multimedia (MoMM 2011), pages 58-65 December 2011.
[149] Suran Li, Lei Wang, Zhenquan Qin, Zhu Ming, and Lei Shu, "A Study on Relationship Migration among Social Networking Providers," Proc. of Int'l Conf. on Mobile Ad-hoc and Sensor Networks (MSN 2011), pages 303-309 December 2011.
[150] Xiaokang Liu, Lei Wang, Zhuxiu Yuan, Yuanfang Chen, Lei Shu, and Chunsheng Zhu, "Mitigating Radio Irregularity Impact: an Rssi Calibration Method for Range-Free Localization in Sensor Networks," Proc. of Int'l Conf. on Mobile Ad-hoc and Sensor Networks (MSN 2011), pages 160-166 December 2011.
[151] Yusuke Gotoh, Tomoki Yoshihisa, Hideo Taniguchi, Masanori Kanazawa, W. Rahayu, and Y.P.P. Chen, "A Method to Reduce Waiting Time for Close-Range Broadcasting," 9th International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia (MoMM 2011), pages 116-122 December 2011.
[152] Ziqi Fan, Yuanfang Chen, Lei Wang, Lei Shu, and Takahiro Hara, "Removing Heavily Curved Path: Improved Dv-Hop Localization in Anisotropic Sensor Networks," Proc. of Int'l Conf. on Mobile Ad-hoc and Sensor Networks (MSN 2011), pages 75-82 December 2011.
[153] Erika Ashikaga, Mayu Iwata, Daijiro Komaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Exploring Map-Based Interactions for Co-Located Collaborative Work by Multiple Mobile Users," Proc. of Int'l Conf. on Advances in Geographic Information Systems (GIS 2011), pages 417-420 November 2011.
[154] Lei Shu, Jianwei Niu, Takahiro Hara, Manfred Hauswirth, and Shojiro Nishio, "Integrating Weather Information with Body Sensor Networks for Health Monitoring," In Proceedings of the 6th International ICST Conference on Body Area Networks (BodyNets 2011), pages 124-125 November 2011.
[155] Yuto Hamaguchi, Tomoki Yoshihisa, Yoshimasa Ishi, Yuuichi Teranishi, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Data Aggregation System Using Mobile Agents on Integrated Sensor Networks," Proc. of Int'l Conf. on Advances in P2P Systems (AP2PS 2011), volume 3, pages 33-38 November 2011.
[156] Wen Shen, Guangjie Han, Lei Shu, Joel J. P. C. Rodrigues, and Naveen Chilamkurti, "A New Energy Prediction Approach for Intrusion Detection in Cluster-Based Wireless Sensor Networks," Proc. of Int'l Conf. on Green Communications and Networking (GreeNets 2011), pages 1-12 October 2011.
[157] Yusuke Gotoh, Tomoki Yoshihisa, Hideo Taniguchi, Masanori Kanazawa, W. Rahayu, and Y.P.P. Chen, "A Scheduling Method for Selective Contents Broadcasting with Fast-Forwarding," 2nd International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS 2011), pages 344-349 October 2011.
[158] Hiroki Miyamoto, Daijiro Komaki, Takahiro Hara, Kentaro Shimatani, Tomohiro Mashita, Kiyoshi Kiyokawa, Toshiaki Uemukai, Shojiro Nishio, and Haruo Takemura, "A Menu-based Content Search Support System Considering Mobile User’s Situations," Proc. of Int'l Conf. on Ambient Systems, Networks and Technologies (ANT 2011), pages 434-441 September 2011.
[159] Mayu Iwata, Takahiro Hara, Kentaro Shimatani, Tomohiro Mashita, Kiyoshi Kiyokawa, Shojiro Nishio, and Haruo Takemura, "A Location-Based Content Search System Considering Situations of Mobile Users," Proc. of Int'l Conf. on Ambient Systems, Networks and Technologies (ANT 2011), pages 426-433 September 2011.
[160] Mayu Iwata, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "How Different Are Preferences of Children and Adults on Web Pages?," Proc. of Int'l Workshop on Advanced Distributed and Parallel Network Applications (ADPNA 2011), pages 394-399 September 2011.
[161] Shinya Kondo, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Energy-Efficient Data Gathering Using Sleep Scheduling and Spatial Correlation Based on Data Distribution in Wireless Sensor Networks," Proc. of Int'l Conf. on Network-Based Information Systems (NBiS 2011), pages 194-201 September 2011.
[162] Yuhui Dong, Lei Shu, Guangjie Han, Mohsen Guizani, and Takahiro Hara, "Geographic Multipath Routing in Duty-Cycled Wireless Sensor Networks: One-Hop Or Two-Hop?," Proc. of Int'l Conf. on Mobile Computing and Networking (Mobicom 2011), September 2011.
[163] Yusuke Gotoh, Tomoki Yoshihisa, Hideo Taniguchi, and Masanori Kanazawa, "Evaluation of P2P Streaming Systems for Webcast," 6th International Conference on Digital Information Management (ICDIM 2011), pages 343-350 September 2011.
[164] Yuya Sasaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Two-Phase Top-k Query Processing in Mobile Ad Hoc Networks," Proc. of Int'l Conf. on Network-Based Information Systems (NBiS 2011), pages 42-49 September 2011.
[165] Masahiro Umezawa, Tomoki Yoshihisa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Interruption Time Reduction Methods by Predicting Data Reception for Steaming Delivery on Hybrid Broadcasting Environments," Proc. of of IEEE Pacific Rim Conference Communications, Computers and Signal Processing (PACRIM 2011), pages 185-190 August 2011.
[166] Masumi Shirakawa, Kotaro Nakayama, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Wikipedia Sets: Context-Oriented Related Entity Acquisition from Multiple Words," Proc. of IEEE/WIC/ACM Int'l Conf. on Web Intelligence (WI 2011), volume 1, pages 274-277 August 2011.
[167] Tomoki Yoshihisa and Shojiro Nishio, "File Transmission Methods to Mobile Sinks for Ubiquitous Sensor Environments," Proc. of IEEE Pacific Rim Conference Communications, Computers and Signal Processing (PACRIM'11), pages 292-297 August 2011.
[168] Chunsheng Zhu, Laurence T. Yang, Lei Shu, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Implementing Top-k Query in Duty-Cycled Wireless Sensor Networks," Proc. of Int'l Wireless Communications & Mobile Computing Conference (IWCMC 2011), pages 553-558 July 2011.
[169] Jinfang Jiang, Guangjie Han, Lei Shu, Han-Chieh Chao, and Shojiro Nishio, "A Novel Secure Localization Scheme Against Collaborative Collusion in Wireless Sensor Networks," Proc. of Int'l Wireless Communications & Mobile Computing Conference (IWCMC 2011), pages 308-313 July 2011.
[170] Toshimitsu Fujii, Mitsuru Kaji, Yuya Sasaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Flooding Control Method with Ack-carry for Location-Based Information Dissemination in Mobile Ad Hoc Networks," Proc. of Int'l Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2011) , pages 128-135 July 2011.
[171] Yusuke Sawamura, Yuuichi Teranishi, Susumu Takeuchi, Kaname Harumoto, and Shojiro Nishio, "A Broadcast Method Based on Estimation and Preservation of Stable Links in Delay Tolerant Networks," Proc. of Int'l Workshop on Enablers for Ubiquitous and Context-Aware Services on Sensor Networks (EUCASS 2011), July 2011.
[172] Zhuxiu Yuan, Lei Wang, Lei Shu, Takahiro Hara, and Zhenquan Qin, "A Balanced Energy Consumption Sleep Scheduling Algorithm in Wireless Sensor Networks," Proc. of Int'l Wireless Communications & Mobile Computing Conference (IWCMC 2011), pages 831-835 July 2011.
[173] Chunsheng Zhu, Laurance T. Yang, Lei Shu, Lei Wang, and Takahiro Hara, "Sleep Scheduling Towards Geographic Routing in Duty-Cycled Sensor Networks with a Mobile Sink," Proc. of IEEE Communications Society Conference on Sensor, Mesh and Ad Hoc Communications and Networks (SECON 2011), pages 158-160 June 2011.
[174] Chunsheng Zhu, Laurence T. Yang, Lei Shu, Joel J. P. C. Rodrigues, and Takahiro Hara, "Sleep Scheduling Towards Geographic Routing in Duty-Cycled Sensor Networks," Proc. of Int'l Conf. on Distributed Computing in Sensor Systems (DCOSS 2011), pages 001-003 June 2011.
[175] Fei Tong, Wan Tang, Rong Xie, Lei Shu, and Young-Chon Kim, "P-MAC: a Cross-Layer Duty Cycle MAC Protocol Towards Pipeline Feature for Wireless Sensor Networks," Proc. of Int'l Conf. on Communications (ICC 2011), June 2011.
[176] Nguyen-Son Vo, Trung Q. Duong, Lei Shu, Xu Du, Hans-Jurgen Zepernick, and Wenqing Cheng, "Cross-Layer Design for Video Replication Strategy Over Multihop Wireless Networks," Proc. of Int'l Conf. on Communications (ICC 2011), June 2011.
[177] Wenlong Yue, Lei Wang, Ming Zhu, Zhenquan Qin, Lei Shu, and Canfeng-David Chen, "Poster: a Green Solution for Intelligent Metropolitan Heating System with Usd Card," Proc. of Int'l Conf. on Mobile Systems, Applications and Services (MobiSys 2011), page 401 June 2011.
[178] Yuanfang Chen, Lei Shu, Mingchu Li, Ziqi Fan, Lei Wang, and Takahiro Hara, "The Insights of Dv-Based Localization Algorithms in the Wireless Sensor Networks with Duty-Cycled and Radio Irregular Sensors," Proc. of Int'l Conf. on Communications (ICC 2011), pages 001-006 June 2011.
[179] Yuka Komai, Yuya Sasaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A kNN Query Processing Method in Mobile Ad Hoc Networks," Proc. of Int'l Conf. on Mobile Data Management (MDM 2011), pages 287-288 June 2011.
[180] Zhangbing Zhou, Feng Gao, and Lei Shu, "Service Protocol Replaceability Assessment in Mediated Service Interactions," Proc. of Int'l Conf. on Communications (ICC 2011), June 2011.
[181] Yusuke Gotoh, Tomoki Yoshihisa, Hideo Taniguchi, and Masanori Kanazawa, "A Method to Reduce Interruption Time Considering Number of Clients on Broadcast and Communications Integration Environments," 6th IFIP/IEEE International Workshop on Broadband Convergence Networks (BcN 2011), pages 989-996 May 2011.
[182] Weiwei Fang, Feng Liu, Zhen Liu, Lei Shu, and Shojiro Nishio, "Reliable Broadcast Transmission in Wireless Networks Based on Network Coding," Proc. of Int'l Workshop on Wireless Sensor, Actuator, and Robot Networks (WiSARN 2011) in Conjunction with IEEE Int'l Conf. on Computer Communications (Infocom 2011), pages 555-559 April 2011.
[183] Akimitsu Kanzaki, Yasuhiro Nose, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Dynamic Route Construction Method Based on Measured Characteristics of Radio Propagation in Wireless Sensor Networks," Proc. of Int'l Conf. on Advanced Information Networking and Applications (AINA 2011) , pages 30-37 March 2011.
[184] Maike Erdmann, Andrew Finch, Kotaro Nakayama, Eiichiro Sumita, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Calculating Wikipedia Article Similarity Using Machine Translation Evaluation Metrics," Proc. of IEEE International Symposium on Mining and Web (MAW 2011), pages 532-537 March 2011.
[185] Shinichi Yataka, Kohei Tanaka, Tsutomu Terada, and Masahiko Tsukamoto, "A Context-Aware Audio Presentation Method in Wearable Computing," Proc. of the 26th Annual ACM Symposium on Applied Computing (SAC 2011), pages 405-412 March 2011.
[186] Takahiro Hara, "Quantifying Sensing Coverage and Data Delivery Delay in Mobile Sensor Networks," Proc. of IEEE Wireless Communications and Networking Conference (WCNC 2011), pages 481-486 March 2011.
[187] Tomoki Yoshihisa and Shojiro Nishio, "An Interruption Time Reduction Scheme with Prefetch for Hybrid Video Broadcasting Environments," Proc. of IEEE Wireless Communications & Networking Conf. (WCNC 2011), pages 2071-2076 March 2011.
[188] Yoshiaki Taniguchi, Akimitsu Kanzaki, Naoki Wakamiya, and Takahiro Hara, "Autonomous Data Gathering Mechanism with Transmission Reduction for Wireless Sensor Networks," Proc. of Int'l Conf. on Communication, Computing and Control Applications (CCCA 2011), March 2011.
[189] Yoshihiro Kosaka, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A P2p Network Construction Method Based on Cycle of Sensing and Location in Ubiquitous Sensor Environment," Proc. of Int'l Workshop on Data Management for Wireless and Pervasive Communications (DMWPC 2011), pages 532-537 March 2011.
[190] Yukie Kobayashi, Tomoki Yoshihisa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Dynamic Cluster Construction Method Based on Characteristics of Query Generation in Peer-To-Peer Networks," Proc. of Int'l Symposium on Frontiers in Networking with Applications (FINA 2011), pages 96-101 March 2011.
[191] Yuuichi Teranishi, Susumu Takeuchi, and Kaname Harumoto, "Hdov - an Overlay Network for Wide Area Spatial Data Collection," Proc. Of the 26th Symposium On Applied Computing (SAC2011), pages 506-513 March 2011.
[192] Kun Wang, Lei Wang, Can Ma, Lei Shu, and Joel Rodrigues, "Geographic Routing in Random Duty-Cycled Wireless Multimedia Sensor Networks," Proc. of Int'l Workshop on Advanced Sensor Integration Technology (ASIT 2010), pages 230-234 December 2010.
[193] Lin He, Yi-Ying Zhang, Lei Shu, Athanasios V. Vasilakos, and Myong-Soon Park, "Energy-Efficient Location-Dependent Key Management Scheme for Wireless Sensor Networks," Proc. of IEEE Global Communication Conference (Globecom 2010), pages 1-5 December 2010.
