jp only

  en jp

  en+jp
lecture
  jponly

  jp only
Akimitsu Kanzaki WEB

Research

List of works

論文誌
[1] Joseph Korpela and Takuya Maekawa, "Privacy-Preserving Recognition of Object-Based Activities Using Near-Infrared Reflective Markers," ACM/Springer Personal and Ubiquitous Computing (ACM/Springer PUC), volume 22, number 2, pages 365-377 April 2018.
[2] 山藤 浩明, 前川 卓也, 松下 康之, "赤外光の再帰性反射を用いたプライバシに配慮したデバイスフリー屋内位置推定," 情報処理学会論文誌, volume 59, number 1, pages 124-137 2018年1月.
[3] Osamu Ammae, Joseph Korpela, and Takuya Maekawa, "Unobtrusive Detection of Body Movements During Sleep Using Wi-Fi Received Signal Strength with Model Adaptation Technique," Elsevier Future Generation Computer Systems, volume 78, number 1, pages 616-625 January 2018.
[4] Osamu Ammae, Joseph Korpela, and Takuya Maekawa, "Unobtrusive Detection of Body Movements During Sleep Using Wi-Fi Received Signal Strength with Model Adaptation Technique," Future Generation Computer Systems, volume 78, pages 616-625 January 2018.
[5] Takuya Maekawa, Naomi Yamashita, and Yasushi Sakurai, "How Well Can a Users Location Privacy Preferences Be Determined Without Using Gps Location Data?," IEEE Transactions on Emerging Topics in Computing, volume 5, number 4, pages 526-539 October 2017.
[6] Yasuo Namioka, Daisuke Nakai, Kazuya Ohara, and Takuya Maekawa, "Automatic Measurement of Lead Time of Repetitive Assembly Work in a Factory Using a Wearable Sensor," Journal of Information Processing (JIP), volume 58, number 10, pages 901-911 October 2017.
[7] 立川 雅也, 前川 卓也, 松下 康之, "アクティブ・パッシブセンシングを用いた学習環境への過剰適合を考慮した屋内位置セマンティクス推定手法," 情報処理学会論文誌, volume 58, number 10, 1655-1663 2017年10月.
[8] 久賀 稜平, 前川 卓也, 松下 康之, "一人称視点映像を用いたWeb上の知識に基づく環境非依存な行動認識手法," 情報処理学会論文誌, volume 58, number 10, pages 1664-1673 2017年10月.
[9] 孔 全, 前川 卓也, 宮西 大樹, 須山 敬之, "コンテキスト情報に基づくスマートグラスを用いた家電選択手法の提案,," 情報処理学会論文誌, volume 58, number 10, pages 1712-1723 2017年10月.
[10] Yasuo Namioka, Akira Masuda, and Takuya Maekawa, "Unconstrained Person Identification from Ceiling Using Multiview Learning for Tabletop Users," Journal of Information Processing (JIP), volume 58, number 10, pages 889-900 October 2017.
[11] Taisei Hayashi, Daisuke Taniuchi, Joseph Korpela, and Takuya Maekawa, "Spatio-Temporal Adaptive Indoor Positioning Using an Ensemble Approach," Elsevier Pervasive and Mobile , volume 41, pages 319-332 October 2017.
[12] Kazuya Ohara, Takuya Maekawa, and Yasuyuki Matsushita, "Detecting State Changes of Indoor Everyday Objects Using Wi-Fi Channel State Information," Proceedings of the ACM on Interactive, Mobile, Wearable and Ubiquitous Technologies (IMWUT), volume 1, number 88, September 2017.
[13] Joseph Korpela and Takuya Maekawa, "Privacy Preserving Recognition of Object-Based Activities Using Near-Infrared Reflective Markers," Personal and Ubiquitous Computing, pages 1-13 August 2017.
[14] 前川 卓也, 鮫島 正樹, "ウェアラブルデバイスを用いた日常行動センシングと生物行動認識への応用," 日本ロボット学会誌, volume 35, number 2, pages 19-23 2017年3月.
[15] 尾原 和也, 前川 卓也, 松下 康之, "Wi-Fiチャネル状態情報を用いた屋内建具の開閉状態変化の検知手法," 情報処理学会論文誌, volume 58, number 1, pages 123-132 2017年1月.
[16] Joseph Korpela, Ryosuke Miyaji, Takuya Maekawa, Kazunori Nozaki, and Hiroo Tamagawa, "Toothbrushing Performance Evaluation Using Smartphone Audio Based on Hybrid Hmm-Recognition/Svm-Regression Model," Journal of Information Processing, volume 24, number 2, pages 302-313 March 2016.
[17] Akira Masuda and Takuya Maekawa, "Estimating Physical Characteristics with Body-Worn Accelerometers Based on Activity Similarities," Journal of Information Processing, volume 24, number 2, pages 237-246 March 2016.
[18] Akira Masuda, Kun Zhang, and Takuya Maekawa, "Sonic Home: Environmental Sound Collection Game for Human Activity Recognition," Journal of Information Processing, volume 24, number 2, pages 203-210 March 2016.
