jp only

  en jp

  en+jp
lecture
  jponly

  jp only
Akimitsu Kanzaki WEB

Research

List of works

論文誌
[1] 松尾 和哉, 後藤 啓介, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "モバイルセンサネットワーク上の欠損データ再収集のためのエージェント制御方式," 情報処理学会論文誌, volume 57, number 2, pages 506-519 2016年2月.
[2] 松尾 和哉, 後藤 啓介, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "密なモバイルセンサネットワークにおけるセンサデータの傍受とダイアグラムを用いた効率的な境界線検出手法," 情報処理学会論文誌, volume 56, number 3, pages 1107-1120 2015年3月.
[3] Shinya Kondo, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Integration of Traffic Reduction and Sleep Scheduling for Energy-Efficient Data Gathering in Wireless Sensor Networks," Int'l Journal of Computer Systems Science and Engineering, volume 28, number 4, July 2013.
[4] Akimitsu Kanzaki, Yasuhiro Nose, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Dynamic Route Construction Based on Measured Characteristics of Radio Propagation in Wireless Sensor Networks," International Journal of Advanced Computer Science, volume 2, number 3, pages 85-98 March 2012.
[5] Kriengsak Treeprapin, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Effective Node Deployment in Sparse Mobile Sensor Networks," Journal of Information Processing, volume 20, number 1, pages 104-113 January 2012.
[6] Yoshiaki Taniguchi, Akimitsu Kanzaki, Naoki Wakamiya, and Takahiro Hara, "An Energy-Efficient Data Gathering Mechanism Using Traveling Wave and Spatial Interpolation for Wireless Sensor Networks," Journal of Information Processing, volume 20, number 1, pages 167-176 January 2012.
[7] 近藤 真也, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "無線センサネットワークにおける空間的および時間的相関性に基づく通信量削減とスリープ制御の統合," 日本データベース学会論文誌, volume 10, number 2, pages 1-6 2011年10月.
[8] 神崎 映光, 飯間 悠樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "無線センサネットワークにおける通信傍受とデータ補間を用いた通信量削減手法 ," 情報処理学会論文誌, volume 52, number 4, pages 1678-1692 2011年4月.
[9] Kriengsak Treeprapin, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Node Deployment Strategy for Efficient Sensing with Mobile Sensors in Sparse Sensor Networks," Journal of Information Processing, volume 52, number 3, pages 968-982 March 2011.
[10] Yasuhiro Nose, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Route Construction Based on Measured Characteristics of Radio Propagation in Wireless Sensor Networks," Journal of Ambient Intelligent and Humanized Computing, volume 1, number 4, pages 259-270 December 2010.
[11] 小坂 佳弘, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "ユビキタスセンサ環境におけるセンシング周期に基づくP2Pネットワーク," 情報処理学会論文誌, volume 51, number 9, pages 1892-1904 2010年9月.
[12] 小林由依, 渡辺俊貴, 神崎映光, 義久智樹, 原 隆浩, 西尾章治郎, "P2Pネットワークにおける動的クラスタを用いた検索手法," 情報処理学会論文誌, volume 51, number 3, pages 740-752 2010年3月.
[13] Toshiki Watanabe, Zhao Yong, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Replica Relocation Method for Improving Search Efficiency in P2p Networks," In Proc. of Intl Conf. on Advances in P2P Systems (AP2PS 2009), pages 13-18 October 2009.
[14] 神崎映光, 飯間悠樹, 原 隆浩, 西尾章治郎, "無線センサネットワークにおける通信傍受とデータ補間を利用した通信量削減について," 電子情報通信学会技術研究報告(ユビキタスセンサネットワークUSN2009-27), pages 163-168 2009年7月.
[15] Kanzaki Akimitsu, Hara Takahiro, Ishi Yoshimasa, Yoshihisa Tomokki, Teranisi Yuichi, and Shimojo Shinji , "A Sensor Network Testbed Integrating Multiple Networks," In Proc. of Intl Conf. on Mobile Data Management (MDM 2009), pages 361-362 May 2009.
[16] Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "On a Tdma Slot Assignment Considering the Amount of Traffic in Wireless Sensor Networks," In Proc. of Intl Workshop on Data Management for Wireless and Pervasive Communications (DMWPC 2009), pages 984-989 May 2009.
[17] 渡辺 俊貴, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "P2Pネットワークにおけるデータの更新量を考慮した更新伝播手法の提案," 日本データベース学会論文誌, volume 7, number 3, pages 13-18 2009年1月.