[194] Lin Xiang, Xiao-Hu Ge, Ghuang Liu, Lei Shu, and Cheng-Xiang Wang, "A New Hybrid Network Traffic Prediction Method," Proc. of IEEE Global Communications Conf. (IEEE GLOBECOM 2010), pages 1-5 December 2010.
[195] Longhui Ma, Lei Wang, Lei Shu, Jing Zhao, Suran Li, Zhuxiu Yuan, and Ning Ding, "Netviewer: a Universal Visualization Tool for Wireless Sensor Networks," Proc. of IEEE Global Communication Conference (Globecom 2010), December 2010.
[196] Masumi Shirakawa, Kotaro Nakayama, Eiji Aramaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Relation Extraction between Related Concepts by Combining Wikipedia and Web Information for Japanese Language," Proc. of Asia Information Retrieval Societies Conference (AIRS 2010), pages 310-319 December 2010.
[197] Mayu Iwata, Yuki Arase, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Children-Oriented Re-Ranking Method for Web Search Engines," Proc. of Int'l Conference on Web Information System Engineering (WISE 2010), pages 225-239 December 2010.
[198] Taye Mulugeta, Lei Shu, Manfred Hauswirth, Min Chen, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Secured Two Phase Geographic Forwarding Protocol in Wireless Multimedia Sensor Networks," Proc. of IEEE Global Communication Conference (Globecom 2010), pages 1-6 December 2010.
[199] Yoshimasa Ishi, Yuuichi Teranishi, Mikio Yoshida, Susumu Takeuchi, Shinji Shimojo, and Shojiro Nishio, "Range-Key Extension of the Skip Graph," Proc. of IEEE Global Communications Conf. (IEEE GLOBECOM 2010), pages 1-6 December 2010.
[200] Yuanfang Chen, Mingchu Li, Lei Shu, Lei Wang, and Trung Q. Duong, "The Scheme of Mitigating the Asymmetric Links Problem in Wireless Sensor Networks," Proc. of Int'l Workshop on Advanced Sensor Integration Technology (ASIT 2010), pages 272-276 December 2010.
[201] Zhuxiu Yuan, Lei Wang, Cheng Meng, Chunlei Liu, Trung Q. Duong, and Lei Shu, "Analysis on Capacity and Delay for Redundant Multiple Source Routing in Mobile Ad Hoc Networks," Proc. of Int'l Workshop on Heterogeneous, Multi-Hop, Wireless and Mobile Networks (HeterWMN 2010), pages 158-163 December 2010.
[202] Leela-amornsin Lertluck and Yuichi Teranishi, "Idosense: Implementation, Challenges, and Opportunities in People Centric Network Over Real DTN Multi-Hop Environments," Proc. of ACM Asian Internet Engineering Conf. (AINTEC 2010), Poster, November 2010.
[203] Akiyoshi Suzuki, Mayu Iwata, Yuki Arase, Takahiro Hara, Xie Xing, and Shojiro Nishio, "A User Location Anonymization Method for Location Based Services in a Real Environment," Proc. of Int'l Conf. on Advances in Geographic Information Systems (GIS 2010), pages 398-401 November 2010.
[204] Daijiro Komaki, Azusa Oku, Yuki Arase, Takahiro Hara, Toshiaki Uemukai, Gen Hattori, and Shojiro Nishio, "A Contents Comparison Interface for Collaborative Web Search Using Multiple Mobile Devices," Proc. of the International Conference on Ambient System, Network and Technologies (ANT 2010), pages 081-090 November 2010.
[205] Wataru Seino, Tomoki Yoshihisa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Communication Protocol to Improve Fairness and Data Amount on Sensor Data Collection with a Mobile Sink," Proc. of Int'l Conf. on Broadband and Wireless Computing, Communication and Applications (BWCCA 2010), pages 33-40 November 2010.
[206] Yusuke Gotoh, Tomoki Yoshihisa, Hideo Taniguchi, and Masanori Kanazawa, "A Method to Reduce Waiting Time for Continuous Media Data Broadcasting Considering Internet Advertisements," Proc. of Int'l Conf. on Advances in Mobile Computing & Multimedia (MoMM 2010), pages 132-139 November 2010.
[207] Yusuke Gotoh, Tomoki Yoshihisa, Hideo Taniguchi, and Masanori Kanazawa, "A Scheduling Method to Reduce Waiting Time for Node Relay-Based Webcast Considering Available Bandwidth," Proc. of Int'l Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS 2010), pages 489-494 November 2010.
[208] Yuki Arase, Xing Xie, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Mining People's Trips from Large Scale Geo-Tagged Photos," Proc. of the ACM Int'l Conf. on Multimedia (ACM MM 2010), pages 133-142 October 2010.
[209] Ziqi Fan, Yuanfang Chen, Lei Shu, Lei Wang, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Impacts of Duty-Cycle and Radio Irregularity on Hcrl Localization in Wireless Sensor Networks," Proc. of Int'l Conf. on Network Protocols (ICNP 2010), October 2010.
[210] Shinya Kondo, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Energy-Efficient Data Gathering Using Sleep Scheduling and Spatial Interpolation in Wireless Sensor Networks," Proc. of Int'l Conf. on Network-Based Information Systems (NBiS 2010), pages 62-69 September 2010.
[211] Suguru Sakashita, Tomoki Yoshihisa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Data Reception Method to Reduce Interruption Time in P2p Streaming Environments," Proc. of Int'l Conf. on Network-Based Information Systems (NBiS 2010), pages 166-172 September 2010.
[212] Chunsheng Zhu, Lei Shu, Takahiro Hara, Lei Wang, and Shojiro Nishio, "Research Issues on Mobile Wireless Sensor Networks," Proc. of Int'l Conf. on Communications and Networking in China (Chinacom 2010), pages 1-6 August 2010.
[213] Kentaro Fujiwara, Kaname Harumoto, Yuichi Teranishi, Toyokazu Akiyama, Susumu Takeuchi, and Shojiro Nishio, "A Self-Localization Method Using Propagation of Existence Probability," Proc. of Int'l Workshop on Enablers for Ubiquitous and Context-Aware Services on Sensor Networks (EUCASS), pages 201-204 July 2010.
[214] Chunsheng Zhu, Yuanfang Chen, Lei Wang, Lei Shu, and Yan Zhang, "Smac-Based Proportional Fairness Backoff Scheme in Wireless Sensor Networks," Proc. of Int'l Wireless Communications & Mobile Computing Conference (IWCMC 2010), pages 138-142 June 2010.
[215] Lei Shu, Zhuxiu Yuan, Takahiro Hara, Lei Wang, and Yan Zhang, "Impacts of Duty-Cycle on Tpgf Geographical Multipath Routing in Wireless Sensor Networks," Proc. of Int'l Workshop on Quality of Service (IWQoS 2010), pages 1-2 June 2010.
[216] Yuanfang Chen, Xiaokang Liu, Lei Wang, Lei Shu, and Han-Chieh Chao, "A Calibration Scheme Based on Pool Adjacent Violators for Localization in Wireless Sensor Networks," Proc. of Int'l Wireless Communications & Mobile Computing Conference (IWCMC 2010), pages 726-730 June 2010.
[217] Jun Shinomiya, Yuichi Teranishi, Kaname Harumoto, Susumu Takeuchi, and Shojiro Nishio, "An Examination of Sensor Data Collection Method for Spatial Interpolation on Hierarchical Delaunay Overlay Network," Proc. of Int'l Workshop on Sensor Network Technologies for Information Explosion Era (SeNTIE 2010), pages 407-412 May 2010.
[218] Akimitsu Kanzaki, Yuuki Iima, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Overhearing-Based Data Transmissin Reduction Using Data Interpolation in Wireless Sensor Networks," Proc. of Int'l Conf. on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU 2010), pages 1-8 April 2010.
[219] Susumu Takeuchi, Jun Shinomiya, Toru Shiraki, Yoshimasa Ishi, Yuichi Teranishi, Mikio Yoshida, and Shinji Shimojo, "A Large Scale Key-Value Store Based on Range-Key Skip Graph and Its Applications," Proc of Database System for Advanced Applications (DASFAA 2010), volume 5982, pages 432-435 April 2010.
[220] Takahiro Hara, S.K.Madria, and Shojiro Nishio, "Investigating Impact of Quorum Construction on Data Processing in Mobile Ad Hoc Networks," Proc. of IEEE Int'l Conf. on Advanced Information Networking and Applications (AINA 2010), pages 548-555 April 2010.
[221] Yoshihiro Kosaka, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A P2p Network Construction Method Based on Cycle of Sensing in Ubiquitous Sensor Environment," Proc. of Int'l Workshop on Data Management for Wireless and Pervasive Communications (DMWPC 2010), pages 950-955 April 2010.
[222] Yuya Sasaki, Ryo Hagihara, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, " a Top-K Query Method by Estimating Score Distribution in Mobile Ad Hoc Networks," Int'l Workshop on Data Management for Wireless and Pervasive Communications (DMWPC 2010), pages 944-949 April 2010.
国内会議(査読付き)
[1] 天方 大地, 原 隆浩, "相関時系列データ集合の計算のための高速アルゴリズム," FIT2017 第16回情報科学技術フォーラム, 2017年9月.
[2] 愛甲 善之助, 谷山 雄基, 横山 正浩, 中嶋 奎介, 義久 智樹, 原 隆浩, "社会センサデータ生成・共有基盤におけるデータフロー制御機構," DICOMO2017, 2017年7月.
[3] 林田 秀平, 天方 大地, 原 隆浩, Xing Xie, "ユーザの移動先候補の推定に基づく逐次的なダミー生成による位置曖昧化手法," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2017)シンポジウム論文集, pages 332-339 2017年6月.
[4] 中嶋 奎介, 谷山 雄基, 横山 正浩, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "社会センサデータ生成・共有基盤システムの設計と実装," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム論文集, 2016年7月.
[5] 川上 慶士, 大澤 純, 原 隆浩, Xing Xie, "ゲーミフィケーションに基づくコンテキスト収集システムにおけるユーザの動向の長期間の調査," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム論文集, pages 714-721 2016年7月.
[6] 川上 朋也, 義久 智樹, 石 芳正, 寺西 裕一, "スキップグラフを用いたスケーラブルなセンサデータストリーム収集システムの評価," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム論文集, pages 1208-1214 2016年7月.
[7] 松尾 和哉, 後藤 啓介, 神崎 映光, 原 隆浩, "密なモバイルセンサネットワークにおける境界線の形状を考慮したサンプリングを用いた境界線検出手法," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム論文集, pages 769-776 2016年7月.
[8] 林田 秀平, 水野 聖也, 天方 大地, 原 隆浩, Xing Xie, "ユーザの移動状況に適応したダミーによる位置曖昧化手法," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム論文集, pages 328-335 2016年7月.
[9] 谷山 雄基, 中嶋 奎介, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "社会センサデータ生成・共有基盤における入出力インタフェースの設計と実装," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム論文集, pages 1223-1228 2016年7月.
[10] 金子 雄, 伊藤 俊夫, 原 隆浩, "仮想化が機器状態監視の定刻性に与える影響の一評価," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム論文集, 2016年7月.
[11] , 社会センサデータ生成・共有基盤システムの設計と実装, 2016.
[12] 中村 達哉, 白川 真澄, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Wikipediaのページビュー数を用いたTwitter上の話題語に対するエンティティリンキング," 第8回Webとデータベースに関するフォーラム(WebDB Forum 2015), pages 166-173 2015年11月.
[13] 天方 大地, 原 隆浩, "空間データストリーム環境におけるMaxRSモニタリング," 第8回Webとデータベースに関するフォーラム(WebDB Forum 2015), pages 150-157 2015年11月.
[14] 横山 正浩, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "モバイルセンサデータベースにおける効率的なTop-k検索結果の多様化について," 第8回Webとデータベースに関するフォーラム(WebDB Forum 2015), pages 118-125 2015年11月.
[15] 川上 朋也, 石 芳正, 義久 智樹, 寺西 裕一, "スキップグラフを用いたスケーラブルなセンサデータ収集システムの検討," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2015), pages 270-272 2015年10月.
[16] 義久 智樹, 原 隆浩, "IoT環境におけるストリーミング処理時間短縮手法," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2015), pages 62-70 2015年10月.
[17] 川上 朋也, 石 芳正, 義久 智樹, 寺西 裕一, "複数の異なる配信周期を扱うP2P型センサデータストリーム配信システムのスキップグラフによる実現方法の検討," 情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア 分散 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2015)論文集, volume 2015, number 1, pages 449-455 2015年7月.
[18] 真子 広大, 石 芳正, 川上 朋也, 義久 智樹, 寺西 裕一, "受信端末の状況に応じて配信周期を選択するセンサデータストリーム配信システム," 情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア 分散 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2015)論文集, volume 2015, number 1, pages 441-448 2015年7月.
[19] 石 芳正, 川上 朋也, 義久 智樹, 寺西 裕一, "コンシステントハッシュ法を用いた複数センサデータストリーム配信システムの一実装," 情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア 分散 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2015)論文集, volume 2015, number 1, pages 1852-1856 2015年7月.
[20] 中山 侑紀, 天方 大地, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "モバイルアドホックネットワークにおける継続的データ収集手法," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム論文集, pages 205-212 2015年7月.
[21] 川上 慶士, 大澤 純, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "ゲーミフィケーションに基づくコンテキスト収集システムにおけるライフログ機能の導入とその効果の検証," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム論文集, pages 945-952 2015年7月.
[22] 谷山 雄基, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "指定位置を撮影した写真を撮影条件と地図情報により検索するシステム," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム論文集, pages 1301-1308 2015年7月.
[23] Kamalas Udomlamlert, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "データ更新が頻繁な環境におけるスカイラインデータ計算 アルゴリズムの提案," 第22回 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2014), pages 252-260 December 2014.
[24] 加藤 諒, 原 隆浩, 白川 真澄, 駒井 友香, 真嶋 温佳, 天方 大地, 大澤 純, 松尾 和哉, 横山 正浩, 佐崎 悠, 中村 達哉, 水野 聖也, 西尾 章治郎, "位置プライバシ問題の啓蒙のためのダミーによる位置曖昧化手法の体験システムの実装," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2014), pages 50-52 2014年12月.