[19] 尾原 和也, 前川 卓也, 岸野 泰恵, 白井 良成, 納谷 太, "Wi-Fi電波を用いたデバイスフリーパッシブ位置推定モデルの転移手法," 情報処理学会論文誌, volume 57, number 2, pages 405-415 2016年2月.
[20] Joseph Korpela, Takuya Maekawa, Julien Eberle, Dipanjan Chakraborty, and Karl Aberer, "木構造型アンサンブル分類器を用いた行動およびジェスチャ認識のための計算コスト削減手法," 電気学会誌C部門論文誌, volume 135, number 6, pages 637-643 June 2015.
[21] 孔 全, 前川 卓也, "屋内電気系統センシングを用いた電化製品が利用されているコンセントの推定手法," 情報処理学会論文誌, volume 56, number 3, pages 869-878 2015年3月.
[22] Daisuke Taniuchi, Xiaopeng Liu, Daisuke Nakai, and Takuya Maekawa, "Spring Model Based Collaborative Indoor Position Estimation with Neighbor Mobile Devices," IEEE Journal of Selected Topics in Signal Processing, volume 9, pages 268-277 March 2015.
[23] Daisuke Taniuchi and Takuya Maekawa, "Automatic Update of Indoor Location Fingerprints with Pedestrian Dead Reckoning," ACM Transactions on Embedded Computing Systems, volume 14, 27:1-27:23 February 2015.
[24] 前川 卓也, 岸野 泰恵, 柳沢 豊, "手に装着したコイルを用いた携帯型電化製品の利用の認識," 情報処理学会論文誌, volume 56, number 1, pages 239-249 2015年1月.
[25] 前川 卓也, 岸野 泰恵, 柳沢 豊, "乾電池型センサノードを用いた携帯型電化製品の利用の認識," 情報処理学会論文誌, volume 56, number 1, pages 229-238 2015年1月.
[26] Quan Kong and Takuya Maekawa, "Reusing Training Data with Generative/Discriminative Hybrid Model for Practical Acceleration-Based Activity Recognition," Springer Computing, volume 96, pages 875-895 September 2014.
[27] 孔 全, 前川 卓也, "トレーニングデータの共有と半教師あり学習を用いた日常行動認識モデル学習手法," 電気学会誌C部門論文誌, volume 134, number 5, pages 711-717 2014年5月.
[28] 津田 祐輝, 孔 全, 前川 卓也, "Wi-Fi位置計測のための計測エラー検出および修正手法," 情報処理学会論文誌, volume 55, number 1, pages 378-388 2014年1月.
[29] 谷内 大祐, 前川 卓也, "位置フィンガープリントの自動更新を用いた電波環境変化に頑健な屋内位置推定手法," 情報処理学会論文誌, volume 55, number 1, pages 280-288 2014年1月.
[30] 前川 卓也, "日常行動センシング・認識技術とその応用," システム制御情報学会誌, volume 58, number 1, pages 9-14 2014年1月.
[31] Takuya Maekawa, Yasue Kishino, Yasushi Sakurai, and Takayuki Suyama, "Activity Recognition with Hand-Worn Magnetic Sensors," ACM/Springer Personal and Ubiquitous Computing (ACM/Springer PUC), volume 17, number 6, pages 1085-1094 August 2013.
[32] Yousuke Yasuda and Takuya Maekawa, "Acceleration-Based Activity Recognition with Adaptive Training Data Selection Using Physical Characteristics Information," Rangsit Journal of Information Technology, volume 1, number 2, pages 6-15 July 2013.
[33] Takuya Maekawa and Shinji Watanabe, "Training Data Selection with Users Physical Characteristics Data for Acceleration-Based Activity Modeling," ACM/Springer Personal and Ubiquitous Computing (ACM/Springer PUC), volume 17, pages 451-463 March 2013.
[34] 前川 卓也, 柳沢 豊, 岸野 泰恵, 石黒 勝彦, 櫻井 保志, 亀井 剛次, 岡留 剛, "手首に装着したカメラ付きセンサデバイスを用いた行動認識手法," 電子情報通信学会論文誌, volume J95-B, number 11, pages 1480-1490 2012年11月.
[35] 前川 卓也, 渡部 晋治, "ユーザの身体的特徴情報を用いた行動認識モデルの学習手法," 情報処理学会論文誌, volume 53, number 7, pages 1665-1674 2012年7月.
[36] Takuya Maekawa, Yutaka Yanagisawa, Yasushi Sakurai, Yasue Kishino, Koji Kamei, and Takeshi Okadome, "Context-Aware Web Search in Ubiquitous Sensor Environments," ACM Transactions on Internet Technology (ACM TOIT), volume 11, number 3, 12:1-12:23 January 2012.
[37] Arase Yuki, Maekawa Takuya, Hara Takahiro, Uemukai Toshiaki, and Nishio Shojiro, "A Web Browsing System for Cellular Phone Users Based on Adaptive Presentation," Springer Universal Access in the Information Society, volume 6, number 3, pages 259-271 October 2007.
[38] 荒瀬由紀, 前川卓也, 原 隆浩, 上向俊晃, 西尾章治郎, "携帯電話を用いたWeb閲覧のためのコンテンツ適応的提示システム," 情報処理学会論文誌, volume 47, number 12, pages 3149-3164 2006年12月.