[18] Kriengsak Treeprapin, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "An Effective Mobile Sensor Control Method for Sparse Sensor Networks," Journal of Sensors, volume 9, number 1, pages 327-354 January 2009.
[19] 渡辺 俊貴, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "P2Pネットワークにおけるデータアクセス頻度を考慮した更新伝播法," 情報処理学会論文誌, volume 49, number 6, pages 1819-1832 2008年6月.
[20] 澤井 陽平, 篠原 昌子, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "アドホックネットワークにおけるクオーラムシステムを用いた一貫性管理のためのトラヒック削減について," 情報処理学会論文誌, volume 49, number 2, pages 615-627 2008年2月.
[21] 澤井陽平, 篠原昌子, 神崎映光, 原 隆浩, 西尾章治郎, "アドホックネットワークにおけるクオーラムシステムを用いた一貫性管理方式," 情報処理学会論文誌, volume 48, number 2, pages 551-561 2007年2月.
[22] 神崎映光, 原 隆浩, 西尾章治郎, "片方向リンクの存在するアドホックセンサネットワークにおけるTDMAスロット割当て手法," 情報処理学会論文誌, volume 48, number 1, pages 342-355 2007年1月.
[23] 神崎映光, 原 隆浩, 西尾章治郎, "アドホックネットワークにおけるトポロジの変化を考慮したTDMAスロット割り当て手法," 電子情報通信学会和文論文誌B, volume J88-B, number 5, pages 933-947 2005年5月.
[24] 神崎 映光, 上向 俊晃, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "アドホックネットワークにおける端末数の変化に応じたTDMAスロット割り当て手法," 情報処理学会論文誌, volume 45, number 3, pages 824-837 2004年3月.
国際会議
[1] Kazuya Matsuo, Keisuke Goto, Akimitsu Kanzaki, and Takahiro Hara, "A Sampling-Based Boundary Detection Method with Consideration of Boundary Shape in Dense Mobile Wireless Sensor Networks," In International Conference on Advanced Mobile Computing & Multimedia (MoMM 2016), pages 307-316 November 2016.
[2] Naoki Shoji, Kazuya Matsuo, Akimitsu Kanzaki, and Shojiro Nishio, "Energy-Efficient Topology Construction for Multi-Attribute Data Gathering in WSNs," 10th Int'l Conf. on Ubiquitous Information Management and Communication (IMCOM 2016), January 2016.
[3] Kazuya Matsuo, Keisuke Goto, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Study on Efficient Event Monitoring In Dense Mobile Wireless Sensor Networks," Int'l Symposium on Reliable Distributed Systems (SRDS 2014), pages 341-342 October 2014.
[4] Haruka Sazaki, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "SeRAVi: a Spatio-Temporal Data Distribution Visualization System for Mobile Sensor Data," Int'l Workshop on Future Technologies for Smart Information Systems (FTSIS 2014), pages 88-93 October 2014.
[5] Kazuya Matsuo, Keisuke Goto, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Overhearing-Based Efficient Boundary Detection in Dense Mobile Wireless Sensor Networks," Proc of IEEE Int'l Conf. on Mobile Data Management (MDM-2014), pages 225-234 July 2014.
[6] Takeshi Yoshimura, Kazuya Matsuo, Akimitsu Kanzaki, and Shojiro Nishio, "Integration of Push-Based and Pull-Based Connectivity Status Sharing for Efficient Data Forwarding Toward Mobile Sinks in Wireless Sensor Networks," Proc. of Int'l Conf. on Advanced Information Networking and Applications (AINA-2014), pages 541-548 May 2014.
[7] Akimitsu Kanzaki, Shinya Kondo, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Energy-Efficient Data Gathering Using Sleep Scheduling and Spatio-Temporal Interpolation in Wireless Sensor Networks," Proc. International Workshop on Data Management for Wireless and Pervasive Communications (DMWPC 2014), pages 185-190 May 2014.
[8] Kazuya Matsuo, Keisuke Goto, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Agent Redeployment and Missing Data Regathering in Mobile Wireless Sensor Networks," Proc. of Int'l Computer Software and Applications Conf. (COMPSAC 2013), pages 100-109 July 2013.
[9] Kazuya Matsuo, Keisuke Goto, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Data Gathering Considering Geographical Distribution of Data Values in Dense Mobile Wireless Sensor Networks," Proc. of Int'l Conf. on Advanced Information Networking and Applications (AINA-2013), pages 445-452 March 2013.
[10] Akimitsu Kanzaki, Ayana Yamamoto, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Data Forwarding Method Based on Status on Connection with Multiple Mobile Sinks in Wireless Sensor Networks," Proc. of Int'l Conf. on Broadband and Wireless Computing, Communication and Applications (BWCCA 2012), pages 170-177 November 2012.