[25] 川上 朋也, 石 芳正, 義久 智樹, 寺西 裕一, "P2P型センサデータストリーム配信システムにおける耐障害性向上のための複製ノード配置手法の検討," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2014), pages 261-267 2014年12月.
[26] 真子 広大, 石 芳正, 川上 朋也, 義久 智樹, 寺西 裕一, "モノのインターネットにおける異なる端末環境に対応可能なP2P型センサデータストリーム配信システムの一実装," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2014), pages 58-62 2014年12月.
[27] 駒井 友香, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "アドホックネットワークにおける凸包端末の検索手法," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2014), pages 191-198 2014年12月.
[28] 天方 大地, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "分散データベースにおける効率的な確率的最近傍データ検索手法," 第7回Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum 2014), 2014年11月.
[29] 加藤 諒, 松野 有弥, 原 隆浩, 荒瀬 由紀, Xing Xie, 西尾 章治郎, "ユーザの訪問場所の傾向を考慮したダミーによるユーザ位置曖昧化手法," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2014)シンポジウム論文集, pages 1174-1181 2014年7月.
[30] 小路 直紀, 松尾 和哉, 神崎 映光, 西尾 章治郎, "無線センサネットワークにおけるデータ属性ごとの観測粒度と残余電力を考慮したトポロジ構築について," 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2014)論文集, pages 1539-1546 2014年7月.
[31] 川上 朋也, 石 芳正, 義久 智樹, 寺西 裕一, "分散ハッシュを用いたP2P型センサデータストリーム配信システムにおける耐障害性向上法の評価," 情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア 分散 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2014)論文集, volume 2014, 1414-1420 2014年7月.
[32] 石 芳正, 川上 朋也, 義久 智樹, 寺西 裕一, "ホップ数を考慮したP2P型センサデータストリーム配信システムのPIAXテストベッドを用いた評価,," 情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア 分散 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2014)論文集, volume 2014, 1421-1427 2014年7月.
[33] 駒井 友香, Nguyen Duong Hong, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "時間依存道路ネットワークにおける各道路の最短移動時間に関するインデックスを用いたk 最近傍検索手法," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2014)シンポジウム論文集, pages 1166-1173 2014年7月.
[34] 佐々木 勇和, Wang-Chien Lee, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "位置依存Top-k検索のための効率的なインデックス構造の提案," 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS)論文集, pages 220-227 2013年12月.
[35] 大澤 純, 岩田 麻佑, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "こんてきすとモンスター:ユーザコンテキストを考慮した スマートフォン向けアプリケーション推薦システムの試作," 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2013), pages 130-135 2013年12月.
[36] 天方 大地, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "アドホックネットワークにおける多次元データTop-k検索手法," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS 2013), pages 212-219 2013年12月.
[37] 松尾 和哉, 後藤 啓介, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "密なモバイルセンサネットワークにおけるセンサデータの傍受を用いた効率的な境界線検出手法," 情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2013), pages 236-243 2013年12月.
[38] 横山 正浩, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "P2Pストリーミング環境における課金型マルチビットレート映像配信サービスのための再生途切れ時間短縮方式," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2013), pages 246-253 2013年12月.
[39] 石 芳正, 川上 朋也, 義久 智樹, 寺西 裕一, "ホップ数を考慮したP2P型センサデータストリーム配信システムの一実装," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2013), pages 124-129 2013年12月.
[40] 佐崎 悠, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "モバイルセンサデータの取得支援のためのデータの時空間分布可視化について," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2013)シンポジウム論文集, volume 2013, number 1, pages 278-285 2013年7月.
[41] 加藤 諒, 岩田 麻佑, 原 隆浩, 荒瀬 由紀, Xing Xie, 西尾 章治郎, "ダミーの広範囲な分散を考慮したユーザ位置曖昧化手法," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2013)シンポジウム論文集, volume 2013, number 1, pages 11-18 2013年7月.
[42] 吉村 武, 松尾 和哉, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "無線センサネットワークにおけるモバイルシンクへのデータ転送効率化のためのプッシュ型およびプル型接続状況共有手法の統合について," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2013)シンポジウム論文集, volume 2013, number 1, pages 1294-1301 2013年7月.
[43] 天方 大地, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "モバイルアドホックネットワークにおけるクラスタを用いたTop-k検索のためのルーティング手法," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2013)シンポジウム論文集, volume 2013, number 1, pages 561-568 2013年7月.
[44] 川上 朋也, 石 芳正, 義久 智樹, 寺西 裕一, "複数の異なる配信周期を扱うP2P型センサデータストリーム配信システムのための負荷均等化手法," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2013)シンポジウム論文集, volume 2013, number 1, pages 577-584 2013年7月.
[45] 津田 琢士, 駒井 友香, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "アドホックネットワークにおけるデータ差替え攻撃を考慮したTop-k検索手法および攻撃端末特定手法," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2013)シンポジウム論文集, volume 2013, number 1, pages 569-576 2013年7月.
[46] 石 芳正, 川上 朋也, 義久 智樹, 寺西 裕一, "解析処理・可視化処理を伴うP2P型センサデータストリーム配信機構の一実装," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2013)シンポジウム論文集, volume 2013, number 1, pages 2083-2087 2013年7月.
[47] 駒井 友香, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "アドホックネットワークにおけるデータの複製を考慮したk最近傍データ検索手法," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2013)シンポジウム論文集, volume 2013, number 1, pages 553-560 2013年7月.
[48] 後藤 佑介, 義久 智樹, 谷口 秀夫, 金澤 正憲, "没入型コンテンツの放送型配信における再生時間を考慮したスケジューリング手法," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2013)シンポジウム論文集, pages 1533-1539 2013年7月.
[49] 岩田 麻佑, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "子供によるWeb検索支援のための検索クエリに関する子供向けサブトピックの調査," 情報処理学会情報アクセスシンポジウム(IAS 2012), pages 23-30 2012年12月.
[50] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 荒牧 英治, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "WikipediaとFreebaseの知識を利用したテキストからの上位概念間の関係抽出," 第5回Webとデータベースに関するフォーラム, 2012年11月.
[51] 佐々木 勇和, Wang-Chien Lee, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "都市部のVANETにおけるビーコン制御を用いたルーティングプロトコル," 情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2012)論文集, volume 2012, number 4, pages 26-33 2012年10月.
[52] 加藤 諒, 岩田 麻佑, 原 隆浩, 鈴木 晃祥, 荒瀬 由紀, Xing Xie, 西尾 章治郎, "停止を伴うユーザの移動経路を考慮したダミーによる位置曖昧化手法," 情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2012)論文集, volume 2012, number 4, pages 210-218 2012年10月.
[53] 天方 大地, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "アドホックネットワークにおけるTop-k検索のためのルーティング手法の拡張," 情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS 2012)論文集, volume 2012, number 4, pages 9-16 2012年10月.
[54] 駒井 友香, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "アドホックネットワークにおけるk最近傍データ検索手法," 情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2012)論文集, volume 2012, number 4, pages 17-25 2012年10月.
[55] 川上 朋也, 義久 智樹, 石 芳正, 寺西 裕一, "収集周期の異なるセンサデータストリームのための通信負荷を考慮した配信手法," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS 2012), 136–143 2012年10月.
[56] 石 芳正, 川上 朋也, 義久 智樹, 寺西 裕一, "収集周期の異なるセンサデータストリームのための通信負荷を考慮した配信手法の一実装," 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS 2012)論文集, pages 121-123 2012年10月.
[57] 大澤 純, 岩田 麻祐, 小牧 大治郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "スマートフォンユーザのコンテキストと利用アプリケーションの関連性分析 ," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2012)シンポジウム論文集, volume 2012, number 1, pages 1855-1862 2012年7月.
[58] 天方 大地, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "アドホックネットワーク上の効率的なTop-k検索のためのルーティング手法," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2012)シンポジウム論文集, volume 2012, number 1, pages 1236-1244 2012年7月.
[59] 杉谷 卓哉, 白川 真澄, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "位置情報付きツイートの時空間的局所性の解析によるローカルイベント検出手法," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2012)シンポジウム論文集, volume 2012, number 1, pages 1704-1711 2012年7月.
[60] 松尾 和哉, 後藤 啓介, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "密なモバイルセンサネットワークにおける データ値の地理的分布を考慮したデータ収集方式," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2012)シンポジウム論文集, volume 2012, number 1, pages 2257-2265 2012年7月.
[61] 横山 正浩, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "P2Pストリーミング環境におけるモデル・動作分離型コンテンツの再生途切れ時間短縮のための分割データ受信方式," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2012)シンポジウム論文集, volume 2012, number 1, pages 1215-1222 2012年7月.
[62] 石 芳正, 川上 朋也, 義久 智樹, 寺西 裕一, 中内 清秀, 西永 望, "仮想化された広域センサーネットワークを構築可能とするプラットフォームの設計と実装," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2012)シンポジウム論文集, volume 2012, number 1, pages 2344-2350 2012年7月.
[63] 藤田 直生, 義久 智樹, 塚本 昌彦, "エネルギーオンデマンドを用いた階層型給電制御システムにおける利便性向上のための電力割当て手法," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2012)シンポジウム論文集, volume 2012, number 1, pages 1230-1235 2012年7月.
[64] 四之宮 潤, 石 芳正, 寺西 裕一, 春本 要, 西尾 章治郎, "広域大規模センサネットワークにおけるセンサ観測値可視化システムの提案," 情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2011), volume 2011, pages 130-133 2011年10月.
[65] 鈴木 晃祥, 岩田 麻佑, 荒瀬 由紀, 原 隆浩, Xing Xie, 西尾 章治郎, "ダミーを用いた位置曖昧化手法の評価," 情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2011), volume 2011, pages 194-199 2011年10月.
[66] 四之宮 潤, 寺西 裕一, 春本 要, 竹内 亨, 西尾 章治郎, "階層化ドロネー オーバレイネットワークにおけるシステムの制約設定に基づくセンサ観測値収集手法の検討," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2011)シンポジウム論文集, volume 2011, number 1, pages 787-796 2011年7月.
[67] 山本 彩奈, 近藤 真也, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "無線センサネットワークにおけるモバイルシンクとの接続状況に基づくデータ転送先の決定法について," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2011)シンポジウム論文集, volume 2011, number 1, pages 878-885 2011年7月.
[68] 嶋谷 健太郎, 間下 以大, 宮本 大樹, 岩田 麻佑, 原 隆浩, 清川 清, 竹村 治雄, 西尾 章治郎, "スマートフォンを用いたコンテンツ検索支援のためのモバイルコンテキスト認識," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2011)シンポジウム論文集, volume 2011, number 1, pages 1552-1559 2011年7月.
[69] 清野 航, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "移動型ノードを用いたセンサデータ収集における予測値配信による通信量削減手法," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2011)シンポジウム論文集, volume 2011, number 1, pages 1175-1182 2011年7月.
[70] 澤村 雄介, 寺西 裕一, 竹内 亨, 春本 要,西尾 章治郎, "遅延耐性ネットワークにおける安定リンクの推定と維持に基づくブロードキャスト効率化手法," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2011)シンポジウム論文集, volume 2011, number 1, pages 1121-1129 2011年7月.
[71] 濱口 雄人, 義久 智樹, 石 芳正,寺西 裕一, 原 隆浩, 西尾 章治郎, " 複数拠点統合型センサネットワークにおけるデータ収集用モバイルエージェントの開発支援システム," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2011)シンポジウム論文集, volume 2011, number 1, pages 1690-1697 2011年7月.
[72] 義久 智樹, 西尾 章治郎, "放送通信融合環境における映像再生端末数を考慮した放送スケジュール作成手法," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2011)シンポジウム論文集, volume 2011, number 1, pages 414-421 2011年7月.
[73] 藤井 俊充, 加治 充, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "アドホックネットワーク上の周辺情報配布における情報受信による経路変更を考慮したフラッディング制御について," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2011)シンポジウム論文集, volume 2011, number 1, pages 271-278 2011年7月.
[74] 近藤 真也, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "無線センサネットワークの省電力化手法における取得精度向上のための空間的相関性に基づくスリープ制御について," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2011)シンポジウム論文集, volume 2011, number 1, pages 501-508 2011年7月.
[75] 宮本 大樹, 小牧 大治郎, 原 隆浩, 嶋谷 健太郎, 間下 以大, 清川 清, 上向 俊晃, 西尾 章治郎, 竹村 治雄, "モバイルユーザの状況を考慮した候補提示型コンテンツ検索支援システム," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2011)シンポジウム論文集, pages 1545-1551 2011年7月.
[76] 岩田 麻佑, 原 隆浩, 嶋谷 健太郎, 間下 以大, 清川 清, 西尾 章治郎, 竹村 治雄, "モバイルユーザの状況を考慮した位置依存コンテンツ検索支援システム," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2011)シンポジウム論文集, pages 1537-1544 2011年7月.
[77] 足利 えりか, 岩田 麻佑, 小牧 大治郎, 原 隆浩, 上向 俊晃, 西尾 章治郎, "複数の携帯端末を用いた協調作業における地図操作に関する一考察," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2011)シンポジウム論文集, pages 587-594 2011年7月.
[78] 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "アドホックネットワークにおけるデータの複製配置を考慮したTop-k検索手法," 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2010)論文集, volume 2010, number 10, pages 1-6 2010年10月.
[79] 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "アドホックネットワークにおけるデータ数と値を考慮したTop-k検索," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2010)シンポジウム論文集, volume 2010, number 1, pages 1121-1128 2010年7月.
[80] 四之宮 潤, 寺西 裕一, 春本 要, 竹内 亨, 西尾 章治郎, "階層化ドロネーオーバレイネットワークを用いた空間補間のためのセンサ観測値収集手法," 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2010)論文集, volume 2010, number 1, pages 761-768 2010年7月.
