jp only

  en jp

  en+jp
lecture
  jponly

  jp only
Akimitsu Kanzaki WEB

Research

List of works

論文誌
[1] Tomoki Yoshihisa, Tomoya Kawakami, and Yusuke Gotoh, "Zero Interruption-Oriented Techniques for Mobile Video-On-Demand in Hybrid Broadcasting Environments," International Journal of Informatics Society (IJIS), volume 9, number 2, pages 85-93 September 2017.
[2] 義久 智樹, 原 隆浩, "IoT環境における処理削減によるストリーミング処理時間短縮手法," 情報処理学会論文誌, volume 58, number 4, pages 898-907 2017年4月.
[3] 石 芳正, 川上 朋也, 義久 智樹, 寺西 裕一, "コンシステントハッシュ法を用いた複数センサデータストリーム配信システムの実現と評価," 情報処理学会論文誌, volume 58, number 2, pages 343-355 2017年2月.
[4] Tomoki Yoshihisa, "Reducing Interruption Time by Segmented Streaming Data-Scheduling in Hybrid Broadcasting Environments," Internatioinal Journal of Informatics Society, volume 8, number 3, pages 141-149 December 2016.
[5] Tomoya Kawakami, Yoshimasa Ishi, Tomoki Yoshihisa, and Yuuichi Teranishi, "A Sensor Data Stream Delivery Method to Accommodate Heterogeneous Cycles on Cloud," IEICE Transactions on Communications, volume E99-B, number 6, pages 1331-1340 June 2016.
[6] Yusuke Gotoh and Tomoki Yoshihisa, "A Scheduling Method for Waiting Time Reduction in Area-Based Broadcasting Considering Loading Time," Journal of Mobile Multimedia, volume 12, number 1&2, pages 17-30 April 2016.
[7] 石 芳正, 川上 朋也, 義久 智樹, 寺西 裕一, "収集周期の異なるセンサデータストリームのための上限ホップ数を設けたP2P型配信システムの実現と評価," 情報処理学会論文誌, volume 57, number 2, pages 583-596 2016年2月.
[8] Tomoya Kawakami, Yoshimasa Ishi, Tomoki Yoshihisa, and Yuuichi Teranishi, "A Churn Resilience Technique on P2p Sensor Data Stream Delivery System Using Distributed Hashing," International Journal of Computing and Informatics (Informatica), volume 39, number 4, 355-363 December 2015.
[9] 後藤 佑介, 義久 智樹, 谷口 秀夫, 金澤 正憲, "データ分離可能な没入型コンテンツの放送型配信におけるスケジューリング手法," 情報処理学会論文誌デジタルコンテンツ(DCON), volume 2, number 2, pages 38-47 2014年8月.
[10] Tomoya Kawakami, Naotaka Fujita, Tomoki Yoshihisa, and Masahiko Tsukamoto, "An Evaluation and Implementation of Rule-Based Home Energy Management System Using the Rete Algorithm," The Scientific World Journal, volume 2014, number 591478, pages 1-8 July 2014.
[11] Tomoya Kawakami, Yoshimasa Ishi, Tomoki Yoshihisa, and Yuuichi Teranishi, "A P2P-Based Sensor Data Stream Delivery Method to Accommodate Heterogeneous Cycles," Journal of Information Processing (JIP), volume 22, number 3, pages 455-463 July 2014.
[12] 藤田 直生, 義久 智樹, 塚本 昌彦, "消費電力削減のためのルール制御型エネルギーオンデマンドシステム," 情報処理学会論文誌, volume 55, number 2, pages 721-730 2014年2月.
[13] 石 芳正, 川上 朋也, 義久 智樹, 寺西 裕一, "収集周期の異なるセンサデータストリームのためのP2P型配信システムとその評価," 情報処理学会論文誌, volume 55, number 2, pages 707-720 2014年2月.
[14] 横山 正浩, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "P2Pストリーミング環境におけるモデル・動作分離型コンテンツの再生途切れ時間短縮方式," 情報処理学会論文誌, volume 54, number 11, 2360 - 2370 2013年11月.
[15] 梅澤 真弘, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "放送通信融合環境における再生端末の受信済みデータを考慮したストリーミング配信手法," 情報処理学会論文誌, volume 54, number 11, 2349 - 2359 2013年11月.
[16] Tomoki Yoshihisa, Naotaka Fujita, and Masahiko Tsukamoto, "A Rule-Based Home Energy Management System for Power Consumption Reduction," INFORMATION Journal, volume 16, number 9(B), pages 6893-6904 September 2013.
[17] 義久 智樹, "デジタルコンテンツ配信における再生中断制御に関する考察と評価," 情報処理学会論文誌:デジタルコンテンツ, volume 1, number 1, pages 35-44 2013年8月.
[18] Yusuke Gotoh, Tomoki Yoshihisa, Hideo Taniguchi, and Masanori Kanazawa, "A Scheduling Method for Heterogeneous Clients on Media Data Broadcasting," International Journal of Pervasive Computing and Communications (IJPCC), volume 9, number 2, pages 98-114 June 2013.
[19] Tomoki Yoshihisa and Shojiro Nishio, "A Division-Based Broadcasting Method Considering Channel Bandwidths for Nvod Services," IEEE Transactions on Broadcasting, volume 59, number 1, pages 62-71 March 2013.
[20] 義久 智樹, 西尾 章治郎, "放送通信融合環境における映像再生端末数を考慮したストリーミング配信手法," 情報処理学会論文誌, volume 54, number 2, pages 519-528 2013年2月.
[21] Yusuke Gotoh, Tomoki Yoshihisa, Hideo Taniguchi, Masanori Kanazawa, W. Rahayu, and Y.P.P. Chen, "A Scheduling Method to Reduce Waiting Time for Close-Range Broadcasting," Mobile Information Systems Journal, volume 8, number 4, pages 303-314 December 2012.
[22] 義久 智樹, 西尾 章治郎, "放送通信融合環境におけるデータ受信時間を考慮した映像配信手法," 情報処理学会論文誌, volume 53, number 5, pages 1522-1531 2012年5月.
[23] Yusuke Gotoh, Tomoki Yoshihisa, Hideo Taniguchi, and Masanori Kanazawa, "A Scheduling Method for Continuous Media Data Broadcasting Considering Commercial Contents," International Journal of Pervasive Computing and Communications (IJPCC), volume 8, number 1, pages 92-106 March 2012.
[24] Yusuke Gotoh, Tomoki Yoshihisa, Hideo Taniguchi, and Masanori Kanazawa, "Brossom: a P2P Streaming System for Webcast," Journal of Networking Technology, volume 2, number 4, pages 169-181 December 2011.
[25] Yusuke Gotoh, Tomoki Yoshihisa, Hideo Taniguchi, and Masanori Kanazawa, "A Scheduling Method for Waiting Time Reduction in Node Relay-Based Webcast Considering Available Bandwidth," International Journal of Grid and Utility Computing, volume 2, number 4, pages 295-302 December 2011.
[26] 坂下 卓, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "P2Pストリーミング環境における分割データの重要度を考慮した視聴中止端末数削減手法," 情報処理学会論文誌, volume 52, number 11, pages 3008-3017 2011年11月.
[27] 梅澤 真弘, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "放送通信融合環境における再生途切れ時間短縮のためのデータ細分割によるストリーミング配信手法," 日本データベース学会論文誌, volume 10, number 2, pages 7-12 2011年10月.
[28] Yusuke Gotoh, Tomoki Yoshihisa, Hideo Taniguchi, and Masanori Kanazawa, "A Method to Reduce Waiting Time on Node Relay-Based Webcast for Selective Contents," International Journal of Web Information Systems, volume 7, number 3, pages 223-239 September 2011.
[29] 坂下 卓, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "P2Pストリーミング環境における再生途切れ時間短縮方式," 情報処理学会論文誌, volume 52, number 3, pages 1045-1054 2011年3月.
[30] Tomoki Yoshihisa and Shojiro Nishio, "A Communication Protocol for Sensor Database Construction by Rounding Sink," Journal of Networks, Special issue on Recent Network Technologies and its Advanced Applications, volume 6, number 3, pages 343-354 March 2011.
[31] Yusuke Gotoh, Tomoki Yoshihisa, Hideo Taniguchi, and Masanori Kanazawa, "A Scheduling Method on Selective Contents Delivery with Node Relay-Based Webcast Considering Data Size," Int'l Journal of Research and Innovation (Advances in Information Sciences and Service Sciences), volume 2, number 3, pages 128-138 September 2010.
[32] 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "放送通信融合環境における再生中断時間短縮のためのストリーミング配信手法," 情報処理学会論文誌, volume 51, number 8, pages 1402-1412 2010年8月.
[33] 後藤 佑介, 鈴木 健太郎, 義久 智樹, 谷口 秀夫, 金澤 正憲, "再生中断時間短縮のための端末伝送型インターネット放送システムの設計と実装," 電子情報通信学会論文誌 D, volume J93-D, number 7, pages 1102-1113 2010年7月.
[34] 小林由依, 渡辺俊貴, 神崎映光, 義久智樹, 原 隆浩, 西尾章治郎, "P2Pネットワークにおける動的クラスタを用いた検索手法," 情報処理学会論文誌, volume 51, number 3, pages 740-752 2010年3月.
[35] 山本哲也, 寺田 努, 塚本昌彦, 義久智樹, "ジョギング時における情報機器利用のための足ステップ入力方式," 情報処理学会論文誌, volume 50, number 12, pages 2881-2888 2009年12月.
[36] 北島信哉, 原 隆浩, 寺田 努, 義久智樹, 西尾章治郎, " 放送型データベースシステムにおけるクライアントの消費電力を考慮した問合せ処理方式," 情報処理学会論文誌, volume 50, number 9, 2284-2297 2009年9月.
[37] 義久智樹,西尾章治郎, " 端末伝送型インターネット放送における再生中断時間短縮手法," 情報処理学会論文誌, volume 50, number 9, 2340-2349 2009年9月.
[38] Gotoh Yusuke, Suzuki Kentaro, Yoshihisa Tomoki, and Kanazawa Masanori, "A Scheduling Method to Reduce Waiting Time for P2p Streaming Systems," Journal of Mobile Multimedia, volume 5, number 3, pages 255-270 September 2009.
[39] Yoshihisa Tomoki and Nishio Shojiro, " a Bandwidth Reduction Method for Selective Contents Broadcasting," Intl Journal of Advanced Media and Communication (IJAMC), volume 3, number 3, pages 312-332 July 2009.
[40] 坂下 卓, 北島信哉, 義久智樹, 原 隆浩, 西尾章治郎, "P2Pストリーミング環境における分割データの重要度を考慮した再生途切れ時間短縮方式," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2009)シンポジウム論文集, volume 2009, number 1, pages 424-430 2009年7月.
[41] 義久智樹, 西尾章治郎, "大規模センサネットワークにおける移動型収集ノードを用いたデータ収集方式," 情報処理学会研究報告 (データベースシステム研究会 2009-DBS-148), pages 1-8 2009年7月.
[42] Gotoh Yusuke, Yoshihisa Tomoki, Kanazawa Masanori, and Takahashi Yutaka, "A Broadcasting Scheme for Selective Contents Considering Available Bandwidth," IEEE Transactions on Broadcasting, volume 55, number 2, pages 460-467 June 2009.
[43] 義久 智樹, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "分割放送方式におけるチャネルの帯域幅を考慮した連続メディアデータの分割手法," 電子情報通信学会和文論文誌B, volume J91-B, number 3, pages 300-308 2008年3月.
[44] 後藤 佑介, 義久 智樹, 金澤 正憲, "異種クライアント環境における連続メディアデータ放送のための待ち時間短縮手法," 電子情報通信学会和文論文誌D, volume J91-D, number 3, pages 667-676 2008年3月.
[45] 後藤 佑介, 義久 智樹, 金澤 正憲, "選択型コンテンツのオンデマンド配信における待ち時間短縮のためのスケジューリング手法," 情報処理学会論文誌, volume 49, number 2, pages 716-726 2008年2月.
[46] Yoshihisa Tomoki, Tsukamoto Masahiko, and Nishio Shojiro, "A Scheduling Protocol for Continuous Media Data Broadcasting with Large-Scale Data Segmentation," IEEE Transactions on Broadcasting, volume 53, number Issue 4, pages 780-788 December 2007.