[11] Shinya Kondo, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Energy-Efficient Data Gathering Using Traffic Reduction Based on Change in Data Characteristics in Wireless Sensor Networks," Proc. of Int'l Conf. on Network-Based Information Systems (NBiS 2012), pages 200-207 September 2012.
[12] Shinya Kondo, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Energy-Efficient Data Gathering Using Sleep Scheduling and Spatial Correlation Based on Data Distribution in Wireless Sensor Networks," Proc. of Int'l Conf. on Network-Based Information Systems (NBiS 2011), pages 194-201 September 2011.
[13] Yoshihiro Kosaka, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A P2p Network Construction Method Based on Cycle of Sensing and Location in Ubiquitous Sensor Environment," Proc. of Int'l Workshop on Data Management for Wireless and Pervasive Communications (DMWPC 2011), pages 532-537 March 2011.
[14] Akimitsu Kanzaki, Yasuhiro Nose, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Dynamic Route Construction Method Based on Measured Characteristics of Radio Propagation in Wireless Sensor Networks," Proc. of Int'l Conf. on Advanced Information Networking and Applications (AINA 2011) , pages 30-37 March 2011.
[15] Yoshiaki Taniguchi, Akimitsu Kanzaki, Naoki Wakamiya, and Takahiro Hara, "Autonomous Data Gathering Mechanism with Transmission Reduction for Wireless Sensor Networks," Proc. of Int'l Conf. on Communication, Computing and Control Applications (CCCA 2011), March 2011.
[16] Shinya Kondo, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Energy-Efficient Data Gathering Using Sleep Scheduling and Spatial Interpolation in Wireless Sensor Networks," Proc. of Int'l Conf. on Network-Based Information Systems (NBiS 2010), pages 62-69 September 2010.
[17] Yoshihiro Kosaka, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A P2p Network Construction Method Based on Cycle of Sensing in Ubiquitous Sensor Environment," Proc. of Int'l Workshop on Data Management for Wireless and Pervasive Communications (DMWPC 2010), pages 950-955 April 2010.
[18] Akimitsu Kanzaki, Yuuki Iima, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Overhearing-Based Data Transmissin Reduction Using Data Interpolation in Wireless Sensor Networks," Proc. of Int'l Conf. on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU 2010), pages 1-8 April 2010.
[19] Yasuhiro Nose, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, " a Route Construction Method Based on Received Signal Strength in Wireless Sensor Networks," In Proc. of Intl Conf. on Computers And Their Applications (CATA 2010), pages 130-137 March 2010.
[20] Yukie Kobayashi, Toshiki Watanabe, Akimitsu Kanzaki, Tomoki Yoshihisa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Dynamic Cluster Construction Method Based on Query Characteristics in Peer-To-Peer Networks," In Proc. of Intl Conf. on Advances in P2P Systems (AP2PS 2009), pages 168-173 October 2009.
[21] Toshiki Watanabe, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Selective Update Propagation Based on Degree of Data Update in Peer-To-Peer Networks," In Proc. of Intl Conf. on Network-Based Information System (NBiS 2009), pages 52-59 August 2009.
[22] Yuuki Iima, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "An Evaluation of Overhearing-Based Data Transmission Reduction in Wireless Sensor Networks," In Proc. of Intl Workshop on Sensor Network Technologies for Information Explosion Era (SeNTIE 2009), pages 519-524 May 2009.
[23] Yasuhiro Nose, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Route Construction Based on Measured Characteristics of Radio Propagation in Wireless Sensor Networks," In Proc. of Intl Conf. on Advanced Information Networking and Applications (AINA 2009), pages 560-567 May 2009.
[24] Yuuki Iima, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Overhearing-Based Data Transmission Reduction for Periodical Data Gathering in Wireless Sensor Networks," In Proc. of Intl Workshop on Data Management for Information Explosion in Wireless Networks (DMIEW 2009), pages 1048-1053 March 2009.
[25] Kriengsak Treeprapin, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "An Efficient Node Deployment Strategy in Sparse Sensor Networks," In Proc. of Intl Workshop on Data Management for Information Explosion in Wireless Networks (DMIEW 2009), pages 1060-1065 March 2009.
[26] Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, Yoshimasa Ishi, Naoki Wakamiya, and Shinji Shimojo, "X-Sensor: a Sensor Network Testbed Integrating Multi-Networks," In Proc. of Intl Workshop on Data Management for Information Explosion in Wireless Networks (DMIEW 2009), pages 1082-1087 March 2009.