[81] 小林 由依, 渡辺 俊貴, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "P2P ネットワークにおけるクエリの発生特性を用いた動的なクラスタリング手法," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2010)シンポジウム論文集, volume 2010, number 1, pages 2001-2008 2010年7月.
[82] 岩田 麻佑, 荒瀬 由紀, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Webページの構成と文章に着目したWeb検索結果の子供向けリランク手法," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2010)シンポジウム論文集, volume 2010, number 1, pages 1365-1372 2010年7月.
[83] 後藤 佑介, 義久 智樹, 谷口 秀夫, 金澤 正憲, "放送通信融合環境における再生中断時間短縮のための端末数を考慮したデータ配信手法," 情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム (DICOMO2010) 論文集, volume 2010, number 1, pages 1652-1659 2010年7月.
[84] 清野 航, 坂下 卓, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "移動型ノードを用いたセンサデータ収集におけるデータ収集量向上のための通信方式," 情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム (DICOMO2010) 論文集, volume 2010, number 1, pages 1790-1797 2010年7月.
[85] 義久 智樹, 清野 航, 西尾 章治郎, "ユビキタスセンサ環境における移動型端末によるデータ収集のための送信可能データ量を考慮したファイル送信方式," 情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム (DICOMO2010) 論文集, volume 2010, number 1, pages 2096-2103 2010年7月.
[86] 藤井 俊充, 加治 充, 佐々木 勇和, 萩原 亮, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "アドホックネットワークにおける周辺情報配布のためのack-carry方式を用いたフラッディング制御について," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2010)シンポジウム論文集, volume 2010, number 1, pages 1114-1120 2010年7月.
[87] 鈴木 晃祥, 岩田 麻佑,荒瀬 由紀,原 隆浩, 西尾 章治郎, "位置情報サービスにおける実環境を考慮したユーザ位置曖昧化," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2010)シンポジウム論文集, volume 2010, number 1, pages 1434-1441 2010年7月.
[88] 近藤 真也, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "無線センサネットワークにおけるスリープ制御と空間補間を用いたデータ収集について," 情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム (DICOMO2010) 論文集, pages 551-558 2010年7月.
国内研究会
[1] 阿部 隼, 白川 真澄, 原 隆浩, 池田 和史, 帆足 啓一郎, "ユーザのツイート履歴に含まれる単語の出現傾向を用いた ライフイベント予測モデルの構築," 第8回ソーシャルコンピューティングシンポジウム(SoC2017), 2017年6月.
[2] 中山 侑紀, 天方 大地, 原 隆浩, "不確実データベースにおけるMaxRSクエリ処理手法," 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2017), 2017年3月.
[3] 川上 慶士, 原 隆浩, 前川 卓也, 石塚 宏紀, Xing Xie, "高度なコンテキスト情報を活用したユーザの利用アプリケーションの推定," 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2017), 2017年3月.
[4] 横山 正浩, 原 隆浩, "モバイルセンサデータベースにおける階層的クラスタリングを用いたTop-k検索結果の多様化について," 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2017), 2017年3月.
[5] 高 博奇, 天方 大地, 前川 卓也, 原 隆浩, "モバイルアドホックネットワークにおける機械学習を用いた攻撃端末特定手法," 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2017), 2017年3月.
[6] 天方大地, 原隆浩, "複数ストリーム環境におけるTop-k共起パターンマイニング," 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2017), 2017年3月.
[7] 西尾 俊哉, 天方 大地, 原 隆浩, "スライディングウィンドウ上での位置・キーワード・ソーシャル関係に基づくTop-kパブリッシュ/サブスクライブ," 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2017), 2017年2月.
[8] 金子 雄, 伊藤 俊夫, 原 隆浩, "仮想化された機器監視アプリケーションの計測時刻の誤差推定手法," 情報処理学会研究報告. DPS, [マルチメディア通信と分散処理], volume 2017, number 11, pages 001-008 2017年.
[9] Korpela Joseph and Maekawa Takuya, "スマートフォン音声データを用いた歯磨き行動評価のためのニューラルネットワーク構造の検討," 情報処理学会 第81回モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム研究会, December 2016.
[10] 鮫島 正樹, 前川 卓也, 菅原 貴徳, 西沢 文吾, 綿貫 豊, Yong Lindsay, 依田 憲, "省電力ロガー実現のための生物の行動認識に関する検討," 第12回バイオロギングシンポジウム, 2016年12月.
[11] 玉木 徹, 竹内 一郎, 前川 卓也, 依田 憲, "一人称鳥視点映像解析の試み," 情報処理学会研究報告(コンピュータビジョンとイメージメディア研究会), volume 2016-CVIM-203, number 47, pages 1-4 2016年9月.
[12] 梅津 佑太, 中川 和也, 井上 茂乗, 津田 宏治, 杉山 麿人, 前川 卓也, 玉木 徹, 依田 憲, 竹内 一郎, "時系列データの変化点検出におけるSelective Inference," 第26回 情報論的学習理論と機械学習研究会, 2016年9月.
[13] 尾原 和也, 中井 大輔, 前川 卓也, 浪岡 保男, "ウェアラブルセンサを用いた教師なしライン作業分析に関する検討," 電気学会第67回情報システム研究会, 2016年8月.
[14] Joseph Korpela and Takuya Maekawa, " Initial Investigation of Visual Marker Design for Activity Recognition Using Near-Infrared Images," 情報処理学会研究報告(ユビキタスコンピューティングシステム研究会), volume 2016-UBI-50, number 5, pages 1-3 May 2016.
[15] 久賀 稜平, 前川 卓也, 松下 康之, "一人称視点映像を用いたWeb上の知識に基づく環境非依存な行動認識手法の提案," 情報処理学会研究報告(ユビキタスコンピューティングシステム研究会), volume 2016-UBI-50, number 12, pages 1-6 2016年5月.
[16] 尾原和也, 前川 卓也, 松下 康之, "Wi-Fiチャネル状態情報を用いた屋内日常物の状態変化の検知に関する検討," 情報処理学会研究報告(ユビキタスコンピューティングシステム研究会), volume 2016-UBI-50, number 11, pages 1-5 2016年5月.
[17] 立川雅也, 前川 卓也, 松下 康之, "スマートフォンセンサを用いた学習環境への過剰適合を考慮した屋内位置セマンティクス推定手法," 情報処理学会研究報告(ユビキタスコンピューティングシステム研究会), volume 2016-UBI-50, number 10, pages 1-6 2016年5月.
[18] 山藤 浩明, 前川 卓也, 松下 康之, "赤外光の再帰性反射を用いたデバイスフリー屋内位置推定のための単眼カメラによる複数人物追跡," 情報処理学会研究報告(ユビキタスコンピューティングシステム研究会), 2016年5月.
[19] 清水 育, 前川 卓也, 松下 康之, "ヘッドセットマイクを用いた呼吸法自動判定手法の検討," 電気学会第66回情報システム研究会, 2016年5月.
[20] 立川 雅也, 前川 卓也, 松下 康之, "パッシブセンシングとアクティブセンシングを組み合わせた屋内位置セマンティクス推定手法の検討," 電気学会第66回情報システム研究会, 2016年5月.
[21] Ei Khaing Win, Tomoya Kawakami, Yoshimasa Ishi, Tomoki Yoshihisa, Yuuichi Teranishi, and Shinji Shimojo, "An Examination of a Secure Multicast Scheme Based on User-Centric Ibe," 情報処理学会研究報告 (マルチメディア通信と分散処理研究会), volume 2016-CSEC-72, number 31, pages 1-7 February 2016.
[22] 石 芳正, 川上 朋也, 義久 智樹, 寺西 裕一 , "コンシステントハッシュ法を用いた複数センサデータストリーム配信システムのPIAXテストベッドを用いた評価," 情報処理学会研究報告 (マルチメディア通信と分散処理研究会), volume 2016-CSEC-72, number 13, pages 1-8 2016年2月.
[23] Kamalas Udomlamlert, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Reducing Expenses of Sensor-Cloud Services for Dynamic Skyline Monitoring," 第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016), February 2016.
[24] 中山 侑紀, 天方 大地, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "アドホックネットワークにおける2フェーズMaxRS検索手法," 第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016), 2016年2月.
[25] 中村 達哉, 渡辺 美紀, Thammasan Nattapong, 浦井 健次, 冨永 登夢, 中村 泰, 細田 一史, 原 隆浩, "協調Web検索におけるグループ意思決定ダイナミクスの調査," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2016), 2016年2月.
[26] 天方 大地, 原 隆浩, "分散ストリーム環境における多様性を考慮したデータモニタリング," 第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016), 2016年2月.
[27] 宮内 天士, 白川 真澄, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "高精度なツイート投稿位置の推定に有効なルールの抽出," 第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016), 2016年2月.
[28] 川上 朋也, 石 芳正, 義久 智樹, 寺西 裕一, "ライブ放送のための映像処理システムにおける負荷分散方式の設計と実装," 第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016), 2016年2月.
[29] 後藤佑介, 義久智樹, "放送通信融合環境における帯域幅を考慮したスケジューリング手法," 第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016), 2016年2月.
[30] 松岡 紀行, 中村 達哉, 白川 真澄, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Twitterユーザの関心の表現に適したデータ構造の検証," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2016), 2016年2月.
[31] 水野 聖也, 原 隆浩, Xing Xie, "ユーザの嗜好の保存度合いを考慮した位置プライバシ保護のためのダミー生成手法とその評価," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2016), 2016年2月.
[32] 田口 直弥, 天方 大地, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "距離・キーワード・ソーシャル関係に基づくスカイライン検索," 第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016), 2016年2月.
[33] 白川 真澄, 原 隆浩, "ウェーブレット木を用いたN-gram IDFの近似計算手法," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2016), 2016年2月.
[34] 西尾 俊哉, 天方 大地, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "位置,キーワードおよびソーシャル関係に基づくTop-kパブリッシュ/サブスクライブ," 第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016), 2016年2月.
[35] 駒井 友香, 原 隆浩, "アドホックネットワークにおける凸包領域の継続的な検索手法," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2016), 2016年2月.
[36] 伊藤 晟, 鮫島 正樹, 前川 卓也, 松下 康之, "GPSシグナルを利用した疎なGoogle Street View画像列の時間軸補間," 情報処理学会研究報告(コンピュータビジョンとイメージメディア研究会), volume 2016-CVIM-200, number 40, pages 1-7 2016年1月.
[37] 山藤 浩明, 前川 卓也, 松下 康之, "赤外線カメラと再帰性反射マーカを用いたプライバシに配慮した屋内位置推定に関する検討," 情報処理学会研究報告(コンピュータビジョンとイメージメディア研究会), volume 2016-CVIM-200, number 4, pages 1-8 2016年1月.
[38] 久賀 稜平, 前川 卓也, 松下 康之, "Web上の知識を用いた1人称視点映像におけるオブジェクトの利用を伴う行動の認識に関する検討," 情報処理学会研究報告(コンピュータビジョンとイメージメディア研究会), volume 2016-CVIM-200, number 1, pages 1-8 2016年1月.
[39] 水野 聖也, 原 隆浩, Xing Xie, "位置プライバシ保護のための嗜好の保存度合いを考慮したダミー生成手法の検討," 情報処理学会研究報告(マルチメディア通信と分散処理研究会), volume 2015-DPS-165, number 6, pages 1-7 2015年12月.
[40] 小路 直紀, 松尾 和哉, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "無線センサネットワークにおけるセンサ端末の故障とスリープ制御を考慮した局所的なトポロジメンテナンスについて," 情報処理学会研究報告 (マルチメディア通信と分散処理研究会), volume 2015-DPS-165, number 18, pages 1-8 2015年12月.
[41] 義久 智樹, 川上 朋也, 石 芳正, 寺西 裕一, "ライブ放送のための分散型映像処理システムの設計と評価," 情報処理学会研究報告(デジタルコンテンツクリエーション研究会), volume 2015-DCC-11, number 9, pages 1-7 2015年11月.
[42] 松尾 和哉, 吉村 武, 神崎 映光, 西尾 章治郎, "複数シンクを活用した効率的なセンサデータ収集のためのアドホックネットワーク構築手法," 電気学会研究会資料, volume IS-15-61, pages 65-70 2015年11月.
[43] 中村 達哉, 白川 真澄, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "ソーシャルメディアからの言語横断的な話題抽出に向けたエンティティリンキング手法," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2015), 2015年3月.
[44] 佐崎 悠, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "時空間的なデータ分布とその変化を考慮したモバイルセンサデータの検索支援機構について," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2015) , 2015年3月.
[45] 加藤 諒, 原 隆浩, Xing Xie, 岩田 麻佑, 西尾 章治郎, "ユーザの行動プランの変更を考慮したダミーによるユーザ位置曖昧化手法," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2015) , 2015年3月.
[46] 川住 涼, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "複数拠点統合型センサネットワークにおけるセンシング時刻の分布を考慮した時空間インデックス構築手法," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2015) , 2015年3月.
[47] 松尾 和哉, 後藤 啓介, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "密なモバイルセンサネットワークにおける観測値の時間的変化を用いた定期的な境界線検出手法," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2015), 2015年3月.
[48] 津田 琢士, 駒井 友香, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "アドホックネットワーク上のTop-k検索における攻撃端末検出のための認証子付き通知メッセージ作成手法," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2015), 2015年3月.
[49] 白川 真澄, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "コルモゴロフ複雑性に基づくIDFの単語N-gramへの適用," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2015), 2015年3月.
[50] 川上 朋也, 義久 智樹, 柳沢 豊, 塚本 昌彦, "格子状ネットワークにおけるReteアルゴリズムのルール処理順序決定手法の検討," 電子情報通信学会技術研究報告(インターネットアーキテクチャ研究会 IA2014-12), volume 114, number 374, pages 1-6 2014年12月.
[51] 中村 達哉, 白川 真澄, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Wikipediaを用いたソーシャルメディアからの言語横断的な話題抽出システムの試作," 情報処理学会研究報告(データベースシステム研究会), volume 2014-DBS-160, number 11, pages 1-9 2014年11月.
[52] 白川 真澄, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "情報距離に基づく単語N-gramの大域的重み付け手法," NLP若手の会 (YANS) 第9回シンポジウム, 2014年9月.