[47] Yoshihisa Tomoki, Tsukamoto Masahiko, and Nishio Shojiro, "A Broadcasting Scheme Considering Units to Play Continuous Media Data," IEEE Transactions on Broadcasting, volume 53, number Issue 3, pages 628-636 September 2007.
[48] Yoshihisa Tomoki, Tsukamoto Masahiko, and Nishio Shojiro, "A Broadcasting Scheme Considering Units to Play Continuous Media Data," In IEEE Transactions on Broadcasting, volume 53, number 3, pages 628-636 September 2007.
[49] Tomoki Yoshihisa, Masahiko Tsukamoto, and Shojiro Nishio, "A Scheduling Scheme for Continuous Media Data Broadcasting with a Single Channel," IEEE Transactions on Broadcasting, volume 52, number 1, pages 01-10 March 2006.
[50] 岸野泰恵, 寺田 努, 塚本昌彦, 義久智樹, 早川敬介, 柏谷 篤, 西尾章治郎, "ルールに基づくユビキタスデバイスのためのネットワークトポロジ発見手法," 情報処理学会論文誌, volume 47, number 2, pages 521-533 2006年2月.
[51] 義久智樹, 塚本昌彦, 西尾章治郎, "再生単位を考慮したスケジューリング手法における使用チャネル数について," 日本データベース学会Letters, volume 4, number 3, pages 5-8 2005年12月.
[52] 義久智樹, 塚本昌彦, 西尾章治郎, "プリフェッチを伴う連続メディアデータ放送における待ち時間短縮のためのスケジューリング手法," 日本データベース学会Letters, volume 4, number 1, pages 101-104 2005年6月.
[53] 義久智樹, 塚本昌彦, 西尾章治郎, "連続メディアデータ放送におけるデータの細分割による効率的なスケジューリング手法," 電子情報通信学会和文論文誌D-I, volume J87-D-I, number 12, pages 1079-1088 2004年12月.
[54] 義久智樹, 塚本昌彦, 西尾章治郎, "早送りを考慮した連続メディアデータ放送におけるスケジューリング手法," 情報処理学会論文誌:データベース, volume 45, number SIG7(TOD 22), pages 179-188 2004年6月.
[55] 義久 智樹, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "連続メディアデータ放送における複数データの分割放送型スケジューリング手法," 情報処理学会論文誌, volume 45, number 2, pages 487-497 2004年2月.
[56] 早川 敬介, 塚本 昌彦, 寺田 努, 義久 智樹, 岸野 泰恵, 柏谷 篤, 坂根 裕, 西尾 章治郎, "ユビキタスコンピューティングのためのルールに基づく入出力制御デバイス," ヒューマンインタフェース学会論文誌, volume 5, number 3, 2003年8月.
[57] 義久 智樹, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "連続メディアデータ放送における待ち時間短縮のための分割放送方式," 情報処理学会論文誌, volume 44, number 6, pages 1558-1569 2003年6月.
[58] 義久 智樹, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "データの分割に関する制約を考慮した連続メディアデータ放送におけるスケジューリング手法," 情報処理学会論文誌:データベース, volume 44, number SIG3(TOD17), pages 33-42 2003年3月.
国際会議
[1] Yuuichi Teranishi, Ei Khaing Win, Tomoki Yoshihisa, and Shinji Shimojo, "A Sensor Data Stream Recovery Scheme for Event-Driven IoT Applications," In Proc. of IEEE Global Communications Conference (GlobeCom 2017), December 2017.
[2] Tomoya Kawakami, Yoshihisa Ishi, Tomoki Yoshihisa, and Yuuichi Teranishi, "A Skip Graph-Based Collection System for Sensor Data Streams Considering Phase Differences," In Proc. of International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS 2017), November 2017.
[3] Tomoki Yoshihisa, Yoshimasa Ishi, Tomoya Kawakami, Satoru Matsumoto, and Yuuichi Teranishi, "Models for Stream Data Distribution with Progressive Quality Improvement," In Proc. of International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS 2017), November 2017.
[4] Satoru Matsumoto, Yoshimasa Ishi, Tomoki Yoshihisa, Tomoya Kawakami, and Yuuichi Teranishi, "A Design and Implementation of Distributed Internet Live Broadcasting Systems Enhanced by Cloud Computing Services," In Proc. of International Workshop on Informatics (IWIN 2017), pages 111-118 September 2017.
[5] Tomoki Yoshihisa, "Data Piece Elimination Technique for Interruption Time Reduction on Hybrid Broadcasting Environments," In Proc. of IEEE Pacific Rim Conference on Communications, Computers and Signal Processing (PACRIM 2017), August 2017.
[6] Yoshimasa Ishi, Tomoya Kawakami, Tomoki Yoshihisa, Yuuichi Teranishi, and Shinji Shimojo, "A System Design for Detecting Moving Objects in Capturing Video Images Using Laser Range Scanners," In Proc. of International Workshop on Advances in Data Engineering and Mobile Computing (DEMoC 2017), pages 1027-1036 August 2017.
[7] Ei Khaing Win, Tomoki Yoshihisa, Yoshimasa Ishi, Tomoya Kawakami, Yuuichi Teranishi, and Shinji Shimojo, "A Lightweight Multi-Receiver Encryption Scheme with Mutual Authentication," In Proc. of IEEE International COMPSAC Workshop on Security, Trust and Privacy for Software Applications (STPSA 2017), pages 491-497 July 2017.
[8] Tomoya Kawakami, Satoru Matsumoto, Yoshimasa Ishi, Tomoki Yoshihisa, and Yuuichi Teranishi, "An Implementation of a Rule-Based Distributed Video Processing System," In Proc. of IEEE International Symposium on Local and Metropolitan Area Networks (LANMAN 2017), June 2017.
[9] Yuki Taniyama, Tomoki Yoshihisa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A System to Retrieve Photographs Showing Designated Points," In IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA-2017), March 2017.
[10] Satoru Matsumoto, Yoshimasa Ishi, Tomoki Yoshihisa, Tomoya Kawakami, and Yuuichi Teranishi, "Different Worlds Broadcasting: a Distributed Internet Live Broadcasting System with Video and Audio Effects," In Proc. of IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA 2017), pages 71-78 March 2017.
[11] Yuuichi Teranishi, Tomoya Kawakami, Yoshimasa Ishi, and Tomoki Yoshihisa, "A Large-Scale Data Collection Scheme for Distributed Topic-Based Pub/Sub," In Proc. of IEEE International Conference on Computing, Networking and Communications (ICNC 2017), January 2017.
[12] Tomoki Yoshihisa and Takahiro Hara, "A Low-Load Stream Processing Scheme for Iot Environments," Proc. of IEEE International Conference on Big Data (IEEE BigData 2016), December 2016.
[13] Tomoya Kawakami, Yoshimasa Ishi, Satoru Matsumoto, Tomoki Yoshihisa, and Yuuichi Teranishi, "A Design of a Video Effect Process Allocation Scheme for Internet Live Broadcasting," Proc. of International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS 2016), December 2016.
[14] Keisuke Nakashima, Masahiro Yokoyama, Yuki Taniyama, Tomoki Yoshihisa, and Takahiro Hara, "S^3 System: a System for Sharing Social Sensor Data and Analytical Programs," In Proc. of International Conference on Mobile and Ubiquitous Systems: Computing, Networking and Services (MOBIQUITOUS 2016), pages 147-152 November 2016.
[15] Tomoya Kawakami, Yoshimasa Ishi, Satoru Matsumoto, Tomoki Yoshihisan, and Yuuichi Teranishi, "An Implementation of a Video Effect Process Allocation Scheme for Internet Live Broadcasting," Proc. of IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2016), October 2016.
[16] Satoru Matsumoto, Tomoki Yoshihisa, Yoshimasa Ishi, and Yuuichi Teranishi, "A Distributed Video Processing System for Internet Live Broadcasting Services," Proc. of International Workshop on Advances in Data Engineering and Mobile Computing (DEMoC 2016), pages 311-316 September 2016.
[17] Tomoki Yoshihisa, Tomoya Kawakami, and Yusuke Gotoh, "A Zero Interruption-Oriented Mobile Video-On-Demand System by Hybrid Broadcasting Environments," Proc. of International Workshop on Informatics (IWIN 2016), August 2016.
[18] Yusuke Gotoh and Tomoki Yoshihisa, "A Scheduling Method for Area-Based Broadcasting Considering Loading Time," Proc. of International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia (MoMM 2015), pages 254-258 December 2015.
[19] Yusuke Gotoh and Tomoki Yoshihisa, "A Scheduling Method to Reduce Waiting Time for Close-Range Delivery," Proc. of International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS'15), pages 730-735 November 2015.
[20] Tomoya Kawakami, Yoshimasa Ishi, Tomoki Yoshihisa, and Yuuichi Teranishi, "A P2P Sensor Data Stream Delivery System to Accommodate Heterogeneous Cycles Using Skip Graphs," Proc. of International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS15), pages 742-747 November 2015.
[21] Tomoki Yoshihisa, Yoshimasa Ishi, Kodai Mako, Tomoya Kawakami, and Yuuichi Teranishi, "A Sensor Data Stream Delivery System with Different Delivery Cycles for Iot Environments," Proc. of International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS'15), pages 748-753 November 2015.
[22] Ei Khaing Win, Tomoki Yoshihisa, Yoshimasa Ishi, Tomoya Kawakami, and Shinji Shimojo, "A Stream Merge Method to Reduce Load for Sensor Data Stream Delivery," Proc. of IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE'15), pages 27-30 October 2015.
[23] Tomoya Kawakami, Tomoki Yoshihisa, and Yusuke Gotoh, "Construction of Next Generation Mobile Video on Demand Delivery System Using Broadcast and Communication Integration Environments," Proc. of IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE'15), October 2015.
[24] Tomoki Yoshihisa, "Dynamic Data Broadcasting Methods for Streaming Delivery on Hybrid Broadcasting Environments," Proc. of International Workshop on Advances in Data Engineering and Mobile Computing (DEMoC'15), pages 470-475 September 2015.
[25] Tomoki Yoshihisa, "A Data Segments Scheduling Method for Streaming Delivery on Hybrid Broadcasting Environments," Proc. of International Workshop on Informatics (IWIN2015), pages 3-8 September 2015.
[26] Ryo Kawasumi, Tomoki Yoshihisa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "An Indexing Method Using Sensing Information on Integrated Sensor Networks," Proc. of IEEE Pacific Rim Conference on Communications, Computers and Signal Processing (PACRIM'15), pages 252-257 August 2015.
[27] Tomoya Kawakami, Yoshimasa Ishi, Tomoki Yoshihisa, and Yuuichi Teranishi, "A Node Replication Method to Guarantee Reachability for P2p Sensor Data Stream Delivery System on Heterogeneous Churn Situations," IEEE International Computers, Software and Applications Conference (COMPSAC2015), pages 529-534 July 2015.
[28] Tomoya Kawakami, Tomoki Yoshihisa, Yutaka Yanagisawa, and Masahiko Tsukamoto, "A Rule Processing Scheme Using the Rete Algorithm in Grid Topology Networks," IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA-2015), pages 674-679 March 2015.
[29] Masahiro Yokoyama, Tomoki Yoshihisa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Method to Reduce Interruption Time for the Multiple Bit Rate Video Delivery in P2P Streaming Environments," ACM International Conference on Advanced Mobile Computing & Multimedia (MoMM), pages 253-262 December 2014.
[30] Yusuke Gotoh and Tomoki Yoshihisa, "Evaluation of Scheduling Method for Heterogeneous Clients in Nvod Systems," Proc. of International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services (iiWAS2014), pages 134-141 December 2014.
[31] Tomoya Kawakami, Yoshimasa Ishi, Tomoki Yoshihisa, and Yuuichi Teranishi, "A Study of Robustness Enhancement Technique on P2P Sensor Data Stream Delivery System Using Distributed Hashing," Proc. of International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS'14), pages 591-596 November 2014.
[32] Yoshimasa Ishi, Tomoya Kawakami, Tomoki Yoshihisa, and Yuuichi Teranishi, "An Evaluation of a P2P Sensor Data Streaming System Considering the Number of Hops on the Piax Testbed," Proc. of International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS'14), pages 597-602 November 2014.