[27] Tomomi Miyazaki, Toshiki Watanabe, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Keyword Search Considering Users Preference in P2P Networks," In Proc. of 3rd Intl Conf. on Ubiquitous Information Management and Communication (ICUIMC 2009), pages 432-440 January 2009.
[28] Watanabe Toshiki, Kanzaki Akimitsu, Hara Takahiro, and Nishio Shojiro, "Update Propagation Strategies Considering Degree of Data Update in Peer-To-Peer Networks," In International Conference on Database Systems for Advanced Applications, pages 328-333 2009.
[29] Akimitsu Kanzaki, Yohei Sawai, Masako Shinohara, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Quorum-Based Consistency Management for Data Replication in Mobile Ad Hoc Networks," In Proc. of Intl Workshop for Ubiquitous Networking and Enablers to Context-Aware Services (UNECAS 2008), pages 357-360 July 2008.
[30] Kriengsak Treeprapin, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "On a Mobile Sensor Control Method for Uniform Sensing in Sparse Sensor Networks," In Proc. of Intl Workshop on Sensor Network Technologies for Information Explosion Era (SeNTIE 2008), pages 125-132 April 2008.
[31] Hara Takahiro Watanabe Toshiki Kanzaki Akimitsu and Nishio Shojiro, "An Update Propagation Strategy Considering Data Access Frequency in Peer-To-Peer Networks," In Proc. of DASFAA 2008, pages 661-669 March 2008.
[32] Hara Takahiro Kanzaki Akimitsu Taniguchi Tetsuya and Nishio Shojiro, "A Data Propagation Using Mobile Terminal in Locally Distributed Ad-Hoc Networks," In Proc. of DMWPC 2008, pages 856-861 March 2008.
[33] Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "An Efficient Tdma Slot Assignment Protocol in Mobile Ad Hoc Networks," Proc. of ACM Symposium on Applied Computing (SAC 2007), pages 891-895 March 2007.
[34] Tetsuya Taniguchi, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Topology Information Generation Methods Using a Routing Table in Ad Hoc Network Applications," Proc. of ACM Symposium on Applied Computing (SAC 2007), 896-900 March 2007.
[35] Kriengsak Treeprapin, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Mobile Sensor Control Method for Sparse Sensor Networks," Proc. of ACM Symposium on Applied Computing (SAC 2007), pages 886-890 March 2007.
[36] Yohei Sawai, Masako Shinohara, Akimitsu Kanzaki, and Takahiro Hara.Shojiro Nishio, "Quorum-Based Consistency Management among Replicas in Ad Hoc Networks with Data Update," Proc. of ACM Symposium on Applied Computing (SAC 2007), pages 955-956 March 2007.
[37] Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "On Tdma Slot Assignment Protocol Considering the Existence of Unidirectional Wireless Links in Ad Hoc Sensor Networks," Proc. of Intl Workshop on Future Mobile and Ubiquitous Information Technologies (FMUIT 2006), pages 195-198 May 2006.
[38] Yohei Sawai, Masako Shinohara, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Consistency Management among Replicas Using a Quorum System in Ad Hoc Networks," Proc. of Intl Workshop on Future Mobile and Ubiquitous Information Technologies (FMUIT 2006), pages 211-215 May 2006.
[39] Masako Shinohara, Taisei Hayashi, Takahiro Hara, Akimitsu Kanzaki, and Shojiro Nishio, "Vans: Visual Ad Hoc Network Simulator," In Proc. of Intl Conf. on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU 2005), pages 16-21 April 2005.
[40] Akimitsu Kanzaki, Akimitsu Kanzaki, and Shojiro Nishio, "An Adaptive Tdma Slot Assignment Protocol in Ad Hoc Sensor Networks," In Proc. of ACM Symposium on Applied Computing (ACM SAC 2005), volume 2, pages 1160-1165 March 2005.
[41] Akimitsu Kanzaki, Toshiaki Uemukai, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Dynamic TDMA Slot Assignment in Ad Hoc Networks," In Proc. of International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA 2003), March 2003.
国内会議(査読付き)
[1] 松尾 和哉, 後藤 啓介, 神崎 映光, 原 隆浩, "密なモバイルセンサネットワークにおける境界線の形状を考慮したサンプリングを用いた境界線検出手法," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム論文集, pages 769-776 2016年7月.
[2] 小路 直紀, 松尾 和哉, 神崎 映光, 西尾 章治郎, "無線センサネットワークにおけるデータ属性ごとの観測粒度と残余電力を考慮したトポロジ構築について," 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2014)論文集, pages 1539-1546 2014年7月.