[53] 川住 涼, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "複数拠点統合型センサネットワークにおけるセンシング情報を考慮した時空間インデックス構築手法," 情報処理学会研究報告(情報基礎とアクセス技術研究会), volume 2014-IFAT-115, number 6, pages 1-6 2014年8月.
[54] 松岡 紀行, 白川 真澄, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Wikipediaによる語彙拡張と指数減衰モデルを用いたTwitterユーザの動的な関心抽出," 電子情報通信学会研究報告 (データ工学研究会 DE2014-14), volume 114, number 101, pages 55-60 2014年6月.
[55] 水野 聖也, 大澤 純, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "保有アプリケーションとその説明文中の単語を用いたユーザの嗜好表現手法の提案," 電子情報通信学会研究報告(データ工学研究会 DE2014-10), volume 114, number 101, pages 33-38 2014年6月.
[56] 川上 朋也, 石 芳正, 義久 智樹, 寺西 裕一, "分散ハッシュを用いたP2P型センサデータストリーム配信システムにおける耐障害性向上法の検討," 情報処理学会研究報告 (マルチメディア通信と分散処理研究会), volume 2014-DPS-158, number 3, pages 1-7 2014年3月.
[57] 大澤 純, 岩田 麻佑, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "スマートフォンユーザのコンテキストと利用アプリケーションの関連性調査," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2014), 2014年3月.
[58] 川住 涼, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "複数拠点統合型センサネットワークにおけるモバイルセンサデータの空間インデックスの構築手法," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2014), 2014年3月.
[59] 本田 博之, 岩田 麻佑, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "ユーザの検索行動に基づく嗜好推定を用いた複数人でのWeb検索における意見集約支援システムの提案," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2014), 2014年3月.
[60] 津田 琢士, 駒井 友香, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "アドホックネットワーク上のTop-k検索における端末のグルーピングを用いたデータ差替え攻撃端末の特定手法," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2014), 2014年3月.
[61] 白川 真澄, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Twitter上での多言語ジャーナリズムの実現に向けたシステムの試作," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2014), 2014年3月.
[62] 真嶋 温佳, 白川 真澄, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "YAGOを用いた拡張固有表現抽出における新出語のクラス推定精度の検証," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2014), 2014年3月.
[63] 川上 朋也, 石 芳正, 義久 智樹, 寺西 裕一, "P2P型センサデータストリーム配信システムにおける分散ハッシュを用いた負荷均等化手法の一考察," 電子情報通信学会技術研究報告(インターネットアーキテクチャ研究会 IA2013-12), volume 113, number 364, pages 29-34 2013年12月.
[64] 杉谷 卓哉, 白川 真澄, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "教師あり機械学習を用いたツイート投稿時のユーザ位置推定手法," 情報処理学会研究報告(データベースシステム研究会), volume 2013-DBS-158, number 26, pages 1-8 2013年11月.
[65] 川上 朋也, 義久 智樹, 藤田 直生, 塚本昌彦, "Reteアルゴリズムを用いた家庭内エネルギー管理システムの複数スマートタップによる実装," 情報処理学会研究報告(マルチメディア通信と分散処理研究会 2013-DPS-156), pages 1-6 2013年9月.
[66] 石 芳正, 川上 朋也, 義久 智樹, 寺西 裕一, "ホップ数を考慮した P2P 型センサデータストリーム配信システムの配信遅延に関する評価," 情報処理学会研究報告(マルチメディア通信と分散処理研究会 2013-DPS-156), pages 1-7 2013年9月.
[67] 後藤 啓介, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "密なモバイルセンサネットワークにおける複数シンクを考慮したデータ収集方式について," 電子情報通信学会研究報告 (データ工学研究会 DE2013-7), volume 113, number 150, pages 19-24 2013年7月.
[68] 川上 朋也, 石 芳正, 義久 智樹, 寺西 裕一, "P2P型センサデータストリーム配信システムにおけるホップ数を考慮した負荷均等化手法," 電子情報通信学会技術研究報告(情報ネットワーク研究会 IN2013-39), volume 113, number 140, pages 19-24 2013年7月.
[69] 川上 朋也, 石 芳正, 義久 智樹, 寺西 裕一, "複数配信元によるP2P型センサデータストリーム配信システムにおける負荷均等化手法の評価," 電子情報通信学会技術研究報告(インターネットアーキテクチャ研究会 IA2013-11), volume 113, number 94, pages 61-66 2013年6月.
[70] 中村 達哉, 白川 真澄, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Wikipediaの記事を素性としたベクトルによる短文間の言語非依存な関連度計算手法," 電子情報通信学会研究報告 (データ工学研究会 DE2013-6), volume 113, number 105, pages 53-58 2013年6月.
[71] 梅澤 真弘, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "放送通信融合型ストリーミング配信環境における放送スケジュールへの分割データ複数割当てによる再生途切れ時間短縮手法," 情報処理学会研究報告 (システム評価研究会), volume 2013-EVA-40, number 4, pages 1-8 2013年3月.
[72] 嶋谷 健太郎, 間下 以大, 原 隆浩, 清川 清, 竹村 治雄, 西尾 章治郎, "スマートフォン利用者のコンテキストログを用いたアプリケーション推薦システム," 情報処理学会研究報告(ユビキタスコンピューティング研究会), volume 2013-UBI-37, number 17, pages 1-8 2013年3月.
[73] 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "モバイルアドホックネットワークにおけるTop-k検索のための複製配置およびメッセージ処理手法," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2013) , 2013年3月.
[74] 大澤 純, 岩田 麻佑, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "ユーザコンテキストと利用アプリケーションの関連性調査のためのゲームを用いたアプリケーション利用ログ収集システム," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2013) , 2013年3月.
[75] 岩田 麻佑, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Web検索クエリに関する子供向けサブトピックランキング手法の検討," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2013) , 2013年3月.
[76] 本田 博之, 岩田 麻佑, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "ユーザの検索行動に基づく嗜好推定を用いた複数人Web検索における意見集約支援システムの検討," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2013) , 2013年3月.
[77] 澤村 雄介, 寺西 裕一, 春本 要, 西尾 章治郎, "DTN ブロードキャストにおける配布遅延削減のためのメッセージ送信順スケジューリング手法に関する一考察," 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2013), 2013年3月.
[78] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 荒牧 英治, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "WikipediaとWordNetを用いたテラバイト級Webコーパスからのクラス間関係抽出," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2013) , 2013年3月.
[79] 石 芳正, 川上 朋也, 義久 智樹, 寺西 裕一, "収集周期の異なるセンサデータストリームのためのP2P型配信システム," 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2013)論文集, 2013年3月.
[80] 川上 朋也, 石 芳正, 義久 智樹, 寺西 裕一, "収集周期からの負荷推定に基づくセンサデータストリーム配信手法," 電子情報通信学会技術研究報告(ネットワークシステム研究会 NS2012-118), volume 112, number 350, pages 7-12 2012年12月.
[81] 梅澤 真弘, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "放送通信融合型ストリーミング配信環境における再生途切れ時間短縮のための動的なスケジューリング手法," 電子情報通信学会技術研究報告(インターネットアーキテクチャ研究会 IA2012-52), volume 112, number 302, pages 1-6 2012年11月.
[82] 松尾 和哉, 後藤 啓介, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "モバイルセンサネットワーク上のエージェントを用いた データ収集における欠損データ再収集方式," 情報処理学会研究報告(マルチメディア通信と分散処理研究会), volume 2012-DPS-153, number 2, pages 1-8 2012年11月.
[83] 山本 彩奈, 岩田 麻佑, 原 隆浩, 荒瀬 由紀, Xing Xie, 西尾 章治郎, "車両トレースデータを用いたダミー生成による位置プライバシ保護手法," 情報処理学会研究報告(マルチメディア通信と分散処理研究会), volume 2012-DPS-153, number 12, pages 1-6 2012年11月.
[84] 義久 智樹, "デジタルコンテンツ配信における再生中断制御に関する一考察," 情報処理学会研究報告(デジタルコンテンツクリエーション研究会), volume 2012-DCC-1, number 14, pages 1-6 2012年5月.
[85] 義久 智樹, 西尾 章治郎, "放送通信融合環境における映像再生端末の受信状況を用いた放送データ決定手法," 情報処理学会研究報告 (システム評価研究会), volume 2011-EVA-37, number 2, pages 1-6 2012年3月.
[86] 後藤 啓介, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "密なモバイルセンサネットワークにおける複数シンクのデータ収集条件を考慮したエージェント制御方式," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2012) , 2012年3月.
[87] 白川 真澄, Haixun Wang, Yangqiu Song, Zhongyuan Wang, 中山 浩太郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "ナイーブベイズの拡張による確率的概念辞書を用いた固有表現のクラス推定," 言語処理学会第18回年次大会 (NLP2012), 2012年3月.
[88] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Wikipediaとナイーブベイズを用いた自然文に対する関連語句取得手法," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2012) , 2012年3月.
[89] 義久 智樹, 西尾 章治郎, "スマートフォンを用いたセンサデータ処理収集のためのフレームワーク," 第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2012) 論文集, 2012年3月.
[90] 足利 えりか, 小牧 大治郎, 原 隆浩, 服部 元, 西尾 章治郎, "協調地図アプリケーションにおける携帯端末の種類による地図操作の違いに関する調査," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2012) , 2012年3月.
[91] 駒井 友香, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "アドホックネットワークにおける端末の疎密を考慮したk最近傍端末の検索手法," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2012) , 2012年3月.
[92] 四之宮 潤, 寺西 裕一, 春本 要, 西尾 章治郎, "階層化ドロネーオーバレイネットワークにおけるシステム制約と特徴点の粒度に基づくセンサ観測値収集手法," 情報処理学会研究報告(マルチメディア通信と分散処理研究会), volume 2012-DPS-150, number 48, pages 1-8 2012年2月.
[93] 近藤 真也, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "無線センサネットワークにおけるデータの空間的・時間的特性の変化を考慮した通信量削減手法," 情報処理学会研究報告(マルチメディア通信と分散処理研究会), volume 2012-DPS-150, number 2, pages 1-8 2012年2月.
[94] 藤井 俊充, 加治 充, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "疎なアドホックネットワークにおける固定端末を用いたフラッディング制御について," 情報処理学会研究報告(マルチメディア通信と分散処理研究会), volume 2012-DPS-150, number 15, pages 1-8 2012年2月.
[95] 寺西 裕一, 中内 清秀, 西永 望, 石 芳正, 川上 朋也, 濱口 雄人, 義久 智樹, 西尾 章治郎, "大規模かつ柔軟なセンサー共有を実現する 仮想統合センサーネットワーク," 情報処理学会研究報告(マルチメディア通信と分散処理研究会), volume 2012-CSEC-56, number 1, pages 1-8 2012年2月.
[96] 義久 智樹, 佐野 渉二, 藤田 直生, 塚本 昌彦, "家庭内EoDを用いた電力機器管理システムのための制御ルール変換方式," 情報処理学会研究報告 (グループウェアとネットワークサービス研究会 2011-GN-82・コンシューマデバイスシステムス研究会 2011-CDS-3・放送コンピューティング研究グループ 2011-Bccgr-28 合同研究会), pages 1-8 2012年1月.
[97] 小牧 大治郎, 原 隆浩, 服部 元, 西尾 章治郎, "モバイル協調Web検索のための情報共有機能の検討," 電子情報通信学会研究報告(データ工学研究会DE2011-12), volume 111, number 361, pages 7-12 2011年12月.
[98] 義久 智樹, 西尾 章治郎, "放送通信融合環境における映像データ受信待ち時間を考慮したストリーミング配信手法," 情報処理学会研究報告 (モバイルコンピューティングとユビキタスシステム研究会), volume 2011-MBL-60, number 11, pages 1-8 2011年11月.
[99] 濱口 雄人, 義久 智樹, 寺西 裕一, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "複数拠点統合型センサネットワークにおける収集データ記述方式の設計と実装," 情報処理学会研究報告(データベースシステム研究会), volume 2011-DBS-153, number 10, pages 1-8 2011年11月.
[100] 後藤 啓介, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "密なモバイルセンサネットワークにおけるエージェントを用いたデータ収集のためのエージェント再配置方式について ," 電子情報通信学会研究報告 (データ工学研究会 DE2011-8), volume 111, number 173, pages 7-12 2011年8月.
[101] 梅澤 真弘, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "放送通信融合型ストリーミング配信環境におけるデータの細分割による再生途切れ時間短縮手法," 電子情報通信学会研究報告 (データ工学研究会 DE2011-8), volume 111, number 173, pages 67-72 2011年8月.
[102] 近藤 真也, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "無線センサネットワークにおける空間的および時間的相関性に基づく通信量削減とスリープ制御の統合について," 電子情報通信学会研究報告 (データ工学研究会 DE2011-8), volume 111, number 173, pages 1-6 2011年8月.
[103] 義久 智樹, 高橋 真喜人, 藤田 直生, 塚本 昌彦, "マルチ電源環境におけるルールを用いた電力管理システム," システム制御情報学会研究発表講演会, 2011年5月.
[104] 谷口 義明, 神崎 映光, 若宮 直紀, 原 隆浩, "データ補間に基づく通信量削減手法を組み込んだ進行波型センサ情報に収集手法," 情報処理学会研究報告(マルチメディア通信と分散処理研究会), volume 2011-DPS-146, number 39, pages 1-7 2011年3月.
[105] 寺西 裕一, 秋山 豊和, 岡村 真吾, 竹内 亨, 武本 充治, 野本 義弘, "仮想化オーバレイネットワーク機構の設計," 情報処理学会研究報告(マルチメディア通信と分散処理), volume 2011-DPS-146, number 28, pages 1-6 2011年3月.
[106] 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "アドホックネットワークにおける2フェーズTop-k検索手法," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2011), 2011年3月.
[107] 駒井 友香, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "アドホックネットワークにおけるk 最近傍端末の検索手法," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2011), 2011年3月.