[33] Ryo Kawasumi, Tomoki Yoshihisa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "An Efficient Indexing Method for Mobile Sensor Data Collection on Integrated Sensor Networks," Int'l Workshop on Future Technologies for Smart Information Systems (FTSIS 2014), pages 100-105 October 2014.
[34] Yoshimasa Ishi, Tomoya Kawakami, Tomoki Yoshihisa, and Yuuichi Teranishi, "An Implementation of P2P Sensor Data Streaming System Considering the Number of Hops," Proc. of IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE'14), pages 428-429 October 2014.
[35] Tomoya Kawakami, Tomoki Yoshihisa, and Masahiko Tsukamoto, "A Control Method of Ubiquitous Computers Using the Rete Algorithm in Grid Topology Network," Proc. of IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE'14), pages 551-552 October 2014.
[36] Tomoki Yoshihisa, "Dynamic Data Delivery for Video Interruption Time Reduction in Hybrid Broadcasting Environments," Proc. of International Workshop on Advances in Data Engineering and Mobile Computing (DEMoC'14), September 2014.
[37] Tomoya Kawakami, Yoshimasa Ishi, Tomoki Yoshihisa, and Yuuichi Teranishi, "A Load Distribution Method Based on Distributed Hashing for P2p Sensor Data Stream Delivery System," Proc. of IEEE Computer Software and Applications Conference (COMPSAC2014), pages 716-721 July 2014.
[38] Tomoki Yoshihisa and Shojiro Nishio, "Data Transmission Techniques for Mobile Sensor Networks," Proc. of International Workshop on Data Management for Wireless and Pervasive Communications (DMWPC2014), pages 215-220 May 2014.
[39] Yoshimasa Ishi, Tomoya Kawakami, Tomoki Yoshihisa, and Yuuichi Teranishi, "A P2P Streaming System for Delivering Sensor Data Streams with Different Collection Cycles," Proc. of IEEE International Conference on Intelligent Sensors, Sensor Networks and Information Processing (ISSNIP2014), pages 1-6 April 2014.
[40] Tomoya Kawakami, Yoshimasa Ishi, Tomoki Yoshihisa, and Yuuichi Teranishi, "An Evaluation of Load Distribution Method on Multi-Source P2p Sensor Data Stream Delivery System," Proc. of International Conference on Information Networking (ICOIN 2014), pages 486-491 February 2014.
[41] Tomoki Yoshihisa, Tomoya Kawakami, Naotaka Fujita, and Masahiko Tsukamoto, "A Sensor Data Exploitation for Rule Based Energy on Demand System," Proc. of FTRA Intrnational Conference on Advanced IT engineering and Management (AIM 2014), pages 41-42 February 2014.
[42] Tomoki Yoshihisa, "A Mobile Video-On-Demand System for Hybrid Broadcasting Environments," Proc. of FTRA Intrnational Conference on Advanced IT engineering and Management (AIM 2014), pages 50-51 February 2014.
[43] Tomoya Kawakami, Naotaka Fujita, Tomoki Yoshihisa, and Masahiko Tsukamoto, "An Evaluation of Rule-Based Home Energy Management System Using the Rete Algorithm," Proc. of FTRA Intrnational Conference on Advanced IT engineering and Management (AIM 2014), pages 122-123 February 2014.
[44] Tomoki Yoshihisa and Shojiro Nishio, "A Stream Delivery Scheme with Carousel Broadcasting on Hybrid Nvod Systems," Proc. of IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE'13), pages 505-506 October 2013.
[45] Yoshimasa Ishi, Tomoya Kawakami, Tomoki Yoshihisa, and Yuuichi Teranishi, "A P2P Streaming System for Sensor Data Stream Based on Load Estimation from Collection Cycles," Proc. of International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS'13), pages 647-652 October 2013.
[46] Tomoki Yoshihisa, Yoshimasa Ishi, Tomoya Kawakami, and Yuuichi Teranishi, "A Communication Load Model for P2P Camera Data Stream Delivery Systems," Proc. of IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE'13), pages 369-370 October 2013.
[47] Tomoya Kawakami, Tomoki Yoshihisa, Naotaka Fujita, and Masahiko Tsukamoto, "A Rule-Based Home Energy Management System Using the Rete Algorithm," Proc. of IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE'13), pages 162-163 October 2013.
[48] Tomoki Yoshihisa and Shojiro Nishio, "Evaluations on Playback Interruption Control for Broadcast and Communication Integrated Video-On-Demand Systems," Proc. of International Workshop on Advances in Data Engineering and Mobile Computing (DEMoC'13), pages 338-343 September 2013.
[49] Masahiro Umezawa, Tomoki Yoshihisa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Interruption Time Reduction Methods with Finer Data Division for Streaming Delivery on Hybrid Broadcasting Environments," Proc. of IEEE Pacific Rim Conference Communications, Computers and Signal Processing (PACRIM'13), pages 114-119 August 2013.
[50] Tomoya Kawakami, Yoshimasa Ishi, Tomoki Yoshihisa, and Yuuichi Teranishi, "A P2P Delivery Method for Sensor Data Stream Based on Load Estimation from Collection Cycles," Proc. of IEEE International Workshop on Enablers for Ubiquitous Computing and Smart Services (EUCASS'13), pages 289-294 July 2013.
[51] Tomoya Kawakami, Yoshimasa Ishi, Tomoki Yoshihisa, and Yuuichi Teranishi, "A Delivery Method Considering Communication Loads for Sensor Data Stream with Different Collection Cycles," Proc. of ACM Symposium On Applied Computing (SAC 2013), pages 611-618 March 2013.
[52] Tomoki Yoshihisa and Yuuichi Teranishi, "On Communication Load Distribution for Sensor Data Stream Delivery," Proc. of FTRA Intrnational Conference on Advanced IT engineering and Management (AIM 2013), pages 121-122 February 2013.
[53] Tomoki Yoshihisa, Naotaka Fujita, and Masahiko Tsukamoto, "A Method to Reduce Rules for Energy on Demand Systems," Proc. of FTRA Intrnational Conference on Advanced IT engineering and Management (AIM 2013), pages 125-126 February 2013.
[54] Yoshimasa Ishi, Tomoki Yoshihisa, Tomoya Kawakami, and Yuuichi Teranishi, "A Distributed Sensor Data Stream Delivery System with Communication Loads Balancing for Heterogeneous Collection Cycle Requests," Proc. of IEEE International Conference on Parallel and Distributed Systems, pages 728-729 December 2012.
[55] Yusuke Gotoh, Tomoki Yoshihisa, Hideo Taniguchi, and Masanori Kanazawa, "A Scheduling Method Considering Heterogeneous Clients for NVoD Systems," Proc. of International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia (MoMM 2012), pages 232-239 December 2012.
[56] Masahiro Yokoyama, Tomoki Yoshihisa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Data Reception Method to Reduce Interruption Time for Model and Motion Separated Data in P2P Streaming Environments," Proc. of Int'l Conf. on P2P, Parallel, Grid, Cloud and Internet Computing (3PGCIC 2012), pages 79-86 November 2012.
[57] Yusuke Gotoh, Tomoki Yoshihisa, Hideo Taniguchi, and Masanori Kanazawa, "A Scheduling Method to Reduce Waiting Time on Immersive Contents Broadcasting," Proc. of 3rd International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS 2012), pages 357-362 November 2012.
[58] Yoshimasa Ishi, Tomoya Kawakami, Tomoki Yoshihisa, Yuuichi Teranishi, Kiyohide Nakauchi, and Nozomu Nishinaga, "Design and Implementation of Sensor Data Sharing Platform for Virtualized Wide Area Sensor Networks," Proc. of 3rd International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS 2012), pages 333-338 November 2012.
[59] Tomoki Yoshihisa and Shojiro Nishio, "A Video Streaming Delivery Method Considering the Number of Clients on Hybrid Broadcasting Environments," Proc. of IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2012), pages 586-588 October 2012.
[60] Tomoki Yoshihisa, Naotaka Fujita, and Masahiko Tsukamoto, "A Rule Generation Method for Electrical Appliances Management Systems with Home EoD," Proc. of IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2012), pages 253-255 October 2012.
[61] Tomoki Yoshihisa and Shojiro Nishio, "Video Data Reception Methods Considering Playing Position on Hybrid Broadcasting Environments," Proc. of International Workshop on Advances in Data Engineering and Mobile Computing , pages 471-476 September 2012.
[62] Wataru Seino, Tomoki Yoshihisa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Sensor Data Collection Method with a Mobile Sink for Communication Traffic Reduction by Delivering Predicted Values," Proc. of Int'l Conf. on Advanced Information Networking and Applications Workshops (WAINA 2012), pages 613-618 March 2012.
[63] Yusuke Gotoh, Tomoki Yoshihisa, Hideo Taniguchi, Masanori Kanazawa, W. Rahayu, and Y.P.P. Chen, "A Scheduling Method for Node Relay-Based Webcast Considering Reconnection," 26th IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA-2012), pages 787-794 March 2012.
[64] Makito Takahashi, Tomoki Yoshihisa, Naotaka Fujita, and Masahiko Tsukamoto, "A Rechargeable Battery Control System Based on Rules for Exploiting Rechargeable Batteries," Proc. of FTRA Intrnational Conference on Advanced IT engineering and Management (AIM 2012), pages 49-50 February 2012.
[65] Tomoki Yoshihisa, Naotaka Fujita, and Masahiko Tsukamoto, "A Rule-Based Home Energy Management System," Proc. of FTRA Intrnational Conference on Advanced IT engineering and Management (AIM 2012), pages 47-48 February 2012.
[66] Shoji Sano, Tomoki Yoshihisa, Tsutomu Terada, and Masahiko Tsukamoto, "Tracking Methods of Movable Node Using Relative Distances," Proc. of FTRA Intrnational Conference on Advanced IT engineering and Management (AIM 2012), pages 45-46 February 2012.
[67] Yusuke Gotoh, Tomoki Yoshihisa, Hideo Taniguchi, Masanori Kanazawa, W. Rahayu, and Y.P.P. Chen, "A Method to Reduce Waiting Time for Close-Range Broadcasting," 9th International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia (MoMM 2011), pages 116-122 December 2011.
[68] Yuto Hamaguchi, Tomoki Yoshihisa, Yoshimasa Ishi, Yuuichi Teranishi, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Data Aggregation System Using Mobile Agents on Integrated Sensor Networks," Proc. of Int'l Conf. on Advances in P2P Systems (AP2PS 2011), volume 3, pages 33-38 November 2011.
[69] Yusuke Gotoh, Tomoki Yoshihisa, Hideo Taniguchi, Masanori Kanazawa, W. Rahayu, and Y.P.P. Chen, "A Scheduling Method for Selective Contents Broadcasting with Fast-Forwarding," 2nd International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS 2011), pages 344-349 October 2011.
[70] Yusuke Gotoh, Tomoki Yoshihisa, Hideo Taniguchi, and Masanori Kanazawa, "Evaluation of P2P Streaming Systems for Webcast," 6th International Conference on Digital Information Management (ICDIM 2011), pages 343-350 September 2011.
[71] Masahiro Umezawa, Tomoki Yoshihisa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Interruption Time Reduction Methods by Predicting Data Reception for Steaming Delivery on Hybrid Broadcasting Environments," Proc. of of IEEE Pacific Rim Conference Communications, Computers and Signal Processing (PACRIM 2011), pages 185-190 August 2011.
[72] Tomoki Yoshihisa and Shojiro Nishio, "File Transmission Methods to Mobile Sinks for Ubiquitous Sensor Environments," Proc. of IEEE Pacific Rim Conference Communications, Computers and Signal Processing (PACRIM'11), pages 292-297 August 2011.
[73] Yusuke Gotoh, Tomoki Yoshihisa, Hideo Taniguchi, and Masanori Kanazawa, "A Method to Reduce Interruption Time Considering Number of Clients on Broadcast and Communications Integration Environments," 6th IFIP/IEEE International Workshop on Broadband Convergence Networks (BcN 2011), pages 989-996 May 2011.