[3] 松尾 和哉, 後藤 啓介, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "密なモバイルセンサネットワークにおけるセンサデータの傍受を用いた効率的な境界線検出手法," 情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2013), pages 236-243 2013年12月.
[4] 吉村 武, 松尾 和哉, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "無線センサネットワークにおけるモバイルシンクへのデータ転送効率化のためのプッシュ型およびプル型接続状況共有手法の統合について," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2013)シンポジウム論文集, volume 2013, number 1, pages 1294-1301 2013年7月.
[5] 佐崎 悠, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "モバイルセンサデータの取得支援のためのデータの時空間分布可視化について," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2013)シンポジウム論文集, volume 2013, number 1, pages 278-285 2013年7月.
[6] 山本 彩奈, 近藤 真也, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "無線センサネットワークにおけるモバイルシンクとの接続状況に基づくデータ転送先の決定法について," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2011)シンポジウム論文集, volume 2011, number 1, pages 878-885 2011年7月.
[7] 近藤 真也, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "無線センサネットワークの省電力化手法における取得精度向上のための空間的相関性に基づくスリープ制御について," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2011)シンポジウム論文集, volume 2011, number 1, pages 501-508 2011年7月.
[8] 近藤 真也, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "無線センサネットワークにおけるスリープ制御と空間補間を用いたデータ収集について," 情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム (DICOMO2010) 論文集, pages 551-558 2010年7月.
[9] 小坂佳弘, 飯間悠樹, 神崎映光, 原 隆浩, 西尾章治郎, "ユビキタスセンサ環境におけるセンシング周期に基づくP2Pネットワーク構築手法," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2009) シンポジウム論文集, volume 2009, number 1, pages 1033-1039 2009年7月.
[10] 能勢康宏, 神崎映光, 原 隆浩, 西尾章治郎, "無線センサネットワークにおける受信信号強度の実測に基づく経路構築について," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2009)シンポジウム論文集, volume 2009, number 1, pages 333-340 2009年7月.
[11] Kriengsak Treeprapin, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "疎なセンサネットワークにおける移動型センサを用いた効果的なセンシングのためのセンサ配置手法," 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2008)論文集, volume 2008, number 14, pages 291-296 2008年12月.
[12] 能勢 康宏, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "無線センサネットワークにおける電波到達特性の実測に基づく経路構築について," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2008)論文集, volume 2008, number 1, pages 374-381 2008年7月.
[13] 宮崎 知美, 渡辺 俊貴, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "P2Pネットワークにおけるユーザの嗜好特性を考慮した検索方法に関する一考察," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2008)論文集, volume 2008, number 1, pages 668-675 2008年7月.
[14] 神崎 映光, 原 隆浩, 中山 浩太郎, 若宮 直紀, 下條 真司, "複数拠点統合型センサネットワークテストベッドX-Sensorの設計と実装," 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集, volume 2007, number 9, pages 117-121 2007年11月.
[15] 宮崎 知美, 渡辺 俊貴, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, " P2Pネットワークにおけるユーザの嗜好を考慮した検索方法," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2007)論文集, volume 2007, number 1, pages 392-399 2007年7月.
[16] 趙 勇,渡辺 俊貴, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "P2Pネットワークにおけるクエリ統計情報を利用した自律分散型複製配置方式," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2007)論文集, volume 2007, number 1, pages 384-391 2007年7月.
[17] 渡辺俊貴, 神崎映光, 原 隆浩, 西尾章治郎, "P2Pネットワークにおけるデータの使用頻度を考慮した木構造に基づく複製更新伝播法," 電子情報通信学会データ工学ワークショップ(DEWS 2007)論文集, 2007年2月.
[18] 谷口哲也, 神崎映光, 原 隆浩, 西尾章治郎, "局所性のあるアドホックネットワークにおけるロボットを利用した複製伝播手法," 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集, volume 151-156, 2006年11月.
[19] Kriengsak Treeprapin, 神崎映光, 原 隆浩, 西尾章治郎, "低密度のセンサネットワークにおける移動型センサの制御手法," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2006)論文集, volume 2006, number 6, pages 173-176 2006年7月.
[20] 神崎映光, 原 隆浩, 西尾章治郎, "アドホックセンサネットワークにおけるトラヒック量に応じたTDMAスロット割り当て手法について," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2006)論文集, volume 2006, number 6, pages 177-180 2006年7月.
[21] 神崎映光, 原 隆浩, 西尾章治郎, "アドホックセンサネットワークにおける無線リンクの片方向性を考慮したTDMAスロット割り当て手法," 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集, volume 2004, number 15, pages 305-310 2004年12月.