[108] 小坂 佳弘, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "ユビキタスセンサ環境におけるセンシング周期および位置情報に基づくオーバレイネットワークの構築," 第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2011), 2011年2月.
[109] 後藤 啓介, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "密なモバイルセンサネットワークにおけるエージェントを用いたデータ収集方式の性能評価," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2011), 2011年2月.
[110] 梅澤 真弘, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "放送通信融合型ストリーミング配信環境における受信データ予測による再生途切れ時間短縮手法," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2011), 2011年2月.
[111] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "複数語句から構成されるコンテキストを考慮した連想関係の抽出," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2011), 2011年2月.
[112] 白木 徹, 寺西 裕一, 春本 要, 竹内 亨, 西尾 章治郎, "P2Pネットワークにおける属性条件合致ピアの概数を推定可能なピア検索手法の検討," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2011), 2011年2月.
[113] 後藤 佑介, 義久 智樹, 谷口 秀夫, 金澤 正憲, "没入型コンテンツの放送型配信における再生途切れ時間短縮のためのスケジューリング手法," 情報処理学会研究報告 (グループウェアとネットワークサービス研究会 2010-GN-78・放送コンピューティング研究グループ 2010-Bccgr-25 合同研究会), volume 2011-GN-78, number 19, pages 1-8 2011年1月.
[114] 松尾 健司, 松浦 知史, 竹内 亨, 寺西 裕一, 藤川 和利, 砂原 秀樹, "DTN環境を考慮した高密度センサネットワークに対するセンサデータ抽出手法の提案," 電子情報通信学会技術研究報告(インターネットアーキテクチャ研究会 IA2010-59), volume 110, number 349, pp. 7-12 2010年12月.
[115] Maike Erdmann, Kotaro Nakayama, Takahiro Hara, and Shojiro Nisio, "Bilingual Terminology Extraction from Wikipedia Combined with Web Search Engine Results," 電子情報通信学会技術研究報告(データ工学研究会 DE2010-26), volume 110, number 328, pages 1-6 December 2010.
[116] 伊藤 雅弘, 中山 浩太郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Wikipediaの多様な特徴を利用した概念間関連度と有用な特徴の調査," 電子情報通信学会技術研究報告(データ工学研究会 DE2010-26), volume 110, number 328, pages 7-12 2010年12月.
[117] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 荒牧 英治, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "格フレームを考慮したWeb検索スニペット解析による動作関係抽出," 情報処理学会研究報告(データベースシステム研究会), volume 2010-DBS-151, number 38, pages 1-7 2010年11月.
[118] 中野 雄介, 寺西 裕一, 西尾 章治郎, "Webラッパのアグリゲーションサービスへの適用と評価," 情報処理学会研究報告(マルチメディア通信と分散処理研究会), volume 2010-DPS-145, number 240, pp. 1-7 2010年11月.
[119] 後藤 佑介, 義久 智樹, 谷口 秀夫, 金澤 正憲, "近距離放送型配信における待ち時間短縮のためのスケジューリング手法," 情報処理学会研究報告(モバイルコンピューティングとユビキタス通信 2010-MBL-56・高度交通システム研究会 2010-ITS-43・放送コンピューティング研究グループ 2010-BCCgr-22 合同研究会), volume 2010-MBL-56, number 24, pp. 1-8 2010年11月.
[120] 坂下 卓, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "P2Pストリーミング環境における視聴中止端末数削減のための分割データ受信方式,," 情報処理学会研究報告(モバイルコンピューティングとユビキタス通信 2010-MBL-56・高度交通システム研究会 2010-ITS-43・放送コンピューティング研究グループ 2010-BCCgr-22 合同研究会) , 2010年11月.
[121] 寺西 裕一, "オーバレイネットワークサービスプラットホームの実現に向けて," 電子情報通信学会技術報告書(ネットワークシステム研究会 NS2010-83), volume 110, number 240, pp. 75-80 2010年10月.
[122] 小牧 大治郎, 原 隆浩, 服部 元, 滝嶋 康弘, 西尾 章治郎, "モバイル環境における情報要求と検索行為に関する調査," 電子情報通信学会 第18回Webインテリジェンスとインタラクション研究会, pp. 65-70 2010年9月.
[123] 石 芳正, 寺西 裕一, 吉田 幹, 竹内 亨, 下條 真司, "Range-Key Skip Graph による範囲検索可能な大規模分散キーバリューストアの実現," 情報処理学会研究報告, Vol. 2010-DPS-144,No 9, pp. 1-8 2010年9月.
[124] 後藤 佑介, 義久 智樹, 谷口 秀夫, 金澤 正憲, "選択型コンテンツの端末伝送型インターネット放送におけるクライアントの再接続を考慮したデータ配信手法," 情報処理学会研究報告(システム評価研究会), volume 2010-EVA-32, number 1, pages 1-8 2010年8月.
[125] 義久 智樹, 藤田 直生, 塚本 昌彦, "消費電力削減のためのルール制御型スマートタップを用い た家電機器管理システム," システム制御情報学会研究発表講演会, 2010年5月.
全国大会
[1] Takuya Obuchi, Tadashi Nakano, Yutaka Okaie, and Takahiro Hara, "Non-Diffusion-Based Molecular Communication Using Adhesive Molecules," 電子情報通信学会総合大会, March 2016.
[2] 川上 朋也, 義久 智樹, 後藤 佑介, "放送通信融合環境による次世代モバイルビデオオンデマンド配信システムの構築," 電子情報通信学会総合大会, page 547 2015年3月.
[3] 川上 朋也, 義久 智樹, 塚本 昌彦, "格子状ネットワークにおける Reteアルゴリズムの割り当て手法の検討," 情報処理学会関西支部大会, E-10, 2014年9月.
[4] 川上 朋也, 義久 智樹, 藤田 直生, 塚本 昌彦, "Reteアルゴリズムを用いた家庭内エネルギー管理システムの評価," 電子情報通信学会総合大会, S-165-166 2014年3月.
[5] 義久 智樹, 川上 朋也, 藤田 直生, 塚本 昌彦, "センサデータを活用したルール制御型エネルギーオンデマンドシステム," 電子情報通信学会総合大会, S-163-164 2014年3月.
[6] Kamalas Udomlamlert, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Continuous top-k Query Processing on Horizontally-Distributed Data," FIT2013 第12回情報科学技術フォーラム, pages 379-382 2013年9月.
[7] 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾章治郎, "モバイルアドホックネットワークにおけるTop-k検索のための位置情報を用いた複製配置手法," FIT2013 第12回情報科学技術フォーラム, pages 383-386 2013年9月.
[8] 川上 朋也, 義久 智樹, 藤田 直生, 塚本昌彦, "Reteアルゴリズムを用いた家庭内エネルギー管理システムにおける処理割り当て方式の検討," 情報処理学会関西支部大会, E-28 2013年9月.
[9] 寺西 裕一, 川上 朋也, 石 芳正, 義久 智樹, "異なる配信周期を扱う P2P 型センサデータストリーム配信システム," 情報処理学会第75回全国大会論文集, 1E-2 2013年3月.
[10] 川上 朋也, 義久 智樹, 石 芳正, 寺西 裕一, "通信負荷均等化のためのP2P型センサデータストリーム配信手法の評価," 情報処理学会第75回全国大会論文集, 1E-4 2013年3月.
[11] 松尾 和哉, 山本 淳, 倉沢 央, 佐藤 浩史, 西尾 章治郎, "参加型センシングのためのセンサ値の変化を維持可能な精度向上手法," 2013年電子情報通信学会 総合大会, 2013年3月.
[12] 石 芳正, 義久 智樹, 川上 朋也, 寺西 裕一, "P2P型センサデータストリーム配信システムにおける通信負荷の計測," 情報処理学会第75回全国大会論文集, 1E-5 2013年3月.
[13] 神崎 映光, 磯部 達郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "無線センサネットワークにおける電波到達特性の実測を用いたスニファ群の配置位置決定手法," 情報処理学会 第75回全国大会論文集, 3-47-3-48 2013年3月.
[14] 義久 智樹, 石 芳正, 川上 朋也, 寺西 裕一, "P2P型センサデータストリーム配信システムのための通信負荷モデル," 情報処理学会第75回全国大会論文集, 1E-3 2013年3月.
[15] 義久 智樹, 西尾 章治郎, "放送通信融合環境におけるカルーセル放送を利用したストリーミング配信手法," 情報処理学会第75回全国大会論文集, 2C-8 2013年3月.
[16] 義久 智樹, 寺西 裕一, "センサデータストリーム配信における通信負荷分散方式に関する一考察," 情報処理学会関西支部大会, 2012年9月.
[17] 義久 智樹, 藤田 直生, 塚本 昌彦, "家庭内EoD における制御ルール数削減のためのルール変換方式," 情報処理学会関西支部大会 , 2012年9月.
[18] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "ナイーブベイズによる文書分類のためのWikipediaカテゴリグラフ解析," 第26回人工知能学会全国大会, 2012年6月.
[19] 塚本 昌彦, 義久 智樹, 藤田 直生, "家庭内EoDのためのルール制御型ユビキタスシステムのフレームワーク," 情報処理学会関西支部大会 , 2011年9月.
[20] 高橋 真喜人, 義久 智樹, 藤田 直生, 塚本 昌彦, "蓄電池を効率的に利用するためのルール型給電機器管理システムの設計と実装," 情報処理学会関西支部大会, 2011年9月.
[21] 義久 智樹, 高橋 真喜人, 藤田 直生, 塚本 昌彦, "(BS-10-6)マルチ蓄電池環境におけるルールに基づく蓄電池管理システム," 電子情報通信学会総合大会, 2011年3月.
[22] 藤田 直生, 義久 智樹, 塚本 昌彦, "(BS-10-7)電力機器制御ルールによる家庭内電力割当手法に関する一考察," 電子情報通信学会総合大会, 2011年3月.
[23] 岩田 麻佑, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Webページに対する子供と大人の嗜好に関する調査," 平成22年度 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集, 2010年9月.
[24] 後藤 佑介, 義久 智樹, 谷口 秀夫, "早送り再生を考慮した選択型コンテンツの放送型配信におけるスケジューリング手法," 第9回情報科学技術フォーラム(FIT2010), pp. 375-378 2010年9月.
[25] 後藤 啓介, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "密なモバイルセンサネットワークにおけるエージェントを用いたデータ収集方式," 平成22年度 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集, 2010年9月.
[26] 伊藤 雅弘, 中山 浩太郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Web上の情報を用いたWikipedia記事の信頼性評価に関する検討," 第24回人工知能学会全国大会(JSAI 2010), CD-ROM 2010年6月.
著書/監修/編集/訳書
[1] Yutaka Okaie, Tadashi Nakano, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Target Detection and Tracking by Bionanosensor Networks (Book Series: Springer Briefs in Computer Science)," Springer-Verlag, September 2016.
[2] 土井 美和子[著],原 隆浩[コーディネーター], "ICT未来予想図 -自動運転,知能化都市,ロボット実装に向けて (共立スマートセレクション)," 共立出版, 2016年7月.
[3] Kazuya Matsuo, Keisuke Goto, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Data Aggregation and Forwarding Route Control for Efficient Data Gathering in Dense Mobile Wireless Sensor Networks," Modelling and Processing for Next Generation Big-Data Technologies (Book Series: Modelling and Optimization in Science and Technologies), Springer-Verlag, November 2014.
[4] Tomoki Yoshihisa, Yuto Hamaguchi, Yuichi Teranishi, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Sensor Data Aggregation System Using Mobile Agents," Distributed Networks: Intelligence, Security, and Applications (Chapter 2), CRC Press, Taylor and Francis, pages 39-66 July 2013.
[5] 原 隆浩, 水田 智史, 大川 剛直 (西尾 章治郎 監修), "アルゴリズムとデータ構造 (未来へつなぐデジタルシリーズ10)," 共立出版, 2012年6月.
[6] Trung Q. Duong, Lei Shu, Nguyen-Son Vo, Xu Du, Hans-Jurgen Zepernick, and Wenqing Cheng, "Replication Strategies for Video On-Demand Over Wireless Mesh Networks: a Cross-Layer Optimization Approach (Chapter 15)," Using Cross-Layer Techniques for Communication Systems, IGI Global, pages 349-375 April 2012.
[7] 西尾 章治郎, "1-2 アンビエント情報社会," ICガイドブック 未来を創る!半導体, 2012年3月.
[8] Guangjie Han, Wen Shen, Chuan Zhu, Lei Shu, and Joel J.P.C. Rodrigues, "RNST: Precise Localization Based on Trilateration for Indoor Sensor Networks (Chapter 11)," Advancements in Distributed Computing and Internet Technologies: Trends and Issues, pages 230-257 August 2011.
[9] Kai Lin, Lei Wang, Lei Shu, and AI-Sakib Khan Pathan, "Data Gathering with Multi-Attribute Fusion in Wireless Sensor Networks (Chapter 8)," Advancements in Distributed Computing and Internet Technologies: Trends and Issues, pages 159-181 August 2011.
[10] Yiying Zhang, Lin He, Lei Shu, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Security Issues on Outlier Detection and Countermeasure for Distributed Hierarchical Wireless Sensor Networks (Chapter 9)," Advancements in Distributed Computing and Internet Technologies, pages 182-210 August 2011.
[11] Akimitsu Kanzaki, Naoki Wakamiya, and Takahiro Hara, "Energy-Efficient Task Scheduling and Data Aggregation Techniques in Wireless Sensor Networks for Information Explosion Era," Book Chapter (Chapter II-1), Wireless Sensor Network Technologies for Information Explosion Era (Book Series: Studies in Computational Intelligence), Springer-Verlag, volume 278, pages 47-75 November 2010.
[12] Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, Yoshimasa Ishi, Tomoki Yoshihisa, Yuuichi Teranishi, and Shinji Shimojo, "X-Sensor: Wireless Sensor Network Testbed Integrating Multiple Networks," Book Chapter (Chapter III-3), Wireless Sensor Network Technologies for Information Explosion Era (Book Series: Studies in Computational Intelligence), Springer-Verlag, volume 278, pages 249-271 November 2010.