[74] Yukie Kobayashi, Tomoki Yoshihisa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Dynamic Cluster Construction Method Based on Characteristics of Query Generation in Peer-To-Peer Networks," Proc. of Int'l Symposium on Frontiers in Networking with Applications (FINA 2011), pages 96-101 March 2011.
[75] Tomoki Yoshihisa and Shojiro Nishio, "An Interruption Time Reduction Scheme with Prefetch for Hybrid Video Broadcasting Environments," Proc. of IEEE Wireless Communications & Networking Conf. (WCNC 2011), pages 2071-2076 March 2011.
[76] Wataru Seino, Tomoki Yoshihisa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Communication Protocol to Improve Fairness and Data Amount on Sensor Data Collection with a Mobile Sink," Proc. of Int'l Conf. on Broadband and Wireless Computing, Communication and Applications (BWCCA 2010), pages 33-40 November 2010.
[77] Yusuke Gotoh, Tomoki Yoshihisa, Hideo Taniguchi, and Masanori Kanazawa, "A Method to Reduce Waiting Time for Continuous Media Data Broadcasting Considering Internet Advertisements," Proc. of Int'l Conf. on Advances in Mobile Computing & Multimedia (MoMM 2010), pages 132-139 November 2010.
[78] Yusuke Gotoh, Tomoki Yoshihisa, Hideo Taniguchi, and Masanori Kanazawa, "A Scheduling Method to Reduce Waiting Time for Node Relay-Based Webcast Considering Available Bandwidth," Proc. of Int'l Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS 2010), pages 489-494 November 2010.
[79] Suguru Sakashita, Tomoki Yoshihisa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Data Reception Method to Reduce Interruption Time in P2p Streaming Environments," Proc. of Int'l Conf. on Network-Based Information Systems (NBiS 2010), pages 166-172 September 2010.
[80] Yusuke Gotoh, Tomoki Yoshihisa, H Taniguchi, and M Kanazawa, "A Method to Reduce Interruption Time for Streaming Delivery of Broadcast and Communications Integration Environments," In Proc. of Intl Workshop on Intelligent, pages 784-789 February 2010.
[81] Yusuke Gotoh, Tomoki Yoshihisa, Hideo Taniguchi, and Masanori Kanazawa, "A Scheduling Method for Selective Contents Broadcasting with Node Relay-Based Webcast Considering User Behavior," In Proc. of Intl Conf. on Advances in Mobile Computing and Multimedia (MoMM 2009), pages 28-35 December 2009.
[82] Yukie Kobayashi, Toshiki Watanabe, Akimitsu Kanzaki, Tomoki Yoshihisa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Dynamic Cluster Construction Method Based on Query Characteristics in Peer-To-Peer Networks," In Proc. of Intl Conf. on Advances in P2P Systems (AP2PS 2009), pages 168-173 October 2009.
[83] Yusuke Gotoh, Tomoki Yoshihisa, Hideo Taniguchi, and Masanori Kanazawa, "A Scheduling Method on Selective Contents Broadcasting with Node Relay Based Webcast Considering Available Bandwidth," In Proc. of Intl Conf. on Networked Computing and Advanced Information Management (NCM 2009), pages 1367-1372 August 2009.
[84] Tomoki Yoshihisa and Shojiro Nishio, "A Relay-Based Webcast System to Reduce Interruption Time," In Proc. of IEEE Pacific Rim Conference Communications, Computers and Signal Processing (PACRIM 2009), August 2009.
[85] Shinya Kitajima, Tomoki Yoshihisa, Takefumi Ogawa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Broadcast-Based Data Gathering Method Considering Energy Consumption for Sensor Networks," In Proc. of Intl Workshop on Sensor Network Technologies for Information Explosion Era (SeNTIE 2009), pages 536-541 May 2009.
[86] Shinya Kitajima, Takahiro Hara, Tsutomu Terada, Tomoki Yoshihisa, and Shojiro Nishio, "A Query Processing Method Considering the Characteristic of Energy Consumption for Broadcast Database Systems," In Proc. of Intl Workshop on Data Management for Information Explosion in Wireless Networks (DMIEW 2009), pages 1094-1099 March 2009.
[87] Tomoki Yoshihisa and Shojiro Nishio, "A Sensor Data Collection Method for Rounding Sink," In Proc. of Intl Conf. on Ubiquitous Information Management and Communication (ICUIMC 2010), January 2009.
[88] Gotoh Yusuke, Ebara Yasuo, Yoshihisa Tomoki, Koyamada Koji, and Kanazawa Masanori, "Development of Tea Ceremony E-Learning Environment within Immersive Projection Technology," In Proc. of INVITE 2008, March 2008.
[89] Yoshihisa Tomoki Gotoh Yusuke and Kanazawa Masanori, "A Scheduling Method Considering Playing Time in Selective Contents Broadcasting," In Proc. of QoS-IP 2008, February 2008.
[90] Ryohei Sagara, Yasue Kishino, Tsutomu Terada, Tomoki Yoshihisa, Masahiko Tsukamoto, and Shojiro Nishio, "An Application Development Environment for Rule-Based I/O Control Devices," In Proc. of Intl Conf. on Embedded and Ubiquitous Computing (EUC 2005) Workshops, pages 121-130 December 2005.
[91] Yasue Kishino, Tsutomu Terada, Masahiko Tsukamoto, Tomoki Yoshihisa, Keisuke Hayakawa, Atsushi Kashitani, and Shojiro Nishio, "A Rule-Based Discovery Mechanism of Network Topology among Ubiquitous Chips," In Proc. of IEEE Intl Conference on Pervasive Services (ICPS 2005), pages 198-207 July 2005.
[92] Tomoki Yoshihisa, Yasue Kishino, Tsutomu Terada, Masahiko Tsukamoto, Ryohei Sagara, T Sukenari, Daigo Taguchi, and Shojiro Nishio, "A Rule-Based Rfid Tag System Using Ubiquitous Chips," In Proc. of Intl Conf. on Active Media Technology (AMT 2005), pages 423-428 May 2005.
[93] Tomoki Yoshihisa, Masahiko Tsukamoto, and Shojiro Nishio, "A Broadcasting Scheme for Continuous Media Data with Restrictions in Data Division," In Proc. of Intl Conf. on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU 2005), pages 90-95 April 2005.
[94] Tomoki Yoshihisa, Masahiko Tsukamoto, and Shojiro Nishio, "An Effective Scheduling Method with Finer Data Division for Continuous Media Data Broadcasting," Proc. International Conference on Computer Communications and Networks (ICCCN04), pages 415-420 October 2004.
[95] Yasue Kishino, Hiroyuki Fujiwara, Toshiyuki Tanaka, Asao Shimosuka, Tomoki Yoshihisa, Masahiko Tsukamoto, Tomoko Itao, Mizuko Oe, and Shojiro Nishio, "Bloom Accessory: Accessories Using Leds with Remote Control," In Proc. of IEEE Intl Symposium on Wearable Computers (ISWC 2004), pages 180-181 October 2004.
[96] Tomoki Yoshihisa, Masahiko Tsukamoto, and Shojiro Nishio, "A Scheduling Scheme to Enable Fast-Forward for Continuous Media Data Broadcasting," In Proc. of Intl Conf. on Multimedia Expo (ICME 2004), June 2004.
[97] Tsutomu Terada, Masahiko Tsukamoto, Keisuke Hayakawa, Tomoki Yoshihisa, Yasue Kishino, Atsushi Kashitani, and Shojiro Nishio, "Ubiquitous Chip: a Rule-Based I/O Control Device for Ubiquitous Computing," In Proc. of 2nd International Comference on Pervasive Computing (Pervasive 2004), pages 238-253 April 2004.
[98] Tomoki Yoshihisa, Masahiko Tsukamoto, and Shojiro Nishio, "Scheduling Methods for Broadcasting Multiple Continuous Media Data," In Proc. of ACM Intl Workshop on Multimedia Databases (MMDB 2003), pages 40-47 November 2003.
[99] Tsutomu Terada, Masahiko Tsukamoto, Tomoki Yoshihisa, Yasue Kishino, Shojiro Nishio, Keisuke Hayakawa, and Atsushi Kashitani, "A Rule-Based I/O Control Device for Ubiquitous Computing," In Proc. of Intl Comf. on Ubiquitous Computing (UbiComp 2003) , pages 213-214 October 2003.
[100] Tomoki Yoshihisa, Masahiko Tsukamoto, and Shojiro Nishio, "Scheduling Methods Based on Data Division for Continuous Media Data Broadcast," In Proc. of IEEE Pacific Rim Conf. Communications, Computers and Signal Processing (PACRIM 2003), CD-ROM August 2003.
国内会議(査読付き)
[1] 愛甲 善之助, 谷山 雄基, 横山 正浩, 中嶋 奎介, 義久 智樹, 原 隆浩, "社会センサデータ生成・共有基盤におけるデータフロー制御機構," DICOMO2017, pages 1026-1033 2017年6月.
[2] 松本 哲, 石 芳正, 義久 智樹, 川上 朋也, 寺西 裕一, "クラウドサービスを用いた分散型インターネットライブ放送システムの実装と評価," 情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア 分散 協調とモバイルシンポジウム (DICOMO 2017) 論文集, volume 2017, pages 785-791 2017年6月.
[3] 松本 哲, 義久 智樹, 川上 朋也, 石 芳正, 寺西 裕一, "異世界放送システムのための映像処理ルール記述方式," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS 2016), pages 199-201 2016年12月.
[4] 谷山 雄基, 中嶋 奎介, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "社会センサデータ生成・共有基盤における入出力インタフェースの設計と実装," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム論文集, pages 1223-1228 2016年7月.
[5] 中嶋 奎介, 谷山 雄基, 横山 正浩, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "社会センサデータ生成・共有基盤システムの設計と実装," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム論文集, pages 1215-1222 2016年7月.
[6] 川上 朋也, 義久 智樹, 石 芳正, 寺西 裕一, "スキップグラフを用いたスケーラブルなセンサデータストリーム収集システムの評価," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム論文集, pages 1208-1214 2016年7月.
[7] 義久 智樹, 川上 朋也, 石 芳正, 寺西 裕一, "映像効果と音声効果を伴う分散型インターネットライブ放送システム," 情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア 分散 協調とモバイルシンポジウム (DICOMO 2016) 論文集, volume 2016, pages 1827-1832 2016年7月.
[8] 義久 智樹, 原 隆浩, "IoT環境におけるストリーミング処理時間短縮手法," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2015), pages 62-70 2015年10月.
[9] 川上 朋也, 石 芳正, 義久 智樹, 寺西 裕一, "スキップグラフを用いたスケーラブルなセンサデータ収集システムの検討," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2015), pages 270-272 2015年10月.
[10] 真子 広大, 石 芳正, 川上 朋也, 義久 智樹, 寺西 裕一, "受信端末の状況に応じて配信周期を選択するセンサデータストリーム配信システム," 情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア 分散 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2015)論文集, volume 2015, number 1, pages 441-448 2015年7月.
[11] 川上 朋也, 石 芳正, 義久 智樹, 寺西 裕一, "複数の異なる配信周期を扱うP2P型センサデータストリーム配信システムのスキップグラフによる実現方法の検討," 情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア 分散 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2015)論文集, volume 2015, number 1, pages 449-455 2015年7月.
[12] 石 芳正, 川上 朋也, 義久 智樹, 寺西 裕一, "コンシステントハッシュ法を用いた複数センサデータストリーム配信システムの一実装," 情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア 分散 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2015)論文集, volume 2015, number 1, pages 1852-1856 2015年7月.
[13] 谷山 雄基, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "指定位置を撮影した写真を撮影条件と地図情報により検索するシステム," 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム論文集, pages 1301-1308 2015年7月.
[14] 川上 朋也, 石 芳正, 義久 智樹, 寺西 裕一, "P2P型センサデータストリーム配信システムにおける耐障害性向上のための複製ノード配置手法の検討," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2014), pages 261-267 2014年12月.
[15] 真子 広大, 石 芳正, 川上 朋也, 義久 智樹, 寺西 裕一, "モノのインターネットにおける異なる端末環境に対応可能なP2P型センサデータストリーム配信システムの一実装," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2014), pages 58-62 2014年12月.