[22] 神崎映光, 上向俊晃, 原隆浩, 西尾章治郎, "アドホックネットワークにおける無線リンクの片方向性を考慮したTDMAスロット割り当てについて," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2004)論文集, volume 2004, number 7, pages 313-316 2004年7月.
[23] 篠原昌子, 林秀樹, 原隆浩, 神崎映光, 西尾章治郎, "視覚化機能をもつアドホックネットワーク・シミュレータのための再実行機構の実現," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2004)論文集, volume 2004, number 7, pages 473-476 2004年7月.
[24] 神崎 映光, 上向 俊晃, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "アドホックネットワークにおけるフレーム長最小化のためのTDMAスロット割り当て手法," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2003)論文集, volume 2003, number 9, pages 693-696 2003年6月.
[25] 神崎 映光, 上向 俊晃, 原 隆浩, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "アドホックネットワークにおける端末数の増減を考慮したTDMAスロット割り当て手法," 情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム (DICOMO 2002) 論文集, volume 2002, number 9, pages 89-92 2002年7月.
国内研究会
[1] 小路 直紀, 松尾 和哉, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "無線センサネットワークにおけるセンサ端末の故障とスリープ制御を考慮した局所的なトポロジメンテナンスについて," 情報処理学会研究報告 (マルチメディア通信と分散処理研究会), volume 2015-DPS-165, number 18, pages 1-8 2015年12月.
[2] 松尾 和哉, 吉村 武, 神崎 映光, 西尾 章治郎, "複数シンクを活用した効率的なセンサデータ収集のためのアドホックネットワーク構築手法," 電気学会研究会資料, volume IS-15-61, pages 65-70 2015年11月.
[3] 松尾 和哉, 後藤 啓介, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "密なモバイルセンサネットワークにおける観測値の時間的変化を用いた定期的な境界線検出手法," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2015), 2015年3月.
[4] 佐崎 悠, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "時空間的なデータ分布とその変化を考慮したモバイルセンサデータの検索支援機構について," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2015) , 2015年3月.
[5] 松尾 和哉, 後藤 啓介, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "モバイルセンサネットワーク上のエージェントを用いた データ収集における欠損データ再収集方式," 情報処理学会研究報告(マルチメディア通信と分散処理研究会), volume 2012-DPS-153, number 2, pages 1-8 2012年11月.
[6] 近藤 真也, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "無線センサネットワークにおけるデータの空間的・時間的特性の変化を考慮した通信量削減手法," 情報処理学会研究報告(マルチメディア通信と分散処理研究会), volume 2012-DPS-150, number 2, pages 1-8 2012年2月.
[7] 近藤 真也, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "無線センサネットワークにおける空間的および時間的相関性に基づく通信量削減とスリープ制御の統合について," 電子情報通信学会研究報告 (データ工学研究会 DE2011-8), volume 111, number 173, pages 1-6 2011年8月.
[8] 谷口 義明, 神崎 映光, 若宮 直紀, 原 隆浩, "データ補間に基づく通信量削減手法を組み込んだ進行波型センサ情報に収集手法," 情報処理学会研究報告(マルチメディア通信と分散処理研究会), volume 2011-DPS-146, number 39, pages 1-7 2011年3月.
[9] 小坂 佳弘, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "ユビキタスセンサ環境におけるセンシング周期および位置情報に基づくオーバレイネットワークの構築," 第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2011), 2011年2月.
[10] 渡辺俊貴, 趙 勇, 神崎映光, 原 隆浩, 西尾章治郎, "P2Pネットワークにおけるデータの分布を考慮した複製再配置," 電子情報通信学会 (データ工学研究会 DE2009-9), volume 109, number 153, pages 49-54 2009年7月.
[11] 義久智樹, 神崎映光, 原 隆浩, 石 芳正, 寺西裕一, 下條真司, "複数拠点統合型センサネットワークのためのモバイルエージェントを用いたデータ収集システム," 電子情報通信学会技術研究報告(ユビキタスセンサネットワークUSN2009-24), pages 147-151 2009年7月.
[12] 義久智樹, 神崎映光, 原 隆浩, 石 芳正, 寺西裕一, 下條真司, "複数拠点統合型センサネットワークのためのモバイルエージェントを用いたデータ収集システム," 電子情報通信学会技術研究報告(ユビキタスセンサネットワークUSN2009-24), pages 147-151 2009年7月.
[13] 小林 由依, 渡辺 俊貴, 神崎 映光, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "P2Pネットワークにおける動的なカテゴリ生成を考慮した検索手法," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2009), 2009年3月.