[13] Shinya Kitajima, Takahiro Hara, Tsutomu Terada, and Shojiro Nishio, "Filtering Order Adaptation Based on Attractor Selection for Data Broadcasting System (Chapter 8)," Book Series:Springer Optimization and Its Applications,Springer-Verlag, volume 41, pages 163-186 August 2010.
[14] Takahiro Hara, Vladimir I. Zadorozhny, and Erik Buchmann, "Wireless Sensor Network Technologies for Information Explosion Era," Book Series: Studies in Computational Intelligence,Springer-Verlag, volume 278, June 2010.
[15] Yuki Arase, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Web Page Adaptation and Presentation for Mobile Phones (Chapter 12)," Handheld Computing for Mobile Commerce:Applications, Concepts and Technologies,IGI Global, pages 240-262 April 2010.
テクニカルレポート
[1] Chunsheng Zhu, Lei Wang, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Survey on Mobile Sensor Networks," Technical report of Osaka University, August 2010.
基調講演/セミナー・パネル討論等
[1] 前川 卓也, "Good Pervasive Computing Studies Require Laborious Data Labeling Efforts: Our Experience in Activity Recognition and Indoor Positioning Studies," PerCom 2017 Workshop on Annotation of useR Data for UbiquitOUs Systems (ARDUOUS2017), 2017年3月.
[2] 前川 卓也, "ヒトの日常生活センサデータ認識技術と動物データへの応用の可能性," 第12回バイオロギングシンポジウム, 2016年12月.
[3] 前川 卓也, "実世界データ処理・マイニング技術の人間および生物行動理解への応用," 於 兵庫県立宝塚北高等学校, 2016年11月.
[4] Daichi Amagata, "Monitoring MaxRS in Spatial Data Streams," 日本ソフトウェア科学会第33回大会, September 2016.
[5] Tomoki Yoshihisa, "Panel Session: Next Generation Distributed System -Iot/M2m and Its Application-," International Workshop on Informatics (IWIN 2016), August 2016.
[6] 前川 卓也, "家庭環境コンテキスト認識の最新研究と今後の展開," 電子情報通信学会 知的環境とセンサネットワーク研究会(ASN), 2016年5月.
[7] 前川 卓也, "ウェアラブル・スマートフォンセンサを用いたマルチモーダル人間行動認識," 電子情報通信学会 パターン認識・メディア理解研究会(PRMU), 2016年3月.
[8] Tomoki Yoshihisa, "Big Stream Data Distribution: Technologies and Perspectives," International Conference on P2P, Parallel, Grid, Cloud and Internet Computing (3PGCIC'15), November 2015.
[9] 原 隆浩, "データベース研究の過去と現在," 春の情報処理祭 in 京都, 2015年3月.
[10] 義久 智樹, "次世代モバイルビデオオンデマンドに関する研究," 全サイバーメディアセンターシンポジウム, 2014年12月.
[11] 西尾 章治郎, "人文・社会科学系研究を取り巻く状況について," 第1回人文・社会科学系研究推進フォーラム, 2014年12月.
[12] Shojiro Nishio, "Humanware: a Biologically Inspired Approach for Innovation in Information Technology," Int'l Symposium on Reliable Distributed Systems (SRDS 2014), October 2014.
[13] 西尾 章治郎, "学術研究の推進方策に関する総合的な審議について," 分子科学研究所所長招聘会議 「未来を拓く学術のあり方:教育と研究」, 2014年8月.
[14] Shojiro Nishio, "Humanware: the Third Ware Which Creates Innovation in Information Technology," IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA 2014) , May 2014.
[15] 義久 智樹, "ウェアラブルデバイスの動向," 特定非営利活動法人ウェアラブルコンピュータ研究開発機構ウェアラブルコンピューティング交流会, 2014年4月.
[16] 原 隆浩, "NII湘南会議 "Intelligent Information Processing - Chances of Crowdsourcing"報告," 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム・特別セッション(2)クラウドソーシング企画第2段「クラウドソーシングがDB研究に何をもたらすか?」講演, 2014年3月.
[17] 義久 智樹, "放送通信融合環境による次世代モバイルビデオオンデマンド," 特定非営利活動法人ウェアラブルコンピュータ研究開発機構ウェアラブルコンピューティング交流会, 2013年11月.
[18] 西尾 章治郎, "第三のウェア、ヒューマンウェアによりパラダイムシフトを創起する創出博士人材育成," 日本学術会議公開シンポジウム「ICTを生かした社会デザインと人材育成(実践編)」, 2013年11月.
[19] 西尾 章治郎, "第三のウェア、ヒューマンウェアによるイノベーション創出博士人材の育成," 2013年度 情報処理学会関西支部 報告会・記念講演会, 2013年5月.
[20] 原 隆浩, "一流論文誌・国際会議に採択されるための研究「心・技・体」," 情報処理学会第75回全国大会招待講演, 2013年3月.
[21] 原 隆浩, "特別セッション(1) Cyber-Physical-Social データ利活用技術,パネリスト," 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2013), 2013年3月.
[22] 岩田 麻佑, "インターネットにおけるユーザフレンドリーな情報取得," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2013) , 2013年3月.
[23] 義久 智樹, "デジタルコンテンツ研究のススメ," 情報処理学会第75回全国大会, 司会, 2013年3月.
[24] 塚本 昌彦, 義久 智樹, "スマホからHMDへ:ウェアラブル研究の動向とゲーム産業への展開," Computer Entertainment Developers Conference (CEDEC2012), 2012年8月.
[25] 義久 智樹, "電子書籍企業の訪問から," 特定非営利活動法人ウェアラブルコンピュータ研究開発機構HMDミーティング , 2012年4月.
[26] 西尾 章治郎, "「情報」への新たな両面アプローチ," 科学技術振興機構研究開発戦略センター講演会, 2012年3月.
[27] 西尾 章治郎, "情報学の来る10年のデザイン 提言モードからアクションモードへ," 日本学術会議 第5回情報学シンポジウム, 2012年3月.
[28] 西尾 章治郎, "データベース研究と私," 2012年IEEE関西支部総会, 2012年2月.
[29] 義久 智樹, "放送通信融合環境における映像データ配信方式,," 全サイバーメディアセンターシンポジウム, 2011年12月.
[30] Takahiro Hara, "Mobile Search, Web Mining, and Sensing Systems for Developing Cyber Physical Systems," International Workshop on Mobile Information Retrieval for Future (MIRF 2011), Invited Talk, November 2011.
[31] 神崎 映光, "パネルディスカッション, パネリスト," 平成23年電気関係学会関西連合大会, 2011年10月.
[32] 義久 智樹, "アニメの魔法をARで実現できるのか?!," 特定非営利活動法人ウェアラブルコンピュータ研究開発機構ウェアラブルコンピューティング交流会, 2011年10月.
[33] Takahiro Hara, "Information Search and Browsing on Mobile Phones," 2011 IT EXPO BUSAN Workshop, Invited Talk, September 2011.
[34] 義久 智樹, "スマートハウスにおける情報家電・ネット家電の制御技術," 東京メガセミナー, 2011年6月.
[35] 義久 智樹, "端末伝送型インターネット放送における待ち時間短縮方式," 全サイバーメディアセンターシンポジウム , 2010年12月.
[36] 義久 智樹, "ウェアラブルストリーム配信システムの実験報告," 特定非営利活動法人ウェアラブルコンピュータ研究開発機構ウェアラブルコンピューティング交流会, 2010年10月.
[37] Shojiro Nishio, "Database File Redundancy Issues: How to Realize Efficient Data Access in Evolving Network Technologies," Proc. of Int'l Conf. on Network-Based Information Systems (NBiS 2010), September 2010.
[38] Tomoki Yoshihisa, "X-Sensor Ver.2: a Mobile-Agent Supported Sensor Network Testbed," Asia-Pacific Advanced Network 30th Meeting (APAN), August 2010.
[39] 原 隆浩, "センサ研究の新たな展開~個人・モバイルユーザによるセンシングとその応用," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2010)シンポジウム, 招待講演, page 1512 2010年7月.
[40] 神崎 映光, "センサネットワークテストベッドX-Sensorと無線センサネットワーク研究," 電子情報通信学会アドホックネットワーク研究会(AN), 2010年7月.
[41] Takahiro Hara, "Data Replication for Top-K Query Processing in Mobile Wireless Sensor Networks," Proc. of IEEE Int'l Conf. on Sensor Networks, Ubiquitous, and Trustworthy Computing (SUTC 2010), Invited Talk, pages 115-122 June 2010.
[42] Takahiro Hara, "Data Management Technologies in Mobile Environments," Seminar (Department of Computer Science at Missouri University of Science and Technology, Rolla, MO, USA), May 2010.
[43] Takahiro Hara, "Energy Efficient Data Access in Mobile Ad Hoc Networks," Proc. of Int'l Workshop on Mobile P2P Data Management, Security and Trust (M-PDMST'10), Invited Talk, May 2010.
その他(一般記事等)
[1] Tomoki Yoshihisa and Yuuichi Teranishi, "A Distributed Delivery System for Sensor Data Streams with Different Delivery Cycles," NICT Journal, volume 62, number 2, pages 167-175 February 2016.
[2] 義久 智樹, 寺西 裕一, "異なる配信周期を扱う分散型センサデータストリーム配信システム," 情報通信研究機構研究報告, volume 61, number 2, pages 163-170 2015年11月.
[3] 神崎 映光, 原 隆浩, 義久 智樹, 西尾 章治郎, "モバイルセンサネットワークにおけるデータ処理技術~動きまわるセンサが拓く未来~," 情報処理/解説, volume 56, number 11, pages 1096-1101 2015年11月.
[4] 原 隆浩, "センサ・モバイルビッグデータを有効利用するためのプラットフォーム技術," 情報処理/特集 ビッグデータがもたらす超情報社会 ―すべてを視る情報処理技術:基盤から応用まで―, volume 56, number 10, pages 973-977 2015年10月.
[5] 義久 智樹, 阿部 浩和, "サイバーメディアコモンズのオープン," 大阪大学サイバーメディアセンターHPCジャーナル, 2015年7月.
[6] 原 隆浩, "ビッグデータとのつきあい方 -ビッグデータ活用のための技術と応用基盤-," 情報処理/特集 モバイル時代のサービスを支える技術, volume 55, number 11, pages 1275-1280 2014年11月.
[7] 義久 智樹, "子供の頃描いた夢の再考-日本を元気にするストリーミング配信-," 情報処理学会会誌「日本を元気にするICT」, volume 53, number 4, pages 398-400 2012年4月.
[8] 原 隆浩, "アーバンセンシングで新たなサービスを展開する ~センサ情報とサイバー情報を融合した近未来サービスの実現~," 情報処理, volume 52, number 1, pages 41-45 2011年1月.
[9] 義久 智樹, 後藤 佑介, "ストリーミング配信で「今」に感動を与える-放送コンピューティングによる未来型コンテンツ配信サービス-," 情報処理学会会誌「未来社会をプロデュースするICT」, volume 52, number 1, pages 62-63 2011年1月.
[10] 義久 智樹, 藤田 直生, 塚本 昌彦, "消費電力削減のためのルール型電力機器管理システム," システム制御情報学会, システム/制御/情報「アンビエントインテリジェンス技術とその応用」, volume 56, number 1, pages 27-32 2011年1月.
[11] 荒瀬 由紀, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "携帯電話上での快適なWebページ提示に向けて," 人工知能学会誌, volume 25, number 5, pages 678-685 2010年9月.
新聞報道記事
[1] 前川 卓也, "東北大学 生物の移動の仕組みを情報科学的に解明する大型研究プロジェクト," マイナビニュース, 2016年7月.
[2] 前川 卓也, "東北大学 生物の移動の仕組みを科学する大型研究プロジェクトの発足~ヒトや動物の移動の予測と制御に期待~," 日経バイオテクONLINE, 2016年7月.
[3] 前川 卓也, "自発的に考えるロボット," 読売新聞, 2016年5月.
[4] 原 隆浩, "学術振興会賞 学士院学術奨励賞 第11回授賞式," 科学新聞, 2015年3月.
[5] 原 隆浩, "第11回 日本学術振興会賞に25氏," 科学新聞, 2015年1月.
[6] 西尾 章治郎, "「SINET5」はアカデミッククラウドを念頭に," 文教速報, 平成26年9月5日付, 2014年9月.
[7] 西尾 章治郎, "「クラウド時代の学術情報ネットワークの在り方」," 文教ニュース, 平成26年9月1日付, 2014年9月.
[8] 西尾 章治郎, "「シンプルで自由な」難しさ知り," 毎日新聞, 平成26年9月4日付, 2014年9月.
[9] 西尾 章治郎, "囲碁授業で国際性高め," 毎日新聞, 平成26年8月28日付, 2014年8月.
[10] 西尾 章治郎, "学術推進の財政基盤確立を," 科学新聞, 平成26年5月16日付, 2014年5月.
[11] 原 隆浩, 西尾 章治郎, "豪雨や地震探知などセンサー紹介ブース," 毎日新聞(京都版), 平成25年9月25日付, 2013年9月.
[12] 原 隆浩, 西尾 章治郎, "豪雨や地震探知などセンサー紹介ブース," 毎日新聞(大阪版), 平成25年9月19日付, 2013年9月.
[13] 西尾 章治郎, "アクティブ・ラーニングへの転換方策示す 学術情報基盤の整備で科技審委員会が審議のまとめ," 文教速報, 平成25年8月30日付, 2013年8月.
[14] 西尾 章治郎, "ビッグデータ活用広がる 膨大情報 読まれる行動," 読売新聞, 平成25年7月26日付, 2013年7月.
[15] 西尾 章治郎, "阪大シンポ、学生や研究者ら350人," 毎日新聞, 平成25年2月14日付, 2013年2月.
[16] 西尾 章治郎, "「うめきた開業による効果」テーマに交流会," 毎日新聞, 平成24年12月7日付, 2012年12月.
[17] 西尾 章治郎, "立石賞 功績賞に西尾阪大教授," 毎日新聞, 平成24年6月1日付, 2012年6月.
[18] 西尾 章治郎, "科学技術力向上に貢献 立石賞 川人氏ら3人表彰," 京都新聞, 平成24年5月25日付, 2012年5月.