[16] 川上 朋也, 石 芳正, 義久 智樹, 寺西 裕一, "分散ハッシュを用いたP2P型センサデータストリーム配信システムにおける耐障害性向上法の評価," 情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア 分散 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2014)論文集, volume 2014, 1414-1420 2014年7月.
[17] 石 芳正, 川上 朋也, 義久 智樹, 寺西 裕一, "ホップ数を考慮したP2P型センサデータストリーム配信システムのPIAXテストベッドを用いた評価,," 情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア 分散 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2014)論文集, volume 2014, 1421-1427 2014年7月.
[18] 石 芳正, 川上 朋也, 義久 智樹, 寺西 裕一, "ホップ数を考慮したP2P型センサデータストリーム配信システムの一実装," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2013), pages 124-129 2013年12月.
[19] 横山 正浩, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "P2Pストリーミング環境における課金型マルチビットレート映像配信サービスのための再生途切れ時間短縮方式," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2013), pages 246-253 2013年12月.
[20] 石 芳正, 川上 朋也, 義久 智樹, 寺西 裕一, "解析処理・可視化処理を伴うP2P型センサデータストリーム配信機構の一実装," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2013)シンポジウム論文集, volume 2013, number 1, pages 2083-2087 2013年7月.
[21] 川上 朋也, 石 芳正, 義久 智樹, 寺西 裕一, "複数の異なる配信周期を扱うP2P型センサデータストリーム配信システムのための負荷均等化手法," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2013)シンポジウム論文集, volume 2013, number 1, pages 577-584 2013年7月.
[22] 後藤 佑介, 義久 智樹, 谷口 秀夫, 金澤 正憲, "没入型コンテンツの放送型配信における再生時間を考慮したスケジューリング手法," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2013)シンポジウム論文集, pages 1533-1539 2013年7月.
[23] 川上 朋也, 義久 智樹, 石 芳正, 寺西 裕一, "収集周期の異なるセンサデータストリームのための通信負荷を考慮した配信手法," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS 2012), 136–143 2012年10月.
[24] 石 芳正, 川上 朋也, 義久 智樹, 寺西 裕一, "収集周期の異なるセンサデータストリームのための通信負荷を考慮した配信手法の一実装," 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS 2012)論文集, pages 121-123 2012年10月.
[25] 横山 正浩, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "P2Pストリーミング環境におけるモデル・動作分離型コンテンツの再生途切れ時間短縮のための分割データ受信方式," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2012)シンポジウム論文集, volume 2012, number 1, pages 1215-1222 2012年7月.
[26] 石 芳正, 川上 朋也, 義久 智樹, 寺西 裕一, 中内 清秀, 西永 望, "仮想化された広域センサーネットワークを構築可能とするプラットフォームの設計と実装," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2012)シンポジウム論文集, volume 2012, number 1, pages 2344-2350 2012年7月.
[27] 藤田 直生, 義久 智樹, 塚本 昌彦, "エネルギーオンデマンドを用いた階層型給電制御システムにおける利便性向上のための電力割当て手法," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2012)シンポジウム論文集, volume 2012, number 1, pages 1230-1235 2012年7月.
[28] 清野 航, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "移動型ノードを用いたセンサデータ収集における予測値配信による通信量削減手法," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2011)シンポジウム論文集, volume 2011, number 1, pages 1175-1182 2011年7月.
[29] 濱口 雄人, 義久 智樹, 石 芳正,寺西 裕一, 原 隆浩, 西尾 章治郎, " 複数拠点統合型センサネットワークにおけるデータ収集用モバイルエージェントの開発支援システム," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2011)シンポジウム論文集, volume 2011, number 1, pages 1690-1697 2011年7月.
[30] 義久 智樹, 西尾 章治郎, "放送通信融合環境における映像再生端末数を考慮した放送スケジュール作成手法," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2011)シンポジウム論文集, volume 2011, number 1, pages 414-421 2011年7月.
[31] 小林 由依, 渡辺 俊貴, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "P2P ネットワークにおけるクエリの発生特性を用いた動的なクラスタリング手法," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2010)シンポジウム論文集, volume 2010, number 1, pages 2001-2008 2010年7月.
[32] 清野 航, 坂下 卓, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "移動型ノードを用いたセンサデータ収集におけるデータ収集量向上のための通信方式," 情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム (DICOMO2010) 論文集, volume 2010, number 1, pages 1790-1797 2010年7月.
[33] 後藤 佑介, 義久 智樹, 谷口 秀夫, 金澤 正憲, "放送通信融合環境における再生中断時間短縮のための端末数を考慮したデータ配信手法," 情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム (DICOMO2010) 論文集, volume 2010, number 1, pages 1652-1659 2010年7月.
[34] 義久 智樹, 清野 航, 西尾 章治郎, "ユビキタスセンサ環境における移動型端末によるデータ収集のための送信可能データ量を考慮したファイル送信方式," 情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム (DICOMO2010) 論文集, volume 2010, number 1, pages 2096-2103 2010年7月.
[35] 藤田直生, 義久智樹, 塚本昌彦, "放送通信融合環境におけるデータ予測型無線センサシステム," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル (DICOMO 2009) シンポジウム論文集, volume 2009, number 1, pages 1769-1775 2010年7月.
[36] 義久智樹, 西尾章治郎, "大規模センサデータベースのための巡回収集ノードを用いたデータ収集方式," 情報処理学会シンポジウムシリーズ Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum 2009) 論文集, volume 2009, 2009年11月.
[37] 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "放送通信融合環境におけるストリーミング配信の再生中断時間短縮手法," 情報処理学会シンポジウムシリーズ Webとデータベースに関するフォーラム(WebDB Forum 2008)論文集, volume 2008, number 2, 2008年12月.
[38] 義久智樹, 塚本昌彦, 西尾章治郎, "プリフェッチを伴う連続メディアデータ放送における放送帯域を考慮したスケジューリング手法," 電子情報通信学会データ工学ワークショップ(DEWS 2005)論文集, 2005年2月.
[39] 義久智樹, 塚本昌彦, 西尾章治郎, "放送型配信における連続メディアデータのプリフェッチを考慮したスケジューリング手法," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2004)論文集, volume 2004, number 7, pages 543-546 2004年7月.
[40] 義久 智樹, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "再生単位となるデータサイズを考慮したスケジューリング手法," 電子情報通信学会データ工学ワークショップ (DEWS 2003) 論文集, 2003年3月.
[41] 早川 敬介, 塚本 昌彦, 寺田 努, 義久 智樹, 岸野 泰恵, 柏谷 篤, 坂根 裕, 西尾 章治郎, "ユビキタスコンピューティングのための入出力制御デバイス," 日本ソフトウェア科学会第10回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS 2002), pages 127-132 2002年12月.
[42] 義久 智樹, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "連続メディアデータ放送における単一チャネルを用いた複数データのスケジューリング手法," 情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム (DICOMO 2002) 論文集, volume 2002, number 9, pages 511-514 2002年7月.
[43] 義久智樹, 塚本昌彦,西尾章治郎, "放送時間と再生時間を考慮した連続メディア放送のスケジューリング手法," 電子情報通信学会データ工学ワークショップ(DEWS 2002)論文集, 2002年3月.
国内研究会
[1] 中嶋 奎介, 横山 正浩, 義久 智樹, 原 隆浩, "社会センサデータ生成・共有基盤における社会センサの関連性提示機構," 第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2018), 2018年3月.
[2] 中嶋 奎介, 横山 正浩, 義久 智樹, 原 隆浩, "社会センサデータ生成・共有基盤における社会センサ可視化機構," IEICE DE研究会, volume 117, number 212, pages 13-18 2017年9月.
[3] 川上 朋也, 石 芳正, 義久 智樹, 寺西 裕一, "分散センサデータストリーム配信における位相調整を用いた負荷均等化手法の検討," 電子情報通信学会技術研究報告 (インターネットアーキテクチャ研究会 IA2017-1), volume 117, number 78, pages 1-6 2017年6月.
[4] 石 芳正, 川上 朋也, 松本 哲, 義久 智樹, 寺西 裕一, 下條 真司, "レーザレンジスキャナを用いたビデオ画像内動体位置検出システムの一検討," 情報処理学会研究報告 (デジタルコンテンツクリエーション研究会2017-DCC-15), 2017年1月.
[5] Ei Khaing Win, Tomoki Yoshihisa, Yoshimasa Ishi, Tomoya Kawakami, Yuuichi Teranishi, and Shinji Shimojo, "A Lost Sensor Data Recovery Scheme for Faster Data Streams Merging," In 情報処理学会研究報告 (マルチメディア通信と分散処理2017-DPS-169), pages 1-6 January 2017.
[6] 川上 朋也, 石 芳正, 義久 智樹, 寺西 裕一, "センサデータストリーム収集システムにおける中継ノードを用いた負荷均等化手法の検討," 電子情報通信学会技術研究報告 (インターネットアーキテクチャ研究会 IA2016-62), volume 116, number 292, pages 35-39 2016年11月.
[7] Ei Khaing Win, Tomoya Kawakami, Yoshimasa Ishi, Tomoki Yoshihisa, Yuuichi Teranishi, and Shinji Shimojo, "An Examination of a Secure Multicast Scheme Based on User-Centric Ibe," 情報処理学会研究報告 (マルチメディア通信と分散処理研究会), volume 2016-CSEC-72, number 31, pages 1-7 February 2016.
[8] 石 芳正, 川上 朋也, 義久 智樹, 寺西 裕一 , "コンシステントハッシュ法を用いた複数センサデータストリーム配信システムのPIAXテストベッドを用いた評価," 情報処理学会研究報告 (マルチメディア通信と分散処理研究会), volume 2016-CSEC-72, number 13, pages 1-8 2016年2月.
[9] 川上 朋也, 石 芳正, 義久 智樹, 寺西 裕一, "ライブ放送のための映像処理システムにおける負荷分散方式の設計と実装," 第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016), 2016年2月.
[10] 後藤佑介, 義久智樹, "放送通信融合環境における帯域幅を考慮したスケジューリング手法," 第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016), 2016年2月.
[11] 義久 智樹, 川上 朋也, 石 芳正, 寺西 裕一, "ライブ放送のための分散型映像処理システムの設計と評価," 情報処理学会研究報告(デジタルコンテンツクリエーション研究会), volume 2015-DCC-11, number 9, pages 1-7 2015年11月.
[12] 川住 涼, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "複数拠点統合型センサネットワークにおけるセンシング時刻の分布を考慮した時空間インデックス構築手法," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2015) , 2015年3月.
[13] 川上 朋也, 義久 智樹, 柳沢 豊, 塚本 昌彦, "格子状ネットワークにおけるReteアルゴリズムのルール処理順序決定手法の検討," 電子情報通信学会技術研究報告(インターネットアーキテクチャ研究会 IA2014-12), volume 114, number 374, pages 1-6 2014年12月.
[14] 川住 涼, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "複数拠点統合型センサネットワークにおけるセンシング情報を考慮した時空間インデックス構築手法," 情報処理学会研究報告(情報基礎とアクセス技術研究会), volume 2014-IFAT-115, number 6, pages 1-6 2014年8月.
[15] 川上 朋也, 石 芳正, 義久 智樹, 寺西 裕一, "分散ハッシュを用いたP2P型センサデータストリーム配信システムにおける耐障害性向上法の検討," 情報処理学会研究報告 (マルチメディア通信と分散処理研究会), volume 2014-DPS-158, number 3, pages 1-7 2014年3月.
[16] 川住 涼, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "複数拠点統合型センサネットワークにおけるモバイルセンサデータの空間インデックスの構築手法," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2014), 2014年3月.
[17] 川上 朋也, 石 芳正, 義久 智樹, 寺西 裕一, "P2P型センサデータストリーム配信システムにおける分散ハッシュを用いた負荷均等化手法の一考察," 電子情報通信学会技術研究報告(インターネットアーキテクチャ研究会 IA2013-12), volume 113, number 364, pages 29-34 2013年12月.
[18] 川上 朋也, 義久 智樹, 藤田 直生, 塚本昌彦, "Reteアルゴリズムを用いた家庭内エネルギー管理システムの複数スマートタップによる実装," 情報処理学会研究報告(マルチメディア通信と分散処理研究会 2013-DPS-156), pages 1-6 2013年9月.