[39] 前川卓也, 原 隆浩, 西尾章治郎, "小型端末を用いたWeb閲覧のための画像分類方式," 日本データベース学会Letters, volume 5, number 1, pages 125-128 2006年6月.
[40] 前川卓也, 原 隆浩, 西尾章治郎, "モバイル端末のためのWebページ自動スクロール方式," 日本データベース学会Letters, volume 4, number 2, pages 29-32 2005年9月.
[41] 前川卓也, 上向俊晃, 原 隆浩, 西尾章治郎, "リモートディスプレイ環境におけるJava対応携帯電話を用いた情報閲覧システム," 電子情報通信学会論文誌D-I, volume J88-D-I, number 6, pages 1091-1103 2005年6月.
[42] 富安宏和, 前川卓也, 原 隆浩, 西尾章治郎, "携帯電話のメール機能を用いたソーシャルネットワークのためのアプリケーション," 日本データベース学会Letters, volume 4, number 1, pages 73-76 2005年6月.
[43] 前川卓也, 原 隆浩, 西尾章治郎, "複数のモバイル端末のための協調WWWブラウジングシステム," 電子通信学会和文論文誌D-I, volume J88-D-I, number 3, pages 629-641 2005年3月.
[44] 前川 卓也, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "複数のモバイルユーザによる協調的WWWコンテンツ閲覧システム," 日本データベース学会 Letters, volume 3, number 2, pages 093-096 2004年9月.
[45] 前川卓也, 上向俊晃, 原 隆浩, 西尾章治郎, "複数のモバイル端末による協調ブラウジングのための木構造型コンテンツ記述方式と分割方式," 情報処理学会論文誌: データベース, volume 45, number SIG7(TOD 22), pages 11-23 2004年6月.
[46] 前川 卓也, 上向 俊晃, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "モバイルユーザによる協調ブラウジングのためのコンテンツ分割方式," 日本データベース学会Letters, volume 2, number 4, pages 3-6 2004年3月.
国際会議
[1] Kazuya Ohara, Takuya Maekawa, Stephan Sigg, and Moustafa Youssef, "Preliminary Investigation of Position Independent Gesture Recognition Using Wi-Fi Channel State Information," IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications (PerCom 2018), March 2018.
[2] Taiki Miyanishi, Jun-ichiro Hirayama, Takuya Maekawa, and Motoaki Kawanabe, " Generating an Event Timeline about Daily Activities from a Semantic Concept Stream," the 32th AAAI Conference on Artificial Intelligence (AAAI-18), February 2018.
[3] Naoya Yoshimura, Takuya Maekawa, Daichi Amagata, and Takahiro Hara, "Preliminary Investigation of Fine-Grained Gesture Recognition with Signal Super-Resolution," In IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications, 2018.
[4] Thilina Dissanayake, Takuya Maekawa, Daichi Amagata, and Takahiro Hara, "Preliminary Investigation of Detecting Events of Indoor Objects with Smartphone Active Sound Sensing," In IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications (Work in Progress), 2018.
[5] Boqi Gao, Takuya Maekawa, Daichi Amagata, and Takahiro Hara, "Environment-Adaptive Malicious Node Detection in Manets with Ensemble Learning," In IEEE International Conference on Distributed Computing Systems (ICDCS), pages 556-566 2018.
[6] Masumi Shirakawa, Takahiro Hara, and Takuya Maekawa, "Never Abandon Minorities: Exhaustive Extraction of Bursty Phrases on Microblogs Using Set Cover Problem," Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing (EMNLP 2017), pages 2358-2367 September 2017.
[7] Kazuya Ohara, Taisei Hayashi, Takuya Maekawa, and Yasuyuki Matsushita, "Metric Structure from Motion by Indoor Localization Using Wi-Fi Channel State Information," Proc. of 2017 IEEE International Conference on Mechatronics and Automation (ICMA 2017), pages 352-357 August 2017.
[8] Shuhei Yamazaki, Yosuke Ikejiri, Fumie Hiramatsu, Akiko Yamazoe-Umemoto, Kosuke Fujita, Yuki Tanimoto, Koichi Hashimoto, Takuya Maekawa, and Kotaro Kimura, "Learning-Dependent Behavioral Modulation of Sensory Behavior Revealed by Machine Learning and Optophysiological Analysis in a Virtual Environment," 21st International C. elegans Conference, June 2017.
[9] Kotaro Kimura, Shuhei Yamazaki, Ichiro Takeuchi, and Takuya Maekawa, "Pan-Behavioromics: Comprehensive Analysis of Worms Behavior Using Machine Learning Methods and Its Application to Animals in General," 21st International C. elegans Conference, June 2017.
[10] Takuya Maekawa, Kazuya Ohara, Yizhe Zhang, Kotaro Kimura, and Shuhei Yamazaki, "Comparative Analysis of Worms Behavior with Deep Neural Networks," 21st International C. elegans Conference, June 2017.
[11] Takuya Maekawa and Yuki Sakumichi, "Easy to Install Indoor Positioning System That Parasitizes Home Lighting," Proc. of 2017 European Conference on Ambient Intelligence (AmI 2017), pages 124-129 April 2017.