[19] 西尾 章治郎, "科学研究に貢献 立石賞3氏," 読売新聞, 平成24年5月25日付, 2012年5月.
[20] 西尾 章治郎, "第2回立石賞表彰式," 毎日新聞, 平成24年5月25日付, 2012年5月.
[21] 西尾 章治郎, "立石賞に阪大教授ら," 産経新聞, 平成24年4月7日付, 2012年4月.
[22] 西尾 章治郎, "飛躍目指す企業集まれ," 産経新聞, 平成22年9月17日付, 2010年9月.
[23] 西尾 章治郎, "産学で新産業育成を," 産経新聞, 平成22年8月31日付, 2010年8月.
[24] 西尾 章治郎, "日本のICT産業再開発へ," 科学新聞, 平成22年5月21日付, 2010年5月.
受賞
[1] Korpela Joseph and Takuya Maekawa, "情報処理学会 第81回モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム研究会 優秀発表賞," スマートフォン音声データを用いた歯磨き行動評価のためのニューラルネットワーク構造の検討, (採録済).
[2] 中山 侑紀, "学生プレゼンテーション賞," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2017), 2017年3月.
[3] Kazuya Matsuo, Keisuke Goto, Akimitsu Kanzaki, and Takahiro Hara, "Best Paper Award (Emerald Group Publishing Limited)," ACM International Conference on Advanced Mobile Computing & Multimedia (MoMM), November 2016.
[4] 松尾 和哉, 後藤 啓介, 神崎 映光, 原 隆浩, "優秀論文賞," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム, 2016年7月.
[5] 林田 秀平, "優秀プレゼンテーション賞," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム, 2016年7月.
[6] 林田 秀平, 水野 聖也, 天方 大地, 原 隆浩, Xing Xie, "優秀論文賞," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム, 2016年7月.
[7] 久賀 稜平, 前川 卓也, 松下 康之, "学生奨励賞," 情報処理学会第50回ユビキタスコンピューティングシステム研究会, 2016年5月.
[8] 立川雅也, 前川 卓也, 松下 康之, "国際会議発表奨励賞," 情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会 , 2016年5月.
[9] Korpela Joseph, Miyaji Ryosuke, Maekawa Takuya, Nozaki Kazunori, and Tamagawa Hiroo, "国際会議発表奨励賞," 情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会, March 2016.
[10] 尾原 和也, 前川 卓也, 岸野 泰恵, 白井 良成, 納谷 太, "国際会議発表奨励賞," 情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会, 2016年3月.
[11] 田口 直弥, "学生プレゼンテーション賞," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2016), 2016年3月.
[12] 西尾 俊哉, "学生プレゼンテーション賞," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2016), 2016年3月.
[13] 尾原 和也, 前川 卓也, 岸野 泰恵, 白井良成, 納谷 太, "特選論文," 情報処理学会論文誌ジャーナル, volume 57, number 2, 2016年2月.
[14] 中村 達哉, "学生奨励賞," 第8回Webとデータベースに関するフォーラム(WebDB Forum 2015), 2015年11月.
[15] 横山 正浩, "ヤフー賞(企業賞)," 第8回Webとデータベースに関するフォーラム(WebDB Forum 2015), 2015年11月.
[16] 横山 正浩, "学生奨励賞," 第8回Webとデータベースに関するフォーラム(WebDB Forum 2015), 2015年11月.
[17] 川上 朋也, 石 芳正, 義久 智樹, 寺西 裕一, "優秀ポスター賞," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2015), 2015年10月.
[18] 義久 智樹, 原 隆浩, "優秀論文賞," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2015), 2015年10月.
[19] 中山 侑紀, 天方 大地, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "優秀論文賞," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム, 2015年7月.
[20] 義久 智樹, "大阪大学総長奨励賞," 大阪大学, 2015年7月.
[21] Yuka Komai, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Best Paper Award (Runner-Up)," IEEE Int'l Conf. on Mobile Data Management (MDM2015), June 2015.
[22] Yusuke Gotoh, Tomoki Yoshihisa, Hideo Taniguchi, and Masanori Kanazawa, "Highly Commended Paper Award," International Journal of Pervasive Computing and Communications, June 2015.
[23] 松尾 和哉, "学生プレゼンテーション賞," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2015), 2015年3月.
[24] 津田 琢士, "学生プレゼンテーション賞," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2015), 2015年3月.
[25] 白川 真澄, "情報処理学会コンピュータサイエンス領域奨励賞," 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2015), 2015年3月.
[26] 白川 真澄, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "最優秀論文賞," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2015), 2015年3月.
[27] 原 隆浩, "第11回(平成26年度)日本学術振興会賞," 日本学術振興会, 2015年2月.
[28] Kamalas Udomlamlert, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "最優秀論文賞," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2014), December 2014.
[29] 川上 朋也, 石 芳正, 義久 智樹, 寺西 裕一, "優秀論文賞," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2014), 2014年12月.
[30] 駒井 友香, "最優秀プレゼンテーション賞," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2014), 2014年12月.
[31] 中村 達哉, "学生奨励賞," 第160回データベースシステム研究会, 2014年11月.
[32] 天方 大地, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "優秀論文賞," 第7回 Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum), 2014年11月.
[33] 西尾 章治郎, "文部科学大臣賞," 文部科学省, 2014年10月.
[34] 義久 智樹, "大阪大学総長顕彰," 大阪大学, 2014年7月.
[35] Yusuke Gotoh, Tomoki Yoshihisa, Hideo Taniguchi, and Masanori Kanazawa, "Highly Commended Paper Award," International Journal of Pervasive Computing and Communications, June 2014.
[36] 松岡 紀行, "学生奨励賞," 第5回ソーシャルコンピューティングシンポジウム(SoC2014), 2014年6月.
[37] 水野 聖也, "学生奨励賞," 第5回ソーシャルコンピューティングシンポジウム(SoC2014), 2014年6月.
[38] 西尾 章治郎, "電子情報通信学会功績賞," 電子情報通信学会, 2014年6月.
[39] 大澤 純, 岩田 麻佑, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "優秀インタラクティブ賞," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2014), 2014年3月.
[40] 川住 涼, "学生プレゼンテーション賞," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2014), 2014年3月.
[41] 藤田 直生, 義久 智樹, 塚本 昌彦, "情報処理学会論文誌「分散処理とネットワークサービス」特集号特選論文賞," 情報処理学会, 2014年2月.
[42] 佐々木 勇和, Wang-Chien Lee, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "優秀論文賞," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS 2013), 2013年12月.
[43] 松尾 和哉, 後藤 啓介, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "最優秀論文賞," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2013), 2013年12月.
[44] 横山正浩, 義久智樹, 原隆浩, 西尾章治郎, "優秀論文賞," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS 2013), 2013年12月.
[45] Takahiro Hara, "ACM Distinguished Scientist," ACM, November 2013.
[46] 杉谷 卓哉, "学生奨励賞," 情報処理学会 第158回データベースシステム研究会, 2013年11月.
[47] 佐々木 勇和, "FIT奨励賞," FIT2013 第12回情報科学技術フォーラム, 2013年9月.
[48] 原 隆浩, "第2回 大阪大学総長奨励賞," 大阪大学, 2013年8月.
[49] 佐崎 悠, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "優秀論文賞," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2013)シンポジウム, 2013年7月.
[50] 加藤 諒, "ヤングリサーチャ賞," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2013)シンポジウム, 2013年7月.
[51] 天方 大地, "ヤングリサーチャ賞," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2013)シンポジウム, 2013年7月.
[52] 天方 大地, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "最優秀論文賞," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2013)シンポジウム, 2013年7月.
[53] 後藤 啓介, "学生奨励賞," 情報処理学会 第157回データベースシステム研究会, 2013年7月.
[54] 神崎 映光, "大会優秀賞," 情報処理学会第75回全国大会, 2013年7月.
[55] 駒井 友香, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "優秀論文賞," マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2013)シンポジウム, 2013年7月.
[56] 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "優秀インタラクティブ賞," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2013), 2013年3月.
[57] 大澤 純, "学生プレゼンテーション賞," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2013) , 2013年3月.
[58] 澤村 雄介, "学生プレゼンテーション賞," 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2013), 2013年3月.
[59] 白川 真澄, "学生プレゼンテーション賞," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2013) , 2013年3月.
[60] Masahiro Ito, Kotaro Nakayama, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Outstanding Paper Award (Highly Commended)," International Journal of Web Information Systems, December 2012.
[61] Masahiro Yokoyama, Tomoki Yoshihisa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Best Paper Award," Int'l Conf. on P2P, Parallel, Grid, Cloud and Internet Computing (3PGCIC 2012), November 2012.
[62] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 荒牧 英治, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "チームラボ賞," 第5回Webとデータベースに関するフォーラム, 2012年11月.
[63] 加藤 諒, 岩田 麻佑, 原 隆浩, 鈴木 晃祥, 荒瀬 由紀, Xing Xie, 西尾 章治郎, "優秀論文賞," 情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2012), 2012年10月.
[64] 天方 大地, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "優秀論文賞," 情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2012), 2012年10月.
[65] 川上 朋也, 義久 智樹, 石 芳正, 寺西 裕一, "奨励賞," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2012), 2012年10月.
[66] 駒井 友香, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "奨励賞," 情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2012), 2012年10月.
[67] Lekshmi M. Chidambaram, Sanjay K. Madria, Mark Linderman, and Takahiro Hara , "Best Paper Award (Runner-Up)," International Conference on Mobile Data Management (MDM 2012), July 2012.
[68] 大澤 純, "ヤングリサーチャ賞," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2012)シンポジウム, 2012年7月.
[69] 天方 大地, "ヤングリサーチャ賞," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2012)シンポジウム, 2012年7月.
[70] 天方 大地, 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "優秀論文賞," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2012)シンポジウム, 2012年7月.
[71] 横山 正浩, "優秀プレゼンテーション賞," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2012)シンポジウム, 2012年7月.
[72] 横山 正浩, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "優秀論文賞," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2012)シンポジウム, 2012年7月.
[73] 西尾 章治郎, "第2回立石賞 功績賞," 公益財団法人 立石科学技術振興財団, 2012年6月.
[74] 白川 真澄, 中山 浩太郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "優秀論文賞," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2012) , 2012年3月.
[75] 西尾 章治郎, "紫綬褒章," , 2011年11月.
[76] 原 隆浩, "ベストカンバーサント賞," 情報処理学会マルチメディアと分散処理ワークショップ (DPSWS2011), 2011年10月.
[77] 四之宮 潤, "最優秀デモンストレーション賞," 情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2011), 2011年10月.
[78] 鈴木 晃祥, 岩田 麻佑, 荒瀬 由紀, 原 隆浩, Xing Xie, 西尾 章治郎, "学生優秀論文賞," 情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2011), 2011年10月.
[79] 四之宮 潤, "ヤングリサーチャ賞," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2011)シンポジウム, 2011年7月.
[80] 四之宮 潤, 石 芳正, 寺西 裕一, 春本 要, 西尾 章治郎, "優秀論文賞," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2011)シンポジウム, 2011年7月.
[81] 山本 彩奈, "ヤングリサーチャ賞," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2011)シンポジウム, 2011年7月.
[82] 清野 航, "ヤングリサーチャ賞," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2011)シンポジウム, 2011年7月.
[83] 藤井 俊充, "優秀プレゼンテーション賞," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2011)シンポジウム, 2011年7月.
[84] 足利 えりか, "優秀プレゼンテーション賞," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2011)シンポジウム, 2011年7月.
[85] 近藤 真也, "優秀プレゼンテーション賞," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2011)シンポジウム, 2011年7月.
[86] 小西 佑治, 寺西 裕一, 竹内 亨, 春本 要, 下條 真司, 西尾 章治郎, "情報処理学会論文賞," 情報処理学会, 2011年6月.
[87] 西尾 章治郎, "情報処理学会 功績賞," 情報処理学会, 2011年6月.
[88] 原 隆浩, "上林奨励賞," 日本データベース学会, 2011年3月.
[89] 小坂 佳弘, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "最優秀インタラクティブ賞," 第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2011), 2011年3月.
[90] 白川 真澄, "学生奨励賞," 第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2011), 2011年3月.
[91] 白川 真澄, "山下記念研究賞," 情報処理学会, 2011年3月.
[92] 西尾 章治郎, "功労賞," 日本データベース学会, 2011年3月.
[93] 義久 智樹, "端末伝送型インターネット放送における再生中断に関する評価," 情報処理学会平成22年度山下記念研究賞, 2010年12月.
[94] Daijiro Komaki, Azusa Oku, Yuki Arase, Takahiro Hara, Toshiaki Uemukai, Gen Hattori, and Shojiro Nishio, "Best Paper Award," Int'l Conf. on Ambient System, Network and Technologies (ANT 2010), November 2010.
[95] 佐々木 勇和, "学生最優秀論文賞," 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2010), 2010年10月.
[96] 岩田 麻佑, "学生奨励賞," 平成22年度情報処理学会関西支部支部大会, 2010年9月.
[97] 佐々木 勇和, "ヤングリサーチャ賞," 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2010) , 2010年7月.
[98] 佐々木 勇和, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "優秀論文賞," 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2010), 2010年7月.
[99] 四之宮 潤, 寺西 裕一, 春本 要, 竹内 亨, 西尾 章治郎, "優秀論文賞," マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム, 2010年7月.
[100] 小林 由依, "ヤングリサーチャ賞," 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2010), 2010年7月.
[101] 岩田 麻佑, "優秀プレゼンテーション賞," 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2010), 2010年7月.
[102] 清野 航, "ヤングリサーチャ賞," 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2010), 2010年7月.
[103] 鈴木 晃祥, "ヤングリサーチャ賞," 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2010), 2010年7月.
[104] Akimitsu Kanzaki, Yuuki Iima, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Excellent Paper Award," Int'l Conf. on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU 2010), April 2010.
[105] 原 隆浩, "KDDI財団優秀研究賞," KDDI財団, 2010年4月.