[19] 石 芳正, 川上 朋也, 義久 智樹, 寺西 裕一, "ホップ数を考慮した P2P 型センサデータストリーム配信システムの配信遅延に関する評価," 情報処理学会研究報告(マルチメディア通信と分散処理研究会 2013-DPS-156), pages 1-7 2013年9月.
[20] 川上 朋也, 石 芳正, 義久 智樹, 寺西 裕一, "P2P型センサデータストリーム配信システムにおけるホップ数を考慮した負荷均等化手法," 電子情報通信学会技術研究報告(情報ネットワーク研究会 IN2013-39), volume 113, number 140, pages 19-24 2013年7月.
[21] 川上 朋也, 石 芳正, 義久 智樹, 寺西 裕一, "複数配信元によるP2P型センサデータストリーム配信システムにおける負荷均等化手法の評価," 電子情報通信学会技術研究報告(インターネットアーキテクチャ研究会 IA2013-11), volume 113, number 94, pages 61-66 2013年6月.
[22] 梅澤 真弘, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "放送通信融合型ストリーミング配信環境における放送スケジュールへの分割データ複数割当てによる再生途切れ時間短縮手法," 情報処理学会研究報告 (システム評価研究会), volume 2013-EVA-40, number 4, pages 1-8 2013年3月.
[23] 石 芳正, 川上 朋也, 義久 智樹, 寺西 裕一, "収集周期の異なるセンサデータストリームのためのP2P型配信システム," 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2013)論文集, 2013年3月.
[24] 川上 朋也, 石 芳正, 義久 智樹, 寺西 裕一, "収集周期からの負荷推定に基づくセンサデータストリーム配信手法," 電子情報通信学会技術研究報告(ネットワークシステム研究会 NS2012-118), volume 112, number 350, pages 7-12 2012年12月.
[25] 梅澤 真弘, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "放送通信融合型ストリーミング配信環境における再生途切れ時間短縮のための動的なスケジューリング手法," 電子情報通信学会技術研究報告(インターネットアーキテクチャ研究会 IA2012-52), volume 112, number 302, pages 1-6 2012年11月.
[26] 義久 智樹, "デジタルコンテンツ配信における再生中断制御に関する一考察," 情報処理学会研究報告(デジタルコンテンツクリエーション研究会), volume 2012-DCC-1, number 14, pages 1-6 2012年5月.
[27] 義久 智樹, 西尾 章治郎, "放送通信融合環境における映像再生端末の受信状況を用いた放送データ決定手法," 情報処理学会研究報告 (システム評価研究会), volume 2011-EVA-37, number 2, pages 1-6 2012年3月.
[28] 義久 智樹, 西尾 章治郎, "スマートフォンを用いたセンサデータ処理収集のためのフレームワーク," 第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2012) 論文集, 2012年3月.
[29] 寺西 裕一, 中内 清秀, 西永 望, 石 芳正, 川上 朋也, 濱口 雄人, 義久 智樹, 西尾 章治郎, "大規模かつ柔軟なセンサー共有を実現する 仮想統合センサーネットワーク," 情報処理学会研究報告(マルチメディア通信と分散処理研究会), volume 2012-CSEC-56, number 1, pages 1-8 2012年2月.
[30] 義久 智樹, 佐野 渉二, 藤田 直生, 塚本 昌彦, "家庭内EoDを用いた電力機器管理システムのための制御ルール変換方式," 情報処理学会研究報告 (グループウェアとネットワークサービス研究会 2011-GN-82・コンシューマデバイスシステムス研究会 2011-CDS-3・放送コンピューティング研究グループ 2011-Bccgr-28 合同研究会), pages 1-8 2012年1月.
[31] 義久 智樹, 西尾 章治郎, "放送通信融合環境における映像データ受信待ち時間を考慮したストリーミング配信手法," 情報処理学会研究報告 (モバイルコンピューティングとユビキタスシステム研究会), volume 2011-MBL-60, number 11, pages 1-8 2011年11月.
[32] 濱口 雄人, 義久 智樹, 寺西 裕一, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "複数拠点統合型センサネットワークにおける収集データ記述方式の設計と実装," 情報処理学会研究報告(データベースシステム研究会), volume 2011-DBS-153, number 10, pages 1-8 2011年11月.
[33] 梅澤 真弘, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "放送通信融合型ストリーミング配信環境におけるデータの細分割による再生途切れ時間短縮手法," 電子情報通信学会研究報告 (データ工学研究会 DE2011-8), volume 111, number 173, pages 67-72 2011年8月.
[34] 義久 智樹, 高橋 真喜人, 藤田 直生, 塚本 昌彦, "マルチ電源環境におけるルールを用いた電力管理システム," システム制御情報学会研究発表講演会, 2011年5月.
[35] 梅澤 真弘, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "放送通信融合型ストリーミング配信環境における受信データ予測による再生途切れ時間短縮手法," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2011), 2011年2月.
[36] 後藤 佑介, 義久 智樹, 谷口 秀夫, 金澤 正憲, "没入型コンテンツの放送型配信における再生途切れ時間短縮のためのスケジューリング手法," 情報処理学会研究報告 (グループウェアとネットワークサービス研究会 2010-GN-78・放送コンピューティング研究グループ 2010-Bccgr-25 合同研究会), volume 2011-GN-78, number 19, pages 1-8 2011年1月.
[37] 後藤 佑介, 義久 智樹, 谷口 秀夫, 金澤 正憲, "近距離放送型配信における待ち時間短縮のためのスケジューリング手法," 情報処理学会研究報告(モバイルコンピューティングとユビキタス通信 2010-MBL-56・高度交通システム研究会 2010-ITS-43・放送コンピューティング研究グループ 2010-BCCgr-22 合同研究会), volume 2010-MBL-56, number 24, pp. 1-8 2010年11月.
[38] 坂下 卓, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "P2Pストリーミング環境における視聴中止端末数削減のための分割データ受信方式,," 情報処理学会研究報告(モバイルコンピューティングとユビキタス通信 2010-MBL-56・高度交通システム研究会 2010-ITS-43・放送コンピューティング研究グループ 2010-BCCgr-22 合同研究会) , 2010年11月.
[39] 後藤 佑介, 義久 智樹, 谷口 秀夫, 金澤 正憲, "選択型コンテンツの端末伝送型インターネット放送におけるクライアントの再接続を考慮したデータ配信手法," 情報処理学会研究報告(システム評価研究会), volume 2010-EVA-32, number 1, pages 1-8 2010年8月.
[40] 義久 智樹, 藤田 直生, 塚本 昌彦, "消費電力削減のためのルール制御型スマートタップを用い た家電機器管理システム," システム制御情報学会研究発表講演会, 2010年5月.
[41] 後藤佑介, 義久智樹, 谷口秀夫, 金澤正憲, "端末伝送型インターネット放送における端末間の帯域幅を考慮したデータ配信手法," 情報処理学会研究報告(グループウェアとネットワークサービス研究会 2010-GN-74・放送コンピューティング研究グループ 2010-Bccgr-23 合同研究会), pages 1-8 2010年1月.
[42] 坂下 卓, 義久智樹, 原 隆浩, 西尾章治郎, "P2Pストリーミング環境におけるピアの離脱を考慮した再生途切れ時間に関する評価," 情報処理学会研究報告 (MBL-51/ITS-39), volume 2009, number 17, 2009年11月.
[43] 後藤佑介, 義久智樹, 谷口秀夫, 金澤正憲, "広告再生を伴う連続メディアデータ放送におけるスケジューリング手法," 情報処理学会研究報告 (MBL-51/ITS-39), volume 2009, number 16, 2009年11月.
[44] 高橋真喜人, 南 靖彦, 藤田直生, 義久智樹, 塚本昌彦, "ルールに基づく小型直流機器の電力制御システムの提案," ユビキタス・ウェアラブルワークショップ2009, 2009年11月.
[45] 南 靖彦, 藤田直生, 義久智樹, 塚本昌彦, "家庭における人とエネルギーの可視化によるCO2 削減への一考察," ユビキタス・ウェアラブルワークショップ2009, 2009年11月.
[46] 義久智樹,西尾章治郎, "端末伝送型インターネット放送における再生中断に関する評価," 情報処理学会研究報告 (システム評価研究会 2009-EVA-29), pages 1-6 2009年8月.
[47] 義久智樹, 神崎映光, 原 隆浩, 石 芳正, 寺西裕一, 下條真司, "複数拠点統合型センサネットワークのためのモバイルエージェントを用いたデータ収集システム," 電子情報通信学会技術研究報告(ユビキタスセンサネットワークUSN2009-24), pages 147-151 2009年7月.
[48] 義久智樹, 神崎映光, 原 隆浩, 石 芳正, 寺西裕一, 下條真司, "複数拠点統合型センサネットワークのためのモバイルエージェントを用いたデータ収集システム," 電子情報通信学会技術研究報告(ユビキタスセンサネットワークUSN2009-24), pages 147-151 2009年7月.
[49] 北島 信哉, 義久 智樹, 小川 剛史, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "センサネットワークにおける消費電力削減のための放送型配信を用いたデータ収集手法," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2009), 2009年3月.
[50] 小林 由依, 渡辺 俊貴, 神崎 映光, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "P2Pネットワークにおける動的なカテゴリ生成を考慮した検索手法," データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2009), 2009年3月.
[51] 新城 達也, 北島 信哉, 小川 剛史, 原 隆浩, 義久 智樹, 西尾 章治郎, "プッシュ型放送を用いたセンサノードの移動制御のための故障対応手法について," 情報処理学会研究報告(グループウェアとネットワークサービス研究会2009-GN-70・放送コンピューティング研究グループ2009-BCCgr-21合同研究発表会), volume 2009, number 3, pages 73-78 2009年1月.
[52] 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "放送通信融合環境におけるストリーミング配信の再生中断時間短縮," 電子情報通信学会技術研究報告(データ工学DE2008-59), volume 108, number 329, pages 17-18 2008年12月.
[53] 藤田 直生, 義久 智樹, 塚本 昌彦, "放送型配信によるユビキタスセンサネットワーク管理システムの提案," ユビキタス・ウェアラブルワークショップ2008, page 10 2008年11月.
[54] 後藤 佑介, 鈴木 健太郎, 義久 智樹, 金澤 正憲, "ストリーミングデータの放送型配信に関する研究," ユビキタス・ウェアラブルワークショップ2008, page 11 2008年11月.
[55] 佐野 渉二, 義久 智樹, 寺田 努, 塚本 昌彦, "ユビキタスコンピューティングのための可変型ルール処理エンジン," ユビキタス・ウェアラブルワークショップ2008, page 19 2008年11月.
[56] 山本 哲也, 寺田 努, 塚本 昌彦, 義久 智樹, "様々な状況における手足の加速度を用いた入力方法," ユビキタス・ウェアラブルワークショップ2008, page 52 2008年11月.
[57] 北島 信哉, 原 隆浩, 寺田 努, 義久 智樹, 西尾 章治郎, "放送型データベースシステムにおけるクライアントの消費電力に基づく問合せ処理方式の実装と評価," 情報処理学会研究報告(データベースシステム研究会 2008-DBS-146), volume 2008, number 88, pages 103-108 2008年9月.
[58] 北島 信哉, 原 隆浩, 寺田 努, 義久 智樹, 西尾 章治郎, "放送型データベースシステムにおけるクライアントの消費電力に基づく問合せ処理," 電子情報通信学会技術研究報告(データ工学DE2008-34), volume 108, number 211, pages 9-10 2008年9月.
[59] 後藤 佑介, 鈴木 健太郎, 義久 智樹, 金澤 正憲, "P2Pストリーミング放送における待ち時間短縮のためのピア選択手法," 電子情報通信学会データ工学ワークショップ(DEWS 2008)論文集, 2008年3月.
[60] 高橋 範亘, 櫻井 保志, 義久 智樹, 金澤 正憲, "ダイナミックタイムワーピング距離を用いたセンサストリーム処理システムの設計と実装," 電子情報通信学会データ工学ワークショップ(DEWS 2008)論文集, 2008年3月.
[61] 川並 秀観, 義久 智樹, 金澤 正憲, "並列プログラムのバッチ処理環境における自動キュー選択型スケジューリングの性能評価," 情報処理学会研究報告 (システム評価研究会, 2008-EVA-24), pages 55-60 2008年3月.