[12] Hiroaki Santo, Takuya Maekawa, and Yasuyuki Matsushita, "Device-Free and Privacy Preserving Indoor Positioning Using Infrared Retro-Reflection Imaging," Proc. of IEEE Intl Conf. on Pervasive Computing and Communications (PerCom 2017), pages 141-152 March 2017.
[13] Takuya Maekawa, Akira Masuda, and Yasuo Namioka, " Identification from Ceiling: Unconstrained Person Identification for Tabletops Using Multiview Learning," Proc. of International Conference on Mobile and Ubiquitous Multimedia (MUM 2016), pages 273-284 December 2016.
[14] Takuya Maekawa and Yuki Sakumichi, "Initial Investigation of Indoor Positioning System That Parasitizes Home Lighting," Proc. of International Conference on Mobile and Ubiquitous Multimedia (MUM 2016), pages 319-321 December 2016.
[15] Kazuya Ohara, Daisuke Nakai, Takuya Maekawa, and Yasuo Namioka, "Preliminary Investigation of Unsupervised Measurement of Assemblywork Lead Time by Usingwearable Sensor," Proc. of Asian Conference on Information Systems (ACIS 2016), pages 217-218 October 2016.
[16] Takuya Maekawa, Kazuya Ohara, Yizhe Zhang, Quan Kong, and Keita Kobayashi, "Towards Advanced Sensor-Based Baseball Pitcher Coaching: Preliminary Investigation of Early Classification of Pitches," Proc. of Asian Conference on Information Systems (ACIS 2016), pages 215-216 October 2016.
[17] Takuya Maekawa, Daisuke Nakai, Kazuya Ohara, and Yasuo Namioka, "Toward Practical Factory Activity Recognition: Unsupervised Understanding of Repetitive Assembly Work in a Factory," Proc. of International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp 2016), pages 1088-1099 September 2016.
[18] Quan Kong, Takuya Maekawa, Taiki Miyanishi, and Takayuki Suyama, "Selecting Home Appliances with Smart Glass Based on Contextual Information," Proc. of International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp 2016), pages 97-108 September 2016.
[19] Masaya Tachikawa, Takuya Maekawa, and Yasuyuki Matsushita, "Predicting Location Semantics Combining Active and Passive Sensing with Environment-Independent Classifier," Proc. of International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp 2016), pages 220-231 September 2016.
[20] Joseph Korpela, Takuya Maekawa, Julien Eberle, Dipanjan Chakraborty, and Karl Aberer, " Tree-Structured Classifier for Acceleration-Based Activity and Gesture Recognition on Smartwatches," Proc. of IEEE Intl Conf. on Pervasive Computing and Communications (PerCom 2016), March 2016.
[21] Daisuke Nakai, Takuya Maekawa, and Yasuo Namioka, "Towards Unsupervised Measurement of Assembly Work Cycle Time by Using Wearable Sensor," Proc. of IEEE Intl Conf. on Pervasive Computing and Communications (PerCom 2016), March 2016.
[22] Akira Masuda, Takuya Maekawa, and Yasuo Namioka, "Preliminary Investigation of Unconstrained Person Identification for Tabletops Using Soft Biometrics," Proc. of IEEE Intl Conf. on Pervasive Computing and Communications (PerCom 2016), March 2016.
[23] Taiki Miyanishi, J.Hirayama, Quan Kong, Takuya Maekawa, H.Moriya, and Takayuki Suyama, "Egocentric Video Search Via Physical Interactions," Proc. of the 30th AAAI Conference on Artificial Intelligence (AAAI-16), pages 330-337 February 2016.
[24] Takuya Maekawa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Two Aproaches to Browse Large Web Pages Using Mobile Devices (Demo Paper)," Proc. of Intl Conf. on Mobile Data Management (MDM 2006), May 2006.
[25] Kotaro Nakayama, Takuya Maekawa, Hirokazu Tomiyasu, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Proc. of Intl Workshop on Tools and Applications on Mobile Contents (Tamc 2006)," Proc. of Intl Workshop on Tools and Applications on Mobile Contents (TAMC 2006), pages 46-53 May 2006.
[26] Hirokazu Tomiyasu, Takuya Maekawa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Profile-Based Query Routing in a Mobile Social Network," Proc. of Intl Workshop on Future Mobile and Ubiquitous Information Technologies (FMUIT 2006), pages 101-104 May 2006.
[27] Takuya Maekawa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Image Classification for Mobile Web Browsing," Proc. of Intl World Wide Web Conf. (WWW 2006), pages 43-52 May 2006.
[28] Yuki Arase, Takuya Maekawa, Takahiro Hara, Toshiaki Uemukai, and Shojiro Nishio, "A Web Browsing System Based on Adaptive Presentation of Web Contents for Cellular Phones," Proc. of Intl Cross-disciplinary Workshop on Web Accessibility (W4A 2006), pages 86-89 May 2006.
[29] Takuya Maekawa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Collaborative Web Browsing System for Multiple Mobile Users," In Proc. of IEEE Intl Conf. on Pervasive Computing and Communications (PerCom 2006), pages 22-33 March 2006.
[30] Takuya Maekawa, Toshiaki Uemukai, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Content Description and Partitioning Methods for Collaborative Browsing by Multiple Mobile Users," In Proc. of Intl Workshop on Mobility in Databases and Distributed Systems (MDDS 2005), pages 1068-1072 August 2005.