[14] 飯間 悠樹, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "センサネットワークにおける通信傍受と空間的補間を利用した通信量削減手法," モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会2008-MBL-47, volume 2008, number 107, pages 69-76 2008年11月.
[15] 渡辺 俊貴, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "P2Pネットワークにおけるデータの更新量を考慮した更新伝播木管理手法," 情報処理学会研究報告(データベースシステム研究会 2008-DBS-146), volume 2008, number 88, pages 85-90 2008年9月.
[16] 渡辺 俊貴, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "P2Pネットワークにおけるデータの更新量を考慮した更新伝播," 電子情報通信学会技術研究報告(データ工学DE2008-35), volume 108, number 211, pages 11-12 2008年9月.
[17] 神崎 映光, 谷口 哲也, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "局所性のあるアドホックネットワークにおける移動型端末を用いた複製の伝播," 電子情報通信学会技術研究報告(データ工学DE2008-42), volume 108, number 211, pages 25-26 2008年9月.
[18] Treeprapin K., 神崎映光, 原 隆浩, 西尾章治郎, "広範囲のセンサネットワークにおける移動型センサの制御手法," 電子情報通信学会第二種研究会技術研究報告(センサネットワーク研究会SN2006-47), pages 59-66 2006年12月.
[19] 神崎映光, 原 隆浩, 西尾章治郎, "アドホックセンサネットワークにおけるトラヒック量を考慮したTDMAスロット割り当てとその評価," 情報処理学会研究報告(モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会 2006-MBL-39), volume 2006, number 120, pages 217-224 2006年11月.
[20] 澤井陽平, 篠原昌子, 神崎映光, 原 隆浩, 西尾章治郎, "アドホックネットワークにおけるデータ更新を考慮した一貫性管理方式の性能評価," 情報処理学会研究報告(データベースシステム研究会2006-DBS-140(I)), volume 2006, number 77, pages 41-48 2006年7月.
[21] 神崎映光, 原 隆浩, 西尾章治郎, "アドホックネットワークにおけるネットワークトポロジの変化に応じたTDMAスロット割り当て手法について," 情報処理学会分散処理とマルチメディア通信研究会報告 (2005-DPS-122), volume 2005, number 33, pages 001-006 2005年3月.
[22] 神崎 映光, 上向 俊晃, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "アドホックネットワークにおけるネットワークトポロジの変化に応じたTDMAスロット割り当て手法について," 情報処理学会研究報告(マルチメディア通信と分散処理研究会2004-DPS-116), volume 2004, number 9, pages 43-48 2004年1月.
全国大会
[1] 神崎 映光, 磯部 達郎, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "無線センサネットワークにおける電波到達特性の実測を用いたスニファ群の配置位置決定手法," 情報処理学会 第75回全国大会論文集, 3-47-3-48 2013年3月.
[2] 近藤 真也, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "無線センサネットワークにおけるスリープ制御とデータ補間を用いた通信量削減について," 情報処理学会 第72回全国大会論文集, volume 5, pages 215-216 2010年3月.
[3] 渡辺 俊貴, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "非構造型P2Pネットワークにおける情報爆発を考慮した更新伝播に関する一考察," 情報処理学会 第70回全国大会論文集, volume 5, pages 9-10 2008年3月.
[4] 飯間 悠樹, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "センサネットワークにおける通信傍受と空間的補間を用いた通信量削減について," 情報処理学会 第70回全国大会論文集, volume 5, pages 237-238 2008年3月.
[5] 神崎 映光, 上向 俊晃, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "アドホックネットワークにおけるネットワークトポロジの変化を考慮したTDMAスロット割り当て手法," 情報科学技術フォーラム(FIT 2003)論文集, volume 4, pages 283-285 2003年9月.
著書/監修/編集/訳書
[1] Kazuya Matsuo, Keisuke Goto, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Data Aggregation and Forwarding Route Control for Efficient Data Gathering in Dense Mobile Wireless Sensor Networks," Modelling and Processing for Next Generation Big-Data Technologies (Book Series: Modelling and Optimization in Science and Technologies), Springer-Verlag, November 2014.
[2] Akimitsu Kanzaki, Naoki Wakamiya, and Takahiro Hara, "Energy-Efficient Task Scheduling and Data Aggregation Techniques in Wireless Sensor Networks for Information Explosion Era," Book Chapter (Chapter II-1), Wireless Sensor Network Technologies for Information Explosion Era (Book Series: Studies in Computational Intelligence), Springer-Verlag, volume 278, pages 47-75 November 2010.