[62] 義久 智樹, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "連続メディアデータ放送におけるチャネルの帯域幅を考慮したデータ分割手法," 情報処理学会研究報告(放送コンピューティング研究グループ 2007-Bccgr-17), pages 13-20 2007年5月.
[63] 細見心一, 義久智樹, 西尾章治郎, "ウェアラブルファッションのための1/fゆらぎの感性評価実験に向けて," ウェアラブルコンピューティング研究会研究報告, volume 1, number 3, pages 7-14 2005年12月.
[64] 相良亮平, 岸野泰恵, 寺田 努, 義久智樹, 塚本昌彦, 西尾章治郎, "イベント駆動型入出力制御デバイスのためのアプリケーション開発環境," 情報処理学会研究報告(分散処理とマルチメディア通信研究会2005-DPS-124), pages 31-36 2005年9月.
[65] 藤井裕樹, 塚本昌彦, 義久智樹, 西尾章治郎, 板生知子, "複数のウェアラブルカメラの制御システムの設計と実装," ウェアラブルコンピューティング研究会研究報告, volume 1, number 1, pages 001-008 2005年3月.
[66] 青木泰人, 塚本昌彦, 義久智樹, 西尾章治郎, "ロータリーエンコーダを用いたポインティング方式の設計と実装," ウェアラブルコンピューティング研究会研究報告, volume 1, number 1, pages 060-067 2005年3月.
[67] 小川樹幸, 塚本昌彦, 義久智樹, 西尾章治郎, "カメラと加速度センサを用いたポインティング方式の設計と実装," ウェアラブルコンピューティング研究会研究報告, volume 1, number 1, pages 078-085 2005年3月.
[68] 岸野泰恵, 寺田 努, 塚本昌彦, 義久智樹, 早川敬介, 柏谷 篤, 西尾章治郎, "イベント駆動型入出力制御デバイスのためのネットワークトポロジ発見手法," 情報処理学会研究報告(ユビキタスコンピューティングシステム研究会 2004-UBI-5), 2004年6月.
[69] 岸野泰恵, 藤原礼征, 田中敏之, 下須賀滋穂, 義久智樹, 塚本昌彦, 板生知子, 大江瑞子, 西尾章治郎, "遠隔制御可能なLEDを用いたアクセサリの実現," 情報処理学会研究会報告(モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会2004-MBL-29), volume 2004, number 44, pages 065-070 2004年5月.
[70] 義久 智樹, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "データの細分割による効率的な放送スケジュールの作成手法," 情報処理学会研究報告(データベースシステム研究会2004-DBS-132・放送コンピューティング研究グループ2004-BCCgr-7 合同研究発表会), volume 2004, number 3, pages 25-32 2004年1月.
[71] 義久 智樹, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "使用可能なチャネル数を考慮した放送型配信におけるスケジューリング手法," 情報処理学会研究報告(データベースシステム研究会2003-DBS-131(I)), pages 375-381 2003年7月.
[72] 義久 智樹, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "早送りを考慮した放送型配信における待ち時間短縮のためのスケジューリング手法," 情報処理学会 データベースシステム研究会第129回,放送コンピューティング研究グループ第4回合同研究発表会 研究報告, pages 57-64 2003年1月.
[73] 寺田 努, 塚本 昌彦, 坂根 裕, 義久 智樹, 岸野 泰恵, 早川敬介, 柏谷 篤, 西尾 章治郎, "ユビキタスコンピューティングのための入出力制御デバイスの動作記述方式," ヒューマンインターフェースシンポジウム (HIS 2002) 論文集, pages 331-334 2002年9月.
[74] 早川 敬介, 柏谷 篤, 塚本 昌彦, 寺田 努, 義久 智樹, 岸野 泰恵, 坂根 裕, 西尾 章治郎, "ユビキタスコンピューティングのための入出力デバイスの設計と実装," ヒューマンインターフェースシンポジウム (HIS 2002) 論文集, pages 335-338 2002年9月.
全国大会
[1] 中嶋 奎介, 横山 正浩, 義久 智樹, 原 隆浩, "社会センサデータ生成・共有基盤におけるストリーミングデータ処理機構," IPSJ情報処理学会第80回全国大会, 2018年3月.
[2] 川上 朋也, 義久 智樹, 後藤 佑介, "放送通信融合環境による次世代モバイルビデオオンデマンド配信システムの構築," 電子情報通信学会総合大会, page 547 2015年3月.
[3] 川上 朋也, 義久 智樹, 塚本 昌彦, "格子状ネットワークにおける Reteアルゴリズムの割り当て手法の検討," 情報処理学会関西支部大会, E-10, 2014年9月.
[4] 義久 智樹, 川上 朋也, 藤田 直生, 塚本 昌彦, "センサデータを活用したルール制御型エネルギーオンデマンドシステム," 電子情報通信学会総合大会, S-163-164 2014年3月.
[5] 川上 朋也, 義久 智樹, 藤田 直生, 塚本 昌彦, "Reteアルゴリズムを用いた家庭内エネルギー管理システムの評価," 電子情報通信学会総合大会, S-165-166 2014年3月.
[6] 川上 朋也, 義久 智樹, 藤田 直生, 塚本昌彦, "Reteアルゴリズムを用いた家庭内エネルギー管理システムにおける処理割り当て方式の検討," 情報処理学会関西支部大会, E-28 2013年9月.
[7] 石 芳正, 義久 智樹, 川上 朋也, 寺西 裕一, "P2P型センサデータストリーム配信システムにおける通信負荷の計測," 情報処理学会第75回全国大会論文集, 1E-5 2013年3月.
[8] 川上 朋也, 義久 智樹, 石 芳正, 寺西 裕一, "通信負荷均等化のためのP2P型センサデータストリーム配信手法の評価," 情報処理学会第75回全国大会論文集, 1E-4 2013年3月.
[9] 義久 智樹, 石 芳正, 川上 朋也, 寺西 裕一, "P2P型センサデータストリーム配信システムのための通信負荷モデル," 情報処理学会第75回全国大会論文集, 1E-3 2013年3月.
[10] 寺西 裕一, 川上 朋也, 石 芳正, 義久 智樹, "異なる配信周期を扱う P2P 型センサデータストリーム配信システム," 情報処理学会第75回全国大会論文集, 1E-2 2013年3月.
[11] 義久 智樹, 西尾 章治郎, "放送通信融合環境におけるカルーセル放送を利用したストリーミング配信手法," 情報処理学会第75回全国大会論文集, 2C-8 2013年3月.
[12] 義久 智樹, 寺西 裕一, "センサデータストリーム配信における通信負荷分散方式に関する一考察," 情報処理学会関西支部大会, 2012年9月.
[13] 義久 智樹, 藤田 直生, 塚本 昌彦, "家庭内EoD における制御ルール数削減のためのルール変換方式," 情報処理学会関西支部大会 , 2012年9月.
[14] 高橋 真喜人, 義久 智樹, 藤田 直生, 塚本 昌彦, "蓄電池を効率的に利用するためのルール型給電機器管理システムの設計と実装," 情報処理学会関西支部大会, 2011年9月.
[15] 塚本 昌彦, 義久 智樹, 藤田 直生, "家庭内EoDのためのルール制御型ユビキタスシステムのフレームワーク," 情報処理学会関西支部大会 , 2011年9月.
[16] 義久 智樹, 高橋 真喜人, 藤田 直生, 塚本 昌彦, "(BS-10-6)マルチ蓄電池環境におけるルールに基づく蓄電池管理システム," 電子情報通信学会総合大会, 2011年3月.
[17] 藤田 直生, 義久 智樹, 塚本 昌彦, "(BS-10-7)電力機器制御ルールによる家庭内電力割当手法に関する一考察," 電子情報通信学会総合大会, 2011年3月.
[18] 後藤 佑介, 義久 智樹, 谷口 秀夫, "早送り再生を考慮した選択型コンテンツの放送型配信におけるスケジューリング手法," 第9回情報科学技術フォーラム(FIT2010), pp. 375-378 2010年9月.
[19] 高橋 真喜人, 南 靖彦, 藤田 直生, 義久 智樹, 塚本 昌彦, "電力制御ルールに基づく小型直流機器の電力制御システムの提案," 電子情報通信学会総合大会, volume BS-8-1, 2010年3月.
[20] 南 靖彦, 藤田 直生, 義久 智樹, 塚本 昌彦, "家電機器の利用状況と電力特性に基づく最大消費電力削減に関する評価," 電子情報通信学会総合大会, volume BS-8-7, 2010年3月.
[21] 藤田 直生, 南 靖彦, 義久 智樹, 塚本 昌彦, "優先度に基づく電力制御ルールの放送配信システムの設計," 電子情報通信学会総合大会, volume BS-8-8, 2010年3月.
[22] 沖野 将司, 寺田 努, 塚本 昌彦, 義久 智樹, "2次元動作型触覚提示装置における振動パターンの認識分解能の分析," 情報処理学会 第70回全国大会論文集, volume 4, pages 217-218 2008年3月.
[23] 沖野 将司, 寺田 努, 塚本 昌彦, 義久 智樹, "情報爆発社会のための装着型ディスプレイの注視状況に基づく情報提示手法," 情報処理学会 第70回全国大会論文集, volume 5, pages 3-4 2008年3月.
[24] 祐成光樹, 義久智樹, 田口大悟, 寺田 努, 塚本昌彦, 柏谷 篤, 西尾章治郎, "イベント駆動型小型デバイスAhroDのためのBluetooth無線通信ユニットの開発," 電子情報通信学会2005年総合大会論文集, page 359 2005年3月.
[25] 義久智樹, 塚本昌彦, 寺田 努, 岸野泰恵, 祐成光樹, 田口大悟, 西尾章治郎, "イベント駆動型小型デバイスAhroDによるストリームデータ処理手法," 電子情報通信学会2005年総合大会論文集, page 360 2005年3月.
[26] 岸野泰恵, 寺田 努, 塚本昌彦, 義久智樹, 祐成光樹, 田口大悟, 西尾章治郎, 柏谷 篤, "イベント駆動型小型デバイスAhroDのための通信エラーを考慮したトポロジ発見手法," 電子情報通信学会2005年総合大会論文集, page 361 2005年3月.
[27] 相良亮平, 義久智樹, 岸野泰恵, 寺田 努, 塚本昌彦, 祐成光樹, 田口大悟, 西尾章治郎, "イベント駆動型小型デバイスAhroDのためのアプリケーション開発環境," 電子情報通信学会2005年総合大会論文集, page 362 2005年3月.
[28] 岸野 泰恵, 板生 知子, 義久 智樹, 沼田 哲史, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "モバイルエージェントから制御可能なMicro Ja-Netデバイス," 電子情報通信学会2004年総合大会 通信講演論文集1, page 489 2004年3月.
[29] 義久 智樹, 板生 知子, 岸野 泰恵, 沼田 哲史, 塚本 昌彦, 西尾 章冶郎, "小型センシングデバイス制御のためのMicro Ja-Netプロトコル," 電子情報通信学会2004年総合大会 通信講演論文集1, page 490 2004年3月.
[30] 岸野 泰恵, 義久 智樹, 沼田 哲史, 板生 知子, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "高度ユビキタス環境のためのマイクロジャネットデバイス," 電子情報通信学会2004年総合大会 通信講演論文集1, page 491 2004年3月.
[31] 早川 敬介, 塚本 昌彦, 寺田 努, 義久 智樹, 岸野 泰恵, 柏谷 篤, 西尾 章治郎, "イベント駆動型のユビキタスシステムへのアプローチ," 情報科学技術フォーラム(FIT2003)論文集, volume 4, pages 247-248 2003年9月.
[32] 岸野 泰恵, 塚本 昌彦, 義久 智樹, 西尾 章治郎, "ファッション・コミュニケーションのためのLED を用いた装着型デバイス," 情報処理学会 第65回全国大会論文集, volume 5, pages 191-194 2003年3月.
[33] 中尾 太郎, 寺田 努, 塚本 昌彦, 宮前 雅一, 庄司 武, 岸野 泰恵, 義久 智樹, 西尾 章治郎, "ウェアラブル型ルールベースシステムを用いた農作業支援システム," 情報処理学会 第65回全国大会論文集, volume 5, pages 211-214 2003年3月.