[31] Hirokazu Tomiyasu, Takuya Maekawa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Social Network Applications Using Cellular Phones with E-Mail Function," In Proc. of Intl Special Workshop on Databases for Next Generation Researchers (SWOD 2005), pages 136-139 April 2005.
[32] Takuya Maekawa, Toshiaki Uemukai, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Java-Based Information Browsing System in a Remote Display Environment," In Proc. of IEEE Intl Conf. on E-Commerce Technology (CEC 2004), pages 342-346 July 2004.
国内会議(査読付き)
[1] 神谷 俊充, 中村 達哉, 前川 卓也, 天方 大地, 原 隆浩, "再帰型ニューラルネットワークによるアプリケーションの利用履歴を用いたユーザのコンテキスト推定モデルの構築," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2018)シンポジウム論文集, pages 1244-1251 2018年7月.
[2] 前川 卓也, 岸野 泰恵, 櫻井 保志, 須山 敬之, "手に装着した磁気センサによる電化製品の利用の認識," 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム論文集, 2011年7月.
[3] 須山 敬之, 岸野 泰恵, 前川 卓也, "センサ情報を用いた映像探索技術," 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム論文集, 2010年7月.
[4] 柳沢 豊, 前川 卓也, 岡留 剛, "物体の相対的な位置関係に基づいた実世界のイベント検知手法," マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2007)シンポジウム, pages 322-329 2007年7月.
[5] 富安 宏和, 前川 卓也, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "携帯電話を用いたソーシャルネットワーキングのためのクエリ伝播機構およびそのアプリケーション," 電子情報通信学会データ工学ワークショップ(DEWS 2005)論文集, 2005年2月.
[6] 前川 卓也, 上向 俊晃, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "複数のモバイル端末による協調ブラウジングのための木構造型コンテンツ記述方式と分割方式," 情報処理学会データベースとWeb情報システムに関するシンポジウム(DBWeb 2003)論文集, pages 139-146 2003年11月.
国内研究会
[1] 東出 大輝, 前川 卓也, 天方 大地, 原 隆浩, 水谷 友一, 鈴木 宏和, 依田 憲, "生物移動情報分析における個体属性差による行動差異の発見支援," 第62回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI18), 2018年5月.
[2] 田 一鳴, 前川 卓也, 天方 大地, 原 隆浩, 松本 祥子, 依田 憲, 藤岡 慧明, 濱井 郁弥, 福井 大, 飛龍 志津子, "動物移動行動データからの高速な頻出共起ルール抽出に関する検討," 第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2018), 2018年3月.
[3] Thilina Dissanayake, 前川 卓也, 天方 大地, 原 隆浩, "アクティブサウンドセンシングを用いた屋内日常物のイベント検知に関する検討," 情報処理学会第57回ユビキタスコンピューティングシステム研究会, 2018年2月.
[4] 吉村 直也, 前川 卓也, 天方 大地, 原 隆浩, "ジェスチャ・行動認識のための加速度信号アップサンプリング手法に関する検討," 情報処理学会第58回ユビキタスコンピューティングシステム研究会, 2018年.
[5] Joseph Korpela, Masaki Samejima, Takuya Maekawa, Yasue Kishino, Junichi Nakai, Sakiko Matsumoto, Ken Yoda, and Kazuya Murao, "Preliminary Analysis of Realtime Classification of Feeding Activity for the Streaked Shearwater," 第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, December 2017.
[6] 尾原和也, 前川 卓也, 松下 康之, "Wi-Fiチャネル状態情報を用いた屋内日常物の状態推定," 情報処理学会 第56回ユビキタスコンピューティングシステム研究会, 2017年10月.
[7] 尾原 和也, 林 大晟, 前川 卓也, 松下 康之, "Wi-Fiチャネル状態情報を用いた屋内位置推定によるStructure from Motionのためのスケール復元," 電気学会第71回情報システム研究会, 2017年8月.
[8] 鮫島 正樹, 前川 卓也, 岸野 泰恵, 中井 淳一, 依田 憲, "バイオロギングのためのイベント駆動型ロガーの開発," ロボティクス・メカトロニクス 講演会 2017, 2017年5月.
[9] 高 博奇, 天方 大地, 前川 卓也, 原 隆浩, "モバイルアドホックネットワークにおける機械学習を用いた攻撃端末特定手法," 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2017), 2017年3月.
[10] 川上 慶士, 原 隆浩, 前川 卓也, 石塚 宏紀, Xing Xie, "高度なコンテキスト情報を活用したユーザの利用アプリケーションの推定," 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2017), 2017年3月.
[11] 中谷 友哉, 前川 卓也, 白川 真澄, 原 隆浩, "ニューラルネットワークによるWi-Fi受信電波強度を用いた2地点間距離推定に関する検討," 情報処理学会研究報告(ユビキタスコンピューティングシステム研究会), 2017年3月.
[12] 張 伊喆, 前川 卓也, 松下 康之, "畳み込みニューラルネットワークとカメラ画像を用いたWi-Fi情報への位置セマンティックラベリング," 電気学会第69回情報システム研究会, 2017年3月.