[3] Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, Yoshimasa Ishi, Tomoki Yoshihisa, Yuuichi Teranishi, and Shinji Shimojo, "X-Sensor: Wireless Sensor Network Testbed Integrating Multiple Networks," Book Chapter (Chapter III-3), Wireless Sensor Network Technologies for Information Explosion Era (Book Series: Studies in Computational Intelligence), Springer-Verlag, volume 278, pages 249-271 November 2010.
基調講演/セミナー・パネル討論等
[1] 神崎 映光, "パネルディスカッション, パネリスト," 平成23年電気関係学会関西連合大会, 2011年10月.
[2] 神崎 映光, "センサネットワークテストベッドX-Sensorと無線センサネットワーク研究," 電子情報通信学会アドホックネットワーク研究会(AN), 2010年7月.
その他(一般記事等)
[1] 神崎 映光, 原 隆浩, 義久 智樹, 西尾 章治郎, "モバイルセンサネットワークにおけるデータ処理技術~動きまわるセンサが拓く未来~," 情報処理/解説, volume 56, number 11, pages 1096-1101 2015年11月.
[2] 原 隆浩, 神崎 映光, 中山 浩太郎, 義久 智樹, 寺西 裕一, 若宮 直紀, 下條 真司, "X-Sensor:大規模実証実験を可能とするセンサネットワークテストベッド, 情報処理, Vol. 49, No. 8, pp. 950-955 (2008年8月)," , 2008年8月.
[3] 神崎 映光, "TDMAでアドホック無線通信のパズルを解く, 平成19年度論文賞の受賞論文紹介, 情報処理, Vol. 49, No. 7, p. 837 (2008年7月)," , 2008年7月.
[4] 神崎 映光, "アドホックネットワークにおけるTDMAスロット割当てに関する研究, 研究会推薦博士論文速報, 情報処理, Vol. 49, No. 6, p. 675 (2008年6月)," , 2008年6月.
受賞
[1] Kazuya Matsuo, Keisuke Goto, Akimitsu Kanzaki, and Takahiro Hara, "Best Paper Award (Emerald Group Publishing Limited)," ACM International Conference on Advanced Mobile Computing & Multimedia (MoMM), November 2016.
[2] 松尾 和哉, 後藤 啓介, 神崎 映光, 原 隆浩, "優秀論文賞," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム, 2016年7月.
[3] 松尾 和哉, 後藤 啓介, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "最優秀論文賞," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2013), 2013年12月.
[4] 神崎 映光, "大会優秀賞," 情報処理学会第75回全国大会, 2013年7月.
[5] 佐崎 悠, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "優秀論文賞," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2013)シンポジウム, 2013年7月.
[6] 小坂 佳弘, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "最優秀インタラクティブ賞," 第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2011), 2011年3月.
[7] Akimitsu Kanzaki, Yuuki Iima, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Excellent Paper Award," Int'l Conf. on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU 2010), April 2010.
[8] Toshiki Watanabe, Yong Zhao, Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Best Paper Award," Intl Conf. on Advances in P2P Systems (AP2PS 2009), November 2009.
[9] Yukie Kobayashi, Toshiki Watanabe, Akimitsu Kanzaki, Tomoki Yoshihisa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Best Paper Award," Intl Conf. n Advances in P2P Systems (AP2PS 2009), November 2009.
[10] 小坂 佳弘, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "最優秀論文賞," 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2009), 2009年7月.
[11] 神崎 映光, "山下研究記念賞," 情報処理学会, 2009年3月.
[12] Kriengsak Treeprapin, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "優秀論文賞," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2008), 2008年12月.
[13] 飯間 悠樹, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "優秀論文賞," モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会 2008-MBL-47, 2008年11月.
[14] 宮崎 知美, 渡辺 俊貴, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "優秀論文賞 ," 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2008), 2008年7月.
[15] 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "論文賞," 情報処理学会, 2008年5月.
[16] 神崎 映光, "優秀プレゼンテーション賞," 情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ, 2007年11月.
[17] 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "優秀発表賞," 情報処理学会モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会, 2007年9月.
[18] 谷口 哲也, 神崎 映光, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "優秀論文賞," 情報処理学会 マルチメディアと分散処理ワークショップ, 2006年11月.
[19] 神崎 映光, "優秀プレゼンテーション賞," 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2006), 2006年7月.
[20] 神崎 映光, "優秀発表賞," 情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ, 2003年12月.
[21] 神崎 映光, 上向 俊晃, 原 隆浩, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "優秀論文賞," 情報処理学会モバイルコンピューティングとワイヤレス通信研究会, 2003年7月.
[22] 神崎 映光, "優秀プレゼンテーション賞," 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2002), 2002年7月.