[34] 寺田 努, 塚本 昌彦, 坂根 裕, 義久 智樹, 岸野 泰恵, 早川 敬介, 柏谷 篤, 西尾 章治郎, "ユビキタスコンピューティングのための入出力制御デバイスの動作記述言語," 情報科学技術フォーラム (FIT 2002) 論文集第4分冊, pages 197-198 2002年9月.
[35] 早川 敬介, 柏谷 篤, 塚本 昌彦, 寺田 努, 義久 智樹, 岸野 泰恵, 西尾 章治郎, "ユビキタスコンピューティングのための入出力制御デバイスのハードウェアアーキテクチャ," 情報科学技術フォーラム (FIT 2002) 論文集第4分冊, pages 199-200 2002年9月.
[36] 義久 智樹, 塚本 昌彦, 坂根 裕, 寺田 努, 岸野 泰恵, 早川 敬介, 柏谷 篤, 西尾 章治郎, "ユビキタスコンピューティングのための入出力制御デバイスのソフトウェアアーキテクチャ," 情報科学技術フォーラム (FIT 2002) 論文集第4分冊, pages 201-202 2002年9月.
[37] 岸野 泰恵, 義久 智樹, 寺田 努, 塚本 昌彦, 坂根 裕, 早川敬介, 柏谷 篤, 西尾 章治郎, "ユビキタスコンピューティングのための入出力デバイスのPC統合環境," 情報科学技術フォーラム (FIT 2002) 論文集第4分冊, pages 203-204 2002年9月.
著書/監修/編集/訳書
[1] Tomoya Kawakami, Yoshimasa Ishi, Tomoki Yoshihisa, and Yuuichi Teranishi, Smart Sensor Data Stream Delivery Technologies, In Smart Sensors Networks: Communication Technologies and Intelligent Applications (Series: Intelligent Data Centric Systems), pages 97-122 Elsevier, 2017.
[2] Tomoki Yoshihisa, Yuto Hamaguchi, Yuichi Teranishi, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "A Sensor Data Aggregation System Using Mobile Agents," Distributed Networks: Intelligence, Security, and Applications (Chapter 2), CRC Press, Taylor and Francis, pages 39-66 July 2013.
[3] Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, Yoshimasa Ishi, Tomoki Yoshihisa, Yuuichi Teranishi, and Shinji Shimojo, "X-Sensor: Wireless Sensor Network Testbed Integrating Multiple Networks," Book Chapter (Chapter III-3), Wireless Sensor Network Technologies for Information Explosion Era (Book Series: Studies in Computational Intelligence), Springer-Verlag, volume 278, pages 249-271 November 2010.
基調講演/セミナー・パネル討論等
[1] 義久 智樹, "インターネットライブ放送におけるビデオクリエーション," 全サイバーメディアセンターシンポジウム, 2017年12月.
[2] 義久 智樹, "移動型カメラを用いた任意地点ライブビューの研究," 第3回パーソナルドローン研究会, 2017年8月.
[3] 義久 智樹, "デジタルコンテンツクリエーション最前線," 情報処理学会第79回全国大会,司会, 2017年3月.
[4] 義久 智樹, "インターネットライブ放送におけるビデオクリエーション最前線," 情報処理学会第79回全国大会, 2017年3月.
[5] 義久 智樹, "任意地点ライブビューのための分散型インターネットライブ放送システム," ウェアラブルカメラミーティング, 2017年2月.
[6] 義久 智樹, "異世界放送:映像音声効果を伴う分散型インターネットライブ放送システム," 全サイバーメディアセンターシンポジウム, 2016年12月.
[7] 義久 智樹, "放送通信融合環境による次世代モバイルビデオオンデマンド配信の研究開発," 総務省ICTイノベーションフォーラム, 2016年10月.
[8] Tomoki Yoshihisa, "Panel Session: Next Generation Distributed System -Iot/M2m and Its Application-," International Workshop on Informatics (IWIN 2016), August 2016.
[9] 義久 智樹, "HMDの動向調査の報告," ウェアラブル新時代セミナー (HMDミーティング in 鯖江), 2016年5月.
[10] Tomoki Yoshihisa, "Big Stream Data Distribution: Technologies and Perspectives," International Conference on P2P, Parallel, Grid, Cloud and Internet Computing (3PGCIC'15), November 2015.
[11] 義久 智樹, "次世代モバイルビデオオンデマンドに関する研究," 全サイバーメディアセンターシンポジウム, 2014年12月.
[12] 義久 智樹, "ウェアラブルデバイスの動向," 特定非営利活動法人ウェアラブルコンピュータ研究開発機構ウェアラブルコンピューティング交流会, 2014年4月.
[13] 義久 智樹, "放送通信融合環境による次世代モバイルビデオオンデマンド," 特定非営利活動法人ウェアラブルコンピュータ研究開発機構ウェアラブルコンピューティング交流会, 2013年11月.
[14] 義久 智樹, "デジタルコンテンツ研究のススメ," 情報処理学会第75回全国大会, 司会, 2013年3月.
[15] 塚本 昌彦, 義久 智樹, "スマホからHMDへ:ウェアラブル研究の動向とゲーム産業への展開," Computer Entertainment Developers Conference (CEDEC2012), 2012年8月.
[16] 義久 智樹, "電子書籍企業の訪問から," 特定非営利活動法人ウェアラブルコンピュータ研究開発機構HMDミーティング , 2012年4月.
[17] 義久 智樹, "放送通信融合環境における映像データ配信方式,," 全サイバーメディアセンターシンポジウム, 2011年12月.
[18] 義久 智樹, "アニメの魔法をARで実現できるのか?!," 特定非営利活動法人ウェアラブルコンピュータ研究開発機構ウェアラブルコンピューティング交流会, 2011年10月.
[19] 義久 智樹, "スマートハウスにおける情報家電・ネット家電の制御技術," 東京メガセミナー, 2011年6月.
[20] 義久 智樹, "端末伝送型インターネット放送における待ち時間短縮方式," 全サイバーメディアセンターシンポジウム , 2010年12月.
[21] 義久 智樹, "ウェアラブルストリーム配信システムの実験報告," 特定非営利活動法人ウェアラブルコンピュータ研究開発機構ウェアラブルコンピューティング交流会, 2010年10月.
[22] Tomoki Yoshihisa, "X-Sensor Ver.2: a Mobile-Agent Supported Sensor Network Testbed," Asia-Pacific Advanced Network 30th Meeting (APAN), August 2010.
[23] 義久 智樹, "ミニサーベイ「連続メディアデータ放送のスケジューリングに関する研究動向」," 電子情報通信学会第15回データ工学ワークショップ(DEWS 2004)論文集, 2004年3月.
その他(一般記事等)
[1] 義久 智樹, 水野 慎士, 三上 浩司, 林 洋人, 楠 房子, "「デジタルコンテンツクリエーション最前線」開催報告," 情報処理学会論文誌デジタルコンテンツ (DCON), volume 5, number 2, iv-vi 2017年8月.
[2] 阿倍 博信, 義久 智樹, "デジタルコンテンツ制作発表会開催報告," 情報処理学会論文誌デジタルコンテンツ (DCON), volume 5, number 1, iv-v 2017年2月.
[3] Tomoki Yoshihisa and Yuuichi Teranishi, "A Distributed Delivery System for Sensor Data Streams with Different Delivery Cycles," NICT Journal, volume 62, number 2, pages 167-175 February 2016.
[4] 義久 智樹, 寺西 裕一, "異なる配信周期を扱う分散型センサデータストリーム配信システム," 情報通信研究機構研究報告, volume 61, number 2, pages 163-170 2015年11月.
[5] 神崎 映光, 原 隆浩, 義久 智樹, 西尾 章治郎, "モバイルセンサネットワークにおけるデータ処理技術~動きまわるセンサが拓く未来~," 情報処理/解説, volume 56, number 11, pages 1096-1101 2015年11月.
[6] 義久 智樹, 阿部 浩和, "サイバーメディアコモンズのオープン," 大阪大学サイバーメディアセンターHPCジャーナル, 2015年7月.
[7] 義久 智樹, "子供の頃描いた夢の再考-日本を元気にするストリーミング配信-," 情報処理学会会誌「日本を元気にするICT」, volume 53, number 4, pages 398-400 2012年4月.
[8] 義久 智樹, 藤田 直生, 塚本 昌彦, "消費電力削減のためのルール型電力機器管理システム," システム制御情報学会, システム/制御/情報「アンビエントインテリジェンス技術とその応用」, volume 56, number 1, pages 27-32 2011年1月.
[9] 義久 智樹, 後藤 佑介, "ストリーミング配信で「今」に感動を与える-放送コンピューティングによる未来型コンテンツ配信サービス-," 情報処理学会会誌「未来社会をプロデュースするICT」, volume 52, number 1, pages 62-63 2011年1月.
[10] 原 隆浩, 神崎 映光, 中山 浩太郎, 義久 智樹, 寺西 裕一, 若宮 直紀, 下條 真司, "X-Sensor:大規模実証実験を可能とするセンサネットワークテストベッド, 情報処理, Vol. 49, No. 8, pp. 950-955 (2008年8月)," , 2008年8月.
受賞
[1] 義久 智樹, 原 隆浩, "優秀論文賞," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2015), 2015年10月.
[2] 川上 朋也, 石 芳正, 義久 智樹, 寺西 裕一, "優秀ポスター賞," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2015), 2015年10月.
[3] 義久 智樹, "大阪大学総長奨励賞," 大阪大学, 2015年7月.
[4] Yusuke Gotoh, Tomoki Yoshihisa, Hideo Taniguchi, and Masanori Kanazawa, "Highly Commended Paper Award," International Journal of Pervasive Computing and Communications, June 2015.
[5] 川上 朋也, 石 芳正, 義久 智樹, 寺西 裕一, "優秀論文賞," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2014), 2014年12月.
[6] 義久 智樹, "大阪大学総長顕彰," 大阪大学, 2014年7月.
[7] Yusuke Gotoh, Tomoki Yoshihisa, Hideo Taniguchi, and Masanori Kanazawa, "Highly Commended Paper Award," International Journal of Pervasive Computing and Communications, June 2014.
[8] 藤田 直生, 義久 智樹, 塚本 昌彦, "情報処理学会論文誌「分散処理とネットワークサービス」特集号特選論文賞," 情報処理学会, 2014年2月.
[9] 横山 正浩, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "優秀論文賞," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS 2013), 2013年12月.
[10] Masahiro Yokoyama, Tomoki Yoshihisa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Best Paper Award," Int'l Conf. on P2P, Parallel, Grid, Cloud and Internet Computing (3PGCIC 2012), November 2012.
[11] 川上 朋也, 義久 智樹, 石 芳正, 寺西 裕一, "奨励賞," マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2012), 2012年10月.
[12] 横山 正浩, 義久 智樹, 原 隆浩, 西尾 章治郎, "優秀論文賞," 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2012)シンポジウム, 2012年7月.
[13] 義久 智樹, "端末伝送型インターネット放送における再生中断に関する評価," 情報処理学会平成22年度山下記念研究賞, 2010年12月.
[14] Yukie Kobayashi, Toshiki Watanabe, Akimitsu Kanzaki, Tomoki Yoshihisa, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio, "Best Paper Award," Intl Conf. n Advances in P2P Systems (AP2PS 2009), November 2009.
[15] 義久 智樹, "嵩賞," 大阪大学大学院情報科学研究科, 2008年8月.
[16] 義久 智樹, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "テレコムシステム技術賞," 第23回電気通信普及財団, 2008年3月.
[17] Tomoki Yoshihisa, Masahiko Tsukamoto, and Shojiro Nishio, "Best Paper Award," Intl Conf. on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU 2005), April 2005.
[18] 義久 智樹, 塚本 昌彦, 西尾 章治郎, "優秀論文賞," 電子情報通信学会 データ工学ワークショップ(DEWS 2003), 2003年5月.
[19] 寺田 努, 中尾 太郎, 宮前 雅一, 岸野 泰恵, 庄司 武, 義久 智樹, "ベストエフォート賞," 農業情報ネットワーク全国大会サイファーズファッションショー, 2002年11月.
[20] 義久 智樹, "優秀プレゼンテーション賞," 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2002), 2002年7月.