[13] 鮫島 正樹, 前川 卓也, 菅原 貴徳, 西沢 文吾, 綿貫 豊, Yong Lindsay, 依田 憲, "省電力ロガー実現のための生物の行動認識に関する検討," 第12回バイオロギングシンポジウム, 2016年12月.
[14] Korpela Joseph and Maekawa Takuya, "スマートフォン音声データを用いた歯磨き行動評価のためのニューラルネットワーク構造の検討," 情報処理学会 第81回モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム研究会, December 2016.
[15] 玉木 徹, 竹内 一郎, 前川 卓也, 依田 憲, "一人称鳥視点映像解析の試み," 情報処理学会研究報告(コンピュータビジョンとイメージメディア研究会), volume 2016-CVIM-203, number 47, pages 1-4 2016年9月.
[16] 梅津 佑太, 中川 和也, 井上 茂乗, 津田 宏治, 杉山 麿人, 前川 卓也, 玉木 徹, 依田 憲, 竹内 一郎, "時系列データの変化点検出におけるSelective Inference," 第26回 情報論的学習理論と機械学習研究会, 2016年9月.
[17] 尾原 和也, 中井 大輔, 前川 卓也, 浪岡 保男, "ウェアラブルセンサを用いた教師なしライン作業分析に関する検討," 電気学会第67回情報システム研究会, 2016年8月.
[18] Joseph Korpela and Takuya Maekawa, " Initial Investigation of Visual Marker Design for Activity Recognition Using Near-Infrared Images," 情報処理学会研究報告(ユビキタスコンピューティングシステム研究会), volume 2016-UBI-50, number 5, pages 1-3 May 2016.
[19] 久賀 稜平, 前川 卓也, 松下 康之, "一人称視点映像を用いたWeb上の知識に基づく環境非依存な行動認識手法の提案," 情報処理学会研究報告(ユビキタスコンピューティングシステム研究会), volume 2016-UBI-50, number 12, pages 1-6 2016年5月.
[20] 尾原 和也, 前川 卓也, 松下 康之, "Wi-Fiチャネル状態情報を用いた屋内日常物の状態変化の検知に関する検討," 情報処理学会研究報告(ユビキタスコンピューティングシステム研究会), volume 2016-UBI-50, number 11, pages 1-5 2016年5月.
[21] 立川 雅也, 前川 卓也, 松下 康之, "スマートフォンセンサを用いた学習環境への過剰適合を考慮した屋内位置セマンティクス推定手法," 情報処理学会研究報告(ユビキタスコンピューティングシステム研究会), volume 2016-UBI-50, number 10, pages 1-6 2016年5月.
[22] 山藤 浩明, 前川 卓也, 松下 康之, "赤外光の再帰性反射を用いたデバイスフリー屋内位置推定のための単眼カメラによる複数人物追跡," 情報処理学会研究報告(ユビキタスコンピューティングシステム研究会), 2016年5月.
[23] 立川 雅也, 前川 卓也, 松下 康之, "パッシブセンシングとアクティブセンシングを組み合わせた屋内位置セマンティクス推定手法の検討," 電気学会第66回情報システム研究会, 2016年5月.
[24] 清水 育, 前川 卓也, 松下 康之, "ヘッドセットマイクを用いた呼吸法自動判定手法の検討," 電気学会第66回情報システム研究会, 2016年5月.
[25] 伊藤 晟, 鮫島 正樹, 前川 卓也, 松下 康之, "GPSシグナルを利用した疎なGoogle Street View画像列の時間軸補間," 情報処理学会研究報告(コンピュータビジョンとイメージメディア研究会), volume 2016-CVIM-200, number 40, pages 1-7 2016年1月.
[26] 山藤 浩明, 前川 卓也, 松下 康之, "赤外線カメラと再帰性反射マーカを用いたプライバシに配慮した屋内位置推定に関する検討," 情報処理学会研究報告(コンピュータビジョンとイメージメディア研究会), volume 2016-CVIM-200, number 4, pages 1-8 2016年1月.
[27] 久賀 稜平, 前川 卓也, 松下 康之, "Web上の知識を用いた1人称視点映像におけるオブジェクトの利用を伴う行動の認識に関する検討," 情報処理学会研究報告(コンピュータビジョンとイメージメディア研究会), volume 2016-CVIM-200, number 1, pages 1-8 2016年1月.
[28] Zhang Yizhe, Kong Quan, 小林 啓太, 前川 卓也, "隠れマルコフモデルの集団学習を用いた早期行動認識手法の提案とスポーツ動作データ分析への適用," 電気学会第65回情報システム研究会, 2015年11月.
[29] 足立 樹哉, 大野 宇宙, Joseph Korpela, 前川 卓也, "電波強度変化に頑健なWiFi屋内位置推定のための他環境長期電波強度モデルの適応手法," 情報処理学会第48回ユビキタスコンピューティングシステム研究会, 2015年11月.
[30] 富安宏和, 前川卓也, 原 隆浩, 上向俊晃, 西尾章治郎, "携帯電話を用いたWebページ閲覧におけるスクロール支援のためのアノテーション提示手法," 電子情報通信学会第二種研究会技術研究報告(Webインテリジェンスとインタラクション研究会WI2-2006-19), pages 41-46 2006年3月.
[31] 荒瀬由紀, 前川卓也, 原 隆浩, 上向俊晃, 西尾章治郎, "携帯電話によるWeb閲覧のためのコンテンツ適応的提示," 電子情報通信学会第二種研究会技術研究報告(Webインテリジェンスとインタラクション研究会WI2-2006-20), 2006年3月.
[32] 前川卓也, 原 隆浩, 西尾章治郎, "モバイル端末によるWebページ自動閲覧のための画像分類," 情報処理学会研究報告(モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会2004-MBL-34), volume 2005, number 90, pages 49-56 2005年9月.
[33] 前川卓也, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "小型ディスプレイ端末によるWebページ閲覧のための自動スクロール方式," 情報処理学会研究報告(データベースシステム研究会2005-DBS-137), volume 2005, number 67, pages 167-174 2005年7月.
[34] 前川 卓也, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "複数のモバイルユーザのためのWebページ分割を用いた協調Webブラウジングシステム," 情報処理学会研究報告(モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会 2004-MBL-31, 高度交通システム研究会 2004-ITS-19, 放送コンピューティング研究グループ研究会 2004-BCCgr-9 合同研究発表会), volume 2004, number 114, pages 001-008 2004年11月.
[35] 前川 卓也, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "複数のモバイルユーザによる協調的なコンテンツ閲覧が可能なWWWブラウジングシステム," 情報処理学会研究報告(データベースシステム研究会 2004-DBS-134(Ⅱ)), pages 615-622 2004年7月.
[36] 前川 卓也, 上向 俊晃, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "Java対応携帯電話を用いたリモートディスプレイ上の情報閲覧システム," 電子情報通信学会データ工学研究会報告(DE2003-1), volume 103, number 104, pages 1-6 2003年6月.
全国大会
[1] 田 一鳴, 前川 卓也, 天方 大地, 原 隆浩, 松本 祥子, 依田 憲, 藤岡 慧明, 濱井 郁弥, 福井 大, 飛龍 志津子, "Preliminary Investigation of Co-Occurrence Rule Extraction from Multi-Modal Animal Locomotion Data," IPSJ情報処理学会第80回全国大会, 2018年3月.
基調講演/セミナー・パネル討論等
[1] 前川 卓也, "ディープラーニング・機械学習を用いた生物・人間行動の理解," 於 アイシン・エイ・ダブリュ, 2018年6月.
[2] 前川 卓也, "実世界指向AIが引き起こすイノベーション," 第一回ビジネスedgeセミナー「AIは経営とビジネスモデルにどんなイノベーションを起こすのか」基調講演, 2018年6月.
[3] 前川 卓也, "ヒト・動物行動の理解にむけた実世界センサデータマイニング技術," 電子情報通信学会北海道支部講演会, 2018年3月.
[4] Takuya Maekawa, "Sensing and Understanding Real-World: Knowledge Discovery from Human and Animal Activity Data," The Sixth Asian Conference on Information Systems (ACIS 2017), December 2017.
[5] 前川 卓也, "センサデータ処理技術の基礎と異常検知・分類分析への応用," 於 凸版印刷株式会社, 2017年11月.
[6] 前川 卓也, "Knowledge Discovery from Animal Locomotion Data," Tutorial Workshops on Systems Science of Bio-navigation, 2017 IEEE International Conference on Mechatronics and Automation (ICMA 2017), 2017年8月.
[7] 前川 卓也, "Knowledge Discovery Methods for Industry, Health Care, and Ecology," 日本学術振興会研究拠点形成事業 第6回国際セミナー「生物多様性と進化:新バイオロギング手法による野生動物研究」, 2017年5月.
[8] 前川 卓也, "Good Pervasive Computing Studies Require Laborious Data Labeling Efforts: Our Experience in Activity Recognition and Indoor Positioning Studies," PerCom 2017 Workshop on Annotation of useR Data for UbiquitOUs Systems (ARDUOUS2017), 2017年3月.
[9] 前川 卓也, "ヒトの日常生活センサデータ認識技術と動物データへの応用の可能性," 第12回バイオロギングシンポジウム, 2016年12月.
[10] 前川 卓也, "実世界データ処理・マイニング技術の人間および生物行動理解への応用," 於 兵庫県立宝塚北高等学校, 2016年11月.
[11] 前川 卓也, "家庭環境コンテキスト認識の最新研究と今後の展開," 電子情報通信学会 知的環境とセンサネットワーク研究会(ASN), 2016年5月.
[12] 前川 卓也, "ウェアラブル・スマートフォンセンサを用いたマルチモーダル人間行動認識," 電子情報通信学会 パターン認識・メディア理解研究会(PRMU), 2016年3月.
新聞報道記事
[1] 前川 卓也, "世界初! AIを使った生き物目線の映像," MBSテレビ ちちんぷいぷい, 2017年9月.
[2] 前川 卓也, "海鳥目線 AIで撮影," 読売新聞, 2017年9月.
[3] 前川 卓也, "生物の「空の羅針盤」探る," 読売新聞, 2017年9月.
[4] 前川 卓也, "東北大学 生物の移動の仕組みを科学する大型研究プロジェクトの発足~ヒトや動物の移動の予測と制御に期待~," 日経バイオテクONLINE, 2016年7月.
[5] 前川 卓也, "東北大学 生物の移動の仕組みを情報科学的に解明する大型研究プロジェクト," マイナビニュース, 2016年7月.
[6] 前川 卓也, "自発的に考えるロボット," 読売新聞, 2016年5月.
受賞
[1] 神谷 俊充, 中村 達哉, 前川 卓也, 天方 大地, 原 隆浩, "ヤングリサーチャ賞," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2018)シンポジウム論文集, 2018年7月.
[2] Thilina Dissanayake, 前川 卓也, 天方 大地, 原 隆浩, "優秀論文賞," 情報処理学会 第57回ユビキタスコンピューティングシステム研究会, 2018年5月.
[3] 尾原 和也, 前川 卓也, 松下 康之, "優秀論文賞," 情報処理学会 第56回ユビキタスコンピューティングシステム研究会, 2018年5月.
[4] Naoya Yoshimura, Takuya Maekawa, Daich Amagata, and Takahiro Hara, "Best Wip Paper Award," IEEE Intl Conf. on Pervasive Computing and Communications (PerCom 2018), March 2018.
[5] 山藤 浩明, 前川 卓也, 松下康之, "特選論文," 情報処理学会論文誌ジャーナル, 2018年1月.
[6] Joseph Korpela, Masaki Samejima, Takuya Maekawa, Yasue Kishino, Junichi Nakai, Sakiko Matsumoto, Ken Yoda, and Kazuya Murao, "優秀講演賞," 第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, December 2017.
[7] 尾原 和也, 前川 卓也, 松下 康之, "国際会議発表奨励賞," 情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会, 2017年11月.
[8] 前川 卓也, "大阪大学賞(若手教員部門)," 大阪大学, 2017年11月.
[9] 尾原 和也, 前川 卓也, 松下 康之, "優秀論文賞," 情報処理学会 第56回ユビキタスコンピューティングシステム研究会, 2017年11月.
[10] Yasuo Namioka, Daisuke Nakai, Kazuya Ohara, and Takuya Maekawa, "Ipsj Specially Selected Paper," Journal of Information Processing, October 2017.
[11] Murilo M. Marinho, Yuki Yatsushima, Takuya Maekawa, and Yasuo Namioka, "Runner-Up Paper Award," 4th international Workshop on Sensor-based Activity Recognition and Interaction (iWoar 2017), September 2017.
[12] Korpela Joseph and Takuya Maekawa, "優秀発表賞," 情報処理学会 第81回モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム研究会, August 2017.
[13] 山藤 浩明, 前川 卓也, 松下 康之, "国際会議発表奨励賞," 情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会, 2017年5月.
[14] 久賀 稜平, 前川 卓也, 松下 康之, "学生奨励賞," 情報処理学会 第50回ユビキタスコンピューティングシステム研究会, 2017年5月.
[15] Korpela Joseph, Miyaji Ryosuke, Maekawa Takuya, Nozaki Kazunori, and Tamagawa Hiroo, "学生奨励賞," 情報処理学会 第47回ユビキタスコンピューティングシステム研究会, August 2016.
[16] 尾原 和也, 前川 卓也, 岸野 泰恵, 白井 良成, 納谷 太, "優秀論文賞," 情報処理学会 第47回ユビキタスコンピューティングシステム研究会, 2016年8月.
[17] 孔 全, 前川 卓也, 宮西 大樹, 須山 敬之, "学生奨励賞," 情報処理学会 第47回ユビキタスコンピューティングシステム研究会, 2016年8月.
[18] 庵前 修, Joseph Korpela, 前川卓也, "優秀論文賞," 情報処理学会 第46回ユビキタスコンピューティングシステム研究会, 2016年8月.
[19] 久賀 稜平, 前川 卓也, 松下 康之, "学生奨励賞," 情報処理学会第50回ユビキタスコンピューティングシステム研究会, 2016年5月.
[20] 立川雅也, 前川 卓也, 松下 康之, "国際会議発表奨励賞," 情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会 , 2016年5月.
[21] 尾原 和也, 前川 卓也, 岸野 泰恵, 白井良成, 納谷 太, "特選論文," 情報処理学会論文誌ジャーナル, volume 57, number 2, 2016年2月.
[22] Kazuya Ohara, Takuya Maekawa, Yasue Kishino, Yoshinari Shirai, and Futoshi Naya, "Best Poster Award," Asian Conf. on Information Systems (ACIS 2015), October 2015.
[23] 前川卓也, "優秀論文発表A賞," 電気学会, 2015年8月.
[24] 前川 卓也, "大阪大学総長奨励賞," 大阪大学, 2015年7月.
[25] 杉本広大, 平嶋 崇大, 前川卓也, "学生奨励賞," 情報処理学会 第44回ユビキタスコンピューティングシステム研究会, 2015年5月.
[26] Daisuke Taniuchi and Takuya Maekawa, "Student Best Paper Award," IEEE International Conference on Wireless and Mobile Computing, October 2014.
[27] 富安 宏和, 前川 卓也, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "優秀論文賞," 情報処理学会マルチメディアと分散処理ワークショップ, 2005年12月.
[28] 前川 卓也, "優秀発表賞," 情報処理学会 モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会, 2005年